登山(奥多摩)

氷結した滝を見に浅間尾根

随分経ってしまいましたが、1/27は奥多摩へ。

2018012701

キンキンに寒い朝。藤倉行きのバスが長い列で吃驚。払沢の滝止まりの臨時バスが出たので、そちらに乗り込みました。

2018012702

もちろん払沢の滝を見に行きます。この滝がこんなに凍っているのは初めて見ました。
でも、この日は98%の氷結度だったようです。確かに水は流れていました。
ほんとに滝近くは耳が痛かった。happy02

2018012703

水を掛けている氷のオブジェもありました。

2018012704

雪を踏みながら時坂峠。

2018012705

道路は雪が少なかったけど、山道に入れば雪が増え、小岩からの道との合流付近はかなりの雪。トレースがあったのでまだ良かったです。

2018012706

浅間嶺の展望台からはきれいな富士山。

2018012707

松生山を久しぶりに踏むことにして向かいました。途中、明るい所は雪が溶けていました。

2018012708

久しぶりの松生山。

2018012709

広く伐採されたので、富士山が尾根に邪魔されず、きれいに見えました。

2018012710

浅間嶺に戻り、上川乗へ下ります。この道を下ったことは無かった気が。

2018012711

バス時間が合わず、歩いたのですが、最後はバス時間に追われる事態に。
なんとか吉祥滝のバス停で後3分ほどの所で間に合い、助かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土俵岳へマイナーコース

1/20は笹尾根の土俵岳へ。

2018012001

別な山に行こうと思っていたけど、天気も悪いしなぁ、ということで上野原駅から久しぶりに飯尾行きのバスに乗り、久野本で下車。

2018012002

道横には石仏がありました。

2018012003

土俵岳南尾根に取り付きましたが、途中で道が無くなり、仕方なく適当に尾根を登りました。なんとか510mあたりに登り着きました。

2018012004

笹藪に突入かと思いましたが、なんとか踏み跡のようなものがわずかにあり、それをたどることができました。

2018012005

やがてその踏み跡は山を巻いてしまうので、直登。ひたすら登っていくと右側から踏み跡が登ってきていました。随分前に照峯神社に下ったことがありましたが、そのときの踏み跡かなぁ。

2018012006

落ち葉の溜まる尾根を辿ります。昔の山道も残っているけど、倒木などが多くてまともに歩けない所が多かったです。

2018012007

寒さがきつくなり、それでも登っていくと以前に見た石仏がまだ残っていました。
この石仏、途中で割れたのを修復した感じですよね。以前みたときから変わっていないようです。

2018012008

久しぶりに着いた土俵岳。奥多摩側が伐採されていて吃驚。でも富士のある山梨側は伐採されていないので、ちと残念。

2018012009

まだ早い時間でしたが、小棡峠の手前から下ります。あまり歩かれていない感じ、下っていくと少し天気がよくなってきました。テープを見掛けたこのあたりで尾根が別れていました。

2018012010

古い山道が残っているので、それを辿ります。明るい尾根になり、どんどん下っていきました。

2018012011

しかし下部で道が不明瞭になり、結局、怪しい所を下りましたが、なんとか道に降りることができました。道を下っていくと、不動の滝の表示。登り返して不動の滝に向かいました。

2018012012

道標で階段を下り、山道をさらに下ると対岸に不動の滝がありました。
なかなか雰囲気のある滝でした。

2018012013

大垣内のバス停に出ますが、13時前ということで、バスは2時間以上ありません。
しょうがない、歩きますか。

2018012014

バス停一つ歩いた頃に一台の車が止まり、乗せていただけました。
大垣内の方で用事で町まで行くそうでした。途中で山が眺められる所で止めてくれて山を教えていただいたりしました。車中いろいろお話も伺うことができ、また、大堀というバス停まで送って頂き、随分早く帰ることができました。

乗せて頂いた方、有難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一本松から浅間嶺

11/4は浅間嶺へ。

2017110401

藤倉行きのバスに乗り、笹久保バス停が歩き出し。

2017110402

まずは貴布禰神社に立ち寄り。

2017110403

取り付きに向かうとなんと橋が流されています。仕方なく、靴を脱いで渡渉。まだ台風の影響が残り、流れが速く、体をもらっていかれそうになったりしましたが、なんとか渡りました。水が冷たく、体が冷えてしまいました。

2017110404

一本松北東尾根に取り付きます。登っていくと尾根に出ます。右に行って愛宕神社に立ち寄り。

2017110405

戻って先へ進むみます。昔の作業道らしいものが残っていたりしましたが、倒木なども多いし不明瞭な所も多いです。634m点を右に巻きます。

2017110406

752m点と思われる所に石祠の下側だけ残っていました。先へ進むと少し平らな所がありますが、この後は急登。

2017110407

急登から左に曲がり、しばらく登ると一本松の見覚えのある三角点に到着。

2017110408

まだ山名板が残っていました。

2017110409

浅間嶺に向かいます。伐採地からは今日も良い眺め。

2017110410

いつもの通り尾根道を通って小岩浅間。

2017110411

休憩舎の前から大岳山の良い眺め。

2017110412

さすがに浅間嶺の山頂には結構人が休んでいました。富士はあまり見えず残念。

2017110413

ちょっと紅葉した木がありました。

2017110414

払沢の滝入口に出るとバスの時間が中途半端だったので滝には立ち寄らず、そのまま帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七ッ石山へ

9/30は奥多摩へ。

2017093001

早朝のバスに乗り、終点の鴨沢西で下車。丹波行きのバスがもっと早い時間にあればなぁ。

2017093002

しばらく道路を歩き、お祭バス停の先から初めて後山林道に入ります。

2017093003

随分歩いて小滝を見ると、その先にゲートがありました。

2017093004

さらに先へ行くと谷が狭くなり、ようやくの事で塩沢橋。

2017093005

塩沢林道に入って、少しでヨモギ尾根に取り付きます。

2017093006

思ったよりも歩きやすい道。案内板が付けられているので迷うことは少ないですが、そこはマイナーコース。登っていくとときたま分岐があります。

2017093007

ひたすら長い道を辿っていくと、ようやくの事で右への折り返し地点に出ました。石積みがあって、昔から使われている山道だったのかな。

2017093008

ちょっと台風などの影響か、道に落ちている枝などが多かったです。だいぶ登ってようやく気持ちの良い自然林。

2017093009

しかし、久しぶりに猿の群れに会って吃驚。こちらに向かって来そうではなかったのですが、これから行く方に逃げるのでちょっと追いかけるような感じになって、あまり気分は良くなかったです。分岐があり、右の道は巡視路。塩沢に向かう道でしょうね。

2017093010

どんどん登っていきました。奥後山を知らないうちに通過してしまうハプニング。現在地が分からず、ひたすら山道を辿って進んでいくしかなくなってしまいました。

2017093011

やはり林相がいいですね。確かに紅葉の頃はいいかも。

2017093012

ひたすら山道を辿り、ようやくの事で尾根から右に離れて行きます。

2017093013

さらに先へ進み、巡視路を分けて左に登り、少しいくと奥多摩小屋の水場。さすがに雨が続いたせいか、冷たい水がしっかり出ていました。

2017093014

ようやくのことで奥多摩小屋に到着。バス停を出発したのは7時30過ぎ頃だったのに、着いたのはすでにお昼。やっぱり長い道ですね。小屋前で休んでいるとたくさんの人。雲取山から来る人、雲取山へ登る人、とにかくたくさん歩いていました。
どうも、自分はへそまがりなので、今年の標高年とは言え、人が多い山は敬遠したくなるんだよなぁ。。。

2017093015

まだマルバダケブキがしつこく咲き残っていました。

2017093016

七ッ石山を見ながら進みます。

2017093017

あまり人がいないかと思ったら、やはりこちらも山頂には人がいました。
雲取山の眺めがいい感じでした。

2017093018

文字の書かれた石はもう倒れていて、そろそろ忘れ去られそうですね。

2017093019

なんとなく二時台のバスに間に合いそう、ということで久しぶりにスピードモードで下ります。
以前とは違う場所に銅板で堂所の表示。丹波山村がいくつか新しく付けたようです。

2017093020

普通は鴨沢へ下りますが、たまには違う道、ということで所畑へ下ってみました。道路下りなので、面白みは少ないですが、人も少ないです。

2017093021

所畑へ下って、二時台のバスがない!と焦りましたが、14:42発は鴨沢西発でしたのでもう少し歩く必要がありました。ということで朝の鴨沢西バス停へ。しばらく待つと臨時のバスが来て助かりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

網代城山

9/18は秋川へ。

2017091801

台風一過の晴天。暑いので軽く歩こうと武蔵五日市駅が歩き出し。

2017091802

高尾神社に向かうとヒガンバナがよく咲いていました。

2017091803

高尾バス停がありました。

2017091804

高尾神社に立ち寄り。

2017091805

登山道をたどったのはいつのことだったかな。しばらく登ると鉄塔がありますが、台風一過でくっきりでした。奥の方の山に行きたかったな。

2017091806

しばらく尾根を辿ると久しぶりの網代城山。

2017091807

今日は弁天山に向かいました。こちらへ行くのは初めてだったかな。

2017091808

弁天山にはミツバツツジの頃に来たことがありましたが、この時期は初めてでした。

2017091809

弁天洞窟に立ち寄り。穴を覗くと像が置かれているのがうっすらと見えましたが、薄暗いのであまり見えません。

2017091810

貴志嶋神社に立ち寄ってから下って鳥居に出ます。もう山道はここで終わり。

2017091811

帽子がかぶされていた子流れ地蔵を見て、網代橋を渡ります。台風の後で増水していたようでした。

2017091812

武蔵増戸駅まで歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サルギ尾根から御岳山

そろそろ秋が近づいた今日この頃。でも、レポはまだ8/19のお話。
久しぶりに御岳山に行きました。

2017081901

上養沢行きのバスを大岳鍾乳洞入口で下車します。

2017081902

以前は踏み跡の尾根でしたが、今は一般登山道扱い。高岩山を示す道標が付いています。

2017081903

のっけからそれなりの登り。

2017081904

登山道にしては細い道です。今でもそんなに歩く人は多く無さそうですね。

2017081905

上は完全にガスの中。しっとりの雰囲気の中を進んでいきます。

2017081906

途中には炭焼き窯跡の表示。確かに炭焼き窯の跡が残っていました。

2017081907

道脇にはたくさんの蜘蛛の巣がガスで見え、面白い雰囲気でした。

2017081908

前回もここからの眺めは見られなかったけど、今回もガスで何も見えませんでした。

2017081909

芥場峠からロックガーデンに向かい、綾広の滝。この日は水量がありました。

2017081910

お花は少なかったですが、タマガワホトトギスが咲いていました。

2017081911

七代の滝も水量ばっちりでした。

2017081912

いつもながらきつい登りで長尾平分岐に登るとそこには長谷川恒男氏の石碑とレリーフ。

2017081913

神代ケヤキはやっぱり巨樹ですね。

2017081914

ケーブルカー駅に向かいますが、武蔵御嶽神社に立ち寄り。夫婦杉は縁結びのご利益があるそうな。

2017081915

もちろんレンゲショウマを見に行きました。この日はまだそんなには多くはなかったけど、それなりには咲いていて楽しめました。

2017081916

ソバナも咲いていました。

2017081917

表参道をのんびり下りました。やはり雨がちらりと降りました。

2017081918

雨はすぐにあがったものの、やはり山の方には雲がかかっていました。御嶽駅に出ました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

白岩滝へ

うーむ、いつになったらレポは追いつくのだろうか。
6/18は奥多摩へ。

2017061801

つるつる温泉行きのバスに乗り、白岩滝で下車。こんな近場でもまだ歩いたことのない道があって、楽しみです。

2017061803

しばらく歩いていくと白岩滝への入口。沢沿いに登っていけば、白岩滝に着きました。二段に別れているようです。この日は水量が少なかったようです。

2017061804

やはり沢沿いは少しだけ涼しい感じ、麻生山に向かいます。クマ出没は9月頃が多いようです。ラジオや鈴など鳴り物をもって入山した方が良さそうですね。

2017061805

意外に良い雰囲気。

2017061806

きれいな植林。放置された植林と異なり、手が入っている植林は見栄えも違いますね。

2017061807

予想外の所に登り着きました。

2017061808

麻生山に向かいます。途中で登山道を外してしまい、直登しました。

2017061809

コアジサイはやはり青いものはきれいですね。

2017061810

バラ藪もあったけど、なんとか直登で山頂にたどり着けました。

2017061811

日ノ出山に向かうと道端に結構コアジサイが多かったです。

2017061812

人の多い日の出山山頂で休憩。

2017061813

下山はつるつる温泉方面に下りますが、久しぶりに林道コースを選びました。伐採されてからは初めて。直射日光厳しい日だと嫌ですけど、この日はくもりでしたので下ってみました。

2017061814

平井川の源も伐採地なのですね。随分前と雰囲気が変わりました。

2017061815

途中ツツジが咲いていて、クロアゲハが舞っていたので、ちょっと狙ってみましたが、さすがに標準レンズでは無理がありました。蝶のおしりだけ写った感じ。

2017061816

久しぶりにつるつる温泉で入浴。この時は人が少なめで、きれいなお湯にのんびりと浸かってから帰りました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

