登山(北アルプス)

ブナ立尾根から野口五郎岳 その3

最終日は下山だけ。

2017072950

吊橋を渡って、楽しい一夜を過ごした宿を後に、高瀬ダムに向かいます。

2017072951

途中にはちょい咲きのヤナギラン。

2017072952

下山日に限って晴れるんですよね。

2017072953

名無避難小屋は古い小屋。何かの時には使えると思いますけど、泊まりたくはなさそうです。

2017072954

久しぶりにタマガワホトトギス。

2017072955

途中、桟道が落ちていましたが、右の山側を歩けるので問題ないです。

2017072956

広い駐車場に出れば、もうその先は林道です。

2017072957

トンネルを通ったり、発電所の横を通ったりしながら進んでいきます。ほぼこのあたりは高瀬ダムです。

2017072958

最後のトンネルはかなり長かった。見覚えのある高瀬ダムに到着。こんな日に登りたいですね。タクシーがスタンバっていましたが、ここから乗ると料金が高いので、単独では辛い所。時間も早いし、もう少し歩きます。

2017072959

以前にも歩いているけど、やっぱりそれなりに長い歩き。七倉まで歩きました。

2017072960

きれいになった七倉山荘。ここで入浴しようかなとも思いましたが、タクシーもいましたので、乗り込みました。

2017072961

ということで、もう何度も入浴している薬師の湯。七倉から約\5,000ほどでした。
のんびりと入浴してバスに乗り、信濃大町駅に出ましたとさ。

薬師の湯の2008年のレポはこちら。

ちなみに現在の入浴料は700円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブナ立尾根から野口五郎岳 その2

続きです。

2017072914

みなさん早朝出発していきましたが、自分は下るだけ。なのであまり早く出発してもなぁ、と小屋でぐずぐず。ということで、ほとんど人がいなくなった感じで、6時30分に出発。
今日も同じような天気ですね。

2017072915

まあ、今度いつ来るか分かりませんから、もう一度行っておくかと野口五郎岳の山頂を再び踏みました。ちょっと明るくなってきたかな。

2017072916

分岐に向かうと、おっ、ガスが上がってきたではありませんか。

2017072917

どうせぬか喜び、朝だけでしょうと思いますが、それでも、気分はいい感じ。
まだ雪渓が結構残っていました。

2017072918

意外に湯股分岐は遠かったです。

2017072919

朝の光を浴びるハクサンイチゲがいい感じ。

2017072920

今回初めて覚えたイワオウギ。

2017072921

ハクサンシャクナゲも見掛けました。

2017072922

やっぱり再びガスが上がってきてしまいました。

2017072923

南真砂岳の直下には、湯股の晴嵐荘を示す道標が。

2017072924

先に踏み跡があったので、もしかして山頂に行けるのかなと少し進んで見たら、しっかりと南真砂岳の表示がありました。

2017072925

マイナーコースですから、途中には歩きにくいトラバースや急な木段の下りなど多々あります。でも、しっかり整備はしてくれているので、道は問題ないです。ただ、刈り払いが薄い所は少し藪がかっていたりするので、朝露で足がだいぶ濡れました。

2017072926

だいぶ下ると深い樹林の中を通る道になります。

2017072927

標高を下げたので、湯股岳の登り返しが蒸し暑くてかなりきつかったです。
山頂手前に右に踏み跡があり、入ったら下から涼しい沢風が吹き上げてきて、束の間の天然冷房を楽しめました。

湯股岳では、もう登ってきたランナーさんに会いました。その先では水晶小屋まで行くというグループに会いました。

2017072928

実際の山頂は眺めもなく、三角点と石標が埋まっているだけでした。

2017072929

また深い樹林の中の下りをひたすら下ります。

2017072930

ちょっといっぷく木かげ処の表示。このあたりが湯股岳から湯股まで1/2のようです。
ガスガスなので、木かげは関係ありませんでしたが、少し休んでいきました。

2017072931

ちょっと展望がある場所に出ましたが、やっぱりガスですね。この先はじぐざぐの急降下になりました。

2017072933

右側が切れ落ちている所があって、なかなか怖いです。

2017072934

もう川が近くなってきました。晴れていれば、もしかしたら槍なども見えたのでしょうね。

2017072935

ひたすらまた下って、川まで降りれば、小さなダムと電源施設を見ます。

2017072936

道標を見れば、登山道終了。ちなみに来た方向にはお疲れさま、というような事が書いてありました。

2017072937

まだ着いた時間は早くて下山もできる時間でしたが、初めての湯股温泉で宿泊することになりました。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブナ立尾根から野口五郎岳

