« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

高水三山逆回り

1/14は奥多摩へ。

2017011401

静かな沢井駅を歩き出し、まずは青渭神社の里宮へ。

2017011402

初めて来ましたが、なかなか大きな神社ですね。

2017011403

山に取り付いて登っていきます。途中は踏み跡もちょっと怪しい感じです。
途中、風花が舞いました。

2017011404

上の方に行けば、尾根は歩きやすくなりますが、急登もありました。

2017011405

登山道に出て、ホッとします。

2017011406

久しぶりの青渭神社奥宮。やっぱり寒いです。

2017011407

岩茸石山に向かうと途中からは奥の山が見えましたが、ホントに寒そうな感じでした。

2017011408

久しぶりの岩茸石山。風があり、無茶苦茶寒いです。手袋をしていても手が痛くなるほど。
できるだけ風を受けない場所で休みましたが、寒すぎてのんびり昼食を取れない感じでした。

2017011409

高水山への登りもシャツの上にパーカーを着ていても全く汗をかかないどころか、寒くてたまりません。結局、パーカーの下にフリースを着ることに。
フリースを着たまま行動中することは、朝一を除いて今までほとんどなかったんですよ。

2017011410

高源寺でお参り。まだお昼過ぎということもあって人がいましたが、これから岩茸石山に向かうのは風で厳しそうだなぁと思いました。

2017011411

道路に出て歩いているとロウバイが咲いていました。
少しずつ春が近づいているようですね。
でも、駅へ向かう帰り道も風花が舞っては止み、舞っては止みの繰り返しでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊東温泉七湯巡り

せっかくなので、七福神と一緒に七湯巡りもしてみました。
ただし、入湯したのは一部だけです。

2017010921

まずは南伊東駅の近くにある鎌田福禄寿の湯で、福禄寿に会います。

2017010922

次は岡布袋の湯。こちらは入湯してみました。250円だったかな。
ちょうど開店したばかりの時間でしたので、地元の方で混雑していました。
やはり地元の方に親しまれているのがいいですね。
単純温泉だと思いますが、一番湯に近い状態でしたので、お湯もとてもきれいで、柔らかいいいお湯でした。
長湯すると回れなくなるので、軽めに切り上げましたが、体がポカポカとしてなかなか冷めませんでした。

2017010923

毘沙門天芝の湯は毘沙門天。

2017010924

恵比寿あらいの湯は恵比寿神。この日は休業だったようでした。

2017010926

和田寿老人の湯は寿老人。人がどんどん入っていくのが見えました。

2017010927

松原大黒天の湯は大黒天。

2017010928

湯川弁天の湯は弁天様。こちらも入湯しました。
やはり250円だったと思います。
お風呂が広めで、時間が中途半端な4時過ぎということで人も少なめ、のんびりと入れました。同じ単純温泉でも、岡布袋の湯とはわずかに泉質が違う感じがしましたが、やはりしっとりとする感じは天然温泉ならではです。いいお湯でした。

また、そのうちに機会があれば、今回入れなかったお湯にも入湯したいですね。(^^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊東の七福神巡り(未完)と樹木見学

1/9は残念ながら天気が悪い感じ。
山は諦め、のんびり家を出て、伊東に向かいました。
伊東駅に着いたのは、もうお昼をとっくに過ぎていました。
七福神巡りと言っても、もう7日を過ぎているので、外からお参りするだけです。

