間ノ岳から北岳 その2

続きです。

2017071511

5時過ぎには両俣小屋を出発します。

2017071512

まずは野呂川越へ登ります。ちょっときつい登りだけれど、体は快調、意外に早く登れました。

2017071513

ひたすら尾根を登っていくと、ようやく森林限界を越えます。先にはこれから登っていく尾根が見えますが、結構遠いね。

2017071514

ひたすら頑張り、ようやくたどり着いた分岐からわずかに右に登ると三峰岳。ケルンが大きいです。

2017071516

向こうには熊ノ平小屋、長い尾根、その向こうには懐かしい塩見岳。さらに向こうは荒川三山かな。

2017071515

農鳥岳は結構近い。富士も少し左に見えています。

2017071517

間ノ岳に向かいます。近いけれど、意外にきついです。

2017071519

久しぶりの間ノ岳。なんかもうどんよりしてしまいました。

2017071518

ケルンの向こうに富士山。

2017071520

北岳は遠いなぁ。結構、雪渓が残っていました。

2017071521

風が強くなって寒くなってきました。ハクサンイチゲの大群落には吃驚。

2017071522

さすがに重荷がしんどくなってきました。北岳山荘には降りず、上で休みました。

2017071523

北岳の登りはもうへろへろ。それでも頑張り、ようやくの北岳山頂では座り込んでしまいました。

2017071524

北岳肩の小屋は泊まったことがないので、テント張ろうかとも思いましたが、天気悪そうなので、もう少し降りることにしました。

2017071525

今回も小太郎山は割愛。

2017071526

キンポウゲの群落はこれでもかと咲いていました。

2017071527

随分と久しぶりの白根御池小屋。最近、建て直されたらしく、とてもきれいな小屋でした。
この日はここでテントを張りました。夕方には雨が降り出しました。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間ノ岳から北岳

夏山縦走も終わって、ほっと一息。かなり疲れました。
そっちを先にアップしたい気分ですが、まだログは7月の山行記録です。
7月の三連休は間ノ岳から北岳へ行きました。

2017071501

甲府駅から9時のバスに乗ろうと思ったら、やっぱり三連休ですごい行列。
とても乗れるはずもなく、立ち乗りは勘弁なので、10時のバスで入りました。
やっぱりこれも人が多く、到着が遅れましたけど、北沢峠行きのバスには接続していて、なんとか乗れました。
でも昼食を取る暇もなく、ようやく13時前に野呂川出合に到着。
まずは昼食を取って腹ごしらえ。

2017071502

久しぶりに両俣に向かって長い林道歩き。天気は良かったはずですけど、だんだん雲が多くなってきました。さすがに深山、少し涼しい感じ。

2017071503

調子も良く、どんどん歩いて、両俣小屋まで1Kmの表示。普通15min、遅い30minとあったけど、自分は20分かかりましたよ。15分はかなりきついのでは。

2017071504

さすがに沢沿いを歩くと涼しい。でも湿気が多いので微妙。

2017071505

両俣小屋でテントを張りました。

2017071506

ミヤマミミナグサかな?

2017071507

同定できなかったけど、小屋近くに咲いていたお花。ヤマハタザオとかなのかな。

次の日は北岳へ直接登るルートを取りたかったのですが、小屋で通行禁止と言われてしまい、仙塩尾根を間ノ岳から北岳へ回るルートに変更しました。
どうやらすでに廃道状態みたいですね。ちなみに沢を渡る木橋なども撤去されているようです。

都内はひどい暑さでしたが、沢沿いのせいかちょっと冷え込むくらいで、夜半にはシュラフのジッパーをしっかり閉めて寝ました。

その2に続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

牛奥雁ヶ腹摺山から大菩薩嶺

7/8は大菩薩へ。

2017070801

甲斐大和駅からのバスを大菩薩湖入口で下車します。この手前で降りても良かったのですが、帰りのバス時間を見たいがためにここで降りて、戻りました。

2017070802

林道と思われる道をしばらく辿って歩きました。

2017070803

途中にはギンリョウソウが咲いていました。

2017070804

伐採地の横を登り、日川林道に出ます。

2017070805

すぐ上は伐採地になっていて、獣害避けのフェンスを扉を開閉して通ります。

2017070806

樹林の中に入って淡々と登っていきます。さすがに高度があるので、暑さはそれほどではないものの、湿気は多い感じでした。

2017070807

大きな岩が出てきて、パノラマ岩と表示があります。登ってみると山が見えます。
右奥は小金沢山、左奥は大菩薩嶺でしょうかね。

2017070808

この日はサラサドウダンがたくさん。落ちている花も多かったですが、登山道付近には後から後から咲いていて、たっぷり楽しめました。

2017070809

下笹の道は中級山岳ならではの良い雰囲気の道でした。

2017070810

随分久しぶりの牛奥雁ヶ腹摺山。湯ノ沢峠へ縦走したのはいつの事やら。あの頃はこの稜線は藪が多かったのですけどね。

2017070811

バスもできて簡単に入れるようになったせいか、すごく良い道になっていて、月日の経過を感じさせてくれました。

2017070812

小金沢山も前よりは山頂が広がったようですが、相変わらず樹林の多い山頂でした。
さすがに富士は見えませんでした。

2017070813

ベニサラサドウダンが近くにありました。

2017070822

小金沢山から先は、なかなかアップダウンの多い道。草原帯の道を石丸峠に向かいます。

2017070814

ようやくの事で牛の寝分岐。ちょっとそちらに降りようかなという気もしましたが、今日はやはり先へ進むことにしました。

2017070815

お腹が空いたので、石丸峠の道標の所で簡単な昼食。

2017070816

途中にはレンゲツツジがちらほらと咲き残っていました。

2017070817

大菩薩嶺が近づくと雲行きが怪しくなってきました。でもガスの中は涼しそうなので、それもよしとしましょう。

2017070818

久しぶりの大菩薩嶺でしたが、人が多く、山名板あたりは団体さんで人だらけ。雷岩へ戻って上日川峠に降りるつもりでしたが、人だらけにうんざりし、急遽、丸川峠に向かうことにしました。

2017070819

でも、そちらの道もだいぶグループも含めてたくさんの人が歩いていました。それでも戻るよりはマシ。だいぶパスさせてもらうと人も少なめになりました。

丸川峠にはお花が咲いているかと思ったけど、ほとんどシカさんに食べられてしまったのか、何もない状態でした。

2017070820

相変わらず、大菩薩峠登山口へ向かう道は急坂で、その上、下へ降りるとどんどん暑くなります。

2017070821

大菩薩峠登山口でバスを待っていると雷が鳴り、バスが来る頃にはポツポツ雨。塩山駅へ向かうと大粒の雨となりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

金沢自然公園付近

7/2は金沢文庫へ。

2017070201

京急金沢文庫駅が歩き出し。

2017070202

線路沿いに進んでから住宅地をしばらく進むと、六国峠入口の表示のある所から山道に入ります。

2017070203

少し歩くと能見堂緑地の表示。

2017070204

さらにしばらく進み、右上に入ると能見堂跡地。このあたりは眺望が良く、金沢八景と呼ばれたそうな。能見堂は明治の初め頃に火事にあい、住職もいなくなり、寂れて石碑が残るだけになっています。

2017070205

少し先を右に降りると不動池がありました。

2017070206

道に出て、すぐ左に入ると石段で登って、谷津関ヶ谷不動尊。
近くには水が流れていて、暑い日でしたが、少し涼しげ。

2017070207

登っていくと、能見堂から来た道と合流します。

2017070208

のらりくらりと山道を進みます。それにしてもやはり暑かった。
ようやく能見台二丁目への分岐を左へ進み、しばらく歩いていくと道路沿いの道に出て、さらに先へ行けば、金沢自然公園近くに出ます。

2017070209

公園に入って動物園手前にはベンチが並んでいるので、暑いけどそこで昼食。

2017070210

わずかに戻ってしだの谷に入ります。

2017070211

やまゆりが一つだけ咲いていたけど、あっち向きでした。

2017070212

急な階段を登ります。斜めに少し緩やかにする階段道を造成中でした。
先へ行くと高速道路の造成中、急な階段道はホントにきつかった。

2017070213

ようやくの事で登りきって進むと清戸の広場でした。

2017070214

先へ進み、大丸山からの道と合流、A7の道標を左に入ります。

2017070215

下ると梅沢山休憩所の表示、でも、あまり休もうと思わない場所。

2017070216

見晴台は見えるのは民家ばかりなので面白みがなく、さらに歩いて馬の背休憩所。

2017070217

なんと富士が見えて吃驚。霞んでいましたが、それでも予想外で良かったです。

2017070218

みどりが丘のバス停からは本数が少ないですが、ちょうど港南台行きのバスが来たところ、グッドタイミングでしたので乗り込んで港南台駅に出ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お風呂の王様 花小金井店

