« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

ブナ立尾根から野口五郎岳へ

8/4は夏休み縦走第二弾。今年はやはり北アルプスへ。

2018080401

ムーンライトの座席はまず取れないし、七倉へは夜行バスで。
タクシー相乗りで高瀬ダムへ。自分の前は8人くらいのグループで、先頭の人達は三人だったために、譲ってくれたので一番タクシーに乗れました。

ダムの堰堤に着くと風が強く、雨具の上を着ないと寒いくらいでした。

2018080402

さすがにこちらも雨は少ないらしく、水場の沢が干上がっているように見えて、ありゃ、と思ったけど、近づいたら水量は少ないけれど流れていてくれて助かりました。
合計で5.5Lになってザックがずっしり。でも小屋泊まりなので先日のテント山行よりは軽い感じでした。

2018080403

それにしても朝から暑い登り。でも、雨が少ないせいか、湿気度は去年の方が高かった感じでした。

2018080404

途中の中休みまで一気に登って、少し休憩。

2018080405

ひたすら登って三角点。

2018080406

ようやく右に烏帽子岳などを見ますが、まだ登りは続きます。

2018080407

やっと緩やかになるとお花畑。暑いせいか、去年と随分お花が違いました。

2018080408

右手を見ると烏帽子岳やその向こうの山々を眺めます。何度もここに来ているけれど、こんな天気が良かったのは初めて。

2018080409

烏帽子小屋に着いたのはまだ早い時間、さすがに人は少なかったです。

2018080424

小屋前にはイワギキョウ。でも、もう終わりかけている感じでした。

2018080410

野口五郎岳に向かいますが、日当たり良すぎる稜線。結構辛い歩きでした。

2018080425

コマクサは去年より少ない感じ。でもありました。

2018080426

タカネツメクサやコゴメグサもありました。

2018080414

稜線右には赤牛岳が。明日はあそこに行けるのでしょうか。

2018080412

なんとお昼少し過ぎに野口五郎小屋に着いてしまいました。行こうと思えば水晶小屋まで行けそうな時間ですけど、水晶小屋は小さいらしいし、やはりここで泊まって早朝出発することにしました。

2018080413

受付する前に野口五郎岳に登っておきます。去年は何も見えなかったけど、今年はしっかり槍ヶ岳も見ることができました。

2018080421

ということでその他のお花。エゾシオガマ。

2018080422

ミヤマリンドウが結構ありました。

2018080423

ネバリノギランの群落。

続きます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳本峠から蝶ヶ岳その3

さらに続きです。

2018072151

早朝起きると今日もいい天気。槍ヶ岳がいい感じ。

2018072152

蝶ヶ岳に登ってみるとなんと南アルプスの向こうに富士山が。
北アルプスからは滅多に見たことがありませんので、これには吃驚。

2018072153

最後の穂高、槍を眺めて下山にかかります。

2018072163

ハクサンイチゲがありました。

2018072164

タカネヤハズハハコ。

2018072154

上は寒いくらいでしたけど、下り始めると朝から暑い感じ。長塀山は静かな山頂。

2018072155

ちらりと富士山の最後のシルエットが木の合間から見えました。

2018072156

急降下を続けていけば、やがて登山口の徳沢に到着。

2018072157

途中、右手が開け、下から見る明神岳もまた違いますね。

2018072158

明神で右に曲がり明神橋を渡ります。

2018072159

穂高神社奥宮でお参り。

2018072160

嘉門次小屋に立ち寄り、美味しい岩魚の塩焼きを頂きました。(\1,000)

2018072161

時間が早かったので、対岸の道を進むことにしました。少し冗長な道ですが、焼岳を望む場所もありました。

2018072162

河童橋のあたりからはやはり穂高の眺め。何度見てもいいですね。

上高地バスターミナルに出て終了でした。

写真を取り忘れたのか、写真が見当たりませんが、いつもの上諏訪温泉片倉館に立ち寄ってから帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

徳本峠から蝶ヶ岳その2

続きです。

2018072111

やはりいい天気。今回はしっかりと徳本峠から明神岳を見ることができました。

2018072112

さすがに大滝山に向かう人は少なく、静かな感じ。途中には三角点。

2018072113

途中の明神見晴らしからの眺めは素晴らしい!

2018072114

長い樹林帯の歩きですが、頑張って大滝展望台。

2018072115

ここからの明神岳、そして右手には槍ヶ岳!

2018072116

再び樹林帯の長い歩き、その後で大滝山への登りになるとお花畑が広がり、これもまた素晴らしい!

2018072117

大滝山からはやっぱり槍ヶ岳。

2018072118

大滝山荘はひっそりとしていました。機会があれば泊まってみたいですね。

2018072119

先へ行くと結構蝶ヶ岳へは登らされそうです。

2018072131

長い登りが続きましたが、お花畑が多く、楽しい歩き。

2018072133

蝶ヶ岳のテン場に到着。テントを張ってから蝶ヶ岳に登りました。

2018072132

やっぱり、穂高と槍ヶ岳の眺めが最高です!

