« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

のんびり日和田山から

とうとう一ヶ月遅れになってしまいましたが、3/25は奥武蔵へ。

2017032501

気持ち良い晴れの日。高麗駅を歩き出します。

2017032502

高麗川に出るとゆったりした流れのせいか、お魚がたくさん。

2017032503

自治会館の横から入ります。

2017032504

ゲレンデに向かう道から右に別れて登っていくと見晴らしの丘に着きます。眺めがあり、この時期なので遠望は効きませんでしたが、楽しめました。

2017032505

先へ登っていくと岩場に出て、男坂に合流します。金刀比羅神社の鳥居まではすぐでした。

2017032506

山頂にはたくさんの人。寒かった今年の冬ですが、急に少し暖かくなったせいでしょうか。

2017032507

淡々と歩いて物見山。こちらも予想外に人が多かったです。

2017032508

先へ進むとさすがに人は減りますが、それでもたまに会います。
北向地蔵に来たのは何年ぶりでしょうか。

2017032509

土山への道に入ってみました。途中の分岐には昭和の初め頃の山根村青年団が立てた石標がありました。

2017032510

のらりくらりと山腹を歩いていくとユガテに到着。春のユガテはやはり桃源郷でした。

2017032511

下山はいつもながらの飛脚道。橋本山からから見る山々も霞気味でした。

2017032512

今回は福徳寺に降りました。のんびり沢を見ながら東吾野駅に出ました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お花の後は草戸山へ

城山かたくりの里でお花を見た後は草戸山へ。

2017032021

いつも通り、小松城跡への道に入り、しばらく辿ります。以前に比べると随分歩く人が増えたなと思います。道脇のスミレはほとんど消えてしまったことでしょうね。小松城跡はパスして先へ進み、評議原で一人ベンチに座って簡単な昼食。よいお天気でした。

2017032022

梅園はもう見頃を過ぎてしまっていると思われたので立ち寄らず、雄龍子山への道と分かれて右へ道路を歩いていきます。

2017032023

大戸バス停を見て先を左に曲がって大地沢林道を進み、アスレチック広場から登ります。

2017032024

峠の丘に出て、さらに歩き、草戸峠。

2017032025

草戸山は春霞で遠望は効きませんでした。

2017032026

下山は初沢川に下りてみました。末端からは追わず、藪を避けたのですが、降りると人に会ったのにはびっくり。川沿いの踏み跡はかなり藪っぽく、最後は霊園近くに出るのであまり良い踏み跡とは言えませんでした。高尾駅に出ました。

ということでこの日に他に見たお花。

2017032027

スミレは同定が難しいけど、これはコスミレなのかな?

2017032028

こちらはもっと濃い色のバージョン。こちらはノジスミレっぽい雰囲気もあるけど、毛が生えていないので違うようでした。

2017032029

アオイスミレ。

2017032030

ニリンソウも咲き始めていました。

2017032031

ユリワサビ。小さいけれど、春らしいですね。

楽しい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城山かたくりの里2017/03

やはり春と言えば行きたくなるのが、城山かたくりの里。
ということで、3/20に行ってきました。

2017032003

今年の冬は久しぶりに本当に寒かった年。いつもならもう少し暖かいはずですけど、今年は少し違いました。ということで雪割草が見たくなり、行ってみたところ、予想通り、たくさん咲いていました。

2017032001

2017032007

ほんとうに、これでもかと咲いていて、やっぱり春ですね。

2017032002

福寿草もきれいです。

2017032004

黄色セツブンソウ。普通のセツブンソウはここでは見たことがないけど、オープン前に咲いてしまうのかな。

2017032006

2017032009

キクザキイチゲ、アズマイチゲなどももちろんありました。

2017032011

やはりこの日数は少なかったけど、カタクリも見られました。

2017032005

個人的にはコシノコバイモが見られたのがラッキーでした。山ではなかなか見られませんからね。

2017032008

マンサクも花つきが良い感じでした。

2017032010

ショウジョウバカマ。雪国ならいくらでも見られるのですけどね。

2017032012

桜玄海ツツジだそうです。本当にたくさんのお花が咲いていて、楽しい一時を過ごせました。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お天気山へ

3/19は鹿沼へ。

2017031901

新鹿沼からのバスを天王橋で下車します。

2017031902

去年の秋に羽賀場山に行きましたが、その時と同じ登路、今回は迷いもなく、登っていきます。

2017031903

鉄塔を過ぎて登っていきます。

2017031904

カマドクラの分岐、あの尾根は結構大変だったと思い返されます。

2017031905

時期が違うと雰囲気も変わりますね。

2017031906

久しぶりの羽賀場山。一等三角点が鎮座しております。

2017031907

お天気山に向かいます。比較的踏み跡は分かりやすいですが、たまに分岐があります。

2017031908

結構岩場の下りなんかがあったり、急登などもあり、自分にはちょうどいい難易度、アップダウンは多めです。

2017031909

777mのピークには小さな標識がありました。この先で一人だけ人に会いました。

2017031910

岩場を巻くあたり。ロープの付いた所もあり、それなりに注意する必要があります。

2017031911

お天気山の山頂にはたくさんの標識が付いていました。

2017031912

この日は近くの山でさえぼんやりの一日。日光連山でさえ、ほとんど見えませんでした。
バスまでかなりの時間があるので、のんびりと山頂で休みました。

2017031913

下りは二ノ宮へ。木の後ろに祠が置かれていました。

2017031914

一ノ宮の祠は壊れているものが二つほど、なんとか残っているのが一つでした。

2017031915

上大久保のバス停に出ましたが、やはりかなりのバス待ち。車道を歩いて結局、また引田岡バス停まで歩いて、バスを待ちました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父の城山へ

また1ヶ月遅れがじわじわ近づいていますが、3/12は城山へ。

2017031201

白久駅が歩き出し。

2017031202

以前に熊倉山から逆コースで歩いていますが、登りにとるのは初めて。結構きつい登りです。以前はアンテナがあった場所は何もなくなっています。

2017031203

この日はとても風が冷たく、とても3月半ば近くとは思えない寒さ。ひたすら登ります。

2017031204

だいぶ登って城山が近くなりました。

2017031205

城山は樹林の中なので、手前の明るい所で昼食にしました。

2017031206

久しぶりの城山。城跡の案内板も健在でした。

2017031207

掘割などがやはり城跡らしいですね。

2017031208

道路に出ます。熊倉山の登山口にもなっています。

2017031209

道路を下っていくと、途中の民家の庭先には咲き始め福寿草でした。

2017031210

矢通反隧道は崩落の恐れがあり、通行止になっています。

2017031211

横から尾根に出て、弟富士山へ。神社がありました。

2017031212

わずかに下ると岩があり、鉄扉が付いています。虚空蔵大菩薩が中にあるのでしょうか。

2017031213

先へは下れませんが、秩父の町並みが少し見えました。

カタクリ自生地はこの日、カタクリの葉がたくさん出ていました。
武州日野駅に出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »