« 尼ヶ禿山、迦葉山 | トップページ | 山彦谷南の耳、北の耳、ゼブラ山 »

矢ヶ崎山

8/25は軽井沢へ。

2018082501

軽井沢駅を歩き出します。軽井沢というと涼しいイメージですが、今年は酷暑。
とても涼しいという感じではありません。それでも東京に比べたら随分マシですね。

しばらく歩いて碓氷峠。

2018082502

矢ヶ崎山登山口の表示がありますが、入ると道というよりも踏み跡の感じ。

2018082503

これはタマゴタケかな。しかし、こいつは見てはいけませんでした。

2018082504

なぜならば、この倒れた道標を踏み越えて左へ歩いてしまったのですが、これは獣道か山の巡視路かの踏み跡。誤った道で、沢近くまで下ってしまい、登り返したのです。しかし、これがとんでもないことに。

2018082505

分かる所(一つ前の写真の分岐)まで戻って先へ進みます。しっかり踏み跡があり、こちらが正しい矢ヶ崎山への道。途中では鹿を見ましたが。。。

2018082506

前日は台風の雨でしたが、晴れてきて蒸し暑くなります。

2018082507

右にリフトやコース跡のようなものを見て登りますが、ふと足に違和感を感じ、ズボンを上げると、なんと蛭が!!!
慌ててしまい、とりあえずひっぺがして放り投げてしまいました。実は蛭に本格的にやられたのは初めて。すみません、拡散してしまうかも。
鹿がいるのを見かけたので、鹿に付いていたやつかもしれませんね。

いると知っているなら塩とか持っていったのに。。。

写真は真っ黒ですけど、実際ほとんどプレートは古くなっていて読めず、なんとか北矢ヶ崎山と読めたくらいです。

2018082510

明るい矢ヶ崎山頂に到着。

2018082508

残念ながらこの日は近くの浅間山は雲の中。 妙義山方面はそれなりに見えていました。
まだいるのではとヒルチェック。すると、靴の折り目などに2匹まだ残っていました。何度も踏みつけたけど、だめです。やはりヒルは塩を塗るか、ライターであぶらないと死なないようです。この時ライターを持っていることに気づいておらず、冷静になればライターで燃やして上げた方が良かったです。失敗したと思いましたが、後の祭り。まあ、この山頂はお日様サンサンなので、大丈夫だとは思いますが。

2018082511

予定では地図読みで入山峠に向かうつもりでしたが、こんな状況ではたぶんそちらもヒルがうようよしているでしょう、ということで、ゲレンデに降りて西に下ることにしました。

2018082512

ゲレンデの道を下れば簡単でしたが、途中で草深い上級者コースにわざと入りました。
ヤブだらけの斜面を下ることになりました。これも遊びだからいいでしょう。
リフトの下へ出ると少し歩きやすくなり、やがてスキー場下はバンガローとゴルフコース。コースの中の道を歩き、プリンスホテルに出て、車道に出ました。

まだ早い時間でしたので、軽井沢プリンスショッピングプラザの中へ入ります。ちょっと浮いている感じだったけど、ふらふら歩いて軽井沢駅へ。

横川行きのバスは昼間は少なく、時間が合わないし、まだ時間が早いので、ショッピングプラザに戻り、木陰でのんびりすごしました。
見ると足から血が。山で見た時は血は出ていなかったけど、やっぱりやられていました。
ヒルにやられて血が止まっていないようです。コンビニで絆創膏を買って貼りました。

2018082513

駅から見る矢ヶ崎山。もう多分、自分が行くことはないでしょうね。。。
なんだかよく分からない山登りでした。

|

« 尼ヶ禿山、迦葉山 | トップページ | 山彦谷南の耳、北の耳、ゼブラ山 »

登山(中部)」カテゴリの記事

コメント

いやぁ。。。強制献血されちゃいましたか~^^;
駅の近くに、いるなんて思わないものね。

私は雨具の上からヒルクライムされたことはあるけど、献血経験は無いのよね。
12月の房総にて。やっぱり雨上がりで、湿度&気温が高い日でした。
木の上からヒルが降って来た時は、全員軽いパニックで^^;
お塩はいつも持ってるのに(足が攣りやすい為)現場では頭が回らず。
焦ると、本当にダメですね。

投稿: れれちゃん | 2018年9月23日 (日) 07時54分

れれちゃん、こんにちは。

調べると碓氷峠付近は結構いるようです。
ほとんどは鹿が媒介しているようです。
いつか横川駅から軽井沢とか18切符を使って夏に歩こうと思っていましたが、今回の件で夏は無理だなぁと思い直しました。(^^;;;

12月の房総で蛭ですか。。。(絶句)
まさか出会うとは思えない時期ですよね。
自分もよく冬の房総には行きたくなりますけど、まさか蛭に会うとは思ってもいませんね。
房総は温かいと言っても、10月くらいまでと思っていましたが、温暖化のせいで警戒しないといけないのでしょうか。

やはり雨の後はかなり出会う確率が高くなりますね。
この秋は雨ばかりの上にそれなりに今日とか気温高いし、かなり要警戒ですね。

そうそう、焦るとなかなか頭が回りませんね。
落ち着いて行動しなくてはと思いますけど、やっぱり無理みたいです。。。

投稿: リブル | 2018年9月24日 (月) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177228/67196097

この記事へのトラックバック一覧です: 矢ヶ崎山:

« 尼ヶ禿山、迦葉山 | トップページ | 山彦谷南の耳、北の耳、ゼブラ山 »