2018072134

常念岳はやっぱりどっしりとした山容ですね。

2018072135

就寝前の夕刻に眺めた山々。右が乗鞍、向こうが御嶽山でしょうか。
とても柔らかな稜線が夕暮れの日差しで印象的で目に焼き付きました。

2018072124

お花はとってもたくさん。ズダヤクシュ。

2018072125

クルマユリ。

2018072126

シュロソウ、タテヤマウツボグサ、ハクサンフウロなど。

2018072127

コバイケイソウは当たり年?とてもたくさん咲いていましたよ。

2018072128

終わりかけていましたが、タカネグンナイフウロでしょうか。今回のヒット作ですね。

2018072129

ウサギギクも当たり年か、たくさん見かけました。

2018072141

チングルマも会えました。

2018072142

テガタチドリかな。

楽しいお花と展望の山々でした。続く。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

徳本峠から蝶ヶ岳へ

7月後半、ちょっと早い夏休みを取って、北アルプスに出かけました。

2018072101

徳本峠に入るだけなので、夜行でいくほどの事はなく、また一番電車で入山。
新人研修なのかどうか、上高地に向かうバスは珍しくバスガイドさんが乗車、
若々しい女性の声で案内があり、いい感じでした。
女工哀史の話なんかを聞くと、ちょっとホロリという感じ。
上高地のソフトクリームがオススメだそうですよ。(^^)

2018072102

明神で一休みし、徳本峠に向かいます。

2018072122

センジュガンピがよく咲いていました。これ好きなんですよね。

2018072123

タマガワホトトギスも少ないけれどありました。

2018072103

途中の沢で水を補給。 上の小屋で買うと高いので、3L汲んで5L持ちました。
さすがにずっしり重いです。

2018072104

ということで久しぶりの徳本峠。霞沢岳に行った時は秋の連休だったので一杯でしたが、今回は普通の土曜日ということもあり、空いていました。やはり霞沢岳とセットの人が多いようでした。

今回は約20年ぶり?に新しくしたおニューなテント。わずかに軽くなった感じもありますが、ちょっと一人では広すぎるくらいに大きなテントになりました。慣れていないので張るのに時間がかかってしまいました。

2018072105

夕方に何やら外が騒がしいのでテントを開いたら、なんとすぐ近くに猿の集団が!
テン場の餌狙いなんでしょうか。さすがにみなさんで見ていたら、去っていきました。
テントの近くに食料を置かないように注意が必要ですね。

2018072121

そう言えばイチヤクソウもありましたとさ。

続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

源流から甲武信ヶ岳その2

続きです。

2018071414

朝は5時30分出発、朝からなかなか上々の天気です。

2018071415

木賊山に向かうとやはりシャクナゲがよく咲いていました。

2018071416

朝から蒸し暑いですが、朝霧の破風山もなかなか。

2018071417

立ち枯れが多いのは悪い空気の通り道になっているのでしょうか。

2018071418

避難小屋前。水蒸気が多いから眺めも霞んでいます。

2018071419

破風山まではきつい登りでした。

2018071420

シャクナゲ越しの富士山がきれいでしたが、やはり下の汚れた空気との差がすごいですね。

2018071421

のらりくらりと進んで東破風山。

2018071422

さらに気温が上がってきました。やっぱり立ち枯れ地帯。

2018071423

雁坂嶺から、最後の富士を目に焼き付けます。

2018071424

久しぶりの雁坂峠。それにしても暑い!

2018071425

オトギリソウがちらりと咲いていました。

2018071426

すごい急降下。でも、じぐざぐで下るので見た目ほどではないですけど。

2018071427

林道に出ます。直射日光が暑くて参りました。西沢渓谷入口バス停に出ました。途中で温泉に立ち寄ろうと思っていたら、バスは学生が乗ってきて超満員。諦めて塩山駅に出て、いつもの塩山温泉宏池荘で一浴してから帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

源流から甲武信ヶ岳

7/14は甲武信ヶ岳へ。

2018071401

一番列車に乗り、信濃川上駅から梓山へ。バスに乗ったのは自分一人でした。

2018071402

農道を歩いていくのですが、日差しが強烈でものすごい暑さ。
久しぶりのテント泊のザックの重さで、すでにグロッキー。

2018071403

しばらく林道のような道を進むと右に山の神らしきものを見ました。

2018071404

沢沿いの登山道に入ると予想外に沢風が気持ちよく、比較的涼しく歩けました。
顔を洗うと水もなかなかの冷たさ。

2018071405

しかし、長い道。ようやくのナメ滝で昼食休憩。

2018071406

なおもどんどん先へ登っていきます。道が細くなり、源流らしき雰囲気になってきます。

2018071407

やっとのことで千曲川水源地。

2018071408

木の下から水が滾々と湧いています。手が切れるくらいの冷たい水には吃驚。

2018071409

急な登りになって頑張って登っていくとハクサンシャクナゲがよく咲いていました。

2018071410

さらに頑張り、ようやくで甲武信ヶ岳山頂。

2018071411

暑い山頂でしたが、やはりいいものですね。

2018071412

甲武信小屋でテント泊。着いたのは早かったので、いくらでも空いていましたが、夕方にはたくさんのテントで一杯でした。

2018071413

小屋で水を買ってもたいした金額ではないけど、暇だったので水場へ行ってみました。
しっかりと冷たい水が流れていました。

続きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

熊倉山南尾根

7/8は奥多摩へ。

2018070801

相変わらず続く酷暑。
あまり天気がよくないようだけど、丹波まで行くと都会と随分気温が違いました。

2018070802

ポツポツと降りそうだけど降らずに熊倉山南尾根に取り付きました。

2018070803

下の方はそれなりのきつい登り。だいぶ登ると石標などを見ますが、このあたりが1106mあたりかな。

2018070804

結構石標が点々と付けらけ、ポールもありました。

2018070805

途中、ちょっと小雨に降られたりしましたが、止んでくれました。随分上に登るとこの尾根の主か大きな木もありました。

2018070806

ということで登り着いたのは久しぶりの熊倉山。

2018070807

短い区間ですけど、結構きれいな森の所がありました。

2018070808

こちらも久しぶりのサオラ峠。三条の湯へ向かったのが懐かしい思い出。

2018070809

丹波天平に近い所に東京府の石標。戦前のものでしょうか。

2018070810

久しぶりの丹波天平。

2018070811

小型ですが、アンテナも立っていました。

2018070812

高畑の集落跡。 このあたりは建物は撤去されているようですが、下の方はまだ建物が残っていました。

2018070813

下って登山口。丹波からのバスに乗るつもりでしたが、もしかしたら鴨沢西発のバスに間に合いそうです。

2018070814

頑張って歩いて鴨沢西バス停。余裕で間に合い、早く帰れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乙女峠から金時山

まだまだ歩いたことのないメジャーな登山道などいくらでもあります。
ということで7/1は金時山へ。
それにしても7月になったばかりなのにすごい暑さ。

2018070101

乙女峠経由のバスは少し時間が遅いので、仙石バス停から歩くことにしました。
箱根湯本でさえ蒸し暑かったですが、さすがに仙石まで来ると少しは高原の涼しさ。

2018070102

しばらく道路を歩いて乙女口。

2018070103

少し先が登山口。

2018070104

意外に歩く人がいるようで、何人も降りて来る人達に会いました。途中にはヤマボウシ。

2018070105

乙女峠に着くと、ガスっていましたが、しばらく見ていたら、雲が取れました。

2018070106

途中にはシモツケ。

2018070107

長尾山は小広い山頂。

2018070108

鎖の手すりのついた急な下りもあります。

2018070109

金時山が近づくとやはりヤマボウシ。ちょっと雨でえぐれていて登りにくい道の所もありました。

2018070110

山頂手前はお花畑。フジイバラかな?

2018070111

シモツケがたくさん!

2018070112

金時山の山頂に到着。着いた時は富士は雲の中でしたが...

2018070113

休んでいたらしっかり雲が取れてくれました。

2018070114

足柄峠方面に下ります。急な下りをしばらく頑張ると鳥居がありました。

2018070115

猪鼻砦跡から初めての道を夕日の滝に向かいます。

2018070116

こちらも思ったよりも歩かれている道。登って来る人達に結構会いました。下部で沢を渡ります。

2018070117

キャンプ場に出れば登山道終了。夕日の滝に向かいます。

2018070118

この日はなんと滝開きの日に当たりました。山伏さんが祈祷などを行っていました。
やはり滝の付近は少し涼しかったです。

2018070119

道路を歩いていくと金太郎の遊び石があります。 近くには生家跡もありました。
右に曲がって矢倉沢に行こうと思ったら、途中で通行止めなので戻りました。

2018070120

地蔵堂に出るとバスが来る時間。
これを逃したら2時間くらいバスが無かったので、助かりました。
本数が少ないので、前もって調べておかないとだめですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しょうぶ沼公園から花畑記念公園

6/24は天気が今ひとつだったので、散歩へ。

2018062401

綾瀬駅が歩き出し。

2018062402

しばらく歩き東京武道館の先へ行くとせせらぎ水路があり、水辺の散歩道。

2018062403

北綾瀬駅近くまで歩き、しょうぶ沼公園に入りました。
もう花菖蒲には遅いと思っていましたが、少し咲き残っていました。

2018062404

今年は見ていなかったので、見られて良かったです。

2018062405

またしばらく歩き、東渕江庭園に入ります。

2018062406

なかなかいい庭園で、ひと周りしました。

2018062407

道路をしばらく歩き、神明六木遊歩道に入ります。細い道ですが、結構樹木があり、日陰が多くて蒸し暑いこの日でも歩けました。

2018062408

古綾瀬川遊歩道を歩き、さらに先へ。

2018062409

綾瀬川を離れて大鷲神社でお参り。なかなか立派な神社でした。

2018062410

花畑大橋まで歩き、浅間神社にお参り。
久しぶりに富士講の富士塚がありました。

2018062411

花畑記念庭園もなかなかいい庭園でした。

2018062412

近くの団地入口から竹ノ塚駅へバスで出ました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »