« 旅とふるさと 若山牧水著 | トップページ | 燕岳から餓鬼岳縦走2 »

燕岳から餓鬼岳縦走1

土日は雨の予報が出ていましたが、せっかくの夏休みですから、縦走に行ってみました。

31日(金)の夜に夜行快速で出発し、穂高駅で下車します。バスに乗って中房温泉へ。

2009080301

道標を見て、出発です。

2009080302

ここを登るのは3度目だったかな。久しぶりの合戦小屋で一休み。

2009080303

途中でやっぱり雨が降り出して、霧の燕山荘に到着。テントを張りましたが、やはり雨が断続的に降っていました。

2009080304

テントは結構多かったです。自分は下の方に張ったのですが、次の日の朝、テン場のトイレに行ったら注意書きがあり、テント場の下の方に熊やキツネが出没するので、食事などを外に置かないようにと書かれていました。知らぬが仏でした。

2009080305

夕方にちょこっと雨が止んで少しだけ燕岳が姿を見せましたが、すぐに霧の中に消えてしまいました。

2009080306

さて、次の日もやはり雨模様。朝はぱらつく程度でこれなら行けるだろうと出発します。槍ヶ岳がほんのわずかに見えていましたが、これまたすぐに霧の中に消えてしまいました。

2009080307

しばらく登れば燕岳の頂上。往復する人でたくさん人がいたので、少し進んだ所で一休み。これからの縦走路が見えています。

2009080308

燕岳の先で分岐がありますが、すぐ上に登れるので登ってみます。燕岳がよく見えました。

2009080309

この先も遠そうです。東沢乗越は、右下へかなり下ります。そして左の方へ縦走して行くので、真ん中岩峰の先の右横に見える山が餓鬼岳だと思います。

2009080311

縦走路を歩いていると、しっかり雨になってしまいます。こんなに下るの、と思う道でようやく東沢乗越。中房温泉に下ってしまおうかとも思いましたが、餓鬼岳に向かうことにします。

2009080312

東沢岳までは結構きつい登り。濡れたテントを入れたザックが重いです。その先は、次から次へと岩峰が出てきて、直登したり、岩場をよじ登ったり、へつったり、さらに先へ進んでいくと、桟道やハシゴの連続。ガスっているので、だいぶ高度感は少ないですが、それでも重い荷物ではきつい道でした。

この日は餓鬼岳小屋のテント場にテントを張りました。疲れていたのと、ずっと雨が降り、写真を撮る気にもなりませんでした。

2へ続く。

 

|

« 旅とふるさと 若山牧水著 | トップページ | 燕岳から餓鬼岳縦走2 »

登山(北アルプス)」カテゴリの記事

コメント

しっかし今シーズンは天気が良くないですね。
個人的に体も整って気張って遠出のプランを立てていたのに、
天気が悪いとやめているので今のところ全て潰れてます(笑)

二日目はどうだったのでしょうか。続きがちょっと気になります。
来週は晴れて欲しいけど台風の様子が気になる気になる気になる・・・

投稿: komado | 2009年8月 4日 (火) 22時37分

テント派の、リブルさん、来年は、一緒に笊ケ岳へ行きませんか?
「南アルプス安全登山隊」は、随時、募集ちゅう~♪です。

それにしても、キツネとクマを一緒にして、出没注意と言われても、心構えが全然違いますよね。
もちろん、食べ残しなどを置いてはいけません、という注意でしょうが。

投稿: chiyomi | 2009年8月 4日 (火) 23時05分

リブルさんは北アだったのですね!
テント場の写真のもやった感じ・・・去年の私の敗退を思い出しました(笑)
でもやっぱりリブルさんは経験値が高いから違いますね♪
私が行った時も雨の中、隣のテントの60代のご夫婦が
「この天気だから、仕方ないけどま、とりあえず餓鬼まで行っとく?」
といってあっというまに撤収して、さっさと消えていきました。
天気に負けて降りた私、「プロだわぁ~~~」と感激したことを思い出しました。

今頃天気でちょっと悔しいですね、お互いに(笑)続きを楽しみにしています。

投稿: cyu2 | 2009年8月 5日 (水) 17時37分

komadoさん、こんにちは。

今年はほんとうにこんな天気ばかりで嫌になります。
特に土日は集中的に狙われているみたいですし。(苦笑)
天気が悪いときは止めたい気になるのですが、やはりアルプス縦走となると行く機会も少ないので、無理して突っ込んでみました。
今週末も台風の影響のせいか、不安定ですね。
まだ傷が癒えないので、今週末は近場へ行こうと思っています。

投稿: リブル | 2009年8月 5日 (水) 20時15分

chiyomiさん、こんにちは。

ざ、笊ヶ岳、い、行きたいです!!!
懸案の山なんですよね~。
休みの都合が付けば、ぜひお願いします。

キツネはともかく、熊が出るのだったら、受付した時に言ってくれ、とちょっと思いました。
トイレに行くときなどは注意って個室内のドアに書いてあるんですよ。おいおいって、突っ込みたくなる注意書きでした。

投稿: リブル | 2009年8月 5日 (水) 20時22分

cyu2さん、こんにちは。

自分も風があったら行ってなかったと思います。
実際、燕岳では敗退しようかなとちょっと考えていました。
でも、朝になったら風はないし、雨は細かい雨がちらほら程度だったので、これなら行けると思って進みました。
結局、しっかり雨でしたけど。でも、横風はほとんどなかったです。

多少の雨はもちろん降られていますが、こんなに完膚なまでにずぶ濡れになったのは初めてでした。
雨具が古くなっていたこともあるんですけどね。
もう10年物なので、さすがに買わなくちゃと思っています。

投稿: リブル | 2009年8月 5日 (水) 20時33分

心強い同行者をゲット
来年は、ぜひ一緒に笊ケ岳を歩いてください。
こちらこそ、よろしくお願いします。

投稿: chiyomi | 2009年8月 6日 (木) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燕岳から餓鬼岳縦走1:

« 旅とふるさと 若山牧水著 | トップページ | 燕岳から餓鬼岳縦走2 »