鷹ノ巣山へ

6/3は奥多摩へ。

2017060301

久しぶりに峰谷バス停で下車。朝から暑いこと。

2017060302

峰谷集落へのショートカット道は、ちょっと前に歩いたので覚えていました。
さすがに標高があるので暑さも少しはマシ。

2017060303

尾根に入ると女性のハンターさんが。テレビなどで紹介された方かな?
尾根を登っていくと神社に出ました。

2017060304

上へ登っていくと快適を通り越して肌寒いくらいに。やはり標高の高い所はいいですね。
まずまずのブナも。でも、伐採された木もあるようで、悲しい感じ。

2017060305

この日の避難小屋の水はそれなりに出ていました。

2017060306

避難小屋の先からちょいと日陰名栗ノ峰の方へ。富士山がきれいでした。

2017060307

少し先のあたりまで行ってしまい、虫が少なかったので、日影で早い昼食にしました。

2017060308

避難小屋に戻り、さらに先へ巻道を進んでから、鷹ノ巣山に登ります。ヤマツツジはまだ蕾が多い状態でした。

2017060309

鷹ノ巣山近くではミツバツツジもまだ咲き残りがありました。

2017060315

途中、南アルプスまで見えてびっくり。この時期に見えるのはかなり珍しいかも。

2017060311

鷹ノ巣山の山頂の表示が随分きれいになっていました。雲取山は最近行ってないけど、それと同じものなのでしょうね。

2017060312

さっさと日原に下山します。まだ結構多くの人が登ってきていました。

2017060313

スピードを出して下り、巳ノ戸橋。冬場に工事のため通行止と駅に表示が出ていたけど、新しくなったのかな?

2017060314

時間を誤り、東日原のバス停に着いたのは1時間前。さすがに奥多摩駅まで歩く気はなかったけど、もう少し歩こうと川乗橋まで歩きました。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

高水三山逆回り

1/14は奥多摩へ。

2017011401

静かな沢井駅を歩き出し、まずは青渭神社の里宮へ。

2017011402

初めて来ましたが、なかなか大きな神社ですね。

2017011403

山に取り付いて登っていきます。途中は踏み跡もちょっと怪しい感じです。
途中、風花が舞いました。

2017011404

上の方に行けば、尾根は歩きやすくなりますが、急登もありました。

2017011405

登山道に出て、ホッとします。

2017011406

久しぶりの青渭神社奥宮。やっぱり寒いです。

2017011407

岩茸石山に向かうと途中からは奥の山が見えましたが、ホントに寒そうな感じでした。

2017011408

久しぶりの岩茸石山。風があり、無茶苦茶寒いです。手袋をしていても手が痛くなるほど。
できるだけ風を受けない場所で休みましたが、寒すぎてのんびり昼食を取れない感じでした。

2017011409

高水山への登りもシャツの上にパーカーを着ていても全く汗をかかないどころか、寒くてたまりません。結局、パーカーの下にフリースを着ることに。
フリースを着たまま行動中することは、朝一を除いて今までほとんどなかったんですよ。

2017011410

高源寺でお参り。まだお昼過ぎということもあって人がいましたが、これから岩茸石山に向かうのは風で厳しそうだなぁと思いました。

2017011411

道路に出て歩いているとロウバイが咲いていました。
少しずつ春が近づいているようですね。
でも、駅へ向かう帰り道も風花が舞っては止み、舞っては止みの繰り返しでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥多摩駅近辺の山の神社巡り

ようやく2017年のレポになりました。
1/3は奥多摩駅近辺の山の神社を巡りました。

2017010301

奥多摩駅が歩き出し。

2017010302

むかし道を少し辿ると羽黒三田神社への急な石段があります。

2017010303

石段を登りきって少し進むと大山祇神社。双体道祖神はたぶん最近のものですよね。

2017010304

橋を渡ってさらに登ると羽黒三田神社。右に相馬神厩があります。
扉は開かないので、目のあたりしか見えませんが、ちょっと怖かったです。

2017010305

元の石段の所まで戻り、むかし道をしばらく辿ります。古いトロッコ線跡はいつ見てもノスタルジックな思いにかられます。

2017010306

石仏もたくさん並んでいたりします。

2017010307

槐木のサイカチがトイレの横にありました。奥多摩町の指定天然記念物だそうです。

2017010308

桧村へ下り、さらに小留浦の丘へ。弘法大師のお堂がありました。

2017010309

九竜山への道から離れて下ると山祇神社。

2017010310

病院前から鋸山林道に入って、山道を辿ると奥多摩総合運動公園の近くに出ます。少し進むと登計トレイルがありますが、入口はこんな感じ。

2017010311

展望デッキはこんな感じ。やはりここは暑い頃に涼しさを求めて歩く方がいいみたいです。

2017010312

うすら寒い樹林の中をひたすら歩き、ようやく出口を出て、少し登ると登計峠。
ここは鋸山から何度も来た所です。

2017010313

こちらも何度もお参りしている愛宕神社。

2017010314

愛宕神社の参道は下の方の木が伐採されたせいかどうか、以前ほどの怖さは感じませんでしたが、急降下は手すりにすがりたくなります。奥多摩駅と反対側を目指して下っていけば、庚申塔とおとも石でした。

2017010315

時間が早いのでもえぎの湯へ向かいました。
この吊り橋を一度は渡って見たかったのですが、ようやく実現できました。

ということで、こちらを見て頂いている方全てに、今年の福が来ますように。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