« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

津森山と人骨山

1/14は房総へ。

2019011401

保田駅からバスに乗り、終点の大崩バス停で下車。

2019011403

このあたりはをくずれ水仙郷と呼ばれ、水仙の産地。すごい量が咲いていました。

2019011405

しばらく歩いて峠を越えると人も少なくなり、やがて津森山の入口。

2019011406

途中、間違えて民家への道を辿ってしまったりしましたが、歩いていくと最後の一軒家の軒先を進み、ようやく津森山への道がありました。

2019011407

登れば津森山の山頂。石碑がいくつもありました。

2019011408

眺めも楽しいものでした。
少し奥に行けば富士山の見える場所があったようです。後で知りました。(T_T)

2019011409

人骨山へ向かいます。途中、切通を抜けます。

2019011410

畑だったあたりを過ぎます。

2019011411

細い道を辿って登っていくと藪っぽい小さな人骨山の山頂に着きました。

2019011412

下りはちょっと踏み跡チック。特に水田跡のあたりはあまり雰囲気も良くなく、早く抜けたい気になりました。登り返した所は名残峠と呼ばれる場所のようです。これはエノキの大木だそうな。

2019011413

ちょっと寄り道。奥山への旧道というのに入って見ました。向こうに見えるのが嵯峨山でしょうか。まだ歩いたことがないので、そのうちには行きたいな。

2019011415

佐久間ダムはなかなか広い感じ。散策している人が多いです。

2019011414

あたりにはやはり水仙が多かったです。

2019011416

登り返して大崩バス停に戻ると臨時便に間に合いました。
せっかくなので保田駅に出て、久しぶりにばんやに立ち寄り。美味しい刺し身で一杯。

2019011417

保田駅に歩いて出ると普通列車が少し前に行った後。普通列車は一時間半以上後なので、約ワンコイン投じて特急券を買い、君津まで乗って、そこからのんびり帰りました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あしがくぼの氷柱

二子山から下りついて西武線のトンネルを抜けると、そこにはたくさんの観光客。
みなさん、あしがくぼの氷柱を見に行く人だったようです。

自分もまだ見たことがないので、行ってみることにしました。入場料は300円でした。

2019011215

西武線の中からもちらりと見えるけど、すごい氷だらけに吃驚。

2019011216

これだけの氷柱を作るのに、どれだけの水を使っているのかな。

2019011217

一番上まで登ると甘酒か紅茶一杯無料のサービスがあり、甘酒を飲んで、焚き火ストープで温まりました。

お近くへ行った時にはぜひ一度はどうぞ。当然寒いので暖かい格好でね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武川岳から二子山

1/12は奥武蔵へ。

2019011201

名郷で下車したのは自分一人。

2019011202

もう何度も歩いていますが、南尾根を取り、天狗岩。

2019011203

短いのがちと残念。それにしても寒いです。

2019011204

前武川岳までは誰にも会いませんでしたが、さすがにこの先は人に会いました。

2019011205

やはり天気はどんよりでしたが、武川岳の山頂にはお一人休まれていました。

2019011206

二子山に向かう道は山を初めて間もない若い頃に歩いた道。レポも書いていない頃で写真もほとんど撮っていないので、残るのはほぼ自分の記憶だけ。やはりすっかり忘れていますね。

2019011207

ザレた下りがあり、その先で尾根が歩けなくなっていて、右の林道を歩かせられました。

2019011208

久しぶりの焼山。ここは何かの折に来たはずなので、多少記憶が残っています。 それにしても武甲山はどこまで削られてしまうのでしょうか。

2019011209

これから向かう二子山。この眺めは記憶にイメージ化されて少し残っていました。

2019011210

きつい登りの後、右手の岩場のような所に出ると歩いてきた尾根を振り返ることができました。

2019011211

雄岳に着きますが、ここは樹林で薄暗い山頂なので先へ進みます。

2019011212

多少はマシな雌岳で昼食にしました。浅間神社経由の道はこの時期は通行止めです。

2019011213

兵の沢へ向かう道はひどい道。ロープがもしなければ下れないほどの下り。その先はそれほどではなくなり、谷の中を下っていきます。流れを渡って先へ行くと面白い木があり、裏側にひっそりと石祠が置かれていました。

2019011214

登り返して小さな峠のような所を過ぎるともう芦ヶ久保付近の集落が間近に見えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

箱根湯本温泉 弥坂湯

白銀山の帰りは、湯本駅へ向かう途中にある弥坂湯へ。

2019010521

入浴料は650円だったかな。温泉銭湯にしてはちょいと高め。
今や少なくなった番台で料金を払います。

作りはごく普通の銭湯という感じで、内湯のみのシンプルな作り。
カランもそれほど多くありませんでした。

自分が入浴したのはお昼過ぎということもあって、女性の方は入浴している人がいた模様ですが、男性は誰もおらず独り占め。自分が上がる頃にようやく一人来たくらいでした。

成分表などは見ませんでしたが、単純温泉でしょうか。
ぬるめのお湯に感じましたが、浮かんでいた温度計を見ると42℃くらいでした。
冬場と夏場で温度を変えているようです。

体が山で冷えていたので、最初は寒いくらいに感じましたが、長く入っているとじんまりと温まってきます。出る頃にはすっかり汗をかくくらいに熱くなり、しかも出てからもずっと冷めず、家に帰って寝る時もまだ体がほかほかするくらいに感じました。

やはりいいお湯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白銀山へ

1/5は箱根の藪山へ。

2019010501

箱根湯本からバスに乗り、発電所前で下車。

2019010502

しばらくは巡視路でしたが、箱根新道の下へ出るのが踏み跡も怪しく、一苦労。

2019010503

しばらく迷ったあげく、ようやく鉄管が曲がる所にこの小さな道標を見つけました。

2019010504

かなりの急登が続きます。

2019010505

一旦緩んだ所には御料局三角点を久しぶりに見ました。

2019010506

踏み跡はあるような無いような。テープを見た所は尾根が別れている所のようでした。

2019010507

上へ行くと笹が出てきて、登るにつれてひどくなります。背丈を越えるほどの笹の中を泳ぐように進みました。

2019010508

急に笹が刈払われている所に出て少し進むと白銀山の山頂。三角点がありました。
もう道標は古くなり、倒れたようですが、なんとかまだ残っていました。

2019010509

まだ早い時間ですが、この先も難しそうなのでさっさと進みます。

2019010510

やはり笹藪の中をしばらく進みます。ようやく踏み跡らしきものがはっきりしてきて、その先へ進んでいくと左に曲がるように書かれているのですが、その先に進んでよいものかどうか分かりません。

2019010511

いくつも分かりにくい所を進んでいくと、なんとか三所山に着けました。

2019010512

先へ下り、尾根から外れますが、それを進んで良いのか迷いましたが、踏み跡を辿りました。テープを見つけてホッとします。

2019010513

さらに下っていくのですが、途中で左の尾根に入る所は進むべき方向かとても迷いました。しかし、進んでいくと406.4mの三角点を見つけて狂喜!

2019010514

下部も非常に分かりにくいですが、なんとか下っていくと堰堤を見て、道路に出ることができてホットしました。

2019010515

時間的には短いですが、精神力を使った山歩きとなりました。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

都留自然遊歩道

新年最初の山歩き、1/3は都留市へ。

2019010301

都留市駅が歩き出し。

2019010302

少し歩けばもう山裾。金比羅神社が取り付きです。それにしても凍える寒さ。

2019010303

登っていくともう展望台。このあたりが水槽山なのかもしれませんが、それらしい山名板などはなくて富士山展望台の表示しかありませんでした。

2019010304

のんびり歩いていくと烽火台跡という看板がありました。烽火山とも言われている所でしょう。

2019010305

ハイキングコースは日だまりで意外に暖かいです。

2019010306

長安寺山は通過地点みたい。

2019010307

その先にはパノラマ展望台と書かれた場所があり、富士山は頭のごくわずかだけですが、町並みがよく見えました。

2019010308

四差路を右へ行くと水道橋。鍛冶屋坂水路橋という名称で、橋の下で手を叩くと「鳴り龍」が聞けるというので叩いてみたら、これは吃驚の反響音でした。

2019010309

先には神社があり、久しぶりに六地蔵がありました。

2019010310

四差路に戻って先へ進んで元坂。

2019010311

休憩舎などを見て登っていくとベンチが多数あるあたりが楽山でしょうか。

2019010312

先へ進んでいくと伐採地に出ます。吹き上げて来る風が強くなって寒いです。

2019010313

雰囲気が変わってしっかり登山道になります。

2019010314

やがて分岐に着きます。ここからは直進して文台山と尾崎山の間のピークを目指します。

2019010317

登りはきつく、岩っぽい所もあって険路でした。しばらく頑張って尾根に出ると先に見えるピークが930m圏のピーク。

2019010315

まだしばらくきつい登りが続いてようやくピークに到着。

2019010316

木の合間から富士山が見えましたが、でっかいこと。山に邪魔されるのが残念です。

2019010318

分岐に戻って先へ進みます。中腹の道をどんどん進み、いくつか道を分けて、右に野球場も見て左に進み、ようやくやまびこ競技場分岐。ここからはまた登り返しに変わります。

2019010319

結構登らされてようやく鉄塔に出ます。

2019010320

次の鉄塔からは尾崎山に向かう道があったようですが、さすがに行ってみる気にはなりません。

2019010321

文台山だと思いますが、こう見るとなかなか立派な良い山ですね。また行きたいな。

2019010322

古城山の表示を見ると先には住吉神社。

2019010323

里に出て蒼龍峡を見たいと思ったのですが、団地があるだけ。裏手はフェンスがあるので、渓谷を見ることができないようです。看板だけ見て終了。

2019010324

ちょうど一本列車が行ってしまった所で初めての十日市場駅。30分以上待たされ、大月でも40分も待たされ、家まで随分かかりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青梅七福神

毎年恒例の七福神巡り。今年は難関の青梅七福神をチョイス。

2019010201

なぜ難関かというと結構お寺が離れているので、歩いて回ると約4時間というコースタイム。
おせちでデブった体にはちときついです。(苦笑)
とにかく東青梅駅をスタート。

2019010202

成木街道をひたすら歩き、多摩団地を抜けます。その先は山裾の道を下っていき、小曽木街道を左に折れて、最初の聞修院。それにしても寒かったぁ。こちらは寿老人。

2019010203

随分坂を登って青梅坂トンネルを抜け、下っていくと青梅街道。右に折れてしばらく進むと七兵衛公園がありました。七兵衛はこのあたりの農民で、遠くで盗みを働き、一夜のうちに帰ってきて盗んだものを貧しい人たちに分け与えていたということでした。実際に史実として七兵衛とその一味が捕らえられて処刑された記録があると案内板に書かれていました。

2019010204

さらに歩いていくと宮ノ平駅。駅前の木がなかなかですね。

2019010205

さらに歩けば明白院。こちらは福禄寿。

2019010206

和田橋を渡り、さらにしばらく歩いて地蔵院。こちらは布袋尊。

2019010207

もうロウバイの花が膨らみ始めていました。

2019010208

吉野街道を歩いて万年橋を渡り、しばらく登ると清宝院。 恵比寿様でした。

2019010209

釜の淵公園で一休み。ちょっと雲が来てしまいました。遠くには大岳山が見えました。

2019010210

ひたすら吉野街道を歩き続け、ようやくのことで玉泉寺。こちらは弁財天。

2019010211

またしばらく歩いて青梅駅近くにある宗建寺は毘沙門天。

2019010212

青梅街道から回り込むと、津雲邸というのがありました。昭和の初め頃に建てられた地元選出の衆議院議員の接客用の建物だったそうな。

2019010213

最後は近くにある延命寺。無料で甘酒が置かれていて、こじんまりしているけどよいお寺でした。

青梅駅に出ましたが、早足で歩いて御朱印などはもらわず、
お参りだけで3時間20分ほどでした。

まだ時間が早かったので、河辺駅で下車して梅の湯で今年の初湯も楽しんでから帰りました。

これで今年も良い年になるでしょうね。(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

聖武連山、能岳

あけましておめでとうございます。
12/29は2018年最後の山へ。

2018122901

新井バス停が歩き出し。しばらく歩いていくと集落からも富士山が見えました。

2018122902

八重山ハイキングコースの入口の先へ進み、道標を見て聖武連山の東コースに入ります。

2018122903

小さな山ですが、富士山の眺めもよく、集落も左下の眼下に見え、良い山でした。

2018122904

西コースを下り、少し戻るように歩くと尾続バス停への道が別れていました。簡単に登るなら新井バス停から歩くよりも、そちらから入る方が近いですね。

2018122905

八重山ハイキングコースに入ります。

2018122906

能岳の山頂は風が強く寒かったけど、富士山がきれいでした。

2018122907

柔和なお顔の石仏も健在です。

2018122908

八重山山頂は特に風が強く、帽子が飛ばされそうになりました。

2018122909

ウッドデッキは寒くなかったら、のんびりしていきたい所ですね。

2018122910

下っていくと盗掘などの注意書き。この山でもやはり貴重な植物などを掘りとってしまう不届き者がいるそうです。みんなの目でこういう人たちから植物を守りましょうね。

2018122911

懐かしき登山口。目の前に駐車場が作られていて雰囲気が変わっていました。

2018122912

取り付きがお墓で迷ったけれど、秋葉山。

2018122913

根本山には金比羅大権現の石碑。

2018122914

久しぶりに上野原駅北口。転回場に変わっていました。

最後に相応しく、富士山をたくさん見られた良い山歩きでした。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »