登山(奥多摩)

浅間尾根へ

9/28は奥多摩へ。

2019092801

武蔵五日市駅から10時過ぎの藤倉行きに乗りますが、予想外のすごい人。バスが少ないから乗る人がほとんどで途中で下車して行ったので、本当に藤倉行きが必要な人は随分少ない感じ。それでも、神戸岩入口では多くの人が下車して、先へ行く人は数人レベル。随分久しぶりの藤倉で下車したのは地元の人らしき人と自分だけでした。

2019092802

以前に法面が崩落して、長い間工事をしていたようですが、今はしっかり階段が作られて通行できるようになっています。もう草が生えつつあります。

2019092803

小さいけど蜘蛛の巣が多く、避けながら登っていきます。直登なのですぐに高度を上げます。山上に集落があるのがやはり山村らしい雰囲気。

2019092804

フェンスが出てくると進路が分かりにくくなり、尾根を直登するとこれは道ではなかった模様。それでも直進すると登山道に出ることができました。

2019092805

昔から歩かれていた道らしく、特に問題もなく、細い尾根を登っていきます。随分登って道標がありましたが、この先が踏み跡っぽくなり、少し分かりにくい感じ。

2019092806

二重山稜っぽい感じの所を左手に巻くように進みます。道なのかどうなのか少し不安だったけど、しっかりと道標があって登山道に出ました。

2019092807

浅間尾根を浅間嶺方面に向かいます。あれ、石仏が道の反対側に置かれていました。見るとあたりは森林整備の手が入った感じ。山仕事の人が影響しないように動かしたのかな?

2019092808

ちょいと登れば静かな一本松の三角点。

2019092809

まだしっかりと山名板が残っていました。ここで昼食。

2019092810

緩やかに下っていくとキバナアキギリが咲いていました。

2019092811

浅間石室で写真を撮っていると後からマウンテンバイクが。ここで休憩と言っていたけど、追いついては来ませんでした。どこか別な道を下ったのかな。

2019092812

レイジンソウを見ました。

2019092813

広大な伐採地に出ます。以前は右上に登らされたけど、伐採地の端を通れるようになっています。でも、左下に少し残っていた木も切られてしまい、少し慎重に進む必要があります。

2019092814

伐採地の端にはキツリフネがよく咲いていました。

2019092815

左後方をふり返ると雲取山や奥秩父の山々を見ることができました。

2019092816

どんどん先へ歩き、休憩舎を見て、右手から回り込んで登って浅間嶺展望台。残念ながら富士は下の方だけでした。

2019092817

ベンチで休憩。ススキが多かったです。

2019092818

先へ進むとキクやアザミ、アキノキリンソウなどがたくさん咲いていました。

2019092820

どんどん下っていくと、一軒家。もうそば処みちこは閉店してしまったので、寂しい感じ。水車だけが回り続けていました。

2019092821

やはり時坂峠経由で下ります。

2019092822

フシグロセンノウが咲いていました。

2019092823

払沢の滝入口バス停に着くともうバスがスタンバイ。臨時バスだったようで、空いているバスで帰りました。

 

| | コメント (0)

レンゲショウマを見に行く御岳山

9/1は御岳山へ。

2019090101

武蔵五日市駅からのバスを上養沢へ。小型バスの二台運行でしたが、さすがに終点まで乗った人はごくわずか。

2019090102

先へ歩くと石仏や石碑が並んでいました。

2019090103

シュウカイドウもちらり。

2019090104

御岳山参道供養塔とあります。

2019090105

さらに道路を歩くと日の出山への分岐。ここから山道です。

2019090106

急な登りで養沢鍾乳洞跡。今は閉鎖されています。置かれている木のブロックは小屋の跡なのでしょうね。

2019090107

岩場に出ると石段が。結構急です。

2019090108

さらに登っていくと見覚えのある場所に出ました。ここに出るのか~。

2019090109

ヤマジノホトトギスは終わりかけ?

2019090110

ということでどんより天気の日の出山到着。この日は人が少なめでした。

2019090111

いつもの道の逆コースで御岳山へ。さすがにたくさんの人に会いましたが、それでも少なめな感じでした。

2019090112

ロックガーデンに向かいますが、まずは七代の滝。水量はまずまず。

2019090113

まだ天狗岩は登ったことがないので、登ってみました。岩場に設置された天狗像がすごい所にありますね。
でも、しっかりフェンスがあるので、危険な岩場には近寄れませんよ。

2019090114

渓谷沿いにはフシグロセンノウが。他のお花はあまり見かけませんでした。

2019090115

綾広の滝も水量は少なめだったかな。このぐらいが通常なのかもしれませんが。

2019090116

しばらくあるいてレンゲショウマ自生地へ。今年はだいぶ少なめでした。

2019090117

ソバナも少ないけど見かけました。

2019090118

それでも場所によってはそれなりに咲いていましたね。

2019090119

いつものように表参道の車道を下ります。ちょっと飛ばしすぎて次の日、筋肉痛になってしまいました。(^^;

御獄駅まで歩きました。

 

| | コメント (0)

森沢橋から三頭山へ

7/21は三頭山へ。

2019072101

数馬行きのバスを森沢橋で下車。

2019072102

しばらく林道を歩き、ヤブに入ってしばらく進み、ようやく山に取り付きます。
取り付きにちょっと失敗して変な所を登ったのですが、植林のものらしき踏み跡を発見。

2019072103

尾根に出れば、あまりヤブもないですが、ひたすら蒸し暑い。
だいぶ登って左に尾根が曲がると少し枝ヤブの邪魔する尾根になりました。

2019072104

最後は緩やかな感じで登っていくと踏み跡に出ました。笹尾根の登山道だと思うけど、少し不安。

2019072105

右手に進めば藤尾への分岐があり、やはり正しい笹尾根でした。

2019072106

尾根に上がってしまえば、蒸し暑さもまだ比較的まし。数馬峠では刈払いをしている人達がいました。

2019072107

ノリウツギでしょうか。よく咲いていました。

2019072108

久しぶりの槇寄山。雲が多いけれど、近くの山が少し見えました。向こうは少し日差しがあるようでした。

2019072109

随分登っていくと三頭大滝への分岐。

2019072110

この日は眺めは無かったけど、大沢山の山頂は少し木が切られたようですね。
途中まではほとんど人に会わなかったけど、このあたりでようやく人に会うようになりました。

2019072112

三頭山には石尾根の山と同様に石標が立てられていました。最近の流行りなのかな。
もちろん富士山は全く見えません。

2019072113

数馬へ下るのが普通ですが、この日はトレーニングのつもりなので奥多摩湖を目指します。
登って来る人がいたので聞いてみると、やはり浮橋は通行止めでした。
後で調べると水位は回復したのですが、施設に不具合があるので今年の8月下旬頃まで通行止めだそうな。

2019072114

なかなかいい感じのところも。

2019072115

モロクボ尾根を下ることにしますが、その前にちょっと寄り道。

2019072116

わずかに先に登るとヌカザス山。もうここに来たのは随分前だなぁ。
また機会があれば、浮橋から登りたいな。

2019072117

分岐に戻ってモロクボ尾根を下ります。のっけからロープの付いた急降下。
古い「ツネの泣坂」の表示。

2019072118

どんどん下っていきますが、まだ人に会いました。
一時を過ぎた頃、スマホで現在位置を確認しているのか、外国人に会ったのが最後。

2019072119

三頭大橋の横に降り立てば登山道終了。

2019072120

ちょっと早く降りすぎて、バスまで一時間待ち。今年は雨が多かったから、この時期でも水量が多かったようです。

2019072130

久しぶりにイチヤクソウに会えました。

 

| | コメント (0)

トレーニングの御岳山から日の出山

7/13は御岳山へ。

2019071401

雨予報で出かけないと降らないし、くもり予報で出かけようとすると朝から雨だし、どうすりゃいいの、って感じで二週間も空いてしまい、三週間ぶりに山へ。でも湿気度最高だし、やっぱり雨マーク付いているし、ということで近場へ。
古里駅で下車するとツバメの巣がたくさんあって飛び回っていました。

