« カッコソウを見に鳴神山 | トップページ | 鷹ノ巣山へ »

四寸道へ

5/28は奥武蔵へ。

2017052801

越生駅からのバスを火の見下バス停で下車します。

2017052802

しばらく歩いて横吹峠へ。地元のグループが立てたと思われる道標がありました。

2017052803

ちょいと寄り道すると二体の石仏が静かに佇んでおりました。

2017052804

途中で駒ケ岳に立ち寄ります。樹林の中の小さなピークです。越生駒ケ岳という表示が付けられていました。

2017052805

途中にはコアジサイ。やはり白っぽいですね。

2017052806

途中で四寸道から外れて、御嶽神社に立ち寄ります。

2017052807

岩が二つありますが、その間が四寸あるみたいです。四寸道は熊野信仰と関係があるそうな。

2017052808

四寸道に戻って先へ進みます。林道らしき山道が造成されていて、なんなく猿岩山にも立ち寄れました。行ってみたら、猿のぬいぐるみが付けられていました。

2017052809

林道に出て、左に入れる所があったので入ってみると山道が続いています。それを追ってみたのですが、左に行ってしまい、沢のような所に下っていってしまうので、諦めて戻りました。だいぶロス。

2017052810

戻ってわずかに先に行くと正しい四寸道が続いていました。そちらに入るとランナーさんにも会いましたが、このあたりに詳しいのかな。だいぶ登っていくと林道に出ます。その先は岩稜になるようなので無理をせず林道を進み、再び山道に入ります。だいぶ登ってようやく七曲り峠。ちなみにこの先も四寸道は昔は続いていたようですが、林道によって断ち切られているらしいです。

2017052811

尾根道を進んでいきます。一人だけ会いました。

2017052812

関八州見晴台。こんな天気でも人はそれなりにいました。

2017052813

高山不動へ下りました。

2017052814

巨大イチョウはこの時期は荘厳ですね。

2017052815

志田方面への道に入ります。

2017052816

柿の木坂の家と書かれた看板のある住宅がありました。

2017052817

少し下り、道標で大窪方面に向かいます。

2017052818

一旦、集落に出て、民家の前から道に入ってしばらく登ると大窪峠。細い道になっています。

2017052819

下に休暇村奥武蔵を眺めます。道路に出て、西吾野駅に向かいました。


|

« カッコソウを見に鳴神山 | トップページ | 鷹ノ巣山へ »

登山(奥武蔵)」カテゴリの記事

コメント

黒山鉱泉へは、ずいぶん前に行ったことがあります。
奥武蔵は里山の雰囲気が残っていて、高山とは違った
楽しさがありますね。
最近は山のピークより、かつて人が歩いた古道や峠に
興味を持っています。
この週末は鎌倉の古道・朝比奈切通しを歩く予定です。
これで鎌倉七口と呼ばれる「切通し」すべて踏破となります。

コアジサイ、先日の大倉山では、青っぽいものも見られました。
私も、青いものが好きです。
文中の高幡不動は高山不動ですか。
低山も蒸し暑さと虫でそろそろキツイですね。

投稿: たまびと | 2017年6月28日 (水) 12時49分

先日の大倉山・・・大塚山の誤りでした。
登ったのは琴平尾根だったようです。(バリエーションルートより)

投稿: たまびと | 2017年6月29日 (木) 06時12分

たまびとさん、こんにちは。

「ものがたり奥武蔵」によると四寸道はやはり昔の古道、高山不動への本参路だったそうです。

鎌倉の切通し、いくつか歩きましたが、なかなか楽しいですね。
今ならお寺はアジサイが見頃でしょうね。

おっとこれはご指摘ありがとうございます。
高山不動の誤りでしたね。

>登ったのは琴平尾根

隣というと金比羅尾根?と思って調べると、なかなかこれがまた難しいですね。
確かに松浦氏は「琴平尾根」としていますね。
しかし、宮内氏は「此処(大塚山)で分裂する尾根の西北に越沢と寸庭川間に蹴出すのを金平尾根という。」と書いており、自分の持つ復刻版では「こんぴら」とふりがなが振ってあります。
岩根常太郎氏は、その奥多摩地名発音表で、越沢の次に琴平山という山を紹介していて、これは金比羅神社あたりの事か、それとも別な山か不明です。
奥多摩山岳会編の「奥多摩の尾根と沢」にある奥多摩地名発音表では、琴平山を省いているのは、どこの山の事か特定できなかったか、誤りとして除いたからでしょうか。
しかし、尾根は踏査記録として、しっかり金比羅尾根と書かれています。
日本山岳案内では、琴平神社だったり、本文は金比羅だったり、いろいろで、尾根の名称としてはずばりとは出てきません。
どちらが本当なのか、自分の持つ本では、残念ながら決定的な資料に当たりませんでした。

記録を見ると自分も15年ほど前に登ったけど、すっかり忘れてます。
昔はあのあたり、特に上部は藪の多い尾根でしたが、今はすっかりきれいになったでしょうね。
ちょっと興味の湧く尾根となりました。

投稿: リブル | 2017年6月29日 (木) 21時13分

そっかぁ、ココだったのねwink
お猿さんのぬいぐるみ、付けられたばかりかな?

投稿: れれちゃん | 2017年7月 1日 (土) 15時30分

れれちゃん、こんにちは。

そうだったのですよ。
こないだの猿焼山に比べると、ごく最近という感じでした。
もしかすると林業関係の人が愛嬌で付けたのかもしれませんね。

投稿: リブル | 2017年7月 1日 (土) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177228/65465353

この記事へのトラックバック一覧です: 四寸道へ:

« カッコソウを見に鳴神山 | トップページ | 鷹ノ巣山へ »