« 民俗と植物 武田久吉著 | トップページ | 猿ヶ京温泉 まんてん星の湯 »

ごそごそと石砂山、石老山

16日(土)は石砂山へ。

2013111601

三ヶ木からのバスを青野原バス停で下車し、しばらく下っていくとキャンプ場がありますが、対岸の紅葉がなかなかでした。ちなみに白いのは霧がかかっていたのでした。(^^;

2013111602

結構藪っぽい尾根を進んでいくと、杭を見つけてちょっとホッとします。

2013111603

ようやく尾根が分かりやすくなり、ひたすら尾根を追います。

2013111604

途中にあったきれいな黄葉の木。

2013111605

基準点を最初は気づかず、通り過ぎてしまいました。

2013111606

こうなっていたら、普通は直進するでしょう。まっすぐ進むと下りになって、磁石を確認するとあれ?と思い、ふと左を見ると尾根が見えたので、「しまったー」となり、戻ったら基準点がありました。

2013111607

尾根を進んでいくと、再び藪がひどくなりました。鉄塔巡視路を分けてさらに進んでいくと、ようやく藪が少なくなります。

2013111608

しかし、今度は急登があり、踏み跡も怪しくきついところがありました。

2013111609

ようやく登りついた所には椅子と机がポツンと置かれていました。

2013111610

向こうに見えるのは丹沢の山々でしょうね。山頂もすぐそこでした。

2013111611

牧馬峠へ向かいます。最初は急坂ですが、しばらく下ると尾根らしくなりました。

2013111612

途中には赤く紅葉した灌木がありました。

2013111613

ひたすら巻き道を選択して歩いていくと、ようやく牧馬峠に着きました。

2013111614

再び山に取り付いて歩いていきます。途中には石祠が置かれていました。

2013111615

一般道に出てしばらく登れば、石老山の山頂。さすがに人が多かったです。残念ながら富士山は雲に隠れていました。

2013111616

大明神展望台へ。最近はだいぶ木の枝が伸びて展望が邪魔されるようになりましたね。

2013111617

木に付いているのはツタウルシでしょうか?赤色が良かったです。
プレジャーフォレスト前バス停まで歩きました。

|

« 民俗と植物 武田久吉著 | トップページ | 猿ヶ京温泉 まんてん星の湯 »

登山(道志)」カテゴリの記事

コメント

タイトルを見て「懐かしいですね」と書こうと思ったらこれはまた全然違うコース。リブルさんは神出鬼没ですね。

投稿: のぞむ | 2013年11月20日 (水) 06時00分

のぞむさん、こんにちは。

懐かしいというには、早すぎるでしょう。(^^;
でも、大明神展望台へのコースを歩いていて、ちょっと思い出しましたけどね。

投稿: リブル | 2013年11月20日 (水) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごそごそと石砂山、石老山:

« 民俗と植物 武田久吉著 | トップページ | 猿ヶ京温泉 まんてん星の湯 »