太郎治沢付近から牛の寝へ

11/23は牛の寝へ。

2018112301

奥多摩駅からのバスを小菅役場前で下車。以前は小菅まで入れましたが、小菅の湯に変わってからは初めて。朝のバスはこの先に行かなくなってしまいました。(小菅の湯からの折返しは行くみたいですが。)

2018112302

中黒茂沢の近くから下り、あるかどうか一番心配していたのはこの橋。しっかり小菅川にかかる橋を渡ることができてホッとしました。

2018112303

作業道と思われる道を登っていきます。

2018112304

太郎治沢が近づくと大きな木も出てきますが、あまり歩かれておらず、足元がだいぶ不安定な所が多かったです。

2018112305

太郎治沢を奥まで行き、やがて谷を渡りますが、もうこのあたりは水は涸れていました。

2018112306

左岸尾根と合わさったあたりにはモノレールがありました。

2018112307

しばらくはモノレール軌道とお友達。やがて左に山腹を進むようになるとほぼ踏み跡の斜面。なんとか踏み跡をたどります。

2018112308

落ち葉の多い踏み跡を辿ると牛の寝の登山道に出ました。しっかり「牛の寝」と書かれていますね。

2018112309

先の高みに登って、明るい所で随分早い昼食にしました。

2018112310

しばらく進んでから折り返すように踏み跡に入ります。谷の中をしばらく下る道は間違ったかなと思うくらい下りました。

2018112311

やがて谷から離れて右に進むと木橋を見ます。

2018112312

だいぶ右にトラバースして歩くと左岸尾根にぶつかりました。のんびり踏み跡を下っていきます。

2018112313

随分下って植林地らしき所を通りますが、ネットがあって通れない雰囲気。踏み跡を探して適当に下ると、橋が見えたので、それに向かって降りました。

2018112314

白糸の滝の少し先に出ることができましたので、滝に立ち寄りました。

2018112315

わずかに紅葉が残っていました。

2018112316

再び林道を歩き、以前の小菅バス停。今は大菩薩峠東口になっています。

2018112317

まだ時間が早かったので、頑張って坂の多い道路を登って小菅の湯へ。
やはりぬるつきのあるお湯で、露天風呂はなんか気泡がたっぷり付きましたけど、お湯が変わったのかな?
温まるいいお湯を堪能して帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花桐から伊豆ヶ岳

11/17は伊豆ヶ岳へ。

2018111701

西吾野駅を歩き出し、しばらく車道横の歩道を歩いて花桐へ。
途中諏訪神社に立ち寄りました。

2018111702

奥へ進むと紅葉がなかなか。

2018111703

集落の奥へ進むと車止め。

2018111704

古い木道が残っていましたが、その先は沢は荒れていてほとんど道は無くなっていて、踏み跡がわずかにある程度でした。

2018111705

奥へ進むとこんな感じ。とても道とは思えません。結局、道を外してしまい、ひたすら沢を登りました。

2018111706

難儀しましたが、なんとか沢から登って尾根らしき所へ出ると紅葉がきれいでした。

2018111707

なんか踏み跡があるなぁと思ったら、木に付けられたテープに伊豆ヶ岳を示すものが付いていました。

2018111708

予定では伊豆ヶ岳の正丸峠側に出るはずだったのに、トラバースしたせいで登山道に出たのは小御岳側でした。

2018111709

山伏峠分岐付近の紅葉が素晴らしく、特にこの木の黄葉は素晴らしかったです。

2018111710

伊豆ヶ岳の山頂は紅葉時期のせいか、人が多かったです。

2018111711

子の権現に向かいます。さすがに縦走路は人が多いです。途中の高畑山。

2018111712

中ノ沢ノ頭も踏みました。

2018111713

静かな天目指峠。

2018111714

子の権現でお参りし、奥の院で一休み。

2018111715

青空とカエデモミジの紅葉は合いますね。

2018111716

仁王像は塗り直されたみたいです。

2018111717

随分久しぶりに浅見茶屋経由の道にします。

2018111718

浅見茶屋は人気があるのか、そちらに向かうような観光客に何組も会いました。途中には合目を示す石標がいくつかあるようでした。

吾野駅から帰りました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小路沢左岸尾根

11/10は笹子雁ヶ腹摺山へ。

2018111001

甲斐大和駅を歩き出し、まずは日影のバス停へ。歩いていたらバスが通っていきました。どうやら甲斐大和駅行きのバスが日影を経由しているようです。
今日はそんなに長い歩きではないので、特に乗らなくても大丈夫でした。

2018111002

駒飼宿の本陣跡は以前より木が伸びたような。

2018111003

小路沢左岸尾根に取り付きます。意外に簡単に取り付けたので一安心。

2018111004

のんびり登っていきます。やはり鉄塔の巡視路か踏み跡がありました。

2018111005

登っていくときれいなモミジ。

2018111006

上の方はキンキンに冷たい空気。

2018111007

縦走路に出ると富士山。雲が多めでした。

2018111008

まだ早い時間でしたが、久しぶりの笹子雁ヶ腹摺山。もう冬枯れでした。

2018111009

随分早い昼食だけど、富士山を見ながらおにぎりを食べました。

2018111010

下りは普通に登山道を新田へ。以前は鉄塔を過ぎた所から左に降りた気がしますが、道が変わったのか、そのまま尾根を下っていくようになっています。途中には木祠。

2018111011

前に造成していたのを覚えてますが、きれいに擁壁が作られたみたいです。

2018111012

あたりの紅葉がまずまずでした。

2018111014

ということでいつもの笹一新酒祭り。今年はなんか飲みやすかったせいか、ちょっと新酒を飲みすぎてしまい、抽選も忘れるし、へろへろの泥酔で帰りました。(+_+)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神山と城峯公園

11/4は冬桜を見に行きました。

2018110401

本庄駅からのバスを神泉総合支所で下車します。

2018110402

11月の土日の限定便の神川町営バスに乗り継ぎ、城峯公園で下車しました。

2018110403

下車した目の前から十月桜(冬桜)が咲いていました。

2018110404

まずは城峯神社に立ち寄り、お祈りしておきます。

2018110405

神社の横が神山の登山口。

2018110406

そんなには歩く人もいないようです。一度林道に出て、少し先を右に入って登っていくと、ピークらしき処に祠と社が。ここが奥の院でした。

2018110407

わずかに戻るように進むと神山の三角点と山頂。神流湖が少し木の間から見えたくらいでした。

2018110408

下る途中からは雨降山がいい感じでした。

2018110409

バス停へ戻り、わずかに先が城峯公園。紅葉した木と冬桜のコラボ。でも、やはり今年の紅葉なので今ひとつでした。

2018110410

展望台に登ってみると雨降山や御荷鉾山、西上州の山々神流湖を眺められました。

2018110411

そして冬桜を見ながら散策。

2018110412

春の桜とは異なって一斉に満開、という感じではない咲き方なので、こんなものでしょうか。

2018110413

それでもこれだけ咲いていればなかなか。これで天気がもう少し良ければね。

2018110414

せっかくなので「冬桜の宿 神泉」まで歩いて入浴。
お湯は残念ながら温泉ではないようです。
でもアルカリ度のあるお湯でしっとり感があり、その上、お昼頃ということもあって、お風呂を独り占め。ゆずも浮かべられていて、のんびりと冷えた体を温めることができて、いいお湯でした。

目の前にバス停があるのですが、11月の土日はこちらまでバスは来ないので、城峯公園まで歩いて戻り、再びバスを乗り継いで帰宅。
歩いた時間よりも乗り物に乗っていた時間の方が長く、小旅行をした気分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大堀沢右岸尾根