先日、花小金井駅から歩いて15分ほどの所にある、
お風呂の王様 花小金井店で入浴してきました。

近くまでバスもあるのですが、本数が少ないし、土日はほとんど使えません。
なので散歩がてら、歩くのが一番良いでしょう。実は二回目の入浴です。

201706

入浴料は土日1050円。自分が入浴したのは平日でしたから、850円だったかな。

お風呂は結構広く、内湯は熱めの湯とぬるめの湯があります。
最初は熱めの方に入って、ぬるめの方に移動して長く入りました。

露天風呂はやはり少し熱め。壺湯はそれでも少しぬるめな感じで、自分的には一番これがお気に入りになりました。
寝湯もあるけど、この日は暑い日でしたのでお湯も熱めに感じられて、今ひとつでした。

やはり源泉掛け流しは、都内のお風呂にしてはなかなかいいお湯で、また行ってみようと思う良いお風呂でした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

寺ノ沢ノ滝

6/24は丹沢へ。

2017062401

西丹沢行きのバスを浅瀬入口で下車します。もちろんこんな時期に降りる人はまれなので自分一人です。

2017062402

朝から暑かったけど、富士が頭だけ見えました。

2017062403

寺ノ沢橋から取り付き、しばらく怪しい踏み跡を辿り、なんとか沢に降りると堰堤が。その横を登ろうとしたのですが、あまりにも危険。危険すぎて降りることも難しくなり、危ない状態に。
なんとか慎重に数メートル下って、最後は飛び降り、着地出来た時には心底ホッとしました。やはり無理はいけませんね。

2017062404

高巻くと踏み跡が。岩場が出てきましたが、ロープが付いていました。果たして登れるのかな。手前から左に下って沢に降りました。しかし、それも慎重に降りなくてはいけませんでした。

2017062405

沢沿いの踏み跡をしばらく辿り、さらに渡渉して対岸に渡り、さらに進んでから再び戻り、なんて繰り返しをして、ようやく二俣。古い保安林のプレートがありました。

2017062406

ゴルジュを先へ進みましたが、どうしても水に浸からなくては進めない所があり、寺ノ沢ノ滝まで行けず、手前で敗退。でも見えたから十分です。

2017062407

尾根に取り付いて登っていくと、石積みのある所がありました。左に踏み跡は取水施設への踏み跡でしょう。直登しました。

2017062408

踏み跡はあまり見当たらず、かなりの登りの所もあったり、涸れ沢の横の急登などもありました。予想以上に山深い感じでした。

2017062409

やっとのことで権現山の山頂。二等三角点がポツンとありました。

2017062410

わずか先にテーブルが。木の葉などが乗っていて、あまり人も来ないようですね。

2017062411

下山は南東尾根へ。道標はあるものの、やはり一般的とは言い難い踏み跡の道です。
分かりにくい所もあり、何度か磁石を確認しました。大ブナは切られてしまったのか見当たらず、これは比較的大きめの木でした。

2017062412

これは661mあたり。

2017062413

最後は木段で下り、浅瀬入口のバス停に戻りました。まだ12:30にもならない時間。バス時間までかなりあるので、丹沢湖バス停まで歩きました。なんかレトロな郵便ポスト。見ていたら、おじさんが来て郵便を入れたのには吃驚。まだ現役でした。

2017062414

丹沢湖に沈むはずだった古民家が移築されています。無料で見学出来ました。

2017062415

丹沢湖バス停。3時過ぎまで待ちかなと思っていたら、なんと土休日13:16発谷峨駅行きというバスがあるではありませんか。この4月からできた西丹沢12:55発のバスのようです。
しばらく待ち、これに乗って谷峨駅へ出て、電車で帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«白岩滝へ