2017010901

伊東駅から荻車庫方面のバスに乗り、荻バス停で下車するとすぐ近くに林泉寺。ここは福禄寿です。

2017010902

林泉寺のフジは樹齢三百年の古木のようです。県指定の天然記念物になっています。

2017010903

道路を隔てた山神社。

2017010904

ムクの木の群落がなかなか。伊東市指定の天然記念物になっているようです。

2017010905

バスで戻り、日暮神社でお参り。

2017010906

大きなタブの木があります。こちらも伊東市指定の天然記念物。

2017010907

すぐ近くが寿老人の最誓寺。

2017010908

大きなソテツ。こちらも市指定の天然記念物。

2017010909

少し歩き、葛見神社へ。

2017010910

境内に入ると見えるのがすごい巨樹。「葛見神社の大クス」でした。

樹齢千年以上という巨樹で、昭和8年に指定された国指定天然記念物だそうです。
ホントにこれはすごかったですよ。

2017010911

東林寺は布袋尊。お参りしたのち、曽我兄弟の首塚なども訪ねました。

2017010912

入道坂を登って、伊東祐親の墓へ。皇太子様も以前に訪れているようで、石碑がありました。

2017010913

さらに歩いて仏現寺。こちらは毘沙門天です。今更天気が良くなってきたようです。

2017010914

境内からは海を眺められました。

2017010915

天照皇大神社に立ち寄ります。あまり良い写真は撮れませんでしたが、スダジイがたくさんあるようです。

2017010916

海沿いを魚市場などを見ながら、かなり歩いてようやく新井神社。こちらは恵比寿神です。

2017010917

仏光寺に立ち寄ります。

2017010918

六角堂がありますが、この彫刻がすごいですね。

16時近くなってしまい、この辺でギブアップ。
残り二つはまたそのうちに行かなくてはなりませんね。(^^;

たくさんの大きな木を見た一日でもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜神峡へ

1/7は茨城の竜神峡へ。

2017010701

常陸太田駅から馬次入口行きのバスに乗りますが、土日の午前中は10:02発のみです。
これを竜神ダム入口で下車しました。

2017010702

下から竜神大吊橋を眺めます。

2017010703

竜神峡の道をしばらく歩いていくと竜神ふるさと村への道が分岐します。
冬季は休業のようです。

2017010704

亀ヶ淵は神秘的な感じですね。

2017010705

亀ヶ淵340m峰に登りました。かなりの急登で笹薮もあり、なかなかきつかったです。
山頂からは武生山がよく見えました。

2017010706

反対に見えるのが明山でしょうか。近いけど、渓谷を隔てているので、行くのは簡単ではありません。

2017010707

再び登山道に戻って先へ進み、沢を渡ってから再び登っていきます。だいぶ登ると道標がありました。

2017010708

武生神社の鳥居近くに出ました。

2017010709

武生神社でお参り。

2017010710

ご神木があるようなので、裏手に行ってみると、すごい太郎杉。
推定樹齢800年の自然杉だそうです。

2017010711

道路に戻り、宝剣洞展望台で一休み。明山とさきほど登った亀ヶ淵340m峰がよく見えました。

2017010712

道路を下っていきます。大きな道路は工事中、左に曲がらされたので、武生林道かどうか半信半疑でしたが、問題なく降りられました。

2017010713

武生山入口バス停でのんびりバスを待ちます。
帰りも土日は14:56の一本だけです。
ちゃんと来てくれるか心配でしたが、しっかり来てくれました。

2017010714

やはりバスが少ないせいか、夕方の常陸太田駅に着いてなんとなくホッとしたのは事実でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥多摩温泉 もえぎの湯

奥多摩駅近くのもえぎの湯にはもう何度も入浴しているけど、
あれ、このblogでは記述が見当たりません。
ということで久しぶりの再訪。

2017010316

入浴料は忘れたけど、ホームページを見ると780円だったようです。
この日は正月ということで、石鹸を頂きました。

お湯はメタほう酸・ふっ素泉ということで、あまり強い成分はありませんが、
比較的ぬるつきのある柔らかいお湯です。

お風呂は脱衣場と同じフロアに内湯が上にあり、下のフロアに露天風呂があります。
内湯はジャクジー付きの横長の感じです。
この日はちょうど適温という感じでした。
人が多いと循環のせいか、ちょっと汚れが気になります。アルカリ系の泉質だと多少は仕方ない所かもしれません。どちらかというと、露天風呂の方が好きです。

露天風呂へは階段で降りるのですが、冬場はちょっと寒いので、内湯でしっかりと温まってからの方がいいと思います。

露天風呂もそんなには大きなお風呂ではありませんが、
必要十分な大きさ。向こうは川なので、いつも風が少しあり、夏場でもいい雰囲気です。
冬はちょっと寒いかな。
お湯が熱めなので、入っていると熱いし、出ると寒いし、なかなか難しいです。
でも、体の交感神経を刺激して良いのかも。

駅近くなので、あまり時間を気にせず入ることができるのが利点ですが、
その代わり春や秋の連休などはかなりの混雑。
やはりあまり混んでいる時は避けて、空いている時を狙って入浴するのがお勧めですね。

