登山(丹沢)

手沢左岸尾根から大室山

子供の日は丹沢へ。

2019050501

GWだから混むだろうと一番の急行で新松田へ。
するとなんと7時前に増発便を出してくれて、8時10分には西丹沢ビジターセンターに。
予想外に早く歩きだせました。まだ新緑は登る途中で、稜線は冬枯れ状態。
それにしても左のキャンプ場の込み方が半端じゃなかったです。

2019050502

手沢左岸尾根に取り付きます。のっけは急登。

2019050503

少し緩やかになりますが、写真の先に厳しい鞍部の通過もありました。

2019050504

見える尾根は新緑がきれい。ヤマザクラも咲いていたようです。

2019050505

途中にはアカフと思われるタチツボスミレ。

2019050506

やはり少しきつい登りが続きます。

2019050508

上部は斜度が上がってきついのなんの。この斜度を見れば分かりますよね。

2019050507

やっぱり尾根の主と思われる大木がありました。ブナかな。

2019050509

稜線に出て、大室山に向かいます。やっぱり冬枯れ状態。
マメザクラがよく咲いていました。

2019050510

まさに一服の絵。

2019050511

大室山の山頂はまだ人が少なめでした。

2019050512

加入道山に向かいます。

2019050513

こちらもやっぱりマメザクラ。

2019050514

久しぶりの加入道山。一人だけ休まれていました。

2019050515

白石峠に下って、用木沢出合に向かいます。

2019050516

去年の台風で道がだいぶやられたそうです。現在は桟道などを整備してくれていますので、普通の日なら問題ありません。
明らかに登山道が崩落している所は逆側に道が付け替えられ、この岩場は長いロープが付けられていました。

2019050517

下っていくとピンクの強いエイザンスミレ。

2019050518

かわいいエイザンスミレもありましたよ。

2019050525

途中、白石の滝が見えますが、ほんのわずかしか見えません。

2019050520

沢沿いをどんどん下り、木橋を渡ったり小沢を渡って林道に出れば、もう終了間近。

2019050521

再び人だらけのキャンプ場を見ながら歩いて西丹沢ビジターセンター。
もうバス待ちの人が多かったですが、ここからは問題なく座席に座れました。

2019050522

シロバナタチツボスミレも久しぶり。結構見つけました。

2019050523

シロカネソウは残念ながら咲く寸前。

2019050524

今回のヒット作はキクザキイチゲ。かなり遠い所に一輪だけでした。でも、麓じゃなくて、こんな山上で見たのは初めてでした。

良い天気で楽しい歩きになりました。

 

| | コメント (0)

久しぶりに焼山へ

相変わらずの遅いレポですが、3/2は丹沢へ。

2019030201

橋本駅から一番バスに乗り、鳥屋で初めての下車。

2019030202

商店なども数件見かけながら歩き、途中には梅が咲いていました。

2019030203

水沢橋を過ぎて林道から取り付き。簡単な取り付きは看板があったので別な取り付きを求めました。

2019030204

599m付近はモミの小木が多かったです。

2019030205

細い尾根を辿るようになり、右手に見えるのは柏原の頭かな?

