« 徳本峠から蝶ヶ岳へ | トップページ | 徳本峠から蝶ヶ岳その3 »

徳本峠から蝶ヶ岳その2

続きです。

2018072111

やはりいい天気。今回はしっかりと徳本峠から明神岳を見ることができました。

2018072112

さすがに大滝山に向かう人は少なく、静かな感じ。途中には三角点。

2018072113

途中の明神見晴らしからの眺めは素晴らしい!

2018072114

長い樹林帯の歩きですが、頑張って大滝展望台。

2018072115

ここからの明神岳、そして右手には槍ヶ岳!

2018072116

再び樹林帯の長い歩き、その後で大滝山への登りになるとお花畑が広がり、これもまた素晴らしい!

2018072117

大滝山からはやっぱり槍ヶ岳。

2018072118

大滝山荘はひっそりとしていました。機会があれば泊まってみたいですね。

2018072119

先へ行くと結構蝶ヶ岳へは登らされそうです。

2018072131

長い登りが続きましたが、お花畑が多く、楽しい歩き。

2018072133

蝶ヶ岳のテン場に到着。テントを張ってから蝶ヶ岳に登りました。

2018072132

やっぱり、穂高と槍ヶ岳の眺めが最高です!

2018072134

常念岳はやっぱりどっしりとした山容ですね。

2018072135

就寝前の夕刻に眺めた山々。右が乗鞍、向こうが御嶽山でしょうか。
とても柔らかな稜線が夕暮れの日差しで印象的で目に焼き付きました。

2018072124

お花はとってもたくさん。ズダヤクシュ。

2018072125

クルマユリ。

2018072126

シュロソウ、タテヤマウツボグサ、ハクサンフウロなど。

2018072127

コバイケイソウは当たり年?とてもたくさん咲いていましたよ。

2018072128

終わりかけていましたが、タカネグンナイフウロでしょうか。今回のヒット作ですね。

2018072129

ウサギギクも当たり年か、たくさん見かけました。

2018072141

チングルマも会えました。

2018072142

テガタチドリかな。

楽しいお花と展望の山々でした。続く。

|

« 徳本峠から蝶ヶ岳へ | トップページ | 徳本峠から蝶ヶ岳その3 »

登山(北アルプス)」カテゴリの記事

コメント

 
 わぁ、komadoさんも、ついこの間、歩かれたようでしたが、 私、 この稜線は歩きたいなぁ…と思っているのですよ。
景色も抜群に佳かったみたいだし、お花も私が想像していた以上に咲き乱れているようで、こうなると、7月連休まで
長引いたあの風邪が今になって本当に忌々しいです(笑)。

 徳本峠はまだ一度も上がったことがなく、以前にリブルさんが歩かれた霞沢岳にも行ってみたいし…と興味は尽きません。

 テント新調されたのですね。私はもう今のテントを捨てようかどうしようかというところに来ているので、新しく買うことは
ないと思いますが、それでも聞いちゃいます(笑)。やっぱり、前のより軽くて、居住性も快適だったりしますか?

 それでもやはり撤収は同じくらい時間がかかってしまう(?)のでしょうね。テントで一番何とかしたいのは、あの重さより
撤収にかかる時間のような気がしますが、こればかりは、永遠に解決できそうもありませんかね(苦笑)。

投稿: ゴン太 | 2018年8月23日 (木) 22時29分

まさかリブルさんが先に歩かれていたとは!!
先週のお花畑は秋の花がメインになってましたけど、夏はさぞかし華やかだろうなと思いながら歩いていたので、レポを拝見して納得。

自分的には大滝山北峰のテン場が気になりました、というかあそこで一回泊まりたいくらい。小屋もガラガラ。でも小屋番さんがお一人で切り盛りする良い小屋で、おかげで大変リラックスできました。

投稿: komado | 2018年8月23日 (木) 23時01分

ゴン太さん、こんにちは。

2泊3日でしたし、そんなにすごい所へ行くつもりもなく、のんびり歩いて、
これで餓鬼岳から霞沢岳まで繋がるという赤線病が発病した、という所でしたでしょうか。
しかし、予想以上に良い歩きでした。

上げた写真はいいとこ取りなので、実に長い樹林帯の歩き、
普通の人が歩けば、ちょっと冗長に感じる歩きでもあるでしょうね。
ゴン太さんなら全く問題なさそうですけど。

徳本峠、ぜひ島々からの道とセットでどうぞ。登りでも下りでも、やはりクラシックルートはいいものですよ。

前のテントはまだまだだと思っていましたが、シームテープがすべて剥がれてしまいました。
テント本体だけならまだしも、フライシートのシームテープがすべて剥がれてしまったので。
でも、破れた訳でもなく、まだ捨ててはいませんけどね。
前のテントは元々シングルウォールなので、本体だけなら軽くなるので、シームコート塗って天気の良い日に一泊くらいなら使うという手もあったりします。
ちなみに新テントはダブルウォールでした。

ボトムが薄いので、ショップでボトムシートが必須と言われて結局買いました。
ボトムシートを含めるとわずかに軽くなった程度です。
でも、随分広くて一人だと広すぎるくらいに思えました。なので快適さは増しました。
前はゴアテントだったので、ちょっと壁が薄い感じがしますけどね。

確かにテントの撤収は時間がかかりますね。
特に雨の日の撤収はホントに最悪。
テントも重いし、ザックは濡れっぱなしになるし、背負うとめちゃくちゃ重いし、
雨風強い日なんかは、なんでこんな事やっているのかなとよく思います。

でも、それもまた楽しからずや。
仕事でも趣味でも人は辛い記憶の方がよく残るんですよ。
時間が経てば、それもいい経験だったと思う日が必ず来ますしね。
まあ、対策としては、やっぱり早く起きることしかないでしょうね。

長文ですみませんでした。

投稿: リブル | 2018年8月24日 (金) 20時32分

komadoさん、こんにちは。

komadoさんは大滝山荘に泊まりでしたか。
山荘の目の前でもお花が咲いていて、吃驚でした。
小さな山荘で、あまり人は多く無さそうで、静かな一夜だったのでしょうね。
山荘に泊まった方と何人か会い、テントで泊まった女性にも会いました。

大滝山荘に直接登るルートが歩いてみたいけれど、タクシーだと相当な料金掛かりそうですね。
ときおりタクシー長距離乗られているkomadoさんなら行けるかな。(^^;

投稿: リブル | 2018年8月24日 (金) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徳本峠から蝶ヶ岳その2:

« 徳本峠から蝶ヶ岳へ | トップページ | 徳本峠から蝶ヶ岳その3 »