« 大山へ | トップページ | 権現山北尾根から尾名手尾根 »

次石山

21日(土)は栃木へ。

2012042101

板荷駅で初めて下車して歩き出します。

2012042102

鉄塔巡視路を登っていきます。向こうの左側が次石山、右は手前の430m圏のピークだと思います。

2012042103

二つ目の鉄塔の先は踏み跡に代わり、390m圏のピークに着きます。御嶽山と書かれたプレートと祠が二つほどありました。

2012042104

下りで支尾根に入ってしまって、急降下で下り着いた所は林道でした。小さな社がありました。

2012042105

林道を登っていき、踏み跡を辿って尾根に戻れました。藪っぽい岩場の登りはかなりきつかったです。430m圏のピークを過ぎると先に次石山と右には岩峰が見えてきます。しかしその先も枝藪がかなりありました。

2012042121

途中には予想外のアカヤシオ。まったくお花は期待していなかったので、うれしい誤算でした。

2012042117

次石山に着きます。祠がありましたが、眺めもないピークです。

2012042106

最初は岩峰に行くつもりはなくて、途中で引き返して先まで進んだのですが、やっぱり登りたいと思い、次石山に引き返しました。手前に岩場がありますが、そこから見る岩峰はとても登れそうに思えない山でした。

2012042107

かなり厳しい鎖場もあり、高度感があってドキドキものでした。なんとかピークに着くことができました。大きな石祠が置かれていました。

2012042108

どんより天気でしたのであまり期待はしていませんでしたが、向こうに見えるのは古賀志山でしょうか。いつかは行ってみたいものです。

2012042122

ヒカゲツツジもよく咲いていました。

2012042109

登り返しもかなりきつかったですが、無事に次石山に戻り、先へ進みます。ルートファインディングが必要な尾根を歩いていき、かなり薄い踏み跡を辿ると雷電山と書かれたピークに着きます。ここにも石祠があります。

2012042110

さらに踏み跡を辿って送電鉄塔で休憩。さらに先へ進み、360mの小ピークで曲がって城山へ。途中にはベンチがあって、八方館と書かれていました。

2012042111

先へ進めば城山に着きます。四等三角点と石祠が新旧二つありました。

2012042112

南へ進み、しばらく下った所で折り返して北へ。あまり歩かれていない踏み跡を辿ると、民家の裏手に降り立ちました。石碑も見掛け、昔は城山への入口だったのかも。道路に出て、下小代駅に向かいました。

2012042113

思惟観音などの石仏を結構見掛けました。

2012042114

途中では桜がよく咲いています。曇りの天気が恨めしいです。

2012042115

下小代の駅前にはこれまた桜の巨木。いつ頃からある木でしょうね。

2012042116

植栽のような気がしますが、ミツバツツジが咲き、向こうには旧駅舎が保存されています。がらんとした旧駅舎はやはり寂しい。

1時間に1本ほどなので、ホームから桜を眺めながら、のんびりと電車を待ちました。

|

« 大山へ | トップページ | 権現山北尾根から尾名手尾根 »

登山(那須・栃木)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177228/54543593

この記事へのトラックバック一覧です: 次石山:

« 大山へ | トップページ | 権現山北尾根から尾名手尾根 »