« 猿焼山から今倉山 | トップページ | 四寸道へ »

カッコソウを見に鳴神山

5/21は鳴神山へ。

2017052101

久しぶりの鳴神山。桐生駅から吹上行きのバスに乗り、終点で下車します。

2017052102

しばらく歩いた登山口から普通は登りますが、左の赤柴登山口を目指しました。

2017052103

暑い日差しの中を頑張って林道を登り、ようやく赤柴登山口。

2017052104

その先へ進もうとしたらチェーンがあり、この先で林道工事を行っているので立ち入らないようにという注意書き。ここまで来てこれか~!(T_T)

2017052105

仕方ないので往路を戻りました。1時間と労力を損しました。登山道に入り、緩やかな道を登っていくと水場がありました。

2017052106

ツメの登りはかなりの急登。頑張って登り、ようやく山頂の肩に着くとたくさんの人でした。

2017052107

もう山頂は近く、ちょっと登ると鳴神山頂。鳥居ができたのですね。

2017052108

この時期なのであまり期待はしていませんでしたが、うっすらとまだ雪の残る日光連山らしき山を見ることができました。

2017052109

少し先へ行けば仁田山岳。

2017052110

樹林の中に入ると少し風もあって涼しく感じます。急降下の後、のんびり下ると椚田峠。
左の赤柴登山口への道も特に何も書かれていなかったようでした。

2017052111

下っていくとカッコソウ自生地。管理されている方がおり、話を聞くと今年はあまり咲かなかったそうです。ほとんど花は終わっていましたが、わずかに一つ、咲き残ってくれていました。しかし、遠い所。かなりの望遠レンズが必要だったようでした。

2017052112

山頂まで登り返し、さらに山頂の肩から先へ進みます。昔、吾妻山まで縦走しましたが、随分前のことに加え、冬枯れの時期でしたのですっかり忘れています。

2017052113

アップダウンの上に暑さで結構グロッキー。ようやく花台沢ノ頭。

2017052114

三峰山は大きな石祠と石仏が置かれています。

2017052115

もうちょっと頑張った金沢峠。ここで打ち切りにします。右の川内町の方へ下ってみたい気もしましたが、バスの時間にぎりぎりなのと、もし逃すと2時間待ちになってしまうので、ここは左の金沢への道を取ることにしました。

2017052116

観音橋バス停に着きますが、やっぱりこちらも一時間待ち。バス停は日がかんかん照りなので、とても待つ気になれない場所。すぐ近くに神社があったので立ち寄ります。

2017052117

ご神木はなかなかの大木。お陰で比較的涼しく、バス時間まで休むことができました。

2017052151

この日はフイリフモトスミレも見ることができました。

うーむ、またそのうちに満開のカッコソウを見に来なくてはいけないですね。

|

« 猿焼山から今倉山 | トップページ | 四寸道へ »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177228/65444420

この記事へのトラックバック一覧です: カッコソウを見に鳴神山:

« 猿焼山から今倉山 | トップページ | 四寸道へ »