« ブナ立尾根から野口五郎岳へ | トップページ | 赤牛岳から読売新道 »

水晶岳から赤牛岳

続きです。

2018080501

普段なら明るくなってから出発する自分ですが、今回ばかりはそうもいかず、黎明の4時20分出発。まだ足元は薄暗かったのでヘッドランプ点けて出発です。

2018080502

右手の斜面から暴風が吹け上がっていて寒いのなんの。長袖シャツの上からウィンドブレーカーの替わりに雨具の上まで付けて歩きました。
去年歩いた湯俣への道の分岐まで来るとだいぶ明るくなってきました。

2018080503

縦走路から見る槍ヶ岳もまだ雲がかかっていました。

2018080504

ひたすら歩いて東沢乗越。赤牛岳への稜線には雲がかかっているけど、大丈夫なのかな。

2018080505

でも、水晶岳は雲が取れて日差しが当たり始めました。

2018080513

途中、早いランナーさんグループに抜かれたけれど、頑張って水晶小屋。予定よりも随分早く到着。時間の余裕ができたようです。道を聞くと問題ないということでした。買って飲んだ缶ジュースが沁みました。さすがに日差しがでると少し暑いです。

2018080506

水晶岳に向かいます。雲がすっかり無くなり、いい感じです。

2018080507

それなりに頑張って登り、ようやくの水晶岳。久しぶりに新しい百名山を踏みました。素晴らしい展望に恵まれ、槍ヶ岳から笠ヶ岳の眺めは目に焼き付きました。

2018080508

これから向かう赤牛岳を見ると思わず、随分遠いなぁ、とつぶやいてしまいました。

2018080509

アップダウンあり、岩場あり、岩で道が分かりにくい所あり、となかなか大変です。
頑張って歩いていくと高天原への分岐が付いていましたが、温泉沢を下るのはおそらくかなり山慣れた人でないと難しいでしょうね。

2018080510

だいぶ近づいたものの、まだ赤牛岳は遠いです。ちなみに赤牛岳の山頂は写真で見える一番高い所ではなく、その奥になります。

2018080511

一番手前の登りは少し踏み跡を迷いましたが、なんとか見つけて先へ。やはり何度もピークがあるので、なかなかきついです。ようやくの赤牛岳山頂。お一人先客がおりました。

2018080512

振り返ると水晶岳と槍ヶ岳。もう槍ヶ岳を見るのはこの稜線ではこれで最後でしょうから見納めです。

2018080521

ということでお花達。トウヤクリンドウが8月初めだというのに、もうありました。さすがに開いてはいませんでしたが。

2018080522

アオノツガザクラミヤマオトコヨモギですけど、随分大きい感じ。
ミヤマオトコヨモギだとたぶんお初ですね。

2018080523

ちょっと写真が見にくいですけど、ミヤマクワガタだと思います。

2018080524

タカネシオガマでしょうか。

続きます。

|

« ブナ立尾根から野口五郎岳へ | トップページ | 赤牛岳から読売新道 »

登山(北アルプス)」カテゴリの記事

コメント

黎明って言葉が旅情を誘いますね~(^^)
くるくる変わる空色と素敵な風景、見せてくれてアリガトね。

写真小さいから、ハッキリと解かんないけれど。
アオノツガザクラにしては背が高すぎるし、花付きも違うような気がします。
多分、ミヤマオトコヨモギ…そっち系かも。coldsweats01
8月初めでトウヤクリンドウ。。今年はやっぱり変ですね。

投稿: れれちゃん | 2018年9月 3日 (月) 07時24分

れれちゃん、こんにちは。

随分前に裏銀座は縦走したのですが、その時は天気が悪く、
今回は酷暑のお蔭で良い天気が楽しめました。
朝は暴風に吹かれながら一人歩いたので、実は随分心細かったのですよ。

お花情報、ありがとうございます。m(__)m

確かに調べるとミヤマオトコヨモギのようです。
他の花とごちゃごちゃだったので、葉が見分けられないんですけど、
確かにアオノツガザクラよりは背丈がありましたから。

台風のせいかどうか少し涼しくなってホッとしましたね。
しかし、来週も天気悪そうで、すっかり土日の天気悪が定着してしまったようで残念です。

投稿: リブル | 2018年9月 3日 (月) 20時24分

赤牛岳はほんとうに遠いですね。

リブルさんのレポを見て、自分は「まだ着かないのかー」と「まだまだ着くなー」というアンビバレントな想いが交錯しながら歩いていたのを思い出しました。気持ちの良い歩きではあったので。その先どう行かれたのが気になってます。

投稿: komado | 2018年9月 4日 (火) 17時26分

komadoさん、こんにちは。

ほんとにここは長いですね。すぐ近くに見えてもそれが遠い。(苦笑)
岩の上を歩く所が多いせいか、ルートもなかなか分かりにくいですね。
これが荒天の日や霧の日だったら大変だっただろうなと思います。
ほんとは去年、行こうかと密かに思っていたのですが、悪天だったのでとり止めて湯俣に変更したのでした。
やはり正解でした。

ちなみにkomadoさんが赤牛岳を歩かれたのはいつ頃なのでしょうか?
その他の山域をblogの方で探してみたのですが、
過去ログになっているようで、見つけられませんでした。

投稿: リブル | 2018年9月 4日 (火) 20時35分

リブルさん、すみません。

自分でも調べてみたら2007年の8月でした。
http://komado.tea-nifty.com/blog/2007/08/post_89de.html

この日は今でもいろいろ忘れられない一日になってます。

投稿: komado | 2018年9月 5日 (水) 21時54分

ありがとうございます。見に行きました。
なるほど、随分前の事だったのですね。
やはり良いお天気の日で楽しい歩きだったようですね。

どちらかというと楽しい山歩きはすぐに忘れますけど、
このあたりはそう簡単に行ける所ではないので、やはり記憶に残りますね。

まだログ書き(この時のログはすでに書きましたけど)が残っていて、
先に書かないとすぐ忘れるので、なかなかアップにこぎつけられません。
ホームページを止めてblogに専念すれば簡単なんですけど。(苦笑)

投稿: リブル | 2018年9月 5日 (水) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177228/67123927

この記事へのトラックバック一覧です: 水晶岳から赤牛岳:

« ブナ立尾根から野口五郎岳へ | トップページ | 赤牛岳から読売新道 »