« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

熊倉山長尾尾根

12/24は熊倉山へ。

2018122401

武蔵五日市駅からのバスを南郷バス停で下車。

2018122402

この日は思ったほどには冷え込まず、熊倉林道の入口。

2018122403

長尾尾根に取り付きますが、のっけはひどい急登。足場もあまり良くないので注意しながら登りました。

2018122404

下部は植林の森という感じですが、上部になればなかなか良い尾根です。

2018122405

844mと思われるあたり。途中にもありましたが、自然環境保全特別地域の看板が立っています。

2018122406

しかし、反対側は広大な伐採地。写真はしばらく先へ進んだ所から撮ったもの。眺めはいいんですけど、ちょっと複雑な心境。

2018122407

伐採地の先は踏み跡もしっかりしていて歩きやすく、先に山が見えてくれば、もう笹尾根まで間近。

2018122408

あっけなく縦走路に出れば終了。

2018122409

右へ少し行って熊倉山。さすがに冬枯れだと随分印象も違いますね。

2018122410

反対に進み、軍刀利神社元社でお参り。

2018122411

風が強いのか富士山の雲がなびいてしまっていました。

2018122412

ここまで誰にも会いませんでしたが、さすがに三国山の山頂には休んでいる方がおりました。

2018122413

まだ早い時間でしたが下山にかかります。軍刀利神社で再びお参り。

2018122414

石楯尾神社に降りても良かったのですが、今日は鎌沢入口に向かいます。

2018122415

鎌沢の集落は明るい良い雰囲気でした。

2018122416

下る途中で熊野神社に立ち寄り。

2018122417

7本ほどあるカシの御神木があるそうです。そのうちのこれかなりの大きさ。いずれも樹齢は500年ほどあるようです。

2018122418

甲州裏街道と書かれた表示を見ます。古道なのでしょうね。

2018122419

鎌沢入口バス停に出ましたが、早い時間なのでバスはなく、ちょっと遠かったけど一時間ほどかけて藤野駅まで歩いてしまいました。

今年の分をすべてアップしきれませんでしたが、今年もご覧頂きありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三條大塚山

12/15は房総へ。

2018121501

久しぶりに五井から小湊鉄道。やはりローカル色が濃いですね。

2018121502

がたごとと一時間程度揺られて上総中野駅で下車して歩き出し。

2018121503

タクシーがいれば乗りたかったけど、まったくおらず、歩いて山に向かいます。
田代滝入口には看板がありました。

2018121504

その道に入ってしばらく進むと田代滝。
看板によると白い大蛇が現れたとかの伝説があるそうです。

2018121505

途中にはバス停があるんですけど時刻が書いていません。おそらくバスはなくなってしまっているのでしょうが、撤去されていないのは地元の方専用の乗り合いか何かあるんでしょうね。

2018121506

古い公民館があった場所のようですが、敷地だけが残り、乳清水の石碑がわずかに残されていました。

2018121507

峠と思われる場所。左に折れて進みます。

2018121508

古くは集落の人が使った道だったようですが、倒木だらけでひどい道でした。随分進んで大塚山の手前に出ると簡易舗装の道になっていました。

2018121509

誰もいない三條大塚山に到着。広い眺めの山頂は風があって寒かったものの、悪くない山頂でした。

2018121510

下っていくと水仙が咲いていました。

2018121511

道路に出て往路を駅近くまで戻りました。さらに右に折れて大多喜方面に向かい、左に入れば光善寺。

2018121512

急な道を登って着いた所が七面山。

2018121513

さきほどの三條大塚山に比べるとそれほどではありませんが、やはり房総の低山は里山の雰囲気がいいですね。

2018121514

いすみ鉄道は随分乗ってないなぁと思いつつ、再び小湊鉄道で五井に戻りました。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多峯主山から天覧山

12/9は軽い山へ。

2018120901

いろいろ用事があって、遅めの出発。そんな時間から歩けるのは手前の山だけです。
飯能駅からバスに乗り、本郷バス停で下車。

2018120902

少し先へ歩いて脇道に入ると以前降りてきた鳥居に出ました。

2018120903

やはりこのあたりの谷津はいい雰囲気。

2018120904

ちょっと登って御岳八幡神社。

2018120905

まだ歩いたことのなかった神社下から左へ行く道を取って歩いていきます。

2018120906

日照りでも涸れることのないという雨乞池。

2018120907

多峯主山はこんな天気でも人が多かったです。頭だけですが富士山も見えました。

2018120908

天覧山に向かって降りていきました。紅葉している道は悪くなかったです。

2018120909

天覧山の山頂は人が少ないようでした。

2018120910

少し下に降りると紅葉がなかなか。

2018120911

見た目より写真の方がきれいだったようです。

飯能駅まで歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また市道山

12/1は再び市道山へ。

2018120101

武蔵五日市駅からのバスを沢戸橋で下車します。

2018120102

以前にはなかった所が伐採の対象になっていました。林道はそのまま進めるみたいでした。久しぶりの勝負口。

2018120103

林道は前回よりもだいぶ荒れた感じでした。

2018120104

前回は見られなかったF2を見ることができました。

2018120105

しかし、今回も失敗。その先の進路が不明確で、結局、適当な尾根を登り、臼杵山への途中の登山道に出てしまいました。

2018120106

だいぶ寒い山頂、一グループが休んでいましたが、出発すると一人の静かな山頂になりました。

2018120107

今回は久しぶりに吊尾根に向かいました。右手には降りられないけど、林道などが結構作られているようでした。

2018120108

晩秋らしい良い雰囲気の尾根で、今日はランナーさんもおらず、静かな感じでした。

2018120109

久しぶりの醍醐丸。樹林が伸びてあまり眺めのない山頂になりましたね。

2018120110

和田峠に降りました。陣馬登山口への道路は1月くらいまで通行止です。(歩行者は問題ないようです。)

2018120111

もうおなじみの陣場山からの眺め。

2018120112

霞んでいましたが、富士山も見えました。

2018120113

今回はまだ歩いたことのなかった奈良子尾根を下ります。

2018120114

この日はまだ紅葉が残っていました。

2018120115

林道に降りますが、さらに山道を下ります。それでも長くはなく、このあたりが終点。

2018120116

途中の紅葉がきれいでした。

2018120117

結局、バス時間に合わず、藤野駅まで歩くことになりました。駅前のお店で笹一酒造の本醸造生原酒を買って帰りました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

御嶽山から子王山

11/24は西上州へ。

2018112401

群馬藤岡駅から「めぐるん」というバスに乗ります。ワゴン車タイプのバスですが、乗客は自分一人。高山社跡で下車します。

2018112402

高山社跡は、まだ時間が早く中は見学できませんでしたが、外観だけ見ることができました。世界遺産の絹産業遺産群の一つです。

2018112403

先へ進んで御嶽山に向かいますが、なんと右の道がそれ。これは廃道?先は藪の多いほとんど使われていない林道でした。

2018112404

なんとか林道終点まで登ると御嶽山を示す道標がありました。

2018112405

少し道が分かりにくいですが、このあたりが高山でしょう。

2018112406

細い尾根を進んでいきます。

2018112407

石祠や石仏のある所が御嶽山。眺めはありませんでした。

2018112408

ひたすら尾根を進みます。途中は少し紅葉がきれいな所が。

2018112409

眺めが少しある所に出ると近くの山も紅葉していていい感じでした。

2018112411

やはり青空の日の紅葉はいいですね。

2018112412

通り過ぎそうになりましたが、なんとか日向山。

2018112413

民家に出たあたりで道が不明で、右往左往。かなりの遠回りで道を歩き、だいぶ時間をロスしましたが、なんとか子王山に向かいました。

2018112414

めぐるんの終点。

2018112415

少し先の林道に出ると御荷鉾山などの眺めが素晴らしい印象でした。

2018112416

木段を登ると子王山の山頂。

2018112417

わずか先が展望台になっていて、白い雪を抱く谷川岳や武尊山と思われる山を見ることができました。

2018112418

先へ下っていくと登ってきた人たちに二組ほど会いました。

2018112419

のんびり里道を下っていくと子育地蔵がありました。

2018112420

下る道もやはり御荷鉾山などの眺め。明るい眺めのいい場所で、民家があるのは頷けますね。

2018112421

まだバスまで時間があるので、蛇喰渓谷を見ながら歩きました。

2018112422

黒石バス停に出て、のんびりとバスを待ちましたが、何もないバス停で40分待ちは辛かったです。もちろん帰りも一人。群馬藤岡駅に戻りました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太郎治沢付近から牛の寝へ

11/23は牛の寝へ。

2018112301

奥多摩駅からのバスを小菅役場前で下車。以前は小菅まで入れましたが、小菅の湯に変わってからは初めて。朝のバスはこの先に行かなくなってしまいました。(小菅の湯からの折返しは行くみたいですが。)

2018112302

中黒茂沢の近くから下り、あるかどうか一番心配していたのはこの橋。しっかり小菅川にかかる橋を渡ることができてホッとしました。

2018112303

作業道と思われる道を登っていきます。

2018112304

太郎治沢が近づくと大きな木も出てきますが、あまり歩かれておらず、足元がだいぶ不安定な所が多かったです。

2018112305

太郎治沢を奥まで行き、やがて谷を渡りますが、もうこのあたりは水は涸れていました。

2018112306

左岸尾根と合わさったあたりにはモノレールがありました。

2018112307

しばらくはモノレール軌道とお友達。やがて左に山腹を進むようになるとほぼ踏み跡の斜面。なんとか踏み跡をたどります。

2018112308

落ち葉の多い踏み跡を辿ると牛の寝の登山道に出ました。しっかり「牛の寝」と書かれていますね。

2018112309

先の高みに登って、明るい所で随分早い昼食にしました。

2018112310

しばらく進んでから折り返すように踏み跡に入ります。谷の中をしばらく下る道は間違ったかなと思うくらい下りました。

2018112311

やがて谷から離れて右に進むと木橋を見ます。

2018112312

だいぶ右にトラバースして歩くと左岸尾根にぶつかりました。のんびり踏み跡を下っていきます。

2018112313

随分下って植林地らしき所を通りますが、ネットがあって通れない雰囲気。踏み跡を探して適当に下ると、橋が見えたので、それに向かって降りました。

2018112314

白糸の滝の少し先に出ることができましたので、滝に立ち寄りました。

2018112315

わずかに紅葉が残っていました。

2018112316

再び林道を歩き、以前の小菅バス停。今は大菩薩峠東口になっています。

2018112317

まだ時間が早かったので、頑張って坂の多い道路を登って小菅の湯へ。
やはりぬるつきのあるお湯で、露天風呂はなんか気泡がたっぷり付きましたけど、お湯が変わったのかな?
温まるいいお湯を堪能して帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花桐から伊豆ヶ岳

11/17は伊豆ヶ岳へ。

2018111701

西吾野駅を歩き出し、しばらく車道横の歩道を歩いて花桐へ。
途中諏訪神社に立ち寄りました。

2018111702

奥へ進むと紅葉がなかなか。

2018111703

集落の奥へ進むと車止め。

2018111704

古い木道が残っていましたが、その先は沢は荒れていてほとんど道は無くなっていて、踏み跡がわずかにある程度でした。

2018111705

奥へ進むとこんな感じ。とても道とは思えません。結局、道を外してしまい、ひたすら沢を登りました。

2018111706

難儀しましたが、なんとか沢から登って尾根らしき所へ出ると紅葉がきれいでした。

2018111707

なんか踏み跡があるなぁと思ったら、木に付けられたテープに伊豆ヶ岳を示すものが付いていました。

2018111708

予定では伊豆ヶ岳の正丸峠側に出るはずだったのに、トラバースしたせいで登山道に出たのは小御岳側でした。

2018111709

山伏峠分岐付近の紅葉が素晴らしく、特にこの木の黄葉は素晴らしかったです。

2018111710

伊豆ヶ岳の山頂は紅葉時期のせいか、人が多かったです。

2018111711

子の権現に向かいます。さすがに縦走路は人が多いです。途中の高畑山。

2018111712

中ノ沢ノ頭も踏みました。

2018111713

静かな天目指峠。

2018111714

子の権現でお参りし、奥の院で一休み。

2018111715

青空とカエデモミジの紅葉は合いますね。

2018111716

仁王像は塗り直されたみたいです。

2018111717

随分久しぶりに浅見茶屋経由の道にします。

2018111718

浅見茶屋は人気があるのか、そちらに向かうような観光客に何組も会いました。途中には合目を示す石標がいくつかあるようでした。

吾野駅から帰りました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小路沢左岸尾根

11/10は笹子雁ヶ腹摺山へ。

2018111001

甲斐大和駅を歩き出し、まずは日影のバス停へ。歩いていたらバスが通っていきました。どうやら甲斐大和駅行きのバスが日影を経由しているようです。
今日はそんなに長い歩きではないので、特に乗らなくても大丈夫でした。

2018111002

駒飼宿の本陣跡は以前より木が伸びたような。

2018111003

小路沢左岸尾根に取り付きます。意外に簡単に取り付けたので一安心。

2018111004

のんびり登っていきます。やはり鉄塔の巡視路か踏み跡がありました。

2018111005

登っていくときれいなモミジ。

2018111006

上の方はキンキンに冷たい空気。

2018111007

縦走路に出ると富士山。雲が多めでした。

2018111008

まだ早い時間でしたが、久しぶりの笹子雁ヶ腹摺山。もう冬枯れでした。

2018111009

随分早い昼食だけど、富士山を見ながらおにぎりを食べました。

2018111010

下りは普通に登山道を新田へ。以前は鉄塔を過ぎた所から左に降りた気がしますが、道が変わったのか、そのまま尾根を下っていくようになっています。途中には木祠。

2018111011

前に造成していたのを覚えてますが、きれいに擁壁が作られたみたいです。

2018111012

あたりの紅葉がまずまずでした。

2018111014

ということでいつもの笹一新酒祭り。今年はなんか飲みやすかったせいか、ちょっと新酒を飲みすぎてしまい、抽選も忘れるし、へろへろの泥酔で帰りました。(+_+)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »