« 八王子城山へ | トップページ | 久我山から高井戸散歩 »

970m点尾根から御正体山

10/7は御正体山へ。

2018100701

かなり暑くなりそうだけど、台風一過を期待して出かけました。
予想通り、素晴らしい晴れ。でも蒸し暑いです。
道坂隧道行きのバスを御正体入口で下車しました。

2018100702

山に取り付きますが、あまり歩かれていない上に台風の影響が大。風倒木で進むのも難儀でした。

2018100703

きつい登りになると左側が開け、後方には今倉山方面を見ます。

2018100704

970mあたりを通過。その先もしばらくは日当たりの良い尾根できつかったです。

2018100705

やっとのことで林道に飛び出します。

2018100706

その先で取り付きますが、松浦氏のガイドにある取り付きは台風のせいで大木が倒れ、桟道は歩けなくなっていました。途中を這い上がって取り付いたのですが、崩壊地を横切る危険な所を通る羽目になりました。

2018100707

その先はヤブ尾根になり、ひたすら登っていきます。途中には尾根の主らしき大きな木。モミの木でしょうか。

2018100708

やっとのことで登りきると以前にも見た大きなブナ。しかし、この木も台風の影響を受けて一部枝が折れたようです。

2018100709

峰宮跡。ここも台風の影響が。

2018100710

その先も大きなブナが倒れていたり、相当な風が吹いたようです。道が歩けなくなっている所も多々ありました。

2018100711

久しぶりの御正体山頂。休まれている方もいたし、何人も登ってきました。

2018100712

今日は石割山まで頑張ります。枝などが登山道にちらばり、磁石がないと不安で、RFしないといけない所もありました。 この写真もこれが道なんですよ。

2018100713

だいぶ進んで中ノ岳。この先、大きな倒木があって道が塞がれている箇所が数箇所あり、横のヤブに突っ込んで、木を避けて回り込まなくては進めない所がありました。

2018100714

やっとのことで鉄塔まで来ます。もう御正体山が遠いです。残念ながら富士には雲がかかってしまった模様。

2018100715

随分歩いて山伏峠分岐。もう随分前に御正体山から山伏峠に下山した事があり、この先は初めての道です。

2018100716

石割山はそんなに遠くないのかなと思っていたら、そんな事はなく、それなりに歩かされます。途中にはカヤトの場所があり、いい感じ。

2018100717

リンドウが咲いていました。

2018100718

だいぶ進むと巡視路分岐。石割山への時間がなぜが潰されています。心無い人がやったのでしょうか。この先にある道標も同様でした。

2018100719

やっとのことで石割山の山頂。さすがに人がいました。富士が見えないのが残念。初めての山頂なのにね。

2018100720

あんな遠くから来たんだなぁと感慨深くなりました。

2018100721

石割神社に下りました。石の間を通ることができ、一度通ってみました。3回回ると良いみたいです。

2018100722

石割の湯は連休で混んでいそうなのでパス。長い石段を下り、ようやく鳥居。

2018100723

久しぶりの平野バス停。何か作っているなと思っていましたが、久しぶりに来たら観光案内所が作られていました。相変わらず、どちら行きのバスに乗ればいいのか迷いました。結局、旭ヶ丘行きのバスが来たのでそれに乗り、御殿場経由で帰りました。

|

« 八王子城山へ | トップページ | 久我山から高井戸散歩 »

登山(道志)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 970m点尾根から御正体山:

« 八王子城山へ | トップページ | 久我山から高井戸散歩 »