« 根本山へ | トップページ | 手沢左岸尾根から大室山 »

熊鷹山から丸岩岳、野峰

根本山からの続きです。

2019050312

山頂に戻って左に下ります。最初はアカヤシオは無かったけど、
下っていくと左側にはさきほどよりは少ないもののアカヤシオを見ながら下ります。

2019050313

だいぶ下って先へ進むと十二山根本神社。昔は建物があった感じだけど、潰れた残骸と石祠。

2019050314

さらに歩けば、宝生山の分岐。いつかは歩いて見たいなぁ。

2019050315

気持ちの良い尾根を進みます。

2019050316

登らされて熊鷹山の山頂に着くとたくさんの人。狭いけど、こんなに賑わう山頂なのですね。ツツジがスタンバイ中でした。

2019050317

しばらく下って、丸岩岳へ向かいます。

2019050318

途中の鞍部には古びてもう読めない道標。

2019050319

だいぶ頑張って丸岩岳。山頂。昔は笹が生えていたようですが、それらしいものは何もありません。

2019050320

テープが付いていたので、そちらに降りたら、どうやら奈良部山方面に下ってしまったようです。
仕方なく、林道を歩いてようやく野峰方面への尾根に戻れました。

2019050321

トウゴクミツバツツジがよく咲いていました。

2019050322

先に山が見えてきたけど、野峰は随分遠いなぁ。

2019050323

比較的分かりやすい尾根でテープも結構ありました。だいぶ歩いてちょっときつい登りで野峰。

2019050324

先へ進み、しばらくは踏み跡が続いていましたが、やがて左へ逸れてしまいます。地形図を確認し、ここは尾根に出ることにしました。

2019050325

踏み跡もあまりない尾根を下ると踏み跡が左から来ていました。さきほどの踏み跡を進んでも大丈夫だったのかも。
しかし、その先も踏み跡を外したりして、地図と磁石で進み、ようやく山道らしくなり、それを下っていきます。
やっとのことで古い看板と石標が立っていました。

2019050326

ひたすら山道に従って下っていくと、ようやくの事で木祠のある場所。
右にふるさとセンターへの道が分岐していて、道標がありました。
尾根は続いているけど、予定した4時台のバスではなく、3時台のバスに間に合いそうなので、ここで下ることにします。

2019050327

しばらく下って畑の横に出ればほぼ終了。

2019050328

石段を下れば道路に出て、右へ行けばわずかで梅田ふるさとセンターでした。新緑がきれい。

2019050329

バスまで30分ほど時間があったので、お土産を物色。刺し身こんにゃくを買ってバスに乗り込みました。

 

|

« 根本山へ | トップページ | 手沢左岸尾根から大室山 »

登山(谷川・榛名・群馬)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 根本山へ | トップページ | 手沢左岸尾根から大室山 »