« 徳本峠から蝶ヶ岳その3 | トップページ | 水晶岳から赤牛岳 »

ブナ立尾根から野口五郎岳へ

8/4は夏休み縦走第二弾。今年はやはり北アルプスへ。

2018080401

ムーンライトの座席はまず取れないし、七倉へは夜行バスで。
タクシー相乗りで高瀬ダムへ。自分の前は8人くらいのグループで、先頭の人達は三人だったために、譲ってくれたので一番タクシーに乗れました。

ダムの堰堤に着くと風が強く、雨具の上を着ないと寒いくらいでした。

2018080402

さすがにこちらも雨は少ないらしく、水場の沢が干上がっているように見えて、ありゃ、と思ったけど、近づいたら水量は少ないけれど流れていてくれて助かりました。
合計で5.5Lになってザックがずっしり。でも小屋泊まりなので先日のテント山行よりは軽い感じでした。

2018080403

それにしても朝から暑い登り。でも、雨が少ないせいか、湿気度は去年の方が高かった感じでした。

2018080404

途中の中休みまで一気に登って、少し休憩。

2018080405

ひたすら登って三角点。

2018080406

ようやく右に烏帽子岳などを見ますが、まだ登りは続きます。

2018080407

やっと緩やかになるとお花畑。暑いせいか、去年と随分お花が違いました。

2018080408

右手を見ると烏帽子岳やその向こうの山々を眺めます。何度もここに来ているけれど、こんな天気が良かったのは初めて。

2018080409

烏帽子小屋に着いたのはまだ早い時間、さすがに人は少なかったです。

2018080424

小屋前にはイワギキョウ。でも、もう終わりかけている感じでした。

2018080410

野口五郎岳に向かいますが、日当たり良すぎる稜線。結構辛い歩きでした。

2018080425

コマクサは去年より少ない感じ。でもありました。

2018080426

タカネツメクサやコゴメグサもありました。

2018080414

稜線右には赤牛岳が。明日はあそこに行けるのでしょうか。

2018080412

なんとお昼少し過ぎに野口五郎小屋に着いてしまいました。行こうと思えば水晶小屋まで行けそうな時間ですけど、水晶小屋は小さいらしいし、やはりここで泊まって早朝出発することにしました。

2018080413

受付する前に野口五郎岳に登っておきます。去年は何も見えなかったけど、今年はしっかり槍ヶ岳も見ることができました。

2018080421

ということでその他のお花。エゾシオガマ。

2018080422

ミヤマリンドウが結構ありました。

2018080423

ネバリノギランの群落。

続きます。

 

|

« 徳本峠から蝶ヶ岳その3 | トップページ | 水晶岳から赤牛岳 »

登山(北アルプス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブナ立尾根から野口五郎岳へ:

« 徳本峠から蝶ヶ岳その3 | トップページ | 水晶岳から赤牛岳 »