« 底沢から堂所山 | トップページ | 醍醐付近の尾根歩き »

芋木ノドッケへ

5/23は奥多摩へ。

2015052301

久しぶりに一番バスで日原を歩き出し。さすがに早朝は少し肌寒い感じでした。

2015052303

日原林道を延々歩いて大ダワ林道へ下り道に入りますが、さすがに大ダワ林道は通行止めなのでかなり落ち葉が溜まっていました。橋も外されているので、渡渉になりました。

ちなみに大ダワ林道は大規模崩壊のための通行止め、というよりほぼ廃道なので、危険ですので、絶対に入らないように。

2015052304

二軒小屋尾根に取り付きます。なぜかロープははずされています。勝手に外した人がいるのでしょうか。

2015052305

二軒小屋尾根の大ミズナラはこれなのかな?
結構たくさんの大きな木があって楽しかったです。

2015052306

今年初のギンリョウソウ。

2015052307

なかなかきれいな新緑です。

2015052309

1726m付近。ちょっと平らになります。

2015052310

途中、左手に見えるのは雲取山ですね。

2015052311

ツルキンバイがよく咲いていました。

2015052313

かなりの急登が続き、頑張ると道標が見えて、芋木ノドッケ。この日は少し寒いくらいに涼しかったです。

2015052314

長沢背稜を天祖山に向います。途中からは登った尾根を見ることができます。

2015052315

桂谷の頭付近はシャクナゲがよく咲いていました。

2015052316

ミツバツツジもなかなかでした。

2015052317

今年はホントに暑い。長沢山は暑い山頂でした。

2015052318

見覚えのある道標で天祖山に向います。

2015052319

天祖山に着いたのは、なんとまだ13時30分過ぎ!これには自分でもびっくり。東日原の最終バスかよくて17時台のバスと思っていたので、これなら16時台のバスに間に合いそうです。

2015052320

いつもながら下部の斜面は慎重に通り抜け、そのあとも気を抜かず、日原林道に降り立つことができました。16時台のバスに余裕で間に合いました。

2015052323

クワガタソウも咲いていました。

ちなみに、このblogで紹介している尾根歩きは一般登山道ではないものが多く、この尾根も道標などありません。テープは見かけましたが、この尾根は奥多摩最奥の尾根、長時間歩行を要し、いきあたりばったりで歩けるような尾根ではありません。十分な計画および装備が必要ですので、念のため付け加えておきます。

|

« 底沢から堂所山 | トップページ | 醍醐付近の尾根歩き »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

奥多摩でシャクナゲが見れるところと言えば長沢背稜しか知りませんが、
アプローチが長く、日帰りは難しいと思っていました。
二軒小屋尾根から芋ノ木ドッケにダイレクトに登られたのですね。
さすがはリブルさんらしい。

十文字峠はすっかり有名になってしまいましたし、飛龍山も遠いので
昨年は瑞牆山でシャクナゲを見ました。
今年は西沢渓谷から黒金山へでもと計画していましたが、
例年より開花が早く見逃してしまいました。

投稿: たまびと | 2015年6月 8日 (月) 21時10分

たまびとさん、こんにちは。

奥多摩ではあのあたりだけですね。
さすがに登山道を歩いて日帰りするのは、ランナーさんでないと無理でしょう。
雲取などに泊まることになるでしょうね。
今回は、二軒小屋尾根を登ることがメインでした。もしかしたらとは思いましたが、たまたま当たりましたけど。

自分は長沢背稜で見るのは2回目です。前回は、もう随分前の事です。
初心者の頃、テント泊で長沢背稜を歩いて雲取山に登る、というのが自分の目標の一つでした。
そのときは目標も達成できたし、シャクナゲも見られたし、とても印象的な山行でした。
なので、天祖山に向う道は逆コースですが、随分久しぶりなので懐かしい気がしました。

見たことはありませんが、瑞牆山にもあるのですね。
西沢渓谷から黒金山は歩いたことがありませんが、日帰りはやっぱり厳しそうですね。

投稿: リブル | 2015年6月 9日 (火) 20時04分

リブルさん、こんばんは。こちらには二度目の書き込みです。

レポ拝読。たまには無茶したくなるときが、、ありますね^^。
私も同じ日、7時台のバスで東日原→天祖山→長沢背稜→三峰、を歩きました。
水松山~芋木ノドッケは、今回が初めてでした。

芋木ノドッケに着いたのが12時45分位頃。雲取山、富田新道で日原に戻れるかな?
とちょっと迷いましたが、今回は安全策で。
いずれにしても、この時期じゃないとムリですね。

ずっと歩き残していた場所を歩けて、また、なんとかアズマシャクナゲに間に合って
(今年は一度だけ)、私にとっても印象に残る山歩きになりました。

確かにお泊りできるといいんですけど、三峰に下るまでにすれ違った人の数からして、、
土曜日は難しそうですね。

投稿: MS | 2015年6月12日 (金) 00時26分

MSさん、こんにちは。

なんと、これはびっくり。
芋木ノドッケにその時間ならば、長沢背稜の途中でお会いしていたはずですね。
7~8人ほどこの日は会いました。
天祖山経由で雲取まで行って三峰へ行くのは相当な強行ですけど、
芋木ノドッケまで行かれたMSさんもかなり健脚ですね。

たぶん相当混むとは思いますけど、断られて泊まれないということは滅多にないのではないかと。
一応、非常食くらいは持っていたので、
雲取山荘に泊まれないときは、奥多摩小屋とか、七つ石小屋とか、いろいろ案はありました。
鴨沢へ下って、留浦まで歩けば、8時頃までバスもあるはずですので。

投稿: リブル | 2015年6月12日 (金) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177228/61699609

この記事へのトラックバック一覧です: 芋木ノドッケへ:

« 底沢から堂所山 | トップページ | 醍醐付近の尾根歩き »