2019030206

途中にはモミの大木がありました。

2019030207

721m付近と思われます。先には壁のような山々。

2019030208

やはりこの時期は明るくていいですね。

2019030209

岩場を右手に見て登るあたりはしょっぱい感じ。それでも岩場を登ることはなく、自分は844mは巻いた感じです。しかし、その先は超急登。

2019030210

尾根からわずかに下ると今はもうほとんど廃道状態の道に出ます。道標があるものの、右は崩壊地があり、現在は通行止めの道。

2019030211

昔の登山道とは言え、もう長いこと通行止めになっているので、踏み跡状態。しばらく登れば鳥屋分岐に出て、そこからは普通の登山道で焼山。もちろん誰もいませんでした。

この山頂は若い頃に日帰りで主脈縦走をやった時以来の山頂。20数年ぶりなので展望台があったこと以外、ほとんど覚えていませんでした。

2019030212

ロープが付いていましたが、展望台に登ってみました。古いものなので薄い鉄板の強度が怪しく、一番前まで行く勇気はありませんでしたが、宮ヶ瀬湖がよく見えました。

2019030214

下りはもちろん北東尾根へ。急降下で踏み跡が別れて心配しました。後ろを振り返るともう焼山が高くなっていました。

2019030215

下っていくと気持ちの良い明るい尾根になりました。

2019030216

698mを過ぎると昔の山道と交錯しながら下ります。問題なく山の神に出ました。

2019030217

下部はかなりヤブっぽい踏み跡。ほとんど使われておらず、えいやで下りましたが、正しい道だったようで、蚕影山公園に出ることができました。

2019030218

西野々のバス停に出ましたが、バスが来るのは約四時間後。とても待てませんので、普通はタクシーを呼ぶ所ですが、歩いてみました。

2019030219

地図で見る限り、梶野の付近はくねくねしているので、旧道を歩く気になれず、青野原あたりから左に折れてバイパス道に出て歩き、ようやくの事で青山。半原と結んでいるバスもありますが、ここまで来たなら三ケ木まで頑張ります。

2019030220

ということで三ケ木のバスターミナルまで歩きました。西野々から一時間半強、みっちり歩きましたが、随分早く帰れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

向山から南山

2/2は丹沢へ。

2019020201

本厚木駅から半原行きのバスに乗り、田代で下車して歩き出し。

2019020202

本当は上志田に直接出る道を取りたかったのですが、取り付きのお店がなくなっていました。ということで、登山地図にある地図で三増合戦場に向かいます。

2019020203

しばらく登っていくと三増合戦場跡。武田軍が小田原城を攻めた帰りを狙って北条軍と戦いになったようですが、北条軍の方がやられてしまったようです。

2019020204

上志田バス停の少し先には首塚。近くの森には胴塚があるそうだけど、あまり近寄りたくないですね。

2019020205

変な所から取り付いてしまい、ちょいとヤブの中を通りましたが、登っていくと登山道に出てホッとしました。

2019020206

少し登れば富士居山。三角点があり、雪の付いた丹沢の山を多少見ることができました。

2019020207

尾根を淡々と進んでいくと志田峠への道が分岐します。

2019020208

わずか先が向山の山頂。眺めもなく、電波塔があるだけのあまり面白みのない山頂。

2019020209

さらに先へ進んでいくと倒木もそれなりにあり、踏み跡ちっくになりましたが、なんとか大峰。

2019020210

手前から半原方面に下りますが、やはり踏み跡っぽい感じの道で、下りにくかったです。

2019020211

半原近くに出て、あいかわ公園に向かいます。

2019020212

あいかわ公園は広い感じ。さすがに上部は遊具もなく、枯れた芝生があるだけなので人がいませんでした。

2019020213

えらくきつい木段の登りが続き、宮ヶ瀬ダムからの道を合わせると鉄塔に出ます。以前に歩いた韮尾根からの道が合流。

2019020214

途中には宮ヶ瀬湖がよく見えるピークがあります。

2019020215

久しぶりの南山。

2019020216

やはり雪が付くと丹沢の眺めもいい感じですね。白馬尾根の白馬もよく見えました。

2019020217

バス時間を気にしながら先へ。権現平から最後の眺めを楽しみます。

2019020218

樹林から宮ヶ瀬湖が近くみえればもう末端近く。

2019020219

虹の大橋を見ればもう最後。

2019020220

鳥居原ふれあいの館からの13時のバスに間に合いました。

風邪を引いてしまい3週間ぶりの山でしたが、軽めの楽しい山でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

箒沢権現山から畦ヶ丸

相変わらずの一ヶ月以上遅れのレポ。いつになったら追いつくのかな。
6/2は丹沢へ。

2018060201

取り付き近くではウツギがよく咲いていました。

2018060202

マスキ嵐沢左岸尾根に取り付きます。最初はちょっと急登。尾根に出てからは少し良くなりますが、それなりに登らされます。

2018060203

途中にはギンリョウソウがスタンバイ。

2018060205

頑張って登って、久しぶりの箒沢権現山。以前は登山道があって、ここに来たことがありますが、道迷いの人が多く出たために廃道にされてしまいました。

2018060206

ちょっと樹林の切れた所からはよい眺め。

2018060207

踏み跡を辿り、畦ヶ丸を目指します。途中は細い尾根になり、左右は切れ落ちている所が多々あり、注意しながら進みます。

2018060208

明るい所に出て振り返るともう権現山が大きく見えました。

2018060209

左は樹林の整備のためか、ほんの一時、まともな道がありました。

2018060210

畦ヶ丸が近づくと山深い感じになります。

2018060211

途中で二人ほど下ってきたのには吃驚。ブナの森はいい感じでした。

2018060212

相変わらずの樹林の山頂に到着。

2018060213

下りは一般道を西丹沢に下ります。なかなかきれいな森。
何度も歩いている道ですが、こうしてみると自分が何も見ていなかったんだなぁと思い返されます。

2018060214

善六のタワは細い所。

2018060215

時間も早かったので、本棚の滝に立ち寄りました。さすがに大きな良い滝。たくさん人がいました。

2018060216

下棚の滝のあたりは誰もいませんでした。

2018060217

橋を渡れば西丹沢。早い時間に着いてしまったので、バス待ちが長かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地蔵新道を行く その2

続きです。

2018050512

だいぶ登って先に蛭ヶ岳が見えたところ、なかなか大きな木があり、
ちょっと平らになったので、 ここで昼食。

2018050513

その先に進んでいいのかなとちょっと疑心暗鬼。少し戻ったら古い地蔵尾根を示す道標が残っていました。

2018050514

あたりにはだいぶ人の手が入り、鹿よけフェンスが多かったのですが、なんとか登山道に出た所にはこんな表示が。

2018050515

ちょっとだけ蛭ヶ岳方面に向かいましたけど、残念ながら蛭ヶ岳を往復すると帰りのバスに間に合いそうもないので諦めました。

2018050516

登り返しがちょっときつかったけど、久しぶりの姫次。天気良すぎて暑かったです。
考えたら、ここからまだ未踏の袖平山を往復する時間くらいはあったなぁ。。。

2018050517

下っていく道すがら、右手には宮ヶ瀬湖が。はるか昔、塔ノ岳から縦走した時にはまだ宮ヶ瀬湖はできていなかったんだけどなぁ。

2018050518

八丁坂ノ頭分岐。黍殻避難小屋から下ろうかと思っていたけど、後半は林道を下ることになるので、ここから下ることにしました。

2018050519

あたりの芽吹きの新緑がとってもきれいでした。

2018050520

相変わらず急降下する道。この道をへろへろになって下ったのはいつだったか。遥か下に建物が見えたけれど、まだ半分も来ていないんですよ。

2018050521

途中の古い道標が倒れていました。

2018050522

尾根から外れると右に下ってあっという間に林道。

2018050523

のんびり下っていくと上青根の集落。

2018050524

里道がちょっと分かりにくく、適当に下っていくと諏訪神社に出ました。

2018050525

でっかい御神木。 推定樹齢700年、高さ45m、胸高周囲9.5mというなかなかの木。何度も東野には来ていましたが、こんな木があることを全く知りませんでした。

2018050526

ということで、東野でバスを一時間半待ちました。長かった~。

2018050531

ハコネシロガネソウかな。結構たくさん見かけました。

天気の良い楽しい歩きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地蔵新道を行く

5/5の子供の日はやはりロングコース。

2018050501

もう何度目でしょう、月夜野行きのバスを音久和で下車して歩き出し。新緑がきれいでした。

2018050502

途中にはベニバナツクバネウツギ。

2018050503

このゲートへ来るまでが歩きだと大変なんですけど、この先も長いのです。

2018050504

地蔵新道へ向かいます。広河原は本当に広い河原。

2018050505

取り付きに向かいましたが、沢で進めなくなりました。行き過ぎたのかと戻ったら取り付きがありました。以前はロープの目印があったようですが、外されたのかそれらしいものはなく、ここは分かりにくいですね。

