伝通院へ

5/12は伝通院へ。

2018051201

落合行きのバスの運転手さんは御屋敷と言っても通じなかったので、走るバスの中で地形図を見ながらこの辺で止まれる所でと言ったら、なんと止めてくれた所は、入る林道の入口にぴったりだったので吃驚。
少し進んで橋を渡って取り付きます。

2018051202

登っていく途中にはフイリフモトスミレがよく咲いていました。色が濃いのがこのあたりは普通なようでした。

2018051203

予想通り1330mの三角点は見落とし、先へだいぶ進んで巡視路をまたぎます。

2018051204

伝通院が近づくと、主のような大木。新緑とマッチしてきれいでした。

2018051205

伝通院に到着。なかなかいい雰囲気でした。

2018051206

十字路に下りますが、向こうに見えるのが倉掛山でしょう。

2018051207

大ダル峠を過ぎるとタチツボスミレがよく咲いていました。

2018051208

墨川山の手前で踏み跡に出ました。

2018051209

少し踏み跡が薄い所もありましたが、登っていくと墨川山。左を見ると以前に柳澤峠から来た道ですね。

2018051210

天気は今ひとつでしたが、富士山がきれいに見えました。5月半ば近いというのに、山頂付近はまだ新緑ではない感じでした。

2018051211

下って登って倉掛山。以前来た時は緑で何も見えない山頂でしたが、この日はまだ芽吹いた所、 広瀬湖や甲武信ヶ岳方面の山を見ることができました。

2018051212

南西尾根に入るとまだヤマザクラも見かけたのですが、なんとシャクナゲが咲いていて吃驚。季節感がおかしくなりそうでした。

2018051213

やはり南西尾根は難しく、迷いかけましたが、なんとか正しい尾根を下降していきます。

2018051214

四等三角点のある1599.3mのピークからも広瀬湖などがよく眺められました。シャクナゲも咲いていましたが、もう終わりかけている感じでした。

2018051215

分岐と急下降、地形図が手放せません。なんとか1142m。

2018051216

なんとか林道に降りることができて、ホッとします。

2018051217

再び山道に入りますが、これもまた使われておらず、歩きにくい下り、1041.8mは藪山、三角点も倒木に邪魔されていました。

2018051218

その先も尾根を進みました。右に降りれば川浦温泉に近い所に出るのでしょうけど、尾根という感じではなく、藪も多いし、時間も早いので、歩きやすい所を下りました。すると左に道が見えたので、そちらへ下降。

2018051219

尾根一つ左なので、バス停が遠くなりました。

2018051220

のんびり里道を下っていくと山梨市営バスの雷バス停に出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

臼杵山へ

5/6は奥多摩へ。

2018050601

こんなに天気がよいとやっぱり出かけてしまいます。
武蔵五日市駅からのバスを沢戸橋で下車して歩き出し。

2018050602

久しぶりの盆堀川沿いの道。途中からは以前登った尾根が見えました。

2018050603

勝負口の表示。

2018050604

とある踏み跡を辿るつもりでしたが、相変わらずの失敗。変な所を登りました。
ということでワープして市道山分岐。

2018050605

久しぶりの市道山。新しい標柱が立っていました。

2018050606

先へ進めば臼杵山。

2018050607

ちょうど防災ヘリコプターが飛んでました。この写真は縮小しているのでほとんど見えないですね。

2018050608

連休でごくたまにしか人に会いません。ツクバネウツギがちらほら。

2018050609

ネコ?古い石像は健在でした。

2018050610

前回は荷田子だったので、今回は直進して元郷へ。知らないうちに某FM局の建物ができていました。やたらと付けられた注意書きがカチンと来る反感を覚える書き方ですが、あたりは展望がいい感じです。

2018050611

静かな樹林の道を下っていきます。

2018050612

まだ13時前と早い時間ですが、終了。温泉もGWだし混んでいるだろうとそのまま帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地蔵新道を行く その2

続きです。

2018050512

だいぶ登って先に蛭ヶ岳が見えたところ、なかなか大きな木があり、
ちょっと平らになったので、 ここで昼食。

2018050513

その先に進んでいいのかなとちょっと疑心暗鬼。少し戻ったら古い地蔵尾根を示す道標が残っていました。

2018050514

あたりにはだいぶ人の手が入り、鹿よけフェンスが多かったのですが、なんとか登山道に出た所にはこんな表示が。

2018050515

ちょっとだけ蛭ヶ岳方面に向かいましたけど、残念ながら蛭ヶ岳を往復すると帰りのバスに間に合いそうもないので諦めました。

2018050516

登り返しがちょっときつかったけど、久しぶりの姫次。天気良すぎて暑かったです。
考えたら、ここからまだ未踏の袖平山を往復する時間くらいはあったなぁ。。。

2018050517

下っていく道すがら、右手には宮ヶ瀬湖が。はるか昔、塔ノ岳から縦走した時にはまだ宮ヶ瀬湖はできていなかったんだけどなぁ。

2018050518

八丁坂ノ頭分岐。黍殻避難小屋から下ろうかと思っていたけど、後半は林道を下ることになるので、ここから下ることにしました。

2018050519

あたりの芽吹きの新緑がとってもきれいでした。

2018050520

相変わらず急降下する道。この道をへろへろになって下ったのはいつだったか。遥か下に建物が見えたけれど、まだ半分も来ていないんですよ。

2018050521

途中の古い道標が倒れていました。

2018050522

尾根から外れると右に下ってあっという間に林道。

2018050523

のんびり下っていくと上青根の集落。

2018050524

里道がちょっと分かりにくく、適当に下っていくと諏訪神社に出ました。

2018050525

でっかい御神木。 推定樹齢700年、高さ45m、胸高周囲9.5mというなかなかの木。何度も東野には来ていましたが、こんな木があることを全く知りませんでした。

2018050526

ということで、東野でバスを一時間半待ちました。長かった~。

2018050531

ハコネシロガネソウかな。結構たくさん見かけました。

天気の良い楽しい歩きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地蔵新道を行く

5/5の子供の日はやはりロングコース。

2018050501

もう何度目でしょう、月夜野行きのバスを音久和で下車して歩き出し。新緑がきれいでした。

2018050502

途中にはベニバナツクバネウツギ。

2018050503

このゲートへ来るまでが歩きだと大変なんですけど、この先も長いのです。

2018050504

地蔵新道へ向かいます。広河原は本当に広い河原。

2018050505

取り付きに向かいましたが、沢で進めなくなりました。行き過ぎたのかと戻ったら取り付きがありました。以前はロープの目印があったようですが、外されたのかそれらしいものはなく、ここは分かりにくいですね。

2018050506

ひどい急登が続き、さすがマイナー尾根。先へ進むと樹林帯なので、涼しいです。

2018050507

岩場が出てくるようになると咲き残りのイワカガミに会えました。

2018050508

そしてシロヤシオ。

2018050509

途中には剣の立っている小ピーク。1159mでしょうか。

2018050510

あまり良い写真は撮れませんでしたが、すごい密度で咲いていました。
尾根のシロヤシオは多いというほどではなかったですが、それなりに咲いていて十分に楽しめました。

2018050511

ミツバツツジもきれい。

長いので続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深沢山から

5/4は奥武蔵へ。

2018050401

東吾野駅を歩き出します。シャガがよく咲いていました。

2018050402

山に取り付くと山の神でしょうか。あまり訪れる人もいなさそうでした。

2018050403

怪しい所を取り付いて深沢山西峰。久しぶりに訪れた四等三角点。

2018050404

以前に水晶山から来た時の道を通ります。

2018050405

深沢山はこの時期はさすがに樹林です。

2018050407

先へ進み、北向地蔵手前の富士山を示していた所からは、ホントに富士山が頭だけですけど見えて吃驚。

2018050408

アヤメが咲いていました。

2018050409

北向地蔵。 あたりの道にはハイカーはほとんどおらず、ランナーさんばかりだったようです。やはり時代なのですね。。。

2018050410

やはりシャガがよく咲いていました。

2018050411

鎌北湖へ降りていくと植栽のツツジがよく咲いていました。でも、手入れはされているのかな?

2018050412

久しぶりの鎌北湖。釣り客が多かったようでした。

2018050413

しばらく歩き、宿谷の滝。水量はまずまずでした。

2018050414

せっかくなので、富士山に立ち寄り。蝶を捕まえようとしている地元と思われる親子が印象的でした。

2018050415

駅へ向かう途中、天神社に立ち寄り。 はるか昔には学校があったそうです。

2018050416

日高市指定有形文化財の石塔婆。案内板によると1314年と彫られているそうです。700年も経過しているとはすごいですね。

2018050417

高麗川駅に出ました。

番外編:

2018050418

あまり見たことのない気動車が置かれていましたが、これも八高線で使われているのかな。乗ってみたいですね。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御前山を行く

4/30は奥多摩へ。

2018043001

奥多摩駅からのバスを堺橋で下車。

2018043002

登山道を見送り、栃寄のあたりから取り付きました。古い鳥居とその先には山の神と思われる社もありました。

2018043003

尾根に出て、登っていくと810m。アンテナがありますが、果たして使われているのでしょうか。

2018043004

久しぶりにシダクラ沢右岸尾根を登ります。岩場も過ぎて登っていくとアセビの広場。

2018043005

上部は気持ちのよい所があります。

2018043006

道に出るとわずか先が惣岳山。新緑できれいでした。

2018043007

さらによく整備されていました。御前山のすぐ手前からは久しぶりの富士。

2018043008

時間が早かったせいか、それともGWは遠出するのか、まだそんなに人が多くない山頂でした。

2018043009

湯久保尾根を下ろうかとも思いましたが、ここは境橋への道へ。途中、いろいろ小道が整備されていて、シロヤシオの広場というのがあったので、行ってみましたが、シロヤシオらしきものはまったく見られず、ちょっとがっかり。sad

2018043010

だいぶ下ると大きなトチノキがあって楽しめました。

2018043011

沢沿いを下っていくと滝がありましたが、これが栃寄大滝なのかな?

2018043012

境橋に戻りました。車が通ると揺れる橋の上でバスを待ちました。

ということでこの日見たお花。

2018043021

これはギザなお花。近くにはエイザンスミレと思われる葉も。奥多摩で見たのは初めてでした。

2018043022

アカフタチツボスミレも久しぶりに見かけました。

2018043023

シコクスミレは本当に久しぶりでした。この日、結構見かけました。

2018043024

ナガバノスミレサイシンは少数派。

2018043025

フデリンドウもありました。

2018043026

そして山頂付近には数は少なかったものの、まだカタクリがいくつも咲いていました。
今年は随分たくさんのカタクリを見ましたが、やはり自生のモノが一番ですね。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«高水三山へ