登山(丹沢)

不老山

6/10は丹沢へ。

2017061001

西丹沢行きのバスを川西橋で下車します。ちなみに、西丹沢自然教室は西丹沢ビジターセンターと最近名称が変更されたようです。

2017061002

前と同様に学校裏手の道を進もうとしたら、なんと新東名の工事で通行止になっていて通れませんでした。
諦めて戻り、しばらく車道横を歩いて先へ行くと新たな橋が掛けられていて、宮原入口バス停で下車した方が良かったようです。

2017061003

先へ行くと左手は大規模に新東名の工事がされています。でも、塩沢集落は以前と変わらないたたずまい。しかし、塩沢に降りるあたりの橋のようなものは流されてしまったのか見当たらず、降りるのも一苦労。渡渉して進み、なんとか塩沢ノ大滝の近くに行きましたが、こちらも倒木などで近寄れませんでした。

2017061004

奥へ進みましたが、取り付きが分からず、テープの付いた所を登ったら、ひどい支尾根。
プラスチック杭があったものの、危険な所もありましたが、なんとか登り、谷ヶ山近くに登りついたようです。

2017061005

岩田さんらの道標を見るともう登山道。しかし、だいぶ破損したりしているものも多くなり、そろそろ賞味期限が近づいているようです。

2017061006

登っていくと送電線のある切り開きで富士が見えましたが、ぼんやりでした。

2017061007

ということで不老山に近くなれば、サンショウバラが咲いています。

2017061008

撮影しながら進みましたが、やはり一番良かったのは山頂付近のものでした。

2017061009

たっぷり咲いていて、眺めはなかったけど、良い山頂でした。

2017061010

往路を戻り、まだ歩いたことの無かった生土への道を下ります。写真は不老林道への分岐。

2017061011

たくさんの看板などを見ながら下っていきました。登山口にある道標は残念ながらもう読めなくなっているようです。

2017061012

この日は下へ降りると暴風のような風が吹き付けてきました。不老山へ百歳で登ったりしたのでしょうかね。

2017061013

暑い駿河小山駅に出て帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭高山

1/28は頭高山へ。

2017012801

新松田駅が歩き出し。

2017012802

東名高速の下をくぐって、さらに道路を歩いていきます。途中、歩道がなくて注意しなくてはいけない所もありました。ようやくの事で登山口。

2017012803

残念ながら神山滝は冬季は立入禁止の表示がありました。登っていくとやがて斜面の長いトラバース道が続きました。ようやくの事で広い所に出ました。やはり丘陵の感じですね。

2017012804

以前、歩いた道に出ると大山などを見ることができました。

2017012805

今日は右回りの道を選択。回り込んで登ると三角点の横に出ました。以前よりも刈り払われたかな?

2017012806

あずま屋で休みますが、誰もおらず、静かな山頂でした。

2017012807

植えられたものか、水仙があたりにはちらほらと咲いていました。

2017012808

渋沢丘陵に向かいます。途中にはよい眺めを楽しめる場所がありました。

2017012809

渋沢丘陵に入ると海を眺められる所もありました。

2017012810

震生湖の近くでは梅がきれいでした。

2017012811

震生湖は釣り人が多いですね。

2017012812

秦野駅へ向かいます。白笹稲荷神社は静かでした。

2017012813

今泉名水桜公園は歩道がかなり整備された感じでした。この後、駅と違う方に歩いてしまい、余計な歩きが追加されてようやく秦野駅に出ることができました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鷹取山へ

10日は鷹取山へ。

2016121001

久しぶりに京浜急行に乗って神武寺駅で下車。

2016121002

中学校の先からハイキングコースに入ります。落ち葉の溜まる道を歩いていきます。

2016121003

この日はまだ紅葉が残っておりました。

2016121004

山門をくぐると神武寺の境内。晩鐘や六地蔵などを見て石段を上がり、楼門を通ると薬師堂があります。近くには「神武寺のなんじゃもんじゃ」の木もありました。

2016121005

左手の岩のごつごつした道を登っていき、踏み跡に入ると三角点がありました。

2016121006

ハイキングコースに戻って先へ行きます。さすがに子供連れや大勢の団体さんなど人が多かったです。途中、コースから外れて踏み跡を登ってしまい、展望台に登りついてしまいました。展望台からは海を眺められ、やはり湘南らしい雰囲気でした。

2016121007

岩場にはザイルが垂らされ、岩登りの人達が大勢いたようです。でも、この日は結構、風が強かったです。

2016121008

京急田浦方面に向かいますが、ちょっと左への道に入って磨崖仏に会いに行きます。昭和40年頃に制作されたものだそうです。

2016121009

戻って京急田浦への道を歩いていきます。たまに地元の方か軽装の人が何人も登ってきました。途中にはなかなか大きいスダジイの木があります。

2016121010

直進すれば京急田浦駅方面ですが、今は直接尾根道を歩けないようです。左の道を取ってみました。

2016121011

少し進むと再び京急田浦駅方面への階段が分岐していましたが、浜見台と書かれた方に向かってみます。尾根状の道は細いコンクリート道が繋がっていて、やはり地元の方が散歩に使っているようです。
途中、分岐がありましたが、何も書かれておらず、どちらに進めば良いのか迷いましたが、直進しました。

2016121012

途中で人に会い、浜見台はこちらで良いか聞くと、問題ないことが分かりました。さらにどんどん歩いて道路に出ました。そこには左と正面にトンネルがあり、どちらに進めば良いのか分からず、北を目指して進もうとするとやはり地元の方が歩いていたので、聞くと追浜はそちらで左に下れば良いようです。

2016121013

教えられた方向に下っていくと地元の方も歩かれていて、階段道などをどんどん下ると国道に出ました。右に進んでいけば、追浜駅に出ました。
コンパスと地元の方への聞き込みでたどり着けましたが、やっぱり地図は持っていないといけませんね。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸尾山へ

12月3日は山中湖周辺へ。

2016120301

早朝の富士山駅からふじっ湖号に乗り、三国山ハイキングコース入口で下車します。富士山がきれいです。

2016120302

バスに乗っていたときに山中湖周辺は霧でしたが、パノラマ台に登ってもまだ霧でした。向こうには南アルプスが見られました。

2016120303

登り道には霧氷が付いていて、足元はザクザクの霜柱。寒い訳です。
鉄砲木ノ頭に登り着くと、やっぱり素晴らしい景色!(^^)

2016120304

丸尾山に向かいます。まずはハイキングコースを切通峠方面に向かいます。ちょっと葉が濡れていて滑りやすかったです。

2016120305

ハイキングコースから外れて1110m圏のコブに登り、少し急な尾根を下ると比較的緩やかな尾根に。鉄塔を過ぎて下ると林道に降り立ちました。

2016120306

もう一つ先の鉄塔からは、滅多に見たことのない眺めが広がり、どこの山かさっぱり分かりません。

2016120307

再び林道に降りて右に上っていくと、1050m圏峰。丸尾山のプレートが付いていました。

2016120308

再び林道に降りて、先へ進むと山の右を少し巻いて先に1007.4mが見えてきます。

2016120309

ちょいときつい所もあったけど、登れば1007.4m。このあたりは山名がいろいろあるので丸尾山なのかどうか分かりませんが、ヤマレコの橡ノ丸という山名板が付いていました。

2016120310

さらに下っていくと918m点峰が見えてきます。

2016120311

途中には笹薮もあって、ピリリとした山。別段、何もなく、単に小広い場所という感じでした。この先は世附に向かうので、自分には手が出ない所。少し先まで行って戻りました。

2016120313

帰りは先まで行きたいので、途中のピークはカットして林道を進みました。二つ目の鉄塔まで戻った所で、右下に下って踏み跡を進むと浅瀬に向かう道に合流しました。でも、浅瀬までは今も歩けないよね。。。

2016120314

久しぶりの切通峠。浅瀬への通行止表示が無くなっていましたけど、大丈夫なのかな?

次へ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳶尾山

遅れまくりですが、3日は丘陵に近いコースへ。

2016110301

予想外のいい天気に出遅れたので、軽めの歩きに。
家を出たのは9時だったので、本厚木からのバスで鳶尾団地に着いたのはもう11時過ぎでした。

2016110302

展覧台公園から登り始めます。

2016110303

雨の後で滑りやすい道をしばらく登ると金比羅神社跡。

2016110304

少し先へ行けば、展望台があります。螺旋階段を登った上からの眺めはなかなかでした。

2016110305

下って登って鳶尾山の山頂。大きな石碑があります。

2016110306

日だまりの山頂は昼食に良い感じでした。

2016110307

一等三角点の山頂なんですよ。

2016110308

ちょっと南東に下りそうになってしまいましたが、戻って先へ。のんびり歩くと鳶尾峠でした。

2016110309

道路を随分長く下り、ようやくで八菅神社の鳥居に着きました。

2016110310

おみ坂の長い石段を登ります。

2016110311

登りきると八菅神社。もう七五三の参拝をされている方がおりました。

2016110312

しばらく登り、遊具などを見ながら進んでいくと小さな展望台があります。
このあたりが八菅山なのかな。

2016110313

この日は空気が澄んでいて、ランドマークタワーもよく見えました。

2016110314

先へ進んでいくとゴルフ場に出ます。ゴルフ場の中を下りました。民家も出てきて歩いていくと途中には屋根掛けされた石仏が。中には久しぶりに双体道祖神を見ることができました。

上荻野バス停に出て、本厚木駅に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

檜洞丸でシロヤシオを楽しむ

すっかり季節感がずれたレポですが、5/21は丹沢へ。

2016052101

音久和バス停を歩き出し、長い神ノ川林道を歩きます。途中からのまだ新緑の感じの残る山々の眺めがなごまされます。

2016052102

フジの花のようですが、白花でした。

2016052103

神ノ川ヒュッテ手前からは歩いたことのない道。途中には、袖平山への道が分岐。
袖平山も歩いたことがないし、いつかは歩いてみたいですね。

2016052104

トンネルの手前には孫右エ門沢に滝がかかっています。

2016052106

北東尾根に向かいます。彦右エ門沢のあたりは植栽がされているようですね。

2016052107

植林の中の少しきつい登りが続き、ようやく出た小平地。やかんが転がっていましたが、かなり風化している感じ。昭和の頃のものでしょうね。

2016052108

しばらくは植林地が続きましたが、やがて林相が変わるとブナが出てきて良い感じの尾根になります。やはり丹沢らしいですね。

2016052109

少しはあるかなと思っていましたが、シロヤシオが出てきました!
さすがの花つきです。

2016052110

次から次へとシロヤシオ!まさにトンネル状態です。
見た目はもっときれいなのですが、写真の腕がないので、あまりきれいに見えないのが残念ですね。

2016052113

すごいすごいと連発しながら登っていきます。

2016052114

新緑とシロヤシオの尾根を満喫しながら進みます。

2016052115

ようやく着いた頂上はさすがにすごい人。
横に来られた女性とお話すると北海道から来られた方で吃驚でした。

2016052116

下りは久しぶりに犬越路へ向かいます。やっぱりいい眺めですね。

2016052117

まだまだこちらもシロヤシオ。

2016052119

途中には色の濃いツツジ。ムラサキヤシオでしょうか。

2016052120

大笄あたり。その先は鎖などが続きますが、人だらけで登山道渋滞が発生していました。

2016052121

まだまだシロヤシオが続きます。

2016052122

大室山が近くなれば、だいぶ犬越路に近づきました。

2016052123

犬越路もたくさんの人が休んでいます。そのまま下りました。

2016052124

沢近くに出るとベニバナツクバネウツギ。でも、もう終わりかけでした。

西丹沢自然教室に降りると少し前にバスが行った所。でも、列の前の方でしたので良かったですが、2台のバスがほとんど埋まるくらいの人出でした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天王山、堂所山

