登山(奥秩父)

秩父の城山へ

また1ヶ月遅れがじわじわ近づいていますが、3/12は城山へ。

2017031201

白久駅が歩き出し。

2017031202

以前に熊倉山から逆コースで歩いていますが、登りにとるのは初めて。結構きつい登りです。以前はアンテナがあった場所は何もなくなっています。

2017031203

この日はとても風が冷たく、とても3月半ば近くとは思えない寒さ。ひたすら登ります。

2017031204

だいぶ登って城山が近くなりました。

2017031205

城山は樹林の中なので、手前の明るい所で昼食にしました。

2017031206

久しぶりの城山。城跡の案内板も健在でした。

2017031207

掘割などがやはり城跡らしいですね。

2017031208

道路に出ます。熊倉山の登山口にもなっています。

2017031209

道路を下っていくと、途中の民家の庭先には咲き始め福寿草でした。

2017031210

矢通反隧道は崩落の恐れがあり、通行止になっています。

2017031211

横から尾根に出て、弟富士山へ。神社がありました。

2017031212

わずかに下ると岩があり、鉄扉が付いています。虚空蔵大菩薩が中にあるのでしょうか。

2017031213

先へは下れませんが、秩父の町並みが少し見えました。

カタクリ自生地はこの日、カタクリの葉がたくさん出ていました。
武州日野駅に出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四阿屋山へ

光陰矢のごとし、あっという間に時間が経ってしまいましたが、2/27は秩父の四阿屋山へ。

2016022701

バスで四阿屋山に行くには、いくつかの行き方がありますが、早く行くには西武秩父駅から7時35分発の栗生行きに乗り、小鹿野役場でしばらく待ち、小鹿野町営バス8:30発白井差口行きに乗り継ぐという方法があります。待合所がありますが、土休日は朝は8:30からなので、外で待たされることになりました。暖かい日で風も無かったのでよかったですが、寒い日は辛いかも。

2016022703

節分草園で下ろしてもらい、300円払って中に入りました。
まだこのときは咲き始めという感じで、そんなにすごいという感じはしなかったですが、咲き始めのきれいなお花が見られてよい感じでした。

2016022702

同じセツブンソウでも、栃木の星野のものとは少し色合いが違うように感じられました。

2016022704

しばらく撮影を楽しんだ後、歩き始めます。すぐに堂上のバス停。

2016022705

行きのバスの運転手さんが詳しく教えてくれましたが、つつじ新道の入口もすぐに分かりました。

2016022706

のっけから急登が続きます。そんなに人の入るコースではないので、少し草がかぶっているような感じの所もあります。途中には石積みを見かけます。昔はこのあたりで炭焼きなどをしていたのでしょうか。

2016022707

何も出てこないので、分岐を見落としてしまったかなぁ、と思いながらも登っていくとようやく鎖場コース(上級者コース)の分岐。右へ行けば山居の方に行ける一般道になっています。コンディションが悪い時はそちらに行く方がいいでしょう。

2016022708

取り付いてすぐの鎖場が一番きつく、直登の鎖です。鎖に体をあずけて登らなくてはいけないので、やはり鎖場に慣れた人の方がいいと思います。下りならば楽になりますが、当然ながら危険度が増しますので、やはり登りをお勧めします。いくつか鎖場を過ぎると息が荒くなり、展望を見ながら一呼吸お休みしました。

2016022709

途中、下ってくる若い人に会いました。一般登山道に出るとすごい人。かなりの人数のグループが多かったです。 山頂のわずか下には祠がありました。

2016022710

こちらから見る両神山はすこし違う雰囲気に思えました。

2016022711

下りの鎖場も人が多く、登って来る人とのすれ違いも大変でした。ようやく山居広場に出れば、少ないですが、福寿草が咲いていました。

2016022713

しかし、その下へ降りれば、福寿草園地にはたくさんの福寿草。柵が意外に高くてあまり近寄れないのが残念です。

2016022714

赤い福寿草は秩父紅という種類の福寿草。数が少ない上に遠いので、望遠レンズ目一杯でなんとか撮れたという感じでした。

2016022715

のんびり歩いて下ります。寺沢福寿草園地の表示がある所に入って見ましたが、あまり歩かれていない雰囲気。もちろん福寿草などかけらも見えませんでした。

地図のある所で道が別れましたが、そのまま薬師の湯に向かう道を下りました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

小川山へ

前の日の瑞牆山はこちら

次の日は富士見平小屋を5時30分に出発しました。

2015072611

昨日も見た樹林の分岐から小川山に向かいます。

2015072612

たまには歩く人がいるらしく、細いですけど、特に問題はない道。

2015072613

伐採小屋跡に着くと、なんと人がいるのにびっくり。泊まったのかな?

2015072614

樹林の中に入るとちょっと道がぬかるみ、分かりにくいところもありますが、テープなどに助けられて進んでいくと小川山分岐に着きます。ここから左に曲がって小川山に向かいます。

2015072615

樹林の中を縫うように左右に曲がりながら登っていきます。その後は岩っぽい小ピークが続くところを右手を巻きながら進みますが、木の根があるので、細かい上り下りが多く、なかなか疲れます。

2015072616

ようやく巻き道が終わると少し歩きやすくなります。

2015072617

また別なピークに向けて登り、手前で右に巻き、進んでいくとシャクナゲがまだ咲いていたのにはびっくり。

2015072618

下って登って岩場に出ると久しぶりに眺めが!もう瑞牆山がちょっと遠くなっていました。

2015072619

目の前には金峰山が大きいです。

2015072620

どんどん登っていくと、廻り目平を示す紙の道標が付いていました。

2015072621

しばらく登れば小川山の山頂。周りは樹林に囲まれていて眺めのない場所でした。

2015072622

ちょっと奥に入るとわずかに瑞牆山などが樹林の合間から見ることができました。

2015072624

廻り目平分岐に戻り、下り始めます。樹林の中を下っていき、尾根の上らしくなってしばらく進み、岩が多くなります。右に入れるところがあったので入ってみたら、右手には面白い岩が並んでいました。

2015072625

なおもひたすら下りが続き、岩場などもあったりしますが、たいしたことはありません。その代わりに暑さがちょっときつくなります。突然、左手が崖になって左手には岩峰が見え始め、きつい下りをしばらく辿ると展望台と書かれた岩場に出ました。

2015072626

せっかくなのでカメラだけ持って空身で登ってみました。さすがに怖くて一番先までは行きませんでしたが、スリル満点の岩場からは奇岩の連なる岩峰を見ることができました。しかし、下りはやっぱり怖かった。(^^;

2015072627

岩場を下ると唐沢の滝への分岐。ここは滝へ行くのではなく、直進することにしました。

2015072628

その先もしばらくは急な下り、急な登り返し、鎖場となかなかきつい道です。重荷の時は注意が必要です。なるほどガイドが登りしか案内しないのは訳がありましたね。

2015072629

ひたすらじぐざぐの道をこなし、樹林帯の中を下ればキャンプ場の中に出て、適当に下ると道路。少し先に金峰山荘がありました。コインシャワーなどもありますが、帰りは温泉に入ろうと思っていたので、ソフトクリームを食べてバス時間まで調整。

2015072630

下る道はひどい暑さ。特に畑の広がる辺りは熱風状態。途中にはオニユリが雑草のごとく咲いていました。

2015072631

川端下の集落には、高札場と書かれた史跡があります。室町~江戸時代に禁制や法令などを掲示したそうな。その下にひっそりと双体道祖神が置かれていました。

2015072632

川端下のバス停。待合所はどことなくうら寂れた感じ。使う人もほとんどいないのでしょうね。ここから乗ったのは自分一人でしたが、梓山などから登山者が乗り、その先では地元の方も乗ってきました。信濃川上駅に出ました。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

瑞牆山へ

7月25日は瑞牆山へ。

2015072601

久しぶりに韮崎駅からバスに乗り、終点の瑞牆山荘で下車します。この日は乗客が多く、直行の増発便も出て、その1台目に乗り込みました。

2015072602

のんびり登っていくと、水場に到着。たっぷりと水が出ています。手が切れるような冷たい水で最高の水場でした。

2015072603

富士見平小屋前にテントを張りました。(1張り1名\1,000)

2015072604

おニューのサブザックで瑞牆山へ。荷物が軽いせいか、快調に登れました。意外に雲が多く、あまり暑くはなかったです。

2015072605

しっかり富士も見ることができました。

2015072606

向こうは八ヶ岳でしょうかね。

2015072607

小屋に戻って山小屋初と幟に書かれていた富士見平小屋ビールという地ビールを買ってみました。Dunkelと小さく下に書かれています。(\800)

ちょっと高く感じますが、売り上げは全額レスキューに渡していますと小屋のお姉さんが言っておりました。ビールメーカーは清里の会社のようです。飲んでみるとかなり濃厚な味。裏の説明を読むとDunkel(デュンケル)とはドイツ語で「濃い」という意味なんだそうです。ちょっと変わった味で楽しめました。

2015072608

暇なので、持って行ったウィスキーを水場の天然水で割ってみるととても美味しいのでたっぷり飲んでしまいました。やっぱり美味しい水場が近いテント場ほどいい所はありませんね。(^^)

ということで夜は更けていき、寝ていましたが、20時頃に到着する人達がいました。
下から1時間ほどですからいろんな人が来ますね。

(次の日に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藪山の鹿穴へ

このところ、忙しかったので、久しぶりに更新。
もう1週間半も経ってしまいましたが、28日(土)は甲府の鹿穴へ。

2015032801

話題がタイムリーとはとても言えませんが、バスを武田神社で下車すると桜が咲いておりました。天気は晴れ予想だったのに予想外のくもりで、「残念!」という感じ。

2015032802

武田神社でお参り。やはり朝は掃除している人達がいらっしゃいました。

2015032803

以前、大日影経由で鹿穴に登りましたが、同様に竜華池に登ります。南アルプスの山を眺められます。しかし、その先、現在工事中のために躑躅ヶ崎園地に向うことができません。ありゃ、これはびっくり。

2015032804

仕方なく、一旦降りて、回りこんでしばらく歩くと山に向う踏み跡が。それを辿ると藪になってしまいましたが、藪の中をしばらく登ると踏み跡があり、右手に行くと、以前も見たこの看板に出ました。しかし、後で調べると竜華池を逆に回りこんだ方がよかったようでした。

2015032805

しばらく登ると躑躅ヶ崎園地。以前よりも木が伸びたようでした。

2015032806

武田の杜遊歩道を大黒峠に向います。途中で右に分岐する道は通行止か、ロープが張られていました。山裾を回る道であまり眺めもなく、やはり下山路向きなようです。

2015032807

随分歩いていくと、左手が開けます。右に分岐するのは東山への直登路。それを見送って先へ進みます。

2015032808

ダンコウバイがとてもよい花付きでした。

2015032809

要害温泉への道を分岐すると道が悪くなり、あまり人が歩いていないようです。道型はしっかりしているので迷うことはないと思います。だいぶ歩いてようやく大黒峠。
しかし、この先、下山路として考えていた善光寺方面の道は立入禁止の黄色テープの上に、この先通行できませんの表示。

2015032810

とりあえず下山路は鹿穴で考えるとして、先へ進みます。鹿穴に向けて登っていくと、富士が大きく見えました。この時期にしては雪が少なめな感じでした。

2015032811

いつものように分岐から藪の中を登って、鹿穴の三角点。
ここはあまり変わっていないですね。

2015032813

鹿穴で地図を確認すると大日影から茶道峠へ尾根が伸びている模様。それを下る事にして、以前歩いたコースを下る事にして、大岩園地から東山へ。以前と同様、東山は静かなピーク。

2015032824

大日影は刈られた小広いピーク。天気もよくなってポカポカと暖かく、ここで昼食にしました。

2015032814

大日影からの尾根は防火帯の尾根になっていて、踏み跡もしっかりあって、問題ない尾根。ダンコウバイがかなり咲いていて、特にこの木はすごかったです。

2015032815

岩窪林道に降りることができ、茶道峠手前に出て、愛宕スカイラインへ。桜の木は残念ながらこの時点では蕾のままで咲いておらず、もう少しでした。

2015032816

円光院に立ち寄ります。なかなかの大きなお寺。特に墓地の大きさは圧倒的でした。由緒あるお寺なのでしょうね。

2015032817

今回の目的、武田信玄公のお墓。武田氏のお墓は何箇所か存在しますが、ここは3年間の秘葬を命じ、荼毘に付された土屋氏の邸跡です。写真では分からないと思いますが、ヤツブサウメがまだ咲いていました。

2015032818

ところどころにある案内地図を見て歩き、大泉寺に立ち寄ります。ここは父信虎のお墓があり、お参りしました。この山門は特にすごい感じ。この山門を通った先の石畳も古い感じで印象的でした。

2015032819

華光院にも立ち寄り、山裾古の道を歩いていくと、みはらし台があります。

2015032820

舞鶴城公園に着くと、桜がきれいに咲き始めていました。やはりお城と桜は合いますね。

2015032821

城跡に咲く、桜は青空をバックに一番きれいな時。素晴らしい桜に会えました。
ちなみに下にはお花見客がたくさんでした。

2015032822

天守閣跡に登ってみると、なかなかの眺め。この小さな写真では分かりにくいけど、アンテナの横に富士山があります。

2015032823

南アルプスももう霞んでいました。甲府駅はすぐそこです。

楽しい歩きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

廃止予定のバスで太刀岡山

アップが遅れまくりですが、15日(日)は山梨へ。

2015031501

とうとうというか、甲府駅発、清川、金桜神社経由昇仙峡滝上行きのバスは3月末で廃止されることになってしまいました。ということで慌てて太刀岡山に行くことにしました。廃止されるせいかどうか、意外に人が乗っていましたが、登山者は自分くらいでした。清川バス停で下車します。

ちなみに、コミュニティーバスがありますが、週二回平日に一本きりというおよそ使えないバスなので登山者はマイカーかタクシー利用になってしまいます。

2015031502

しばらく歩いて民家横を入ると石仏が上に置かれていました。風化しているし、高いところにあるので、年号などは読めませんでした。

2015031503

きつい登りが続きますが、自分のペースで登っていけます。祠のある大岩ではクライマーさんが取り付いていました。先へ登るとカニのはさみ岩があります。

2015031504

茅ヶ岳、金ヶ岳がなかなかの眺めでした。

2015031506

思ったよりも早く明るい太刀岡山に着きました。

2015031505

春霞でぼんやりしていたものの、甲斐駒など南アルプスの高峰を見ることができました。

2015031507

下りはなかなかきつく、わずかに雪が残っていて、滑ってしまいました。
そこを過ぎれば雪もなくなり、あっけなく越道峠に着きました。

2015031508

平見城に下っても良かったのですが、時間が余りすぎるので、林道を草鹿沢に下る事にしました。天気がよい上に久しぶりに暖かく、気持ちよく下っていきました。草鹿沢の集落付近から見る太刀岡山もなかなかの山でした。

2015031509

まだまだ時間があるので、道路を下っていきます。来て見たかった金桜神社に着きました。
なかなか大きな神社でお参りしました。

2015031510

ご神木の鬱金桜があります。満開に咲いたときに来て見たかったけど、バスがなくなると残念ながら無理そうですね。

2015031511

さらに道路を歩いて昇仙峡に着きましたが、まだ時間がありました。
乗ってきた昇仙峡滝上から清川経由のバスはありますが、3月までは昇仙峡口経由のバスは昇仙峡口止まりになっています。まあ、間に合うだろうと下ることにします。

覚円峰の眺めはやはり素晴らしいですね。

2015031512

下り道は車も走る道路で今ひとつですが、巨岩などが結構あり、たくさん名前が付いていて楽しいです。これは松茸岩。確かにそれらしい形ですね。

2015031513

最後はバス時間に間に合わせるよう急ぎ足で下りましたが、間に合いました。甲府駅に出ました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

釜ノ沢五峰へ

16日は秩父へ。

2014111601

西武秩父から小鹿野町営バスに乗って長若(ながわか)中学校前で下車します。
しばらく歩いて札所三十二番の法性寺。まずはお参りします。

2014111602

観音堂も見たあと、岩の間を通ってしばらく登り、奥の院への分岐から右に行くと岩船観音。岩の上にある大きな観音像です。

2014111603

戻って奥の院に登ります。ちょっと人で渋滞して待たされました。鎖場をこなして岩場を登ると奥の院がありましたが、結構高度感のある場所です。写真を撮るのがやっとの小さな場所でした。

2014111604

戻って釜ノ沢への道を辿りますが、意外な難度のある山。途中の梯子はひん曲がっていてなかなか厳しいです。

2014111605

途中眺めの良い岩場があります。左手には落ちそうで落ちない岩が見えます。

2014111606

長若山荘近くに下り、釜ノ沢五峰を目指して再び登りになります。涸れ沢から暗めの樹林の中を登って、まずは一の峰。右手にさきほど歩いた尾根が見えるくらいです。

2014111607

二の峰からは眺めが広がります。向こうは熊倉山の方らしいです。その先はちょっと鎖場で下ります。

2014111609

三の峰はいきづまり。手前から右下に下ります。

2014111610

四の峰は眺めはないものの紅葉がまずまずでした。

2014111611

五ノ峰も眺めのない場所。あまり山頂らしくない場所でした。

2014111613

少し先のピークからはちょっと雑木に邪魔されるものの双子山や両神山などが間から見えました。
2014111614

しばらく歩いて文殊峠へ。金精神社があります。

2014111615

文殊峠には道路が通っていましたが、明るい場所でした。

2014111616

下っていき、兎岩に向います。

2014111617

踏み跡のような道を辿ると竜神山。カヤトが茂る小さな山頂でした。

2014111618

まずまずの赤く紅葉したモミジがありました。

2014111619

大きな岩を巻きますが、そこには岩屋がありました。

2014111620

そしてフィナーレの高度感のある兎岩。手すりがあるし、靴のフリクションがよく効いたので怖くはありませんが、それでもなかなかスリルのある場所でした。

2014111621

こんな感じの道になっています。

2014111622

松井田バス停まで歩くつもりでしたが、長若中学校前バス停まで戻ると、なんとか一時台のバスに間に合いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青空の岩峰歩き

連休最後の14日はやっぱり小海線沿いの山へ。

2013101401

一昨日登った御座山から見た天狗山、男山の眺めが気になり、快晴の続く連休なので行ってみることに。再び一番電車に乗って、信濃川上駅へ。さすがに連休最後の日では登山者はおらず、自分一人、川端下行きのバスに乗りました。大深山中央で下車してしばらく車道歩き。農道に入り、天狗山を目指して歩いていきます。今日もいいお天気。

2013101402

以前のガイドにあった道なのですが、どうも今は推奨されていない道。動物避けの扉を開けて中に入りますが、古い林道は使われておらず、ここが登山口とは思えない場所でした。

2013101403

途中はかなり踏み跡も怪しいです。なんとかテープなどを頼りに登り、岩稜を右に巻いて登っていくと稜線に出ました。すぐ右に小さな岩峰があり、登ってみると、御座山がとてもよく見えました。

2013101404

戻って先へ進むと、やはり岩稜っぽい登りが続きます。危険はなく、ぐいぐいと岩を登っていく道は楽しいものでした。

2013101405

天狗山の山頂には祠がありました。

2013101406

向こうにはこれから歩く先の男山、さらにその向こうには八ヶ岳を眺められました。

2013101407

岩稜の下りはそれほどは危険はないけど、少し注意しながら下ります。途中の岩場からは縦走路が見えますが、意外に下りそうです。

2013101408

かなり下ると立原高原への道が二つほど分岐していました。そちらから登る人も結構いるようで明瞭な道でした。再び岩道をこなしていくと、男山(右奥)が近くに見えます。

2013101409

紅葉には早いという感じでしたが、アブラツツジと思われる木がなかなか晴天の光を受けてきれいでした。

2013101410

思ったよりも早く男山の山頂に着きました。

2013101412

後ろを振り返れば、天狗山がなかなかの岩峰でした。

2013101411

びっくりしたのは下の岩峰に人がいたこと。もちろん道などありません。クライミングで登ってきたようです。しばらくすると到着して賑やかになりました。

2013101413

下り道はそれなりに歩かれているようです。ぐんぐん下ると古い林道になり、延々と辿っていきます。途中からは右上に岩峰が見えましたが、さきほどのクライマーさん達はあそこを登ってきたのかな。

2013101414

随分長く林道を歩いて登山口。フェンスは簡単に通れました。

2013101415

駅に近づくと踏切の音と何か遠ざかっていく音。ちょっと嫌な予感がして駅に入ると、やっぱり小淵沢行きの電車が行ったばかり。1時間30分待ちとなり、のんびりとこじんまりとした駅舎の中で待ちました。

小粒な山々でしたが、やはり良い山歩きでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山越えの御座山

12日(土)はなかなか行けない佐久の山へ。

2013101201

一番電車を乗り継いで、小海駅へ。しばらく待って小海駅からバスに乗り、中島で下車。
地元の自治体が運営のため100円と安価です。

そこで栗生行きのバスを20分ほど待ちます。が、なんと来たのは小型のバン。同じバスを待つ地元のおばあさんが乗るように示したので、「これがバスですか?」と思わず聞いてしまいました。(^^;

運転手さんを除いて3人乗車が限界のバス(車?)を栗生で下車しますが、これも別料金ではなく、小海からのバスで支払っていればOKとびっくりでした。
しかし、歩きだしは10時過ぎと遅い時間になります。

2013101202

しばらく林道を歩いていき、登山口。車が数台駐車していました。
ここからは涸れた谷に沿った道になります。

2013101203

ちょっぴりきついくらいの斜度の道が続きます。

2013101204

思ったよりも早く、不動の滝に着きます。さすがにこの時期、水量は少なかったです。

2013101206

その先、結構きついじぐざぐ道が続きます。でも、色づいた木がちらほらと出てきて、悪くない気分です。降りてくる人達に結構会いましたが、登山口にあった車で来た人達でしょうね。

2013101208

やがて大きな岩を回り込むと鎖場が出てきます。そんなにたいした岩場ではないので足場も豊富、鎖を掴まなくても問題ありませんでした。そんな途中の岩場からは南相木ダムがちらりと見えました。

2013101209

岩場を過ぎて登っていくと小さなピークには祠がありました。

2013101210

しばらく下りになり、鎖場があります。そのあたりからようやく山頂が見えてきましたが、まだ距離がありそう。

2013101211

下りついた鞍部あたりには山口への道が分岐していましたが、踏み跡はかなり怪しそうな感じです。今はバス利用者は少ないので、歩く人もあまりいないのでしょうね。
きれいな避難小屋に着きました。でも水場もないし、泊まる人は少ないかも。

2013101212

ようやく山頂。もうとっくにお昼を回った時間でしたが、素晴らしい展望でした。しかも誰もおらず山頂を独り占め。

2013101213

ちょっと風が強く、わずかに肌寒い感じでしたが、赤岳から蓼科山などまで、八ヶ岳を横から眺められました。ぼんやりとはしていましたが、浅間山や西上州の山々、両神山なども見えました。

2013101214

さて、バスの時間も気になりだし、下山にかかります。オレンジに色づく木があり、天気の良さもあってきれいでした。

2013101215

前衛峰も手前はちょっとした岩場がありました。振り返ったら、もう御座山が大きいです。

2013101216

松葉のようなものが風でひらひらと落ちていて、絨毯のようにフカフカで気持ち良い所がありました。

2013101217

やがて緩やかな尾根となって歩いていくと、長者の森との分岐に着きました。正面ではなく、左が白岩への道。

2013101218

しばらく尾根を行き、やがて尾根を外れると折り返して随分進みました。ゆっくり下り、登山口に出ました。

2013101219

野菜畑の中の道を進みますが、途中にはフェンスがあり、頑丈に固定されていて開きません。なんとか無理矢理、下をくぐって通り抜けました。後はのんびり野菜畑を見ながら下りますが、途中で左に入ると樹林の中に入ります。この道でいいのかちょっと不安になりましたが、かなり歩き、下っていくと白岩の集落が見えてきたので安心。

しばらく待って白岩からバスに乗りました。小海駅に着くとちょうど小淵沢行きの電車が行った直後。ここでも1時間30分くらい待たされて、普通列車で帰りましたが、帰宅はやはり深夜となりました。

しかし、思い出に残るバス旅の山でした。

※山域としては佐久の山としたい所ですが、都合により、このblogでは奥秩父に分類しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスで黒金山に登って、乾徳山でバームクーヘンでお茶するの巻

5月5日は子供の日。ということでたまにはキャラを変えて(?)、奥秩父に行きました。

2013050501

天科バス停がスタート。果たして帰りのバスに間に合うんでしょうか。

2013050502

ちょっぴり取り付きが分かりにくかったですが、沢沿いの道を少し進むと道標がありました。

2013050503

ひたすら登っていきます。1264m付近。

2013050504

林道に出るとなかなかの眺め。笠取山なんかの方かな。車が何台か駐車していました。ここまで車で入ると黒金山も近いですね。

2013050505

その先へ行くと、ようやく左に黒金山が見えてきます。ちなみに右のポコンとした山は牛首。

2013050506

牛首を左に回り込むと針葉樹林の中に入りますが、空気がかなり冷たく、Tシャツでは寒い感じ。我慢して登っていくと、ようやく着いた牛首ノタル。

2013050507

どうしようか迷ったけど、結局、牛首を目指しました。途中は雪が出てきて、シャクナゲの密藪の中を頑張るとようやく着いた山頂はもちろん眺めなし。プレートを付けた人がいるみたいです。

2013050508

牛首ノタルに戻って黒金山を目指しますが、途中は完全にスノーハイク。ストックを持ってこなかったことを後悔します。足が疲れているのに、雪道はかなり辛かったです。ようやく着いた黒金山頂。

2013050509

やはり山頂からは良い眺め。時間があればゆっくりしたいけれど、そうもいきませんでした。

2013050511

わずかに下ると大ダワへの分岐。もちろん乾徳山を目指しますが、トレースは微妙な感じ。一応、ピンクのリボンの目印が付けられているので、それを頼りに探しながら進みました。

2013050512

途中から、先の方の乾徳山と笠盛山(手前)、塩山などの町並みを見ることができました。まだ遠いにゃ~。

2013050513

特にどうということのない笠盛山。不遇な山頂ですね。

2013050515

下山道が分岐し、ちょっと誘惑に負けそうになったものの、頑張って梯子の付いた岩場をこなして、ようやく山頂!紅茶を入れて、コンビニで買ったバームクーヘンの美味しかったことと言ったら!

2013050514

後ろを振り返れば、あの右手の尾根を登って、あのポコンとした牛首に登って、左の大きな黒金山を通ってここまで来たんです。本当に感慨深いものがありました。

2013050516

地図を見ると、乾徳山登山口へは、国師ヶ原を経由するより道満尾根を下る方が早いようです。迷わずそのまま下ります。さすがに山頂直下の鎖場は巻きましたが、それ以外は鎖場の連続した岩場の下り。まあ、両神山の八丁尾根下るよりはやさしいでしょう。
扇平を過ぎて1764.1mの三角点に行ってみました。ここは二等三角点のようです。

2013050517

尾根っぽい所をしばらく進むと道満尾根の一般道に出ました。そのままぐんぐん下っていきます。あっという間に道満山は巻いてしまいましたが、まあいいか。さすがに下っていくと暑い。徳和峠はあまり峠らしくなく、道標に従うとしらずのうちに徳和に向かっています。

降りていくと道路に出て、獣害避けのフェンスを通り、下っていくとお寺がありました。立ち寄ろうかなと思いつつ、そのまま下ると、なんと塩山行のバスが来たのが見えるではありませんか!走る!走る!走る!

ということで4時8分のバスがわずかに遅れてきたので乗ることができてラッキー。写真を撮る暇もありませんでした。

いつもの塩山温泉で入浴し、心も体も気持ちよくなって帰りましたとさ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)