いつもながら、帰りは肌がしっとりするいい温泉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥多摩駅近辺の山の神社巡り

ようやく2017年のレポになりました。
1/3は奥多摩駅近辺の山の神社を巡りました。

2017010301

奥多摩駅が歩き出し。

2017010302

むかし道を少し辿ると羽黒三田神社への急な石段があります。

2017010303

石段を登りきって少し進むと大山祇神社。双体道祖神はたぶん最近のものですよね。

2017010304

橋を渡ってさらに登ると羽黒三田神社。右に相馬神厩があります。
扉は開かないので、目のあたりしか見えませんが、ちょっと怖かったです。

2017010305

元の石段の所まで戻り、むかし道をしばらく辿ります。古いトロッコ線跡はいつ見てもノスタルジックな思いにかられます。

2017010306

石仏もたくさん並んでいたりします。

2017010307

槐木のサイカチがトイレの横にありました。奥多摩町の指定天然記念物だそうです。

2017010308

桧村へ下り、さらに小留浦の丘へ。弘法大師のお堂がありました。

2017010309

九竜山への道から離れて下ると山祇神社。

2017010310

病院前から鋸山林道に入って、山道を辿ると奥多摩総合運動公園の近くに出ます。少し進むと登計トレイルがありますが、入口はこんな感じ。

2017010311

展望デッキはこんな感じ。やはりここは暑い頃に涼しさを求めて歩く方がいいみたいです。

2017010312

うすら寒い樹林の中をひたすら歩き、ようやく出口を出て、少し登ると登計峠。
ここは鋸山から何度も来た所です。

2017010313

こちらも何度もお参りしている愛宕神社。

2017010314

愛宕神社の参道は下の方の木が伐採されたせいかどうか、以前ほどの怖さは感じませんでしたが、急降下は手すりにすがりたくなります。奥多摩駅と反対側を目指して下っていけば、庚申塔とおとも石でした。

2017010315

時間が早いのでもえぎの湯へ向かいました。
この吊り橋を一度は渡って見たかったのですが、ようやく実現できました。

ということで、こちらを見て頂いている方全てに、今年の福が来ますように。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かっぱ天国

丸岳の帰りは箱根湯本温泉のかっぱ天国へ。

2016123021

日が沈んでしまって良い写真が撮れなかったので、看板の写真を。
以前から何度も入湯している温泉ですが、こちらで紹介していなかったようです。

駅の上にあるのですが、道を結構登らされます。
階段を登って、さらに登らなくてはいけません。

入浴料は800円だったと思います。
箱根は敷居が結構高い所が多いですけど、ここは山帰りでも気軽に使える施設です。

以前はお風呂が二つあったけど、小さい一つは閉鎖されていました。
柔らかなお湯が掛け流しされていて、お湯はなかなかです。
確かここは自家源泉だったと思います。
人が多いとちょっと汚れが気になったりもしますけど、それを引いても悪くないお湯だと思います。
ちょうど若いグループがいましたが、すぐに上がっていったので、その後はのんびりとお湯を堪能できました。

最新のきれいな施設にこだわらなければ、良いお湯だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸岳へ

2016最後の山は箱根へ。

2016123001

天気の良い予報の上に丹沢方面は青空だったのに、小田原あたりから雲。
乙女峠バス停で下車するとどんよりの曇り。テンションかなりダウン。down

2016123002

初めての乙女峠。わずかに雪が溶け残り。

2016123004

少し日差しも出てきました。軽い雪道を丸岳へ。

2016123005

ここは電波塔ときれいな青空。

2016123006

少し先へ向かうと、向こうには駿河湾、左にはこれから歩く山々が見えました。

2016123007

途中には富士見台がありますが、残念ながら富士は雲の中。

2016123008

長尾峠を過ぎてさらに登っていくとあまりピークっほくない所に1044.9mの三角点。

2016123009

芦ノ湖展望公園のあたりで座り込んで昼食。やっぱり富士は下だけです。
日が陰ったら、寒いのなんの。

2016123010

スカイラインが近いのが今ひとつ。でも、箱根じゃないみたいな雰囲気。

2016123011

大きく下ると湖尻峠。

2016123012

深良水門のあたり。湖の水が滔々と水門から流れておりました。

2016123013

大きな湖尻水門はあまり使われていないようですね。

2016123015

勢い余って仙石原を目指しましたが、これが長い長い。ゴルフ場が近く、ちょっと退屈な道でもありました。でも、大涌谷の噴煙を眺められる所がありました。

2016123016

仙石原が近づくと石畳がある所を通ったりします。

2016123017

仙石原に出てもしばらく道路を歩き、ようやくの事で仙石案内所前バス停に着くとすぐにバスがやってきましたが、大混雑のバスの乗客となりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

毘沙門山へ

12/25は栃木へ。

2016122501

さすがにクリスマス、東武線の快速も登山客はごくわずか。
大桑駅で降りるのは自分一人。

2016122502

ちょっと寄り道して、杉並木寄進碑を見に行きました。だいぶ遠回りしてしまいました。

2016122503

あらためて毘沙門山に向かいます。途中、男体山や女峰山の眺めが素晴らしいです。

2016122504

尾根に取り付きましたが、そこは予定の地点ではなく、ただの藪尾根。途中は道にも迷いました。なんとかこの道標にたどり着いてホッとしました。やはり茶臼山の方から登る方がよいようです。

2016122505

その先は歩きやすくなり、毘沙門山の山頂。反対側は大きな電波反射板が邪魔してますが、那須側はよく見えました。残念ながら近い女峰山は森の向こうで全く見えません。

2016122507

尾根道は比較的分かりやすいです。茶臼山手前からはなんとか木の合間から女峰山。

2016122506

わずかに登れば茶臼山。ただの通過点みたいな感じの場所です。

2016122508

先へ行くと緩やかに下ってから、まるで城跡のような空堀の跡みたいな所を通り、登り返したりします。砦のようなものが昔はあったのかも。

2016122509

誰にも会わないかと思ったけど、下り着くちょっと手前で地元の人らしき軽装の方に会いました。

そのまま大谷向駅に出てもいいけれど、せっかくなので大桑方向に車道を進んで日光杉並木街道に入ります。右手にはさきほど歩いた茶臼山や電波塔のあるピークなどが見えました。毘沙門山は向こうなので見えないようです。

2016122510

鬱蒼とした杉並木街道はやはり雰囲気がありましたが、この時期はちょっと寒いです。

2016122511

大谷向駅を過ぎて橋を渡りますが、そのあたりからの日光連山の眺めもなかなか。この日は上の方に載せた写真と比べても雪が減りましたね。

2016122512

報徳二宮神社に立ち寄ってお参り。

2016122513

下今市駅に出て、帰りました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨川富士

12/24は久しぶりに房総へ。

2016122401

安房鴨川駅からバス便もあるけど、使いにくく、歩いても30分程度ということだったので、歩いて鴨川富士を目指します。

2016122402

登山口付近はもう水仙が咲いていました。

2016122403

取り付きが民家だし、その先も登山道というよりは、踏み跡という感じでした。
尾根を辿って浅間社跡を過ぎ、西峰に着くと海越しの富士を見ることができました。

2016122404

大きな木と祠があります。

2016122406

さらに歩いて鴨川富士の山頂。スダジイの巨木はホントにでかい!実際の山頂は左上の暗い樹林の中でした。

2016122407

北へ下りますが、やはり踏み跡。赤テープが頻繁にあり、ロープも張られていたりしましたが、その先も一般的には不安になる道だと思います。最後もテープを見ながら下って立岩観音に下れました。岩壁にへばりつくような神社ですね。

2016122408

降りてからしばらく歩いて行くと女神山(右)と男金山(左)が見えます。それにしてもなぜ男神山もしくは女金山じゃないのか、山名に興味がありますね。

2016122409

女神山は個人の敷地らしく登れないようです。裏参道から登って男金山の山頂。男金神社があります。ほとんど眺めはなく、樹林の山頂でした。

2016122410

表参道を下って振り返ると男金山がよく見えました。

2016122411

安房鴨川駅に向かいますが、鏡忍寺というお寺に立ち寄ります。茅葺きの山門があり、この日は奥の木がまだ紅葉していて、いい雰囲気になっていました。

2016122412

立派なお寺で、日蓮の小松原法難の地として知られているようです。
降神槇という巨木があります。看板によると樹齢千年以上だそうな。

2016122413

旗掛松の跡地を見た後、安房鴨川駅に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静かな突先山

未だに去年の話ですが、12/18は静岡の山へ。

2016121801

静岡駅からのバスを終点の奥長島で下車します。

2016121802

奥へ向かって歩いていきます。やはり茶畑が広がるのは静岡ですね。

2016121803

林道に入って奥へ行くと、右に尾根コースを分岐しますが、そのまま沢コースに向かいます。
なお、静岡市としては尾根コースを推奨しているようです。自分が歩いた限りでは登りなら沢コースは問題ないと思いましたけど、少しでも不安があるならば、尾根コースを取った方が良いと思います。(自分は歩いてませんが。)

2016121804

途中はに古い桟道の所もあります。

2016121805

尾根コースと合流した所には、沢コースにはロープが付けられています。確かに下りであれば、尾根コースの方がいいでしょうね。

2016121806

釜石峠に着いて、少し先の歯痛地蔵に会いに行きます。頬に手を当てている、なかなかかわいい石仏でした。

2016121807

分岐に戻って先へ登っていけば、突先山の山頂。予想以上に樹林の山頂です。

2016121808

わずかな切り開きから富士が見えましたが、うーむ、雲がかかっておりました。残念。

2016121809

林道に降りて、しばらく林道歩きです。だいぶ歩いて大きなアンテナを巻くので、そこが大山かと戻るように進んでみましたが、そこはアンテナだけでした。その代わり、南アルプスの雪山を見ることができました。

2016121810

だいぶ歩いて大山の山頂に着きます。もう霞んでいましたが、海などを眺めることができました。

2016121811

かなり藪っぽい所を降りると再び林道です。どうもアンテナ街道らしく、大きな電波塔などが多い尾根の近くを進んでいきます。

2016121812

最後のアンテナを過ぎると踏み跡という感じ。一応、静岡市のプレートが付けられたりしてはいるのですが、磁石で確認したくなる所が多いです。暗い樹林の間を通る道は今ひとつ。かなり歩いてようやく石と小さな道標がありました。

2016121813

暗い樹林の中の道が続き、赤沢と大原の分岐。中藁科へ向かうには、大原の方に向かえば良いようです。

2016121814

鉄塔に出るともうだいぶ下ってきた事が分かります。しかし、そのあたりから先は鉄塔巡視路などの分岐が多く、なかなか分かりにくい感じです。

2016121815

ちょいと分かりにくい所もあり、ひたすら南方面を目指して下っていきました。

2016121816

やっとのことで、大原八幡神社に着きました。

2016121817

中藁科学校前のバス停が分からず、適当に川沿いを歩いていくと中藁科保育園前のバス停がありましたが、まだ、1時間ほどバス待ちです。なので歩くことにします。

2016121818

ターミナルの文字に惹かれてだいぶ歩いて谷津ターミナルまで歩きました。ここまで来るとバスの本数が一時間3本に増えます。おかげで20分ほど早い1本前のバスに乗れました。

静岡駅に出て、帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八王子八福神

新年最初の歩きは、もちろん恒例の七福神巡り。
今年は八王子八福神を巡りました。
八王子なので「八」に掛けて、吉祥天を入れて八福神としているようです。

2017010201

中央線西立川駅を歩き出し、しばらく歩いて寿老人の宗格院。

2017010202

南浅川沿いを少し歩きます。

2017010203

さらに歩いて吉祥天の吉祥院。

2017010204

展望台があって、右の山は高尾山かな。向こうは丹沢の山々でしょうか。

2017010205

横川弁天池に立ち寄ります。

2017010206

湧水池があり、鯉が泳いでいますが、透明度がなかなか。
さすが湧水ですね。

2017010207

南浅川を渡った所に広場のある公園になっていて、ベンチで昼食を取り、追分まで歩くと千人同心屋敷跡の石碑があります。

2017010208

ちょいと寄り道でしたが、弁財天の了法寺。

2017010213

大黒天の善龍寺。

2017010209

中央線の先へ行くと布袋尊の信松院。

2017010210

次は福禄寿の金剛院。

2017010211

毘沙門天の本立寺。

2017010212

最後は恵比寿天の伝宝院。なぜか大黒天が横にいたりします。。。

去年は自分にとっては病気などもあってアルプスの夏山歩きができませんでしたし、あまり良い年とは言えませんでしたが、今年こそは良い年になるでしょうね。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »