« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

高畑山から倉岳山

久しぶりにレポが最新に追いつきましたが、3/17は高畑山へ。

2018031701

随分久しぶりの鳥沢駅。駅舎が新しくなってからは初めて降りました。

2018031702

まずは高畑山方面に向かって歩きます。あたりには梅が良く咲いていました。やはりきれいな青空には梅の花も合いますね。

2018031703

高畑山登山口を見送って先へ行けば小篠のイトヒバがあります。案内板によるとお寺などに植えられることが多いので、以前にはこの付近に寺院があったのではと書かれていました。確かに横は墓地になっているし、石碑なども多く、あってもおかしくはない場所でした。

2018031704

高畑山北尾根に取り付きます。この日は少し暖かく、久しぶりにウィンドブレーカーを脱いで長袖シャツで登れました。でも上は少し寒く、再び着ましたが。

2018031705

途中には四等三角点がありました。四等三角点は基準点だったり、石標だったり、違いが大きいですね。

2018031706

ダンコウバイ咲く尾根を辿っていきます。

2018031707

なかでもこれは花つきがすごかったです。

2018031708

登山道を過ぎてさらに登ると871m。まだ高畑山は高いです。

2018031709

先へ下るとなぜか大月市の道標が。ちなみに登山道との合流はもう少し先だし、下山路の指示のない道標は誰のためなんでしょうか。

2018031710

登山道に合流し、しばらく頑張ると久しぶりの高畑山。残念ながら富士は見られず。

2018031711

軽い昼食を終えて倉岳山に向かいます。気持ちの良い登山道を進みます。

2018031712

倉岳山へ着きますが、やはりもうどんより。

2018031713

倉岳山北西尾根に入り、下っていきます。久しぶりのへそ水。

2018031714

このあたりはプロムナードコースという感じ。しかし、この先、北へ降りる所は相変わらずの急降下で難しい所です。

2018031715

軌道修正してなんとか鞍部に降り、登り返して644mを越え、298の石標から下ります。

2018031716

下る途中もダンコウバイが咲いていました。

2018031717

下部は植林になっていた模様です。尾根なのか、どうか分かりにくく、植林と自然林の境あたりを適当に下ってなんとか登山道に降り立ちました。数分進めば貯水池に出ました。

2018031718

民家の前に出れば紅梅がよく咲いていました。再び鳥沢駅に出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天覚山へ

3/11はまた奥武蔵へ。

2018031101

東吾野駅が歩き出し。

2018031102

しばらく歩いて山に取り付きます。天覚山へは沢コースと尾根コースがありますが、今回は初めて尾根コースを取ります。

2018031103

細い尾根をなかなかきつい登り。一旦登り着いた所から左に折れて進みます。まだ天覚山までは距離があるようです。

2018031104

しばらく登ると両峯神社跡。平成12年に廃社になった神社でした。

2018031105

すぐ上が天覚山の山頂。晴れていれば気持ちの良い眺めがありますが、この日はどんよりのくもりで寒い感じでした。

2018031106

東峠に向かいます。少し急な下りで進んでいくと鉄塔に出ます。道は右に折れていますが、鉄塔下に立ち寄ると少し眺めがあります。

2018031107

下って道路に出て、左へ行けば東峠。道路なのであまり峠らしくない場所。

2018031108

なんどかアップダウンを繰り返し、進んでいきます。途中の小さなピークにプレートがあり、それがカマド山分岐だと思って藪道に入りました。しかし、なにかおかしい。だいぶ下った所で右手の谷を挟んだ山がカマド山らしいと気づきました。
仕方なく登り返し、元の所まで戻り、30分のロス。先へしばらく進んだら、しっかりカマド山への道を示す手製の道標があるではありませんか。(泣)

2018031109

しばらく緩やかに下り、少しきつい登りをわずかでカマド山の山頂でした。

2018031110

左右いずれも下れましたが、左の三角天と呼ばれる場所経由の道にしました。三角天という表示がありましたが、特にピークという感じの場所でもないです。

2018031111

武蔵横手駅に出ました。駅のホームからはきれいな紅白の梅を見ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真岡の里山

3/3は栃木へ。

2018030301

小山から水戸線の下館に行き、随分久しぶりに真岡鉄道に乗換えて、寺内駅で下車します。

2018030302

山は遥か遠いです。ようやく五行川を渡ります。

2018030303

北関東自動車道の下を通り、さらに随分歩いてようやくの事で専修寺。
大きなお寺でした。

2018030304

さらに歩いてようやく山が近くなりました。

2018030305

取り付きがよく分からず、変な所から登りました。なんとか小尾根を辿るとよい踏み跡が通っていました。

2018030306

地元の方が付けたものか古い看板が付いています。仏生寺というところへ降りられるようです。

2018030307

明るい山頂の浅間山。このあたりには浅間山が2つあるので、阿部岡浅間山とも呼ばれているようです。

2018030308

阿部岡へ下りましたが、ひどい藪道。笹薮の道に閉口して左へ降りたら、これもまたひどい下りになってしまいました。へんな所から道に出たので、地元の方に不審な顔をされてしまいました。(^^;
延々と歩いてようやく磯山。三角点付近は眺めはあまりないけれど、一等三角点の山でした。

2018030309

帰りは桜町陣屋跡に立ち寄ります。二宮尊徳(金次郎)がここを拠点として報徳の教えを広めたそうな。

2018030310

帰りもひたすら遠かった。ようやくの事で寺内駅に戻り、のんびり列車を待ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鐘ヶ嶽から大山

2/17は丹沢へ。

2018021701

随分久しぶりに本厚木駅からバスに乗り、途中乗り換えて別所温泉入口バス停で下車します。

2018021702

コンビニはすでに廃業していました。歩いていき、ようやく取り付き。いくつか山道があって、どれを取ろうか迷います。

2018021703

なんとか歩いて行き、鐘ヶ嶽北尾根に取り付きました。

2018021704

登っていくと福神山の表示。

2018021705

かなり厳しい登りの所もありましたが、なんとか久しぶりの鐘ヶ嶽。オブジェがいくつかあります。

2018021706

この日は害獣駆除を行っていたようで、猟師さんの銃の音が聞こえてきました。

2018021707

鐘ヶ嶽から大山は昔、若い頃に歩いた道。記録も無く、もうすっかり忘れています。やはり大山は遠いです。

2018021708

尾根に出る手前の登りは本当にきつかったです。

2018021709

ようやく尾根に出るともう曇っていました。

2018021710

雪と泥のミックスルートで歩きにくかったです。

2018021711

それにしても大山は遠いなぁ。

2018021712

やっとのことで下社からの道と合流すると人が多くなります。歩きにくい所も多々ありました。久しぶりの奥社。

2018021713

やはり相模湾を眺めることができました。

2018021714

下山は下社へ向かいます。途中の富士見台からはきれいな富士山を見ることができました。

2018021715

約20年ぶりの下社。もちろんお参りしました。

2018021716

せっかくなので男坂を下りました。これもまた20年ぶり。ノスタルジックな思いにかられました。

2018021717

お土産屋さんの間をのんびり下りました。何か買おうと思いつつ、結局、通り過ぎてしまいました。(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛宕山から行風山

久しぶりに風邪を引いて寝込んだりしていたので、更に遅くなりましたが、2/12は奥武蔵へ。

2018021201

のんびり起きて今回も八高線に乗り、明覚駅で下車します。

2018021202

しばらく歩いてから山に取り付きますが、なぜ水戸黄門の像が。

2018021203

山に取り付き、藪っぽい所を登ると石碑が。

2018021204

藪っぽい尾根を辿っていきます。だいぶ進むとようやく一級基準点。コンクリートの中みたいです。

2018021205

磁石を頼りに進んでいくと道路に降り立ちました。

2018021206

先へ進みますが、最初こそよい道だったものの、やはりその先は笹薮が繁茂しつつある感じでした。

2018021207

それでも進んでいくとなんとか167mの三角点。四等三角点みたいです。

2018021208

下るあたりはひどい藪。それでもなんとか道路に降り立ちましたが、その先も突っ込むうような場所があまりなかったです。

2018021209

藪の中を登って、なんとか良い踏み跡を見つけ、それを辿ると道標があったのでホッとしました。

2018021210

明るい堂山の山頂。このあたりは一応登山道です。

2018021211

雷電山に向かいます。途中から振り返ると良い眺め。

2018021212

久しぶりの雷電山。前はもう少し明るい感じの山頂だった気がしますが、この日はなんとなく薄暗く、あまり気分の良い山頂に思えませんでした。

2018021213

行風山に向かいます。なんとか踏み跡は続いていて、途中進む方向に迷いましたが、なんとか林道に。

2018021214

その先の取り付きも一度誤り、戻って再度取り付いて、なんとか正しい踏み跡を辿りました。行風山が近づくとあたりは伐採が行われたのか道が錯綜していて、これまた難しかったです。

2018021215

随分久しぶりの行風山。雀山という表示もありました。以前にあった行風山の木のプレートは風化したようで、半分壊れて下に置かれていました。

2018021216

雀川ダムに下山します。

2018021217

途中にあった村社で無事下山できたことをお祈りしました。

2018021218

雀川ダム入口に出ました。でも、1時間近く待ち。

2018021219

暇つぶしに五明というところまで行ってみましたが、バスが増えることもなく、結局少し戻って東光寺入口というバス停で小川町行きのバスを待ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »