« 大屋山へ古い登山道を辿る | トップページ | 奥久慈岩稜コース »

ついでのひとぼし山

大屋山の帰途、バスまでかなりの待ち時間になりそうなので、
ついでの一山として調べておいた、途中にあるひとぼし山に登ってみることに。

2017030415

取り付きには登山口の表示があります。
ただし、明瞭な登山道ではなく、単なる踏み跡です。

2017030416

上部は植林で踏み跡が分かりにいです。なんとか尾根に出ます。

2017030417

しばらくは良い尾根でしたが、岩場の登りはきつく、お助けロープがあって、なんとか登れます。その先も踏み跡が分かりにくく、なんとか頂上。

2017030419

頂上は眺めがあまりないので、先へ進むと岩峰に出ますが、そこからは眺めがあります。写真右奥のとんがった山は碧岩でしょうね。

2017030418

さきほど登った大屋山はもちろんすぐ近くに見えます。歩いた蓼沼の集落も一目瞭然でした。

2017030420

往路を戻りますが、ちょっと岩場はひやひやものでした。下降路分岐の少し先の岩場へ行くとひとぼし岩に出ます。

2017030421

山仲の集落が一目で見られます。ここは山城があったということですが、集落を監視するには良い場所だったのでしょうね。

2017030422

六車から乗っても良かったのですが、時間がまだ早かったので、雨沢まで歩いて、しばらくバスを待ちました。

Dsc_4022

この日見た、とある民家の庭先には福寿草。植栽でしょうけど、やはり早春を感じさせる、お花ですね。


|

« 大屋山へ古い登山道を辿る | トップページ | 奥久慈岩稜コース »

登山(西上州)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177228/65067075

この記事へのトラックバック一覧です: ついでのひとぼし山:

« 大屋山へ古い登山道を辿る | トップページ | 奥久慈岩稜コース »