« 北の丸公園、千鳥ヶ淵付近の桜 | トップページ | 西金(茨城)付近の桜 »

お花を探しに奥久慈へ

相変わらず遅れまくりですが、先々週は三度目の水郡線の旅。

2014040501

下小川駅で下車します。随分モダンな駅舎。

2014040502

まずは盛金富士へ。今年は伐採のためにお花の咲く、右回りの登山道は通行止。なので左回りで向かいます。駅前の案内板には通行止と書かれたものが貼られていました。以前に台風で通行止になったようですが、現在は整備されたので通行に支障はありません。ただし、そんなに人は歩いていないので、踏み跡っぽいところもあります。伐採も山頂から向こうなので問題ありません。

2014040503

沢の中をわずかに歩かされました。道標があり、じぐざぐの登りをこなし、尾根に出ると古い石仏が置かれていました。

2014040504

お花もなく、淡々と尾根を登っていくと山頂に着きました。そこにはご夫婦が一組。なんと右回りから登ってきたそうです。通行止ではと聞くと、この日は工事はやっていなかったそうで、ちょっと歩きにくいところがあったそうですが、歩けましたとのこと。(とは言え、公式には通行止ですよ。)

山頂からは男体山を望むことかできました。

2014040505

少し下るとお花がしっかり見られました。しばらく撮影して楽しみ、通行止の道を降りようかとも思いましたが、やはり罪の意識が...。
ということで登ってきた道を再び下り、橋に向かいます。菜の花が咲き、里山風景がいい感じでした。

2014040506

平山橋は欄干などはない橋。その上、かなり水面に近いのです。増水したら橋の上まで水かさが増すでしょうね。だから余計なものがあると流されてしまうので、欄干を付けないのかもしれません。

2014040507

前日はちょっとした嵐だったようで、久慈川はかなり増水していました。水量がある上に、かなりのスピードで流れているのでちょっと怖かったです。

2014040508

橋を渡り、熊の山に向かいます。

2014040509

しばらく道路を歩いて民家がなくなり、ようやく登山道に入ります。分岐を過ぎると登りになって、小さなピークに着くとミツバツツジでしょうか、咲いていました。

2014040510

ヤマツツジまで咲き始めていたのにはびっくり。

2014040511

すぐ先には三角点がありました。

2014040512

下小川駅への分岐を過ぎ、さらに歩いていくと、熊野神社の大きな鳥居があります。こんな山の中に立っていることが不思議なくらいです。その先の石段も長いこと。

2014040514

石段を頑張って登りつめると熊の山。現地には熊野山と書かれています。

2014040513

なかなか広い眺めの山頂。肉眼では日光方面の雪山も見えましたが、写真では無理でした。

2014040515

列車の時間に合わせてちょっと眺めの休憩。右奥にはこれから向かう上高塚山などが見えていました。

2014040516

歩いていくと下高塚山。この先はちょっと藪っぽいです。

2014040517

電波塔を過ぎて登ると静かな上高塚山。ここでも時間調整。

2014040518

踏み跡と言っていい尾根を下っていくと道に出ましたが、ここで失敗。分岐を間違えて下り、使われていない林道崩れの道に入ってしまいました。道型が残っていたのでそれを下っていくと民家上の斜面に出てしまいます。なんとかお墓に降り立ちましたが、その先は民家の軒先を通らなくてはならず、ちょうど民家の方もいて、謝って通らせてもらいました。

2014040519

西金駅に着いてのんびり列車を待ちました。写真を撮ったときは気持ちよい青空で晴れていましたが、あっという間に曇ってしまいました。やはり山の近くの天気は変わりやすいですね。

|

« 北の丸公園、千鳥ヶ淵付近の桜 | トップページ | 西金(茨城)付近の桜 »

登山(房総・筑波)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177228/59469794

この記事へのトラックバック一覧です: お花を探しに奥久慈へ:

« 北の丸公園、千鳥ヶ淵付近の桜 | トップページ | 西金(茨城)付近の桜 »