2019071402

高い橋からは多摩川の流れ。

2019071403

長屋門を見ながら歩きます。

2019071404

久しぶりの登山口。夏終わりくらいには植えられたコスモスがたくさん咲いていた覚えがあります。

2019071405

抜いたり、抜かれたりしながら登っていきます。途中には以前には無かった林道が通っていました。
さらに登るとこれまた以前にはなかった飯盛杉の看板。丹三郎の人たちが大切に育てている杉と椹で、二代目だそうな。
すでに百数十年経つけど、以前のものは数百年だったそうです。でも落雷でなくなったそうな。

2019071407

これまた久しぶりの大塚山。誰もいませんでした。

2019071406

霧が出てきて、下笹の道がいい雰囲気ですね。

2019071408

人通りの多い道に出て、神代欅はいつものようにたくさんの人を見守っています。

2019071409

御岳山でお参り。

2019071410

のんびりと日の出山へ。ランナーさんが多かったです。

2019071411

山頂付近にはオカトラノオ。

2019071412

ウツボグサ。

2019071413

好きなヤマオダマキ。

2019071414

途中からの麻生山の眺めがなかなか。天を突いている感じに見えますね。

2019071415

今回は林道コースを下ります。平井川の源流はたっぷり水が出ていました。

2019071416

ということでつるつる温泉で〆。早い時間でしたので人も少なめ、すべすべになって帰りました。

 

| | コメント (0)

笹野から臼杵山、市道山

5/11は奥多摩へ。

2019051101

2台も増発が出た数馬行きのバスに乗り、笹野で下車。

2019051102

しばらく歩いてクラミ沢左岸尾根に取り付きましたが、ちょいと反対へ進んでしまい、藪の中に道が消えてました。
戻って先へ進んだらしっかり山道が続いていました。

2019051103

先へ進むとかなり登りにくい所もありましたが、ロープなどで整備されています。
かなり使われている山道なのかな。

2019051104

なんとなく読めたのですが、最後の急登はかなりきついです。
登りきったところにはあの目につく嫌な看板のある施設。
どうやらそこへの作業道として多少なりとも整備されているのではないかと思われました。

2019051105

少し先へ進むと臼杵神社。古い石像も健在です。

2019051106

臼杵山の山頂で早めの 昼食。

2019051107

市道山へ向かうと途中には石津窪山の表示。前からあったっけ?

2019051108

市道山手前ではグループがお休み中。代わりに山頂は数人でした。

2019051109

今日は軽め山行、旧醍醐峠から藪道を下ります。
昔は嫁取り坂からここを通って檜原村の人たちが出稼ぎに行っていたと守屋龍男氏「多摩の低山」に書かれています。
谷に下るのってどうも苦手。

2019051110

下部は少し枝藪が邪魔しましたが、踏み跡を辿っていけばににく沢林道に出て終了。

2019051111

久しぶりの勝負地蔵。

2019051112

以前、どこにあるか分からなかった石仏ですが、
takigoyamaさんらが起こしてくれたおかげで今回は会えました。

関場バス停に出るとすぐにバスが来る時間でラッキーでした。

 

| | コメント (0)

高水山から棒ノ折山

4/21は奥多摩へ。

2019042111

またスミレが見たくなり、軍畑駅で下車して高水山へ向かいます。

2019042101

この日は途中のシダレザクラがとてもきれいでした。

2019042112

エイザンスミレは色の薄いタイプ。

2019042113

トウゴクサバノオは残念ながら開いていませんでした。

2019042115

カントウミヤマカタバミはほとんど閉じていましたが、ようやく開いているのを見つけました。

2019042116

ナガバノスミレサイシンもありました。

2019042102

常福院はミツバツツジが満開。以前に少し旬過ぎた満開の時に来たことがありましたが、今回はベストな感じでした。

2019042114

ヒナスミレもなんとか残っていたようでした。

2019042103

高水山の山頂ではヤマザクラが満開。残念ながらどんよりの天気なので写真映えがしませんね。

2019042104

岩茸石山に向かうとやはりヤマザクラ。

2019042105

岩茸石山から黒山方面の眺め。以前に同じ時期に来た時と比べてもまだ芽吹き初めで、
今年は異様に暖かかった日もあるけど、雪が降ったり、少し寒い日が多かったですからね。

2019042106

久しぶりに棒ノ折山まで歩きたくなりました。
アップダウンの多い道を進んで、途中のやまびこ広場と書かれた場所からは高水山や岩茸石山を見ることができましたが、
ミツバツツジあり、ヤマザクラありで、春らしい良い場所でした。

2019042107

久しぶりの黒山。

2019042108

途中にもミツバツツジがきれいな所がありました。知らないうちに巻道に入ってしまい、歩きにくかったです。
権次入峠も巻いてしまってその先に出ました。棒ノ嶺はものすごい人。

2019042109

奥茶屋に下ります。途中にはミツバツツジの海がありました。

2019042110

久しぶりの急下降で奥茶屋。最近はやっていないのかひっそりとしていました。

2019042120

マルバスミレも見つけました。川井駅まで歩きました。

2019042119

やはりマキノスミレは見られると嬉しいですね。

 

 

| | コメント (2)

熊倉山長尾尾根

12/24は熊倉山へ。

2018122401

武蔵五日市駅からのバスを南郷バス停で下車。

2018122402

この日は思ったほどには冷え込まず、熊倉林道の入口。

2018122403

長尾尾根に取り付きますが、のっけはひどい急登。足場もあまり良くないので注意しながら登りました。

2018122404

下部は植林の森という感じですが、上部になればなかなか良い尾根です。

2018122405

844mと思われるあたり。途中にもありましたが、自然環境保全特別地域の看板が立っています。

2018122406

しかし、反対側は広大な伐採地。写真はしばらく先へ進んだ所から撮ったもの。眺めはいいんですけど、ちょっと複雑な心境。

2018122407

伐採地の先は踏み跡もしっかりしていて歩きやすく、先に山が見えてくれば、もう笹尾根まで間近。

2018122408

あっけなく縦走路に出れば終了。

2018122409

右へ少し行って熊倉山。さすがに冬枯れだと随分印象も違いますね。

2018122410

反対に進み、軍刀利神社元社でお参り。

2018122411

風が強いのか富士山の雲がなびいてしまっていました。

2018122412

ここまで誰にも会いませんでしたが、さすがに三国山の山頂には休んでいる方がおりました。

2018122413

まだ早い時間でしたが下山にかかります。軍刀利神社で再びお参り。

2018122414

石楯尾神社に降りても良かったのですが、今日は鎌沢入口に向かいます。

2018122415

鎌沢の集落は明るい良い雰囲気でした。

2018122416

下る途中で熊野神社に立ち寄り。

2018122417

7本ほどあるカシの御神木があるそうです。そのうちのこれかなりの大きさ。いずれも樹齢は500年ほどあるようです。

2018122418

甲州裏街道と書かれた表示を見ます。古道なのでしょうね。

2018122419

鎌沢入口バス停に出ましたが、早い時間なのでバスはなく、ちょっと遠かったけど一時間ほどかけて藤野駅まで歩いてしまいました。

今年の分をすべてアップしきれませんでしたが、今年もご覧頂きありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また市道山

12/1は再び市道山へ。

2018120101

武蔵五日市駅からのバスを沢戸橋で下車します。

2018120102

以前にはなかった所が伐採の対象になっていました。林道はそのまま進めるみたいでした。久しぶりの勝負口。

2018120103

林道は前回よりもだいぶ荒れた感じでした。

2018120104

前回は見られなかったF2を見ることができました。

2018120105

しかし、今回も失敗。その先の進路が不明確で、結局、適当な尾根を登り、臼杵山への途中の登山道に出てしまいました。

2018120106

だいぶ寒い山頂、一グループが休んでいましたが、出発すると一人の静かな山頂になりました。

2018120107

今回は久しぶりに吊尾根に向かいました。右手には降りられないけど、林道などが結構作られているようでした。

2018120108

晩秋らしい良い雰囲気の尾根で、今日はランナーさんもおらず、静かな感じでした。

2018120109

久しぶりの醍醐丸。樹林が伸びてあまり眺めのない山頂になりましたね。

2018120110

和田峠に降りました。陣馬登山口への道路は1月くらいまで通行止です。(歩行者は問題ないようです。)

2018120111

もうおなじみの陣場山からの眺め。

2018120112

霞んでいましたが、富士山も見えました。

2018120113

今回はまだ歩いたことのなかった奈良子尾根を下ります。

2018120114

この日はまだ紅葉が残っていました。

2018120115

林道に降りますが、さらに山道を下ります。それでも長くはなく、このあたりが終点。

2018120116

途中の紅葉がきれいでした。

2018120117

結局、バス時間に合わず、藤野駅まで歩くことになりました。駅前のお店で笹一酒造の本醸造生原酒を買って帰りました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大堀沢右岸尾根

11/3は六ツ石山へ。

2018110301

水根バス停で下車して歩き出し。

2018110302

久しぶりの水根沢林道、台風の影響が心配されたけど、それほどでもなく、倒木があったり、わずかに桟道が歩きにくい所がある程度でした。

2018110303

大堀沢右岸尾根に取り付きます。ひどい急登が続いて、結構足場が危険な所もありました。やはりリスクがありますね。

2018110304

途中には大きな木。

2018110305

まずまずの紅葉もありました。

2018110306

少し傾斜が緩む所もありますが、また急登になります。上部はどちらかというと茶色になっていました。

2018110307

さらに上に行くと緩やかな尾根。もうこのあたりは冬枯れに近い状態でした。

2018110308

途中からは鷹ノ巣山などが見えましたが、もう寒そうな感じ。

2018110309

あっけなく縦走路に出て、尾根終了。

2018110310

軽すぎる気もしましたが、六ッ石山に向かいました。ここにも石標が立てられましたね。

2018110311

水根へ降ります。このあたりは良い雰囲気ですね。

2018110312

途中にも少し紅葉した木を見かけます。

2018110313

産土神社を通ります。

2018110314

青目不動尊に立ち寄りました。奥多摩湖を見ることができます。
立ち寄りませんでしたが茶店も営業していました。

2018110315

まだ時間も早かったので、久しぶりに奥多摩むかし道をたどることにしました。
さすがに歩いている人が多かったです。

2018110316

たきのり沢は小滝が連続していて、やっぱりのりのり?

2018110317

惣岳渓谷先の淡い紅葉も悪くなかったです。

2018110318

槐木も健在。

2018110319

途中でやめようかと思いましたが、頑張って奥多摩駅まで。足が痛くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大塚山、御岳山、三室山

10/13は奥多摩へ。

2018101301

あまり天気が良くないので近場を歩けばよいだろうと古里駅で下車。

2018101302

夕陽向フノ尾根に取り付きます。尾根の左は伐採されているので、裏手の林道から取り付きました。尾根上の末端付近には愛宕神社と思われる木祠と石碑。

2018101303

伐採地にはススキが生えていました。

2018101304

尾根には鉄塔巡視路がありますが、途中で別れて頑張って登ります。

2018101305

石積沢ノ頭にはテープに山名が書かれていました。

2018101306

途中、登山道と書かれた案内表示があり吃驚。林道が尾根を切って作られていたからでした。でも、ここは登山道じゃないと思うけどねぇ。

2018101307

ちょっとヤブっぽい登りが続いて丹三郎山と思われる場所。以前にも来ているけど、その時にはあったテープに書かれた山名が見つかりませんでした。

2018101308

しばらく進めば登山道に出て、のんびり大塚山に向かいます。

2018101309

静かな大塚山付近にはアキノキリンソウが咲いていました。

2018101310

御岳山へ向かいますが、この民家、だいぶ茅葺き屋根が古かった記憶があるのですが、最近すごくきれいに葺き直されたのですね。

2018101311

久しぶりの御岳山神社にお参り。

2018101312

ちょっと写真が見にくいですが、台風の影響で神代欅も亀裂が入ってしまったようでした。

2018101313

日の出山に向かいます。随分歩かれてきれいな道になっていますね。鳥居も新しくなった感じです。

2018101314

日の出山の山頂は、天気今ひとつの割には人が多かったです。

2018101315

今回は久しぶりに三室山へ向かいます。これも久しぶりの梅ノ木峠。

2018101316

遠くに見えるのは大山あたりかな。

2018101317

一旦巻いてから戻るように登ると三室山。この時期はあまり眺めが無かったです。

2018101318

琴平神社に立ち寄りました。

2018101319

下っていくと四方八方に枝を伸ばした木が。

2018101320

鳥居を見て道路に出れば終了。途中には梅の公園がありますが、梅の木を病気のためにすべて切ってしまってからしばらく経ちますね。復活することは無いのかなぁ。

日向和田駅に出て帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