2/11は津久井の低山へ。

2016021101

先日に続いて橋本駅出発。串川グラウンドを通る三ヶ木行きに乗りたかったのですが、時間が合わず、鳥居原行きのバスに乗り、串川診療所前で下車しました。歩いて5分ほどの距離に串川グラウンドがあります。

2016021102

グラウンドの先に出ると細い道がありますが、信玄道らしいです。
天王山に向かって取り付きます。

2016021103

道標もあって、迷うことなく天王山に着きます。ここは八坂神社だそうです。

2016021104

観音像のある小ピークを過ぎて先へのんびり歩いていきます。再び少ピークに着くとベンチがありました。山神と呼ばれるピークらしいです。

2016021105

先へ行くと宮標石。4つの村の名前が書かれていました。

2016021106

平代山に立ち寄ります。ただの藪山で眺めもない山頂。「へいたいさん」と書かれた地元の子供達のグループが作ったものか、山名板がありました。

2016021107

分岐まで戻ります。戻る途中、大きな黒い犬が二匹来てびっくり。人が連れてきたのかと思うと誰も来ることはありませんでした。このあたりを犬達だけで遊びまわっているのでしょうか。

2016021108

しばらく緩やかに登れば堂所山に着きました。

2016021109

低山とは思えない意外に良い眺め。置かれている二等三角点も頷けました。

2016021110

下りは津久井湖方面に向かいますが、監視所山に行きました。戦争末期、ここで本土空爆するために通る飛行機を監視していたそうです。

2016021112

先を左に下って聖天堂に降り立ちました。適当に進むと神社がありました。ご神木がかなり大きい神社で、中野神社というらしいです。

2016021113

まだ時間が早いので、津久井城山に向かいました。途中にある神社の手前には四面の石仏が置かれていました。根小屋村と書かれているので、明治~昭和初期のものでしょうか。

2016021114

知らなかったのですが、津久井城山は公園として整備されつつあるのですね。公園の駐車場を見て、中に入ると子供達も遊ぶ大きな公園でした。その中をゆるゆると登りますが、登山靴で歩いていると場違いな場所でした。(^^;

それでも先はまともな登山道で以前にも来た城山の山頂に着きました。

2016021115

ベンチからは丹沢の主稜を眺めることができました。お昼頃ですので、もうモヤがかかってしまったのが残念でした。

2016021116

以前に来た時は見ることができた大杉は、数年前に落雷にあって無残な姿に変わっていました。

2016021117

津久井湖に下るつもりでしたが、なんとなく鷹射場に向かってしまいました。最後の眺めを楽しみます。

2016021118

城山登山口はバイパス道ができて、道路と道路の間のバス停になっていてあまり長く待ちたくない場所になっていました。

2016021119

しばらく時間があったので、先へ歩こうとして誤って反対方向に進んでしまい、20分はロスして、結局、一つ行った明るい小倉原のバス停で橋本駅のバスを待ちました。(この路線の昼間の橋本駅への帰りのバスは非常に少ないので、利用する場合は事前に調べておいた方がいいです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シダンゴ山、高松山

遅れまくりですが、1/31は丹沢へ。

2016013101

予定では富士山を見に、違う山へ行くつもりだったけど、小田急線に乗っているとどんよりした曇りでとても行く気になれず、今まで歩いたことのなかったシダンゴ山へ行ってみようと終点の寄バス停で下車します。

2016013102

しばらく住宅地を歩き、さらに登っていくと動物避けのゲートを過ぎれば登山道になります。ちょっと霧が煙っている感じでした。

2016013103

霧と競争しながら登っていくと、シダンゴ山頂に着きました。どんよりした雲が重く、なんとか下界が見えた感じでした。

2016013104

シダンゴ山だけでは物足りないので、高松山に向かいます。途中には宮地山への分岐。そちらから登るコースも考えましたが、いっぺんに歩いてしまうと楽しみがなくなりますので、とっておくことにしました。

2016013105

林道に出てから階段を登り、その先はさらに急登が待っていました。さらに登っていくとようやく着いたのがダルマ沢ノ頭。樹林で眺めもなく、霧の雫がたくさん落ちてきました。ザックカバーまで付けました。

2016013106

秦野峠への道を分岐します。このあたりが一番霧が濃かったです。

2016013107

先へ行くと二人ほど会いました。さらに尾根を下っていくとようやく霧のエリアを抜けたようです。

2016013108

鉄塔を過ぎて登りを頑張り、西ヶ尾と思われるピークを過ぎて下るとはなじょろ道の分岐がありました。

2016013109

小さいけれど意外にきついアップダウンをこなして、さらに進むとようやくビリ堂からの道と合流し、広い山頂にようやく着きました。以前にも来たことのある山頂です。

2016013110

あまりよくない天気でしたが、それでも人は多かったです。富士など見えず、なんとか下の町が見えただけでした。

2016013111

冷たい風に吹かれながらビリ堂に下ります。石仏が置かれています。

2016013112

なおも歩きやすい道を下っていけば、道路に変わります。

2016013113

高速の下へ出た所で左に行かなくてはいけなかったようですが、そのまま直進してしまいます。でも、代わりに双体道祖神に会えました。

2016013114

高松山入口バス停に出ましたが、5分前に通り過ぎた模様。もしかするとバスが遅れてくる可能性もありましたが、その時間は西丹沢から来るバスではなく、町内循環なので、微妙な感じ。ちょっと見ていましたが、来る気配はないので、東山北の駅まで歩きました。しかし、駅でも40分の待ち。

2016013115

しょうがない、新松田駅まで歩くかとバス道路沿いをしばらく歩き、途中で右に線路を渡るとどうやら旧街道のような道で、途中は石仏だらけの楽しい道。双体道祖神も含めて石仏にいくつ会ったことでしょうか。新松田駅に着いたのはまだ東山北駅からの電車が来る前だったようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神の川から大室山へ

10/12は丹沢へ。

2015101201

三ヶ木からのバスを初めて音久和で下車します。

2015101202

神の川林道を歩いていき、エビラ沢ノ滝に立ち寄りました。さすがにこの時期はもう水量が少ない感じですね。

2015101203

延々と道路を歩き、ようやく日蔭沢橋。

2015101204

神ノ川ヒュッテは静かな樹林の中の小屋でした。

2015101205

わずか先から日蔭沢新道に入りますが、のっけから木橋がなく、渡渉。その上、対岸の道が分からず、右手に進んでしまうと、踏み跡があり、それを辿りましたが、どうやら作業道のようで、戻って左へ進むとようやく道がありました。

2015101206

しばらく樹林の中をじぐざぐで登っていくと、なんとこんな所に出てしまい、その先の道がないように見えます。ありゃ、崩壊してしまったのかな?

2015101207

少し下って道を探しますが、それらしい所がなく、やはり登るしかないと意を決してロープに沿って登るとすぐに道の続きがありました。写真が見難いかもしれませんが、右手の谷は土石流でも流れた感じでかなり荒れています。

2015101208

ようやくの事で日蔭沢新道の旧道分岐。旧道を歩いて見たかったので探索してみました。無理矢理しばらく登って右手に取り付くとテープを見かけて、旧道らしきものがありました。少し登ったものの、その先、右手の谷を渡る必要がありますが、どこが道の続きなのか皆目見当が付かない状態。このあたり傾斜がきつい上に崩壊の谷を渡る危険性もあるので、そこで探索を打ち切り、旧道を諦めて日蔭沢新道を登ることにしました。

2015101209

歩く人は多くないけど、特に問題はない感じ。道を辿っていくと途中で左に大谷沢に向かう分岐がありますが、写真のように踏み跡さえも怪しい感じでした。

2015101210

長い植林の道はかなり飽きました。ようやく上部は明るくなりますが、比較的きつい登りが続きます。

2015101211

久しぶりの稜線に着くと古い道標がありました。

2015101212

大室山に向かいます。ススキがいい感じ。紅葉もしていて、秋らしい雰囲気でした。

2015101214

途中は下草の緑と紅葉でなかなかいい雰囲気です。

2015101216

大室山山頂付近はやはり大きなブナがあっていい感じですね。

2015101217

お昼頃に山頂に着きましたが、お一人だけ。静かな山頂でした。下り始めると何人も登ってきましたが。

2015101218

久しぶりに犬越路に向かいます。途中にはやはりリンドウが咲いていて、やはりいいお天気なのでしっかり開いていました。

2015101219

下り道からはやっぱり富士!
前日に冠雪したようで、やはり富士は少し雪がある方がいいですね。

2015101220

久しぶりに犬越路。神の川に向かう道が分岐していましたが、すでに13時。神の川へ下って再び音久和まで歩く、なんて気はさすがにしませんでした。

2015101221

ということで西丹沢に下山。なんとか帰りの14:40発に間に合いました。

2015101230

やっぱり丹沢と言えば、イワシャジンですね。今年も会えてよかったです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

檜岳へ

6日は丹沢へ。

2015050601

連休の最終日は久しぶりに寄入り。青空が気持ちよい感じ。

2015050602

しばらく道路を歩いて寄大橋を見て先へいきます。

2015050603

滝郷ノ滝へは橋はなく、渡渉がありますが、難しくはなかったです。意外に小さめの滝。

2015050604

周遊歩道に登ってから滝郷沢左岸尾根を登ります。モノレールが敷設されていて、ずっとお友達。途中にはベンチもあったりするのですが。

2015050605

途中、わずかに開けたところがあり、海を見られるのは、やはり丹沢らしいですね。

2015050606

かなりの急登を頑張ります。

2015050607

モノレールはこんなところで?と思うようなところで終わっていました。その先もきついところ。

2015050608

でも、わずかな登りで三角点がポツンと置かれている檜岳の山頂に着きました。

2015050609

道標のところまで行ってみると、一人休まれていた方が。コンロをポンプアップして火をつけようとしていたので、ガソリンコンロなのでしょうか。こんな山に一人で来る人はやっぱりマニアックな人ですね。(^^;

2015050610

滝郷沢右岸尾根を下りますが、踏み跡から少し外れて見に行くと、なかなかの富士山。やはり丹沢からは近いなぁ。

2015050612

かなり南に向うので大丈夫かと心配になりましたが、踏み跡は正しい尾根を下っていくので安心しました。753mの手前から中沢橋への道を選択。若干分かりにくいところもありましたが、下っていくと中沢橋に出ました。

2015050613

周遊歩道Aを歩いてみます。

2015050614

意外にアップダウンが大きく、登りもあって疲れます。途中、沢に下ると小滝も見ることができました。

2015050615

最高点近くまで登ると鍋割峠方面を見ることができるところがありました。右は鍋割山かな。風が吹きつけると少し肌寒いくらいでした。

2015050616

下っていき、寄沢に出れば橋はなく、渡渉になります。

2015050617

周遊歩道Bも歩いてみました。特にこれというものはありませんでしたが、案内板によるとこのあたりは巨木林を目指しているそうです。古い木はすでに植林されてから100年近く経っているようですが、それでもまだこんなものかという感じ。巨木になるには、やはり数百年の時が必要なようです。

2015050618

藤の花を見ながらのんびり下ります。

2015050619

人なんかあんまり来ないのだろうなと思って、並んでいなかったら栗ノ木洞方面からか、団体さんが降りてきたのであわてて列に並びました。季節や時間によってはこのバス、結構乗るようでした。

2015050621

途中にはクワガタソウが咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)