11/3は六ツ石山へ。

2018110301

水根バス停で下車して歩き出し。

2018110302

久しぶりの水根沢林道、台風の影響が心配されたけど、それほどでもなく、倒木があったり、わずかに桟道が歩きにくい所がある程度でした。

2018110303

大堀沢右岸尾根に取り付きます。ひどい急登が続いて、結構足場が危険な所もありました。やはりリスクがありますね。

2018110304

途中には大きな木。

2018110305

まずまずの紅葉もありました。

2018110306

少し傾斜が緩む所もありますが、また急登になります。上部はどちらかというと茶色になっていました。

2018110307

さらに上に行くと緩やかな尾根。もうこのあたりは冬枯れに近い状態でした。

2018110308

途中からは鷹ノ巣山などが見えましたが、もう寒そうな感じ。

2018110309

あっけなく縦走路に出て、尾根終了。

2018110310

軽すぎる気もしましたが、六ッ石山に向かいました。ここにも石標が立てられましたね。

2018110311

水根へ降ります。このあたりは良い雰囲気ですね。

2018110312

途中にも少し紅葉した木を見かけます。

2018110313

産土神社を通ります。

2018110314

青目不動尊に立ち寄りました。奥多摩湖を見ることができます。
立ち寄りませんでしたが茶店も営業していました。

2018110315

まだ時間も早かったので、久しぶりに奥多摩むかし道をたどることにしました。
さすがに歩いている人が多かったです。

2018110316

たきのり沢は小滝が連続していて、やっぱりのりのり?

2018110317

惣岳渓谷先の淡い紅葉も悪くなかったです。

2018110318

槐木も健在。

2018110319

途中でやめようかと思いましたが、頑張って奥多摩駅まで。足が痛くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コタラ沢から百蔵山

10/28は百蔵山へ。

2018102801

猿橋駅からのバスを落合橋で下車。

2018102802

コタラ沢に入ります。

2018102803

右岸道を探ったのですが、やはり踏み跡らしきものはほとんど消えているようです。左岸に渡り、小尾根を見つけてたどると踏み跡が伸びていましたので、それをたどり、途中で踏み跡から別れて登りました。再び小尾根を見つけ、それを辿って登っていきます。

2018102804

岩場が出てこないかと心配しましたが、細い急登ながらも登っていくことができ、上部には石標もありました。

2018102805

結局、907mの手前の南尾根に出る始末。もっと先に進むべきでした。登山道を登って久しぶりの百蔵山ですが、やっぱりこの日は富士山は見えませんでした。

2018102806

でもリンドウがたくさん。

2018102807

先へ進むと紅葉が始まっていてカラフルですね。

2018102808

頑張って扇山を目指します。やはり歩く人が多いですね。台風の影響もありました。

2018102809

だいぶ登らされて扇山に近づくとやはり色づいていました。

2018102811

扇山の山頂は団体さんも含めてたくさんの人。でも、時間のせいかみなさん下山すると一気に静かになりました。

2018102810

あまり派手はないですが、オレンジ色もまずまず。

2018102812

先へ進みます。下っていくと山谷方面の道を分岐。

2018102813

左に折れて先へ進み、犬目への道を右に分岐。しかし、ここは左の道を進みます。

2018102814

倒木だらけの登山道を進みます。でも、テープなどが付けられていて進路 が分かりやすくなっていました。しばらく頑張ると犬目丸。

2018102815

どうも次の週に登山競技があるようでそこそこ整備してくれたみたいです。萩ノ丸は直下を通り過ぎて下っていくと金比羅社。久しぶりに双体道祖神がありました。

2018102817

道路に出て、普通なら四方津駅へ向かいますが、あえて右へ進んで犬目の集落へ。

2018102818

ゴルフ場の中の道、とい感じの道路を歩いて太田バス停へ出て、右へ行くと太田峠道の入口。

2018102820

しかし、相変わらず変な所を歩いてしまい、難儀してようやく出た所はヤブだらけの道、最近はほとんど使われていないようです。ヤブから出てほっとすると手製の道標がありました。

2018102821

最後まで気の抜けなかった山行になりました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«藤野やまなみ温泉