登山(高尾・中央線沿線)

藤野鷹取山へ

井戸バス停に着いたのはまだ時間も早く、藤野鷹取山に登ることにしました。

2018041420

道端に雑草のように咲くノジスミレ。

2018041421

沢井入口から少し進めば、鷹取山の登山口。

2018041422

さすがにこのあたりのヤマザクラは終わっていました。この日は天気が悪く、風が強かったです。

2018041423

途中から降りようかと思いましたが、もう藤野駅から歩いたのは随分前の事だし、久しぶりに藤野駅まで歩くことにしました。小渕山は樹林の中。

2018041425

久しぶりに歩きましたが、逆コースは意外に登らされますね。岩戸山付近まで来るとわずかに天気が持ち直した感じ。

2018041426

色の濃いイカリソウが咲いていましたが、デジタルだと色が出ませんね。

2018041427

藤野神社に立ち寄り。石段を下って道路を歩き、藤野駅に出ました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

生籐山の春

果たしていつ追いつけるのか、分からなくなってきましたが、
4/14は生藤山へ。

2018041401

佐野川バス停が歩き出し。

2018041402

岩神社に立ち寄り。なかなか大きな木もある神社でした。

2018041403

しばらく里道を辿ります。向こうに見えるのは鷹取山ですね。

2018041404

途中、道がよく分からず、地元の方に教えてもらい、くらご峠に着きました。
芭蕉の句碑がありますが、芭蕉が実際に来たのかどうかは不明なようです。

2018041405

古い山道に入りますが、歩かれておらず、藪っぽいところも多かったです。上っていくとだいぶ歩きやすくなります。

2018041406

もう新緑の季節になっていて、天気はあまり良くなかったけど、芽吹きの森はきれいでした。

2018041407

ちょいと富士塚に立ち寄り。単なる盛り上がりという感じでした。

2018041408

庚申塔を過ぎて登山道に出れば、エイザンスミレがきれいでした。

2018041409

やはりとても静かではないヒトリシズカがたくさん。

2018041410

ボタンザクラ(八重桜)もよく咲いていました。

2018041411

鎌沢の軍刀利神社。

2018041412

甘草水のあたりの桜は旬を過ぎていました。三国山あたりはやはりヤマザクラ。天気が今一つだったのが残念でした。

2018041413

しばらく歩けば軍刀利神社元社。

2018041414

男坂を下りました。かなりきつい下りでやはり登りの方が安全だと思います。

2018041415

軍刀利神社奥の院の大カツラ。新緑の季節もいいですね。

2018041416

あたりにはマルバスミレ。

2018041417

道路を歩いていたら、花壇にイカリソウが。植栽なのかな。

2018041418

井戸バス停に出ました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

榎窪山から高尾梅園

かたくりの里の後はいつものように軽い歩きへ。

2018032521

小松城跡への道を歩きます。歩く人も多くなり、随分道が広がりましたね。昔は藪がかった所もあったのに、変われば変わるものです。

2018032523

この日はもう暑いくらいで、ヤマザクラも咲き始めていて、やはり今年はお花が早いですね。

2018032522

足元にはナガバノスミレサイシンがちらほらと咲いておりました。

2018032524

金比羅宮に行こうと思ったら、前に団体さんがいたので止めて、左に進んで広場で昼食。
道路をしばらく歩き、文学碑は通らず、そのまま榎窪山に向かいました。のんびり辿っていけば、榎窪山。

2018032525

少し下れば三沢峠。ここからごく普通に下り、梅の木平に降りました。途中にカタクリの表示があったけど、住宅のようでよく分からず、諦めて高尾山口に出ました。

2018032534

高尾山口駅の近くでも桜が咲いていました。

2018032535

まだ歩き足りなかったので、そのまま道路を歩いて高尾梅林へ。まだ梅が旬は過ぎていたもののそれなりに咲き残っていました。

2018032536

蛇滝口の手前あたりで終了。道路を歩いていると小仏関所跡あたりはサンシュユがきれいでした。高尾駅まで歩きました。

ということでその他のお花。

2018032526

久しぶりのキバナノアマナ。

2018032528

ミヤマカタバミはごくわずかでした。

2018032530

アズマイチゲ。

2018032532

ヤマエンゴサク。

楽しい花の山歩きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陣馬から高尾へ

10/30は久しぶりに平日山行。

2017103001

お休みをもらったのに台風。諦めてどこも予約しなかったら、予想外に早く抜けてくれることになりましたが、今更だし、3週間ぶりの山歩きなので、軽く歩こうと陣馬へ。
でも、台風一過の好天です。

2017103002

さすがに台風のせいか、この日は和田峠から先が通行止めになっていました。

2017103003

ひたすら登っていくと紅葉した木が。やはり青空とマッチしますね。

2017103004

陣馬山から眺める生藤山もすごくはっきり。

2017103005

富士山はと言えば、残念、雲が邪魔。

2017103006

陣馬山から海は見たこと無かった気が。

2017103007

人も少ないので、自分のペースで歩いて行き、景信山。山頂の標柱が新しくできていました。

2017103008

裏手の富士山が見える所に行くと、おお、雲が取れてすっきり富士でした。
でもこの日は雪が無いのが残念。

2017103009

小仏峠の標柱がなくなって、置物だけになると寂しいですね。

2017103010

城山山頂には赤く紅葉したモミジがありました。

2017103011

オレンジもなかなか。

2017103012

途中で降りるつもりでしたが、結局、高尾山まで歩いてしまいました。やはり高尾山からもしっかり富士が見られました。

2017103013

ここまで来たからには稲荷山コースを下山。途中の展望台から八王子方面の最後の眺めを楽しんで、下ります。

2017103014

高尾山口駅もさすがに空いていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石砂山へ

金剛山からの続きです。

2017041610

鉢岡山からは怪しいルートで道路に降りました。最後はちょっと失敗して飛び降りるハメになったけど、怪我もなく、無事に降りられてよかったです。
しばらく道路を歩き、大石神社に行くと桜がきれいでした。

2017041611

大石神社は一段下がった所に鳥居があります。舞台の先が神社になっていて、舞台は土足禁止。スリッパに履き替える必要があります。やはり珍しい神社ですね。

2017041612

ミツバツツジが満開。

北尾根の取り付きは扉で塞がれていました。(後でネットで探すと開けて通っている人もいるようですが。)なので、この時期限定ということで、別な場所から沢を渡渉して支尾根に取り付きました。ひどい急登。

2017041613

なんとか木祠の所に出ました。

2017041614

比較的歩きやすい尾根で、作業には使われているのかな。天気も良く気分もいいです。

2017041615

499m点の石祠。

2017041616

淡々と進んでいくと急登をこなして石砂山西峰。ただの藪のピークです。まだ芽吹き状態なので眺めがありました。

2017041617

久しぶりの石砂山。さすがに人が多かったです。ギフチョウ狙いの人も多く、持ってきた望遠レンズで一時間弱追いかけましたが、この日はまだ出始めらしく、小さい蝶が高速で舞っている状態。残念ながら写真は撮れませんでした。でもたくさん目で見たからいいか。

2017041618

ヒオドシチョウは結構撮れるのになぁ。

2017041619

伏馬田方面へ向かう人はほとんどおらず、静かな歩き。ヒトリシズカがよく咲いていました。

2017041620

途中、鉄塔を過ぎます。

2017041621

伏馬田城址に立ち寄りました。あまり眺めはありません。
咢堂桜の案内板があり、尾崎行雄(咢堂)氏が東京市長時代、ワシントンへ送った桜を昭和56年に里帰りさせ、そのうちの32本が生誕の地である津久井市に送られたそうです。
近くにも桜が咲いていましたが、寒いせいかどうか、花つきはあまり良くなかったようです。

2017041622

道路に降りて、左に桜が見えたので行ってみると満開の桜。この日は風が強く、散りゆく桜吹雪を満喫できました。

2017041623

近くには農場があり、そこのものでしょうか。何本もある桜は満開でまさにあっぱれ。
春の楽しい一時を過ごすことができました。

2017041624

道路の途中でも植栽のミツバツツジがよく咲き、その他のお花もたくさん咲いていて、とても気分よく歩けました。やまなみ温泉まで歩くつもりでしたが、なんと途中で乗り合いタクシーに声を掛けられ、やまなみ温泉まで200円で乗れました。

これは牧野地区乗合タクシーというもので、通常は電話での予約制なのですが、たまたま予約のお客さんが乗っていたからのようです。ちなみに県外の人でも使えるようですが、1時間前に連絡が必要です。

やまなみ温泉でのんびり入浴しますが、なんと露天風呂まで桜が満開。
桜の花見をする露天風呂は初めてです。
最後まで花見を楽しんだ素晴らしい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金剛山へ

頑張ってレポも追いつかなくてはと鋭意努力中のこの頃。
4/16は藤野へ。

2017041601

藤野駅から歩き出し、追分バス停で曲がって八坂山を目指します。
途中の桜が青空と合わせて素晴らしい感じでした。

2017041602

登山口には説明板がありました。

2017041603

少し登ったあたりは若干分かりにくい感じの所も。それでも登山道を登っていくと白炭窯跡地への道が分岐しますが、藪がかっていました。

2017041604

しっかり当時の炭窯が残されていました。

2017041605

八坂山へは少し踏み跡を外してしまったりしました。道標もあるけど、若干分かりにくい所もありました。

2017041606

峰山からわずかに富士山が望めたけど、ごくわずかに頭だけでした。

2017041607

峰山から少し下っていくと杉峠。以前よりも道標が増えたようでした。

2017041608

鉢岡山に向かいます。途中、集落近くにでますが、あたりにはミツバツツジがよく咲いていて、桃源郷のようでした。

2017041609

この日は急に暑くなったので、体が慣れていませんでした。途中でお一人登っている人をパスする時に暑いですね、と挨拶。久しぶりの鉢岡山でした。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花の後は草戸山へ

城山かたくりの里でお花を見た後は草戸山へ。

2017032021

いつも通り、小松城跡への道に入り、しばらく辿ります。以前に比べると随分歩く人が増えたなと思います。道脇のスミレはほとんど消えてしまったことでしょうね。小松城跡はパスして先へ進み、評議原で一人ベンチに座って簡単な昼食。よいお天気でした。

2017032022

梅園はもう見頃を過ぎてしまっていると思われたので立ち寄らず、雄龍子山への道と分かれて右へ道路を歩いていきます。

2017032023

大戸バス停を見て先を左に曲がって大地沢林道を進み、アスレチック広場から登ります。

2017032024

峠の丘に出て、さらに歩き、草戸峠。

2017032025

草戸山は春霞で遠望は効きませんでした。

2017032026

下山は初沢川に下りてみました。末端からは追わず、藪を避けたのですが、降りると人に会ったのにはびっくり。川沿いの踏み跡はかなり藪っぽく、最後は霊園近くに出るのであまり良い踏み跡とは言えませんでした。高尾駅に出ました。

ということでこの日に他に見たお花。

2017032027

スミレは同定が難しいけど、これはコスミレなのかな?

2017032028

こちらはもっと濃い色のバージョン。こちらはノジスミレっぽい雰囲気もあるけど、毛が生えていないので違うようでした。

2017032029

アオイスミレ。

2017032030

ニリンソウも咲き始めていました。

2017032031

ユリワサビ。小さいけれど、春らしいですね。

楽しい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴島御前山へ

2/4は中央線沿線へ。

2017020401

四方津駅を歩き出し、栃穴集落を目指します。確かに山の字みたいな山々。

2017020402

しばらく歩いて悉聖寺の入口には、大きな石碑と石塔の類がいくつもあります。

2017020403

取り付きますが、かなりの笹薮。同好の士がいました。笹薮に突っ込んでましたが、自分は尾根を避けて踏み跡を探し、獣道のような踏み跡から尾根に戻って登りました。
ひどい急登て石祠のある山頂。

2017020404

栃穴御前山はやはり笹の山頂。テープがあるのでそれと知ります。

2017020405

先に見えるのが鶴島御前山。

2017020406

しかし、ここの下りはかなり急で慎重に下りました。ようやく着いた鞍部からは桂川を眺めることができました。

2017020407

登っていくと知らないうちにカニのハサミ岩を過ぎてしまい、以前にも来たことのある鶴島御前山に着いてしまいました。

2017020408

ちょっと戻ってカニのハサミ岩に立ち寄ります。向こうに見えるのは高柄山ですね。

2017020409

短いけど、下りは慎重になりました。一般道を上野原方面に向かいます。

2017020410

谷沿いの道は少し歩きにくい所もありました。ムクの木に会いに行きました。集落の道脇にあります。

2017020411

金比羅山に向かいました。笹薮に結構な斜度の登りをこなして、ようやくの事で木祠のある奥社に着きます。果たして登ってくる人はいるのでしょうか。

2017020412

金毘羅山に向かいますが、手前は危険なトラバースでした。なんとか無事に金比羅山の山頂。石祠がありますが、基部にはヒビが入っているようなので、いつまでもつかも分かりませんね。

2017020413

金比羅山からの下りは自分の歩きの中でもトップクラスの危険度。なんとか下ったものの、その後で失敗して北への踏み跡に迷い込んでしまいました。
なんとか集落に出ることができ、上野原駅に無事戻ることができました。
最近、こんな歩きが多いのは、まずいなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた底沢へ

だいぶ過ぎてしまいましたが、11/20は景信山へ。

2016112001

出遅れたので、のんびり相模湖駅。もう10時でした。

2016112002

バスは時間が合わず、いつものように歩いて底沢へ。もう廃業してしまった美女谷温泉の看板はそのままのようです。

2016112003

紅葉している木があってなかなか。見た目にはもっと赤い木があったけど、写真だと赤黒くなってしまいそうなので撮りませんでした。

2016112004

砥石沢の中俣ルートをとります。しばらく登ると右に道が分岐します。今年の新ハイにこの分岐を登っているガイドがありましたけど、関係者以外立入禁止の表示がありました。松浦氏のガイドではここは通っていませんね。

2016112005

左には古いワサビ田跡を見ます。わずかな踏み跡は藪に消え入りそうです。
その先は藪の所もあって、なかなかきつい道でした。

2016112006

水平径路に出ると紅葉がなかなかきれいでした。赤色は少ないものの、秋らしい雰囲気でした。

2016112007

最後は笹薮に突っ込み、なんとか縦走路。この日は雨の後で、ぬかるみが多かったです。

2016112008

しばらく歩けば、人の多い景信山。ススキと紅葉がいい山頂でした。

2016112009

この日は軽く、初めてのヤゴ沢ルートを下りました。よくこんな所に道を付けたなと思うような斜面をうまく左右に曲がりながら下っていきました。林道に出ると車が置かれていましたが、これは小屋の人のものらしかったです。わずかに下れば、小仏峠からの道に出ました。

小仏バス停に下りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪っぴきの小仏から高尾山

不覚にも風邪を引いてしまい、10日は軽く高尾へ。

2016100201

遅出で小仏バス停を歩き出し。

2016100202

久しぶりに小仏峠。あれ、以前にあった小仏峠の表示や灌木が整理されてしまって、置物だけが残されていました。

2016100203

城山山頂でちょっと早い昼食。
久しぶりにドリップ式のインスタントコーヒーを持ってきたので、それを飲みながらまったり。

2016100204

たくさんの人に会いながら高尾山に向かいます。一丁平のテラスからの眺めもぼんやり。

2016100205

山頂はものすごい人でした。

2016100206

久しぶりに稲荷山コースを下山しましたが、こちらもまだまだたくさんの人が登ってきている状態でした。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