登山(北アルプス)

奥黒部ヒュッテから黒部ダム

続きです。

2018080601

この日の泊まりは6人ほど。そのうちお一人は読売新道を登る方でした。予定通り?3時過ぎに出ていったようでした。

この小屋は立山室堂山荘と同じ経営のようです。夕食のみで泊まりましたが、大きなハンバーグの夕食はとても美味しく、ごはんも大きなどんぶり茶碗で2杯も食べてしまいました。(^^;

小屋番さんのお話ですとここから上は小屋で整備、ここから下は関西電力で整備だそうです。
読売新道は、読売新聞社の当時の社長さんが山好きだったようで開いた道ですが、その後の社長さんはまったく興味はないようで、整備にお金を掛けるような事はまったくないようです。ということでほぼ全額、小屋で出して整備しているようです。
関西電力もこないだの台風の影響も相当あるでしょうし、今後、どこまで道の整備を続けてくれるか微妙な感じではありますね。

2018080602

のっけから失敗。小屋から直進してしまい、川に出てしまって行き詰まりました。テント場の右手に細い道があり、それが正しい道でした。小さな道標がありましたが気が付きませんでした。すぐに橋があり、ちょっとひしゃげています。

2018080603

しばらくは平らな道を進みますが、黒部川に沿って進んでいくと桟道の連続になります。ここは最大の崩壊地、これは振り返った所ですが、すごい長い桟道でなかなかきついです。この道はしばらく通行止めだったと聞きましたが、また大雨でもあると崩壊して通れなくなってもおかしくない所ですね。

2018080615

桟道地帯を過ぎてしばらくは樹林の中を進みます。やがて川から黒部湖になり、静かになります。予想外に早く船着き場に着きました。

2018080604

時間がかなりあったので、少し先にあるという避難小屋まで行ってみました。小屋というよりは休憩所という雰囲気。扉もなくて泊まるような小屋ではなく、雨避け程度という感じでした。

2018080605

随分待ってようやく来た渡し船に乗りました。船の写真は撮り忘れました。(爆)
屋根付きの船は故障中とのことで、屋根なしの平船でした。
その分、小船らしい感じで、普段の山登りでは経験できない経験ができました。

2018080606

平の小屋には立ち寄らず、先を急ぎました。
ひたすら黒部湖に沿った道を歩きますが、とにかく長い。その上暑い。途中、大きな川は左に巻いてから下りますが、河原は道が分かりにくい所が多いです。相当歩いてようやくロッジくろよんが対岸に見えましたが、見えてからも随分遠いです。

2018080607

途中、何度も木橋を渡ります。

2018080608

ほんとに河原は道が分かりにくいです。写真だと見にくいけれど、橋が見えて、適当に先へ進んで橋を渡りました。

2018080609

ようやくの事でロッジくろよん。 ここから先は遊歩道の感じ、観光客も歩いていました。

2018080610

黒部ダムの直前には長い吊橋。しっかりした橋なので揺れもしませんでした。

2018080612

黒部ダムの堰堤はすごい観光客。もう赤牛岳の山頂は雲の中でした。

2018080613

ちょっと写真がボケてしまいましたが、トロリーバスは今年がラストイヤー。来年からは電気バスに変わるようです。最後に乗ることができて記念になりました。ちなみに14時過ぎのバスに間に合いました。

2018080614

ということで今年も大町温泉郷で下車し、薬師の湯で入浴。それにしても酷暑の夏で暑かったです。一番熱い硫黄泉のお湯でさらに暑くなりました。(^^;
信濃大町駅に出て帰りました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤牛岳から読売新道

続きです。

2018080531

先を見ると黒部湖へ向かって尾根が伸びています。まだ遠いなぁ~。かなり暑くもなってきました。

2018080532

少し下ると登って来た人に会って吃驚。それ以後、誰にも会わず、登ってきたのはその人達だけでした。
岩だらけの道はなかなか大変です。

2018080533

途中から振り返るともう赤牛岳が随分高くなっていました。

2018080534

天空の道という感じ。ハイマツで先が分かりにくくなっている所もありました。

2018080535

やがて低木が出てきます。

2018080536

4/8の表示のある場所。草原に木道がある感じ、いい雰囲気の場所ですね。

2018080537

樹林の中をひたすら下っていきます。3/8の表示のある場所は樹林の中で少し涼しい感じです。

2018080538

古い読売新道の表示が残っていました。昭和の時代のものでしょうね。

2018080539

途中には何箇所か岩があり、小さな岩小屋になっています。こちらは比較的大きめでしたが、中に資材のようなものが置かれていて、あまり入るような場所ではありません。

2018080540

問題の2/8の表示。ここまでは比較的ふらふらと下れますが、この先は急に道が厳しくなり、ロープの付いた急降下あり、大きな木の根を踏んでの急登、急下降などの道が続きます。

