« 下諏訪温泉 遊泉ハウス児湯 2017 | トップページ | 小木津山 »

子持山へ

10/8は群馬の子持山へ。

2017100801

ここはゴン太さんプランを利用させてもらって、沼田駅からバスに乗り、寺尾バス停で下車します。

2017100802

先へ歩いていくと古い双体道祖神を見掛けました。

2017100803

旭の集落のあたりは少し道が分かりにくいですが、小持山を示す道標がありました。ここは直進しそうですけど、右みたいです。

2017100804

小峠から林道になりますが、今年の春に集中豪雨があったようで、ひどい状況。
ブルドーザーとかが入った轍がある上にドロドロ道。それでもしばらく行くと登山口がありましたのでホッとします。

2017100805

登山道はそんなにひどくはなく、普通に歩けました。

2017100806

林道に一度出て、さらに先へ登っていきます。

2017100807

ようやく子持山の山頂。連休のせいか、休んでいる人達が結構いました。

2017100808

天気が良いのに周りは雲が多く、良い眺めとはいきませんでした。

2017100809

ゴン太さんにならって、高崎駅で買っただるま弁当の昼食。
ザックに入れておいたら、少し中身が片寄っちゃいました。(^^;
久しぶりに食べたら美味しかったです。

2017100810

下山を開始。のっけから鎖場の下りとか岩場の下りがあって、やはりガイド通り、子持神社から登る方が正しいのでしょうね。石祠のあるところから獅子岩に向かいます。

2017100811

途中から見る獅子岩の眺めはやはり素晴らしいですね。

2017100812

最初の分岐から登ってみることにしました。結構厳しい急登なので、一般的には一度巻いて子持神社方向から登った方がお勧めです。特にこちらへの下りは止めた方がいいと思います。

2017100813

狭い岩道を登ると獅子岩直下。でも、ここから鉄梯子と鎖で上に登れます。

2017100814

短い鎖場は体を持ち上げるのがしんどかったけど、登りました。岩登りのクライマーさんたちがたくさん休んでいて、休む場所がありません。写真を撮っただけで引き返しました。写真右下はクライマーさんのザイル。

2017100815

下る道もなかなかきついです。途中で展望岩という分岐があり、行ってみましたが、別にたいしたことないなぁ、と思ってしまいました。

2017100816

でも振り返ると獅子岩の眺めがすごかったです。

2017100817

樹林帯の中を下り、沢沿いの道になって屏風岩への分岐がありました。石碑も見掛けましたが、屏風岩へ行くのは止めました。下ってくと最後の部分で木の桟道を下るのですが、これが苔が生えていて超危険な道!ここは下りはお勧めしません。

2017100818

林道を下りますが、豪雨で路面の洗堀などが多数あり、とても車が入れる状況ではなく、公式には通行止になっています。人が歩くならば、歩けないことはありませんけどね。
ちょっと列車の時間が気になったものの、やはり子持神社は立ち寄りました。

2017100819

空恵寺経由の道で敷島駅に向かいます。立ち寄りたかったものの、14時台の列車に間に合わせたいと急いでいたので、立ち寄りませんでした。

2017100820

でも頑張って歩いたら、なんと30分待ち。
うーん、空恵寺は門だけでも見に行けば良かったなぁとちょっと後悔でした。

でも、子持山は楽しい良い山でした。
やはり集中豪雨の影響があるので、足元には注意しましょう。

|

« 下諏訪温泉 遊泉ハウス児湯 2017 | トップページ | 小木津山 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

 リブルさん、こんばんは。

 10年も前の私の山行きを覚えて下さっていたなんて感激です。私の時は18きっぷを利用したもので、雪の多い冬でしたので
スノーシューで登って、下りはアイゼンを履いたりはずしたりで、厄介だったことをよく覚えています。
雪が無いとこんな感じなのか~とリブルさんのレポを読みながら思ったのですが、雪がなくてもやっぱりあの下りはいやらしい感じみたいですね。
獅子岩の登りなどやめておいて正解だったのだなぁ、と。

だるま弁当は、高崎駅で時間があれば大抵購入してしまいます。あれ、お弁当箱が貯金箱になるんですよね。
引っ越してきてからも一度購入したので。購入後はお財布の中に500円玉を見つけては放り込んでいます。
毎年資金不足で北アに行けないので、北アルプス預金と名前をつけています(笑)が、来夏こそは行けるのでしょうか(笑)。。。

投稿: ゴン太 | 2017年11月15日 (水) 20時52分

ゴン太さん、こんにちは。
呼んでしまったようで。。。

もう10年も経つのですか。
子持山はタクシー利用なら簡単なのでしょうけど、
渋川駅までの運賃もバカにはならないし、かと言って青春18切符の時期はシーズンオフになってしまうし、
心の障壁があってなかなか行きにくかったですからね。

さすがに雪があると行っていたら、かなりあの岩場は厳しかったでしょうね。
雪では滑りやすかったでしょうし、登りはともかく、下りがシャレにならなかったと思いますよ。

そう言えば、貯金箱になりましたね。
北アルプスは最近は若い人と外国人が多くて、どうも自分などは浮いているような気がしてなりませんが。。。
でも、山が変わるわけではありませんよね。
来年のレポが楽しみですね。

投稿: リブル | 2017年11月16日 (木) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177228/66039743

この記事へのトラックバック一覧です: 子持山へ:

« 下諏訪温泉 遊泉ハウス児湯 2017 | トップページ | 小木津山 »