7/29は夏山縦走第二弾、北アルプスへ。

2017072901

夜行列車は当然のごとく取れないので、夜行バスで七倉に入りました。
さすがに天気が悪い予報、自分の車両には空席がいくつもありました。
今回はテントではなく、小屋泊予定。

歩こうかどうしようか迷いましたが、朝まで待ち、タクシー乗合で高瀬ダムへ。
上の方には雲がかかり、寒い朝でした。

2017072902

それでも、それなりに歩いている人がいます。ブナ立尾根の登山口で3L以上、水をたっぷり汲みます。ザックが重いけど、テントに比べたら軽いものです。

2017072903

ここは北アルプスの三大急登というけれど、そんなにすごいきついという気がしない登りです。ひすたら登りのせいか、自分のペースで登れますからね。
イチヤクソウを見掛けました。

2017072904

半分を過ぎると樹相も変わり、だんだん高山らしい登りになります。

2017072905

空はどんより、雨が来ないで欲しいなぁ。。。

2017072906

ひすたら登って烏帽子小屋の近くには、今もイワギキョウがたくさん咲いていました。

2017072907

久しぶりの烏帽子小屋。さすがに時間が早いので、人がほとんどいませんでした。
すっかりガスガス、烏帽子岳を往復する気などさらさらありません。

2017072908

小屋近くのお花畑にはチングルマやイワカガミなどがたくさん咲いていました。

2017072909

稜線歩きは結構アップダウンもあり、なかなか疲れます。パラパラですが、雨にも少し降られ、雨具を上だけ着て歩きました。こんな日はどこを歩いているのかさっぱり分かりません。

2017072910

小屋まで500mの表示があって、どんなに嬉しかったことか。

2017072911

終わりかけでしたが、クモマスミレなども見られ、なだめられました。

2017072912

きっと明日は行かないだろうと小屋を通り越して、野口五郎岳。
以前に裏銀座コースを縦走した時もこのあたりは雨でした。
やっぱり今回も天気の悪い山頂でした。

2017072913

初めての野口五郎小屋。ここで泊まりました。
まだお昼過ぎという早い時間でしたので、小屋に入ると人が少なく寒い感じ。
夕方になるとそれなりに人がやってきて、暖かくなりました。
それでも、一枚のふとんで十分に寝られたようでした。

続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

島々谷へ

霞沢岳その2からの続きです。

次の日は下山日。

2015091917

早朝に起きると少し朝焼けして、穂高岳にかかっていました。この後、展望台に急いで行きましたが、もう色がなくなっていました。残念。

2015091918

島々谷へ下山を開始します。

2015091919

細いけど、しっかり歩かれている感じでよい道です。

2015091920

さすがに谷に入るとちょっと湿気が多くなります。予想よりも早く力水。
この水はなかなか美味しい水で、持ってきた水を捨て、たっぷり飲んで、たっぷり汲みました。

2015091921

どんどん谷を下っていきます。途中では何度も橋で渡り返しながら進みます。古くはウェストンも歩いた道。もちろん当時はこんな良い道ではなかったでしょうね。随分歩き、岩魚留小屋に着きます。もう今は営業はしていないようです。このまま朽ち果てていくのでしょうか。

2015091922

水が流れているところもあり、歩きにくいところもありますが、登山道は続いています。瀬戸上橋のあたりは谷の一番の見どころという感じでした。

2015091923

瀬戸下橋のあたりもちょっと森が暗く、ひんやりと冷たい沢風が吹いておりました。

2015091924

先へ進むとベンチがありました。そのあたりが中間地点のようです。

2015091925

だいぶ道が悪い所があり、また、横から来る沢で靴を濡らすような所が結構ありました。それでも進んでいくと、古い炭焼き窯がしっかり残り、案内板もありました。

2015091926

二俣へ出て、その後は長い林道歩き。水が溜まっている所もあり、歩きにくい道でした。ようやくゲートを見ますが、まだ先は長いです。

2015091927

砂防ダムでは下から吹き上げてくる飛沫が林道にまで来ていてびっくり。さらに歩いて島々谷発電所を見て、さらに進んでようやく駐車場。ゲートを過ぎて、島々の集落を見て歩いていくと、ようやく徳本峠入口に着きました。近くには島々のバス停がありますが、もう今はバス停が廃止され、安曇野支所前バス停まで右に行かなくてはいけません。

2015091928

そこからバスに乗ってもいいのですが、時間も早かったので、後40分ほど歩き、新島々の駅まで歩きました。さすがにちょっと疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霞沢岳へ その2

1からの続きです。

2015091908

暗いうちに出発していく人達が多かったですが、自分はのんびり派。明るくなってから出発します。ガスが上がりつつあり、展望台からは穂高岳も見えていました。寒いので雨具の上を着て出発。

2015091909

まずはジャンクションピークまでかなりの登り。ひたすら登ります。天気がよかったです。

2015091910

しばらく進むと雲海と乗鞍岳を見ることができます。

2015091911

のらりくらりとアップダウンの稜線を進んでいくと、ようやくK1が見えてきました。もうこの時でも草紅葉していたようです。

2015091912

さすがにK1の直登はきつかった。でも穂高岳の素晴らしい眺め。手前は六百山です。

2015091913

右がK2、その先が霞沢岳です。K2の登りがきつそうです。

2015091914

登ってみれば、K2手前の岩がちょっと登りにくい障壁みたいな感じでしたが、その先はたいしたことはなく、拍子抜け。しかし、霞沢岳が近いようで、意外に歩かされました。
山頂からの眺めももちろん素晴らしいです。

2015091915

焼岳もよく見えます。まだ歩いたことないなぁ。そのうちに行かなくては。

2015091916

たくさんの人に会いながら、往路を戻ります。帰りの方がジャンクションピークまでの長い緩やかな登りで結構疲れて時間もかかりました。ジャンクションピークにつくとおじさんが一人。夜行で上高地から来て往復するつもりだったようですが、ちょっと遅くなってしまったらしいです。

この日はテントに戻り、徳本峠でもう一泊しました。するとやはりさらに人が増えて小屋の裏手もテントで一杯でした。

島々谷へに続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霞沢岳へ

時間経ちすぎですが、SWの9/19~は北アルプスへ。

2015091901

久しぶりの上高地。平地は晴れでしたが、残念ながら山は一日目はまだ天気が回復しておらず、ガスのかかる状態でした。観光客は思ったほどまだ多くありませんでした。

2015091902

まずは軽く明神へ。その先から徳本峠に向かいますが、なんとカメラが故障。
エラーが出て写真が取れず焦りました。

2015091903

仕方なく徳本峠に向かって登っていきます。ようやく途中でガチャガチャやっていたら、なんとか撮れるようになり、ホッとします。

2015091904

思ったほどの時間ではなく最後の水場に着きます。沢水で、それほど美味しいというほどの水ではありませんでしたが、徳本峠には水場がない(小屋では汲み上げた水を買えるけど)ので、貴重な水場ですね。

2015091905

小屋に着くと、もうテン場はほとんど一杯。ここは10張りしかないんです。ただ、この時は裏手にあるヘリポートを開放してくれたので、裏にも張れました。ただし、小屋の発電機があるので裏手は発電中はうるさいです。写真は昔からの小屋。今は宿泊には使っていないらしいです。

2015091906

こちらの右が現在の小屋。もちろん予約で一杯ですので、予約なしでは泊めてくれません。

2015091907

早い時間からガスに包まれ、穂高岳の眺めもあまり楽しめなかったです。
この日はとても寒く、夏用シュラフを頭までかぶっても寒くてガタガタ震えてしまいました。持って行ったダウンを着込んでようやく落ち着きました。
さて、次の日は果たして晴れてくれるのでしょうか。

その2に続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

有明山へ

随分と時間が経ってしまいましたが、1日は有明山へ。

2015080101

ムーンライト信州を穂高駅で下車し、中房温泉行きのバスに乗ります。有明荘で下車したのは自分一人だけでした。東京は超熱帯夜でしたが、沢沿いということもあって、寒いぐらいの気温にびっくり。ウィンドブレーカーを着こみました。

2015080102

わずかに登った駐車場の先から登山道になります。

2015080103

滝への道を左に分岐し、ひたすら登りになります。木段などもいくつもあってきつい道でした。

2015080104

途中、右に行くように表示があり、それを右に少し進んでから登ると、踏み跡になります。あれれ、この先は人があまりいかないのかな?この時点で道迷いをしているとは気づいていませんでした。テープも付いているし、そう思ってどんどん登っていくと岩場で塞がれてしまいました。うーむ、やはりこれは道ではない、おそらく登山道は右手だろうと思います。

少し戻って右へ巻き、登ってみたのですが、やはり何かおかしい。谷状の地形を登ることもできそうでしたが、無茶はやめようと戻ります。しかし、これも笹ヤブがひどく、戻るのも危ない感じでした。ようやくテープを見つけてなんとか元の分岐まで戻れました。

2015080105

戻ったところの道標。素直に右に右にと進まなくてはいけません。

2015080106

右にわずかに行くと上に行く道にはご覧の通り☓印が付いていました。もちろん、上へ行くときにはこんなものは見ませんでした。テープのあったあの踏み跡はクライマーさんなどがたまに使っているのかもしれません。

2015080107

登山道は予想以上に右手に進んでいく道でした。無理に右に行かなくてよかったです。斜め登りが続き、岩場に出るとようやく眺めが出てきました。

2015080108

その先もちょっと下って登り返しが何箇所かあり、岩もあったりするので、越えたり、巻いたり、なかなか忙しい道で疲れます。ようやく稜線らしきところまで登れました。

2015080109

樹林から出ると日差しが暑いこと。岩場からは雲海を眺められました。

2015080110

しばらくの登りで着いた山頂。ここは北岳。数人休まれていました。その中には道に迷う前に抜いた方もおりました。どうやらその人達もやはり少し迷ったそうです。

2015080111

南岳を目指します。少しアップダウンを歩くと三角点がありました。

2015080112

中岳まで10分ほど、その先はあまり人が行かないようで、踏み跡という感じでした。細かいアップダウンが多く、疲れます。その上日差しがきつい。ようやく着いた南岳、ほとんど日陰もないので、写真を撮っただけで引き返しました。

2015080113

中岳の祠の向こうには燕岳の稜線をよく見ることができます。

2015080114

北岳山頂は日差しがカンカン照りなので、自分は休む気にはならず、そのまま下って樹林に入った所で昼食を取り、休みました。往路を戻りますが、やはりまだまだ遠いです。下りもそれなりにきつい道。ようやく迷った分岐まで戻った所でしばらく休憩。

2015080115

途中にはセンジュガンピ。下り道はどうやら登った道と違う道を辿ったようで、木段はあまりなく、ロープのついたところが何度もある道でした。

2015080116

ようやく登山口に戻ってきました。さすがに暑い。でも、東京の暑さに比べたら、遥かに普通の夏の気温でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花の白馬岳 その2

その1からの続きです。

早朝に起きるとかなり寒い気温。

2014071215

やはり昨日の夕方と同様、雲の多い天気であまりよろしくないようです。

2014071216

朝一番の登りをこなして白馬山頂からの眺めも昨日と変わらず。

2014071217

寒いせいか、まるまっていたりするお花もあったりします。風が冷たいのでずっとウィンドブレーカーを着て歩いていました。

2014071218

朝日岳方面の縦走路との分岐からの眺め。さすがに縦走路を歩いていく人達は自分は見ませんでした。

2014071219

小蓮華山を目指します。

2014071220

しばらく登ると小蓮華山。槍みたいなのが立ってます。

2014071221

ここまで来ると白馬大池が見えます。その向こうに見えるのは雨飾山や妙高の山々でしょうね。

2014071222

途中から雨がぱらぱらと風に混じって吹き付けてくるようになりました。
やっぱり雨山行かな?途中で雨具の上を取り出して着ました。

2014071223

雨が多かったのか、雪が多かったのか、白馬大池は随分水があるように見えました。

2014071224

白馬大池で雨がしっかり降り出し、慌てて雨具を下まで着て、さっさと先へ進みます。
登り返すと乗鞍岳。一旦雨は小止みになりました。
この先へ進み、下っていくと、雪渓になります。斜度があって途中でロープを掴んで下ることになりましたが、ロープは雪の上にあったのでかなり冷たく、手も擦れて痛いです。

しかし、問題はその先。夏道が出ておらず、雪の急斜面の直下降を強いられ、ロープはあるものの、かなりびびりました。
自分はピッケルが欲しいと思ったぐらいです。とても写真を撮る余裕はありませんでした。
さらに、雨も本格的に降り出し、ひたすら下りました。

2014071225

ようやく天狗原手前で風吹大池への道が分岐していて、ホッとしました。
しかし、その先は石ゴロの道で下りにくく、雨で滑るところ多数でこれまた下りは難儀の道でした。途中で一度、ネマガリタケが刈られた上に乗って転んでしまい、ネマガリタケが手にグサッと刺さってしまってちょっと傷を作ってしまいました。

2014071226

栂池自然園の建物などがある所に出ました。時間的に余裕なので栂池自然園を回ろうと思っていましたが、この天気では、とてもそんな気にならず、そのまま下ってロープウェイに。駅に入ると「もう次の便が出ます。」と急かされて、急いで切符を買ってロープウェイに乗り込み、あっという間に栂の森。再び雨の中を少し歩いてゴンドラに乗り、なんかベルトコンベアに運ばれた感じで、あっという間に山麓に着いていました。

2014071227

バス停に行くと次は長野行のバス。近くの案内所で白馬駅までのチケットを買いました。
でも、このバス、白馬八方も通りました。知っていればそこで降りたのになぁ。白馬駅から雨の中、傘をさして以前にも入浴したみみずくの湯へ。→以前のレポ

さすがに入浴料は600円に値上がりしていました。
でも、やっぱりいいお湯。露天風呂から雨に煙る山を見ながらのんびり入浴しました。

2014071228

松本方面へは3時間以上普通列車なしという状況。駅の時刻表で調べるとそのまま普通列車を乗り継ぐと途中の乗り継ぎが悪く、東京に着くのは深夜に近い時間になってしまいます。2時台に特急があり、今回は青春18切符ではないので、松本まで特急に乗り、後はいつも通り、のんびりと帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花の白馬岳へ

11日(金)夜から土日で、久しぶりにお花を見に白馬岳へ行ってきました。

2014071201

夜行快速ムーンライト信州に乗るのは久しぶり。どうせ雨だろうと思っていたら、台風が来てこれじゃだめだと諦めていたら、東京はほとんど影響なしというのはびっくり。おかげで台風一過のようです。

2014071202

大雪渓を登るのは13年ぶりのこと。5本爪ですけど、軽アイゼンとストックを持ってきました。

2014071203

それなりに残雪は多いようですが、台風の影響なのかだいぶ雪がくさっていて登りにくい感じがありました。

2014071204

やっぱりそれなりにきついですね。

2014071205

雪渓が終わればお花畑が広がります。ただ上部でも結構、残雪が残っていて、雪渓を横断したりしました。

2014071206

このあたりまで登れば、もう白馬岳頂上宿舎はもうあとわずか。

2014071207

小屋を過ぎてさらに白馬岳の頂上を目指します。

2014071208

人もそれほど多くないので、小屋の受付はせず、そのまま山頂へ。まだ12時になっていない時間でした。ちょっと雲が増えて雲ってしまいました。

2014071209

それでも剣岳はしっかり見えていました。

2014071210

まだ白馬大池まで行ける時間でしたが、あえて白馬山荘に泊まります。
久しぶりの小屋泊でしたが、1泊2食\9,500と随分料金が上がって、旅館並みでした。

2014071211

やっぱり生ビールでしょう!(^^)v
一杯850円で、剣立山連峰を眺めながら、ちょっと贅沢なビールでした。

2014071212

雲がちょっと取れて再び天気がよくなりましたので、しばらく散歩しました。

2014071213

残照に照らされる杓子岳もなかなかです。

2014071214

夕闇迫る時間に山頂まで登ってみました。風がビュービューと吹き、かなり寒かったです。
小屋は空いていて、両隣とも誰も来ないぐらいの状況。夜行の疲れもあり、あっという間に寝に入りました。

その2に続く。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

夏の思い出 北アルプス表銀座コース 燕岳~槍ヶ岳3

2からの続きです。

3日目もやっぱり良い天気です。

2010071925

早朝の富士山と八ヶ岳、南アルプスなどのシルエットがいい感じでした。

2010071926

日が出るともう暑い。槍沢の雪渓はだいぶ雪が残っていて、アイゼンもストックもなかったのでちょっと不安でしたが、なんとか下っていきました。

2010071927

ようやく着いた槍沢ロッジ。ここで一休み。しかし、この後もずっと長い歩きが続くんです。

2010071928

約1時間歩くごとに休み、ようやく河童橋へ。観光客に混じって穂高の眺めを撮影。
暑かったですが、やはりいい山でした。

入浴しようと思っていた某温泉旅館(上高地じゃないよ)はすでに廃業していました。なので上諏訪に行き、片倉館で入浴して、ようやく汗を流すことができました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)