2018080541

古い鎖が付けられていた所には木段が整備されていたので、安全に歩けるようになっているみたいです。

2018080542

さすが黒部の奥、かなりの大きさの木がごろごろ。そのおかげで、ひどい道になっていたりもしますが、いたしかたのない所。

2018080543

1/8の手前は崩壊地がありますが、ロープや木段があり、安全に歩けました。だいぶ下ると右下に沢が見えましたが、黒部らしく水量があり、落ちたら人間などひとたまりもなさそうでした。

2018080544

予想外のお昼すぎに奥黒部ヒュッテに到着。ご年配の小屋番さんにも平の小屋まで行けるよと勧められましたが、おそらく自分がここに来る事はもう一度はたぶん無いはず。
ということでまだ早い時間ですが、泊まることにしました。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水晶岳から赤牛岳

続きです。

2018080501

普段なら明るくなってから出発する自分ですが、今回ばかりはそうもいかず、黎明の4時20分出発。まだ足元は薄暗かったのでヘッドランプ点けて出発です。

2018080502

右手の斜面から暴風が吹け上がっていて寒いのなんの。長袖シャツの上からウィンドブレーカーの替わりに雨具の上まで付けて歩きました。
去年歩いた湯俣への道の分岐まで来るとだいぶ明るくなってきました。

2018080503

縦走路から見る槍ヶ岳もまだ雲がかかっていました。

2018080504

ひたすら歩いて東沢乗越。赤牛岳への稜線には雲がかかっているけど、大丈夫なのかな。

2018080505

でも、水晶岳は雲が取れて日差しが当たり始めました。

2018080513

途中、早いランナーさんグループに抜かれたけれど、頑張って水晶小屋。予定よりも随分早く到着。時間の余裕ができたようです。道を聞くと問題ないということでした。買って飲んだ缶ジュースが沁みました。さすがに日差しがでると少し暑いです。

2018080506

水晶岳に向かいます。雲がすっかり無くなり、いい感じです。

2018080507

それなりに頑張って登り、ようやくの水晶岳。久しぶりに新しい百名山を踏みました。素晴らしい展望に恵まれ、槍ヶ岳から笠ヶ岳の眺めは目に焼き付きました。

2018080508

これから向かう赤牛岳を見ると思わず、随分遠いなぁ、とつぶやいてしまいました。

2018080509

アップダウンあり、岩場あり、岩で道が分かりにくい所あり、となかなか大変です。
頑張って歩いていくと高天原への分岐が付いていましたが、温泉沢を下るのはおそらくかなり山慣れた人でないと難しいでしょうね。

2018080510

だいぶ近づいたものの、まだ赤牛岳は遠いです。ちなみに赤牛岳の山頂は写真で見える一番高い所ではなく、その奥になります。

2018080511

一番手前の登りは少し踏み跡を迷いましたが、なんとか見つけて先へ。やはり何度もピークがあるので、なかなかきついです。ようやくの赤牛岳山頂。お一人先客がおりました。

2018080512

振り返ると水晶岳と槍ヶ岳。もう槍ヶ岳を見るのはこの稜線ではこれで最後でしょうから見納めです。

2018080521

ということでお花達。トウヤクリンドウが8月初めだというのに、もうありました。さすがに開いてはいませんでしたが。

2018080522

アオノツガザクラミヤマオトコヨモギですけど、随分大きい感じ。
ミヤマオトコヨモギだとたぶんお初ですね。

2018080523

ちょっと写真が見にくいですけど、ミヤマクワガタだと思います。

2018080524

タカネシオガマでしょうか。

続きます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ブナ立尾根から野口五郎岳へ

8/4は夏休み縦走第二弾。今年はやはり北アルプスへ。

2018080401

ムーンライトの座席はまず取れないし、七倉へは夜行バスで。
タクシー相乗りで高瀬ダムへ。自分の前は8人くらいのグループで、先頭の人達は三人だったために、譲ってくれたので一番タクシーに乗れました。

ダムの堰堤に着くと風が強く、雨具の上を着ないと寒いくらいでした。

2018080402

さすがにこちらも雨は少ないらしく、水場の沢が干上がっているように見えて、ありゃ、と思ったけど、近づいたら水量は少ないけれど流れていてくれて助かりました。
合計で5.5Lになってザックがずっしり。でも小屋泊まりなので先日のテント山行よりは軽い感じでした。

2018080403

それにしても朝から暑い登り。でも、雨が少ないせいか、湿気度は去年の方が高かった感じでした。

2018080404

途中の中休みまで一気に登って、少し休憩。

2018080405

ひたすら登って三角点。

2018080406

ようやく右に烏帽子岳などを見ますが、まだ登りは続きます。

2018080407

やっと緩やかになるとお花畑。暑いせいか、去年と随分お花が違いました。

2018080408

右手を見ると烏帽子岳やその向こうの山々を眺めます。何度もここに来ているけれど、こんな天気が良かったのは初めて。

2018080409

烏帽子小屋に着いたのはまだ早い時間、さすがに人は少なかったです。

2018080424

小屋前にはイワギキョウ。でも、もう終わりかけている感じでした。

2018080410

野口五郎岳に向かいますが、日当たり良すぎる稜線。結構辛い歩きでした。

2018080425

コマクサは去年より少ない感じ。でもありました。

2018080426

タカネツメクサやコゴメグサもありました。

2018080414

稜線右には赤牛岳が。明日はあそこに行けるのでしょうか。

2018080412

なんとお昼少し過ぎに野口五郎小屋に着いてしまいました。行こうと思えば水晶小屋まで行けそうな時間ですけど、水晶小屋は小さいらしいし、やはりここで泊まって早朝出発することにしました。

2018080413

受付する前に野口五郎岳に登っておきます。去年は何も見えなかったけど、今年はしっかり槍ヶ岳も見ることができました。

2018080421

ということでその他のお花。エゾシオガマ。

2018080422

ミヤマリンドウが結構ありました。

2018080423

ネバリノギランの群落。

続きます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳本峠から蝶ヶ岳その3

さらに続きです。

2018072151

早朝起きると今日もいい天気。槍ヶ岳がいい感じ。

2018072152

蝶ヶ岳に登ってみるとなんと南アルプスの向こうに富士山が。
北アルプスからは滅多に見たことがありませんので、これには吃驚。

2018072153

最後の穂高、槍を眺めて下山にかかります。

2018072163

ハクサンイチゲがありました。

2018072164

タカネヤハズハハコ。

2018072154

上は寒いくらいでしたけど、下り始めると朝から暑い感じ。長塀山は静かな山頂。

2018072155

ちらりと富士山の最後のシルエットが木の合間から見えました。

2018072156

急降下を続けていけば、やがて登山口の徳沢に到着。

2018072157

途中、右手が開け、下から見る明神岳もまた違いますね。

2018072158

明神で右に曲がり明神橋を渡ります。

2018072159

穂高神社奥宮でお参り。

2018072160

嘉門次小屋に立ち寄り、美味しい岩魚の塩焼きを頂きました。(\1,000)

2018072161

時間が早かったので、対岸の道を進むことにしました。少し冗長な道ですが、焼岳を望む場所もありました。

2018072162

河童橋のあたりからはやはり穂高の眺め。何度見てもいいですね。

上高地バスターミナルに出て終了でした。

写真を取り忘れたのか、写真が見当たりませんが、いつもの上諏訪温泉片倉館に立ち寄ってから帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

徳本峠から蝶ヶ岳その2

続きです。

2018072111

やはりいい天気。今回はしっかりと徳本峠から明神岳を見ることができました。

2018072112

さすがに大滝山に向かう人は少なく、静かな感じ。途中には三角点。

2018072113

途中の明神見晴らしからの眺めは素晴らしい!

2018072114

長い樹林帯の歩きですが、頑張って大滝展望台。

2018072115

ここからの明神岳、そして右手には槍ヶ岳!

2018072116

再び樹林帯の長い歩き、その後で大滝山への登りになるとお花畑が広がり、これもまた素晴らしい!

2018072117

大滝山からはやっぱり槍ヶ岳。

2018072118

大滝山荘はひっそりとしていました。機会があれば泊まってみたいですね。

2018072119

先へ行くと結構蝶ヶ岳へは登らされそうです。

2018072131

長い登りが続きましたが、お花畑が多く、楽しい歩き。

2018072133

蝶ヶ岳のテン場に到着。テントを張ってから蝶ヶ岳に登りました。

2018072132

やっぱり、穂高と槍ヶ岳の眺めが最高です!

2018072134

常念岳はやっぱりどっしりとした山容ですね。

2018072135

就寝前の夕刻に眺めた山々。右が乗鞍、向こうが御嶽山でしょうか。
とても柔らかな稜線が夕暮れの日差しで印象的で目に焼き付きました。

2018072124

お花はとってもたくさん。ズダヤクシュ。

2018072125

クルマユリ。

2018072126

シュロソウ、タテヤマウツボグサ、ハクサンフウロなど。

2018072127

コバイケイソウは当たり年?とてもたくさん咲いていましたよ。

2018072128

終わりかけていましたが、タカネグンナイフウロでしょうか。今回のヒット作ですね。

2018072129

ウサギギクも当たり年か、たくさん見かけました。

2018072141

チングルマも会えました。

2018072142

テガタチドリかな。

楽しいお花と展望の山々でした。続く。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

徳本峠から蝶ヶ岳へ

7月後半、ちょっと早い夏休みを取って、北アルプスに出かけました。

2018072101

徳本峠に入るだけなので、夜行でいくほどの事はなく、また一番電車で入山。
新人研修なのかどうか、上高地に向かうバスは珍しくバスガイドさんが乗車、
若々しい女性の声で案内があり、いい感じでした。
女工哀史の話なんかを聞くと、ちょっとホロリという感じ。
上高地のソフトクリームがオススメだそうですよ。(^^)

2018072102

明神で一休みし、徳本峠に向かいます。

2018072122

センジュガンピがよく咲いていました。これ好きなんですよね。

2018072123

タマガワホトトギスも少ないけれどありました。

2018072103

途中の沢で水を補給。 上の小屋で買うと高いので、3L汲んで5L持ちました。
さすがにずっしり重いです。

2018072104

ということで久しぶりの徳本峠。霞沢岳に行った時は秋の連休だったので一杯でしたが、今回は普通の土曜日ということもあり、空いていました。やはり霞沢岳とセットの人が多いようでした。

今回は約20年ぶり?に新しくしたおニューなテント。わずかに軽くなった感じもありますが、ちょっと一人では広すぎるくらいに大きなテントになりました。慣れていないので張るのに時間がかかってしまいました。

2018072105

夕方に何やら外が騒がしいのでテントを開いたら、なんとすぐ近くに猿の集団が!
テン場の餌狙いなんでしょうか。さすがにみなさんで見ていたら、去っていきました。
テントの近くに食料を置かないように注意が必要ですね。

2018072121

そう言えばイチヤクソウもありましたとさ。

続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブナ立尾根から野口五郎岳 その3

最終日は下山だけ。

2017072950

吊橋を渡って、楽しい一夜を過ごした宿を後に、高瀬ダムに向かいます。

2017072951

途中にはちょい咲きのヤナギラン。

2017072952

下山日に限って晴れるんですよね。

2017072953

名無避難小屋は古い小屋。何かの時には使えると思いますけど、泊まりたくはなさそうです。

2017072954

久しぶりにタマガワホトトギス。

2017072955

途中、桟道が落ちていましたが、右の山側を歩けるので問題ないです。

2017072956

広い駐車場に出れば、もうその先は林道です。

2017072957

トンネルを通ったり、発電所の横を通ったりしながら進んでいきます。ほぼこのあたりは高瀬ダムです。

2017072958

最後のトンネルはかなり長かった。見覚えのある高瀬ダムに到着。こんな日に登りたいですね。タクシーがスタンバっていましたが、ここから乗ると料金が高いので、単独では辛い所。時間も早いし、もう少し歩きます。

2017072959

以前にも歩いているけど、やっぱりそれなりに長い歩き。七倉まで歩きました。

2017072960

きれいになった七倉山荘。ここで入浴しようかなとも思いましたが、タクシーもいましたので、乗り込みました。

2017072961

ということで、もう何度も入浴している薬師の湯。七倉から約\5,000ほどでした。
のんびりと入浴してバスに乗り、信濃大町駅に出ましたとさ。

薬師の湯の2008年のレポはこちら。

ちなみに現在の入浴料は700円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブナ立尾根から野口五郎岳 その2

続きです。

2017072914

みなさん早朝出発していきましたが、自分は下るだけ。なのであまり早く出発してもなぁ、と小屋でぐずぐず。ということで、ほとんど人がいなくなった感じで、6時30分に出発。
今日も同じような天気ですね。

2017072915

まあ、今度いつ来るか分かりませんから、もう一度行っておくかと野口五郎岳の山頂を再び踏みました。ちょっと明るくなってきたかな。

2017072916

分岐に向かうと、おっ、ガスが上がってきたではありませんか。

2017072917

どうせぬか喜び、朝だけでしょうと思いますが、それでも、気分はいい感じ。
まだ雪渓が結構残っていました。

2017072918

意外に湯股分岐は遠かったです。

2017072919

朝の光を浴びるハクサンイチゲがいい感じ。

2017072920

今回初めて覚えたイワオウギ。

2017072921

ハクサンシャクナゲも見掛けました。

2017072922

やっぱり再びガスが上がってきてしまいました。

2017072923

南真砂岳の直下には、湯股の晴嵐荘を示す道標が。

2017072924

先に踏み跡があったので、もしかして山頂に行けるのかなと少し進んで見たら、しっかりと南真砂岳の表示がありました。

2017072925

マイナーコースですから、途中には歩きにくいトラバースや急な木段の下りなど多々あります。でも、しっかり整備はしてくれているので、道は問題ないです。ただ、刈り払いが薄い所は少し藪がかっていたりするので、朝露で足がだいぶ濡れました。

2017072926

だいぶ下ると深い樹林の中を通る道になります。

2017072927

標高を下げたので、湯股岳の登り返しが蒸し暑くてかなりきつかったです。
山頂手前に右に踏み跡があり、入ったら下から涼しい沢風が吹き上げてきて、束の間の天然冷房を楽しめました。

湯股岳では、もう登ってきたランナーさんに会いました。その先では水晶小屋まで行くというグループに会いました。

2017072928

実際の山頂は眺めもなく、三角点と石標が埋まっているだけでした。

2017072929

また深い樹林の中の下りをひたすら下ります。

2017072930

ちょっといっぷく木かげ処の表示。このあたりが湯股岳から湯股まで1/2のようです。
ガスガスなので、木かげは関係ありませんでしたが、少し休んでいきました。

2017072931

ちょっと展望がある場所に出ましたが、やっぱりガスですね。この先はじぐざぐの急降下になりました。

2017072933

右側が切れ落ちている所があって、なかなか怖いです。

2017072934

もう川が近くなってきました。晴れていれば、もしかしたら槍なども見えたのでしょうね。

2017072935

ひたすらまた下って、川まで降りれば、小さなダムと電源施設を見ます。

2017072936

道標を見れば、登山道終了。ちなみに来た方向にはお疲れさま、というような事が書いてありました。

2017072937

まだ着いた時間は早くて下山もできる時間でしたが、初めての湯股温泉で宿泊することになりました。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブナ立尾根から野口五郎岳

7/29は夏山縦走第二弾、北アルプスへ。

2017072901

夜行列車は当然のごとく取れないので、夜行バスで七倉に入りました。
さすがに天気が悪い予報、自分の車両には空席がいくつもありました。
今回はテントではなく、小屋泊予定。

歩こうかどうしようか迷いましたが、朝まで待ち、タクシー乗合で高瀬ダムへ。
上の方には雲がかかり、寒い朝でした。

2017072902

それでも、それなりに歩いている人がいます。ブナ立尾根の登山口で3L以上、水をたっぷり汲みます。ザックが重いけど、テントに比べたら軽いものです。

2017072903

ここは北アルプスの三大急登というけれど、そんなにすごいきついという気がしない登りです。ひすたら登りのせいか、自分のペースで登れますからね。
イチヤクソウを見掛けました。

2017072904

半分を過ぎると樹相も変わり、だんだん高山らしい登りになります。

2017072905

空はどんより、雨が来ないで欲しいなぁ。。。

2017072906

ひすたら登って烏帽子小屋の近くには、今もイワギキョウがたくさん咲いていました。

2017072907

久しぶりの烏帽子小屋。さすがに時間が早いので、人がほとんどいませんでした。
すっかりガスガス、烏帽子岳を往復する気などさらさらありません。

2017072908

小屋近くのお花畑にはチングルマやイワカガミなどがたくさん咲いていました。

2017072909

稜線歩きは結構アップダウンもあり、なかなか疲れます。パラパラですが、雨にも少し降られ、雨具を上だけ着て歩きました。こんな日はどこを歩いているのかさっぱり分かりません。

2017072910

小屋まで500mの表示があって、どんなに嬉しかったことか。

2017072911

終わりかけでしたが、クモマスミレなども見られ、なだめられました。

2017072912

きっと明日は行かないだろうと小屋を通り越して、野口五郎岳。
以前に裏銀座コースを縦走した時もこのあたりは雨でした。
やっぱり今回も天気の悪い山頂でした。

2017072913

初めての野口五郎小屋。ここで泊まりました。
まだお昼過ぎという早い時間でしたので、小屋に入ると人が少なく寒い感じ。
夕方になるとそれなりに人がやってきて、暖かくなりました。
それでも、一枚のふとんで十分に寝られたようでした。

続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)