2018050506

ひどい急登が続き、さすがマイナー尾根。先へ進むと樹林帯なので、涼しいです。

2018050507

岩場が出てくるようになると咲き残りのイワカガミに会えました。

2018050508

そしてシロヤシオ。

2018050509

途中には剣の立っている小ピーク。1159mでしょうか。

2018050510

あまり良い写真は撮れませんでしたが、すごい密度で咲いていました。
尾根のシロヤシオは多いというほどではなかったですが、それなりに咲いていて十分に楽しめました。

2018050511

ミツバツツジもきれい。

長いので続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鐘ヶ嶽から大山

2/17は丹沢へ。

2018021701

随分久しぶりに本厚木駅からバスに乗り、途中乗り換えて別所温泉入口バス停で下車します。

2018021702

コンビニはすでに廃業していました。歩いていき、ようやく取り付き。いくつか山道があって、どれを取ろうか迷います。

2018021703

なんとか歩いて行き、鐘ヶ嶽北尾根に取り付きました。

2018021704

登っていくと福神山の表示。

2018021705

かなり厳しい登りの所もありましたが、なんとか久しぶりの鐘ヶ嶽。オブジェがいくつかあります。

2018021706

この日は害獣駆除を行っていたようで、猟師さんの銃の音が聞こえてきました。

2018021707

鐘ヶ嶽から大山は昔、若い頃に歩いた道。記録も無く、もうすっかり忘れています。やはり大山は遠いです。

2018021708

尾根に出る手前の登りは本当にきつかったです。

2018021709

ようやく尾根に出るともう曇っていました。

2018021710

雪と泥のミックスルートで歩きにくかったです。

2018021711

それにしても大山は遠いなぁ。

2018021712

やっとのことで下社からの道と合流すると人が多くなります。歩きにくい所も多々ありました。久しぶりの奥社。

2018021713

やはり相模湾を眺めることができました。

2018021714

下山は下社へ向かいます。途中の富士見台からはきれいな富士山を見ることができました。

2018021715

約20年ぶりの下社。もちろんお参りしました。

2018021716

せっかくなので男坂を下りました。これもまた20年ぶり。ノスタルジックな思いにかられました。

2018021717

お土産屋さんの間をのんびり下りました。何か買おうと思いつつ、結局、通り過ぎてしまいました。(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寺ノ沢ノ滝

6/24は丹沢へ。

2017062401

西丹沢行きのバスを浅瀬入口で下車します。もちろんこんな時期に降りる人はまれなので自分一人です。

2017062402

朝から暑かったけど、富士が頭だけ見えました。

2017062403

寺ノ沢橋から取り付き、しばらく怪しい踏み跡を辿り、なんとか沢に降りると堰堤が。その横を登ろうとしたのですが、あまりにも危険。危険すぎて降りることも難しくなり、危ない状態に。
なんとか慎重に数メートル下って、最後は飛び降り、着地出来た時には心底ホッとしました。やはり無理はいけませんね。

2017062404

高巻くと踏み跡が。岩場が出てきましたが、ロープが付いていました。果たして登れるのかな。手前から左に下って沢に降りました。しかし、それも慎重に降りなくてはいけませんでした。

2017062405

沢沿いの踏み跡をしばらく辿り、さらに渡渉して対岸に渡り、さらに進んでから再び戻り、なんて繰り返しをして、ようやく二俣。古い保安林のプレートがありました。

2017062406

ゴルジュを先へ進みましたが、どうしても水に浸からなくては進めない所があり、寺ノ沢ノ滝まで行けず、手前で敗退。でも見えたから十分です。

2017062407

尾根に取り付いて登っていくと、石積みのある所がありました。左に踏み跡は取水施設への踏み跡でしょう。直登しました。

2017062408

踏み跡はあまり見当たらず、かなりの登りの所もあったり、涸れ沢の横の急登などもありました。予想以上に山深い感じでした。

2017062409

やっとのことで権現山の山頂。二等三角点がポツンとありました。

2017062410

わずか先にテーブルが。木の葉などが乗っていて、あまり人も来ないようですね。

2017062411

下山は南東尾根へ。道標はあるものの、やはり一般的とは言い難い踏み跡の道です。
分かりにくい所もあり、何度か磁石を確認しました。大ブナは切られてしまったのか見当たらず、これは比較的大きめの木でした。

2017062412

これは661mあたり。

2017062413

最後は木段で下り、浅瀬入口のバス停に戻りました。まだ12:30にもならない時間。バス時間までかなりあるので、丹沢湖バス停まで歩きました。なんかレトロな郵便ポスト。見ていたら、おじさんが来て郵便を入れたのには吃驚。まだ現役でした。

2017062414

丹沢湖に沈むはずだった古民家が移築されています。無料で見学出来ました。

2017062415

丹沢湖バス停。3時過ぎまで待ちかなと思っていたら、なんと土休日13:16発谷峨駅行きというバスがあるではありませんか。この4月からできた西丹沢12:55発のバスのようです。
しばらく待ち、これに乗って谷峨駅へ出て、電車で帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不老山

6/10は丹沢へ。

2017061001

西丹沢行きのバスを川西橋で下車します。ちなみに、西丹沢自然教室は西丹沢ビジターセンターと最近名称が変更されたようです。

2017061002

前と同様に学校裏手の道を進もうとしたら、なんと新東名の工事で通行止になっていて通れませんでした。
諦めて戻り、しばらく車道横を歩いて先へ行くと新たな橋が掛けられていて、宮原入口バス停で下車した方が良かったようです。

2017061003

先へ行くと左手は大規模に新東名の工事がされています。でも、塩沢集落は以前と変わらないたたずまい。しかし、塩沢に降りるあたりの橋のようなものは流されてしまったのか見当たらず、降りるのも一苦労。渡渉して進み、なんとか塩沢ノ大滝の近くに行きましたが、こちらも倒木などで近寄れませんでした。

2017061004

奥へ進みましたが、取り付きが分からず、テープの付いた所を登ったら、ひどい支尾根。
プラスチック杭があったものの、危険な所もありましたが、なんとか登り、谷ヶ山近くに登りついたようです。

2017061005

岩田さんらの道標を見るともう登山道。しかし、だいぶ破損したりしているものも多くなり、そろそろ賞味期限が近づいているようです。

2017061006

登っていくと送電線のある切り開きで富士が見えましたが、ぼんやりでした。

2017061007

ということで不老山に近くなれば、サンショウバラが咲いています。

2017061008

撮影しながら進みましたが、やはり一番良かったのは山頂付近のものでした。

2017061009

たっぷり咲いていて、眺めはなかったけど、良い山頂でした。

2017061010

往路を戻り、まだ歩いたことの無かった生土への道を下ります。写真は不老林道への分岐。

2017061011

たくさんの看板などを見ながら下っていきました。登山口にある道標は残念ながらもう読めなくなっているようです。

2017061012

この日は下へ降りると暴風のような風が吹き付けてきました。不老山へ百歳で登ったりしたのでしょうかね。

2017061013

暑い駿河小山駅に出て帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭高山

1/28は頭高山へ。

2017012801

新松田駅が歩き出し。

2017012802

東名高速の下をくぐって、さらに道路を歩いていきます。途中、歩道がなくて注意しなくてはいけない所もありました。ようやくの事で登山口。

2017012803

残念ながら神山滝は冬季は立入禁止の表示がありました。登っていくとやがて斜面の長いトラバース道が続きました。ようやくの事で広い所に出ました。やはり丘陵の感じですね。

2017012804

以前、歩いた道に出ると大山などを見ることができました。

2017012805

今日は右回りの道を選択。回り込んで登ると三角点の横に出ました。以前よりも刈り払われたかな?

2017012806

あずま屋で休みますが、誰もおらず、静かな山頂でした。

2017012807

植えられたものか、水仙があたりにはちらほらと咲いていました。

2017012808

渋沢丘陵に向かいます。途中にはよい眺めを楽しめる場所がありました。

2017012809

渋沢丘陵に入ると海を眺められる所もありました。

2017012810

震生湖の近くでは梅がきれいでした。

2017012811

震生湖は釣り人が多いですね。

2017012812

秦野駅へ向かいます。白笹稲荷神社は静かでした。

2017012813

今泉名水桜公園は歩道がかなり整備された感じでした。この後、駅と違う方に歩いてしまい、余計な歩きが追加されてようやく秦野駅に出ることができました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)