登山(高尾・中央線沿線)

真夏の高尾山

相変わらず一ヶ月近い前のお話になってしまいますが、8/3は高尾山へ。

2019080301

今回は蛇滝口が歩き出し。

2019080302

蛇滝に向かうとすぐに何やら鳥居。千代田稲荷という案内が書かれていたので入って見ます。

2019080303

社は焼けた感じ、先には木祠。どうも後で調べたら6年くらい前に放火されたそうな。
ひどいことをする人がいるものですね。

2019080304

ということで蛇滝の付近には言わずとしれたイワタバコ。以前よりも増えたような気が。

2019080305

なかなかこれはたくさんの花が付いていますね。

2019080306

お花を楽しんだ後は登りますが、ひどい暑さ。真夏の高尾山には何度か行ってますが、こんなに暑いのは初めて。
山頂付近にはヤマユリ。大きな花が良いですね。

2019080307

オオバギボウシもそれなりに咲いておりました。

2019080308

山頂はさすがに人は少なめ。それでもそれなりにはいました。暑くてとても日向にはいられない感じでした。

2019080309

城山に向かいます。さすがにロープなどで制限したおかげで、だいぶ草が伸びてきましたね。
ヤマユリの廊下みたいになっていました。

2019080310

ということで大汗かいて城山到着。定点ポイントからは富士山どころか近くの丹沢の山さえも見えませんでした。

先日、NHKの山番組で吉田類さんが高尾山から茶店で飲んで歩いて、城山のかき氷を食べた所を放送したばかりだったためか、
それとも単に暑かったからか、かき氷待ちは長い行列。食べたいなとは思いましたが、人が食べているのを見るだけにしました。

2019080311

今回は小仏峠まで。小仏峠と書かれた木柱は無くなり、たぬきの置物だけが残っていますね。

2019080312

水場の水はこんな暑い日なのに、とっても冷たい水がたっぷり出ていて、しっかり飲んじゃいました。
先日まで涼しく雨が多かったので、山の中まではまだ暑さが浸透していないのでしょうね。

小仏バス停では時間が合わず、暑かったけど、結局、そのまま歩きます。
この暑い中、豆腐を持って返るのは難しそうなので、さらに歩いて朝降りた蛇滝口まで歩いて終了。
すぐ近くに湧水があるので、顔を洗って気持ちよくなりました。

 

 

| | コメント (0)

ちょいと高尾山

5/6は久しぶりに高尾山へ。

2019050601

GW最終日の上に天気が今ひとつだから人が少ないかと思ったけど、やっぱりそれなりには居ますね。

2019050602

ケーブルカー駅の先へ行くとシャガがよく咲いていました。

2019050603

琵琶滝は珍しく人がいませんでした。

2019050604

六号路をのんびり辿って高尾山。ヤマツツジがよく咲いていました。

2019050605

やはり雲がどんより。

2019050606

 もみじ台は植栽らしきツツジがきれいでした。

2019050607

城山に向かうとホウチャクソウがよく咲いていました。

2019050608

ナットウダイかな。地味なお花ですね。

2019050609

チゴユリは結構大きめ。

2019050610

イカリソウもありました。

2019050611

城山の自分の定点ポイントも今ひとつ。

2019050612

いつもの北東尾根を下りました。途中のニョイスミレは真っ白に近い感じ。

2019050613

ジュウニヒトエもありました。

2019050614

日影沢にはラショウモンカズラ。

日陰バス停から乗るつもりでしたが、バスが行ってしまったので、摺差まで歩き、お豆腐を買ってから帰りました。

 

| | コメント (0)

草木尾根

2/10は生藤山付近へ。

2019021001

雪が降ったから軽い山がいいなと藤野駅から和田行きのバスに乗りました。

2019021002

草木尾根へは末端から取り付いている人もいますが、自分は松浦氏のガイド通りの取り付き。富士がきれいでした。

2019021003

尾根に取り付くと下部は雪がだいぶ溶けていました。

2019021004

登っていくと少し増えますが、たいしたことはなく、ストックで十分でした。

2019021005

最後の急登が厳しかったですが、縦走路に出ました。

2019021006

何人か会いましたが、連行峰は誰もおらず、この時は誰もまだ万六尾根を歩いている人はいなかったようでした。

2019021007

軽いスノーハイクを楽しみながら茅丸も踏んで、生藤山に着くとなんと誰もいない!
昼食を取りましたが、その間誰も登ってこないという、珍しい静かな山頂でした。

2019021008

三国山には誰かいるだろうと思ったら、こちらも誰一人いないとは。こんなこともあるんですね。

2019021009

さすがにまた人に会いました。軍荼利神社奥社でお参り。

2019021010

熊倉山も静かです。

2019021011

登って来る人にまた何人も会いました。浅間峠で一休み。バス時間に合わないけど、少し疲れたので下ることにしました。

2019021012

上川乗に普通に下ってバス待ち。15時過ぎのバスまで一時間待ち。体が冷えきってしまい、久しぶりに途中下車して瀬音の湯に浸かって体を温めてから帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖武連山、能岳

あけましておめでとうございます。
12/29は2018年最後の山へ。

2018122901

新井バス停が歩き出し。しばらく歩いていくと集落からも富士山が見えました。

2018122902

八重山ハイキングコースの入口の先へ進み、道標を見て聖武連山の東コースに入ります。

2018122903

小さな山ですが、富士山の眺めもよく、集落も左下の眼下に見え、良い山でした。

2018122904

西コースを下り、少し戻るように歩くと尾続バス停への道が別れていました。簡単に登るなら新井バス停から歩くよりも、そちらから入る方が近いですね。

2018122905

八重山ハイキングコースに入ります。

2018122906

能岳の山頂は風が強く寒かったけど、富士山がきれいでした。

2018122907

柔和なお顔の石仏も健在です。

2018122908

八重山山頂は特に風が強く、帽子が飛ばされそうになりました。

2018122909

ウッドデッキは寒くなかったら、のんびりしていきたい所ですね。

2018122910

下っていくと盗掘などの注意書き。この山でもやはり貴重な植物などを掘りとってしまう不届き者がいるそうです。みんなの目でこういう人たちから植物を守りましょうね。

2018122911

懐かしき登山口。目の前に駐車場が作られていて雰囲気が変わっていました。

2018122912

取り付きがお墓で迷ったけれど、秋葉山。

2018122913

根本山には金比羅大権現の石碑。

2018122914

久しぶりに上野原駅北口。転回場に変わっていました。

最後に相応しく、富士山をたくさん見られた良い山歩きでした。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コタラ沢から百蔵山

10/28は百蔵山へ。

2018102801

猿橋駅からのバスを落合橋で下車。

2018102802

コタラ沢に入ります。

2018102803

右岸道を探ったのですが、やはり踏み跡らしきものはほとんど消えているようです。左岸に渡り、小尾根を見つけてたどると踏み跡が伸びていましたので、それをたどり、途中で踏み跡から別れて登りました。再び小尾根を見つけ、それを辿って登っていきます。

2018102804

岩場が出てこないかと心配しましたが、細い急登ながらも登っていくことができ、上部には石標もありました。

2018102805

結局、907mの手前の南尾根に出る始末。もっと先に進むべきでした。登山道を登って久しぶりの百蔵山ですが、やっぱりこの日は富士山は見えませんでした。

2018102806

でもリンドウがたくさん。

2018102807

先へ進むと紅葉が始まっていてカラフルですね。

2018102808

頑張って扇山を目指します。やはり歩く人が多いですね。台風の影響もありました。

2018102809

だいぶ登らされて扇山に近づくとやはり色づいていました。

2018102811

扇山の山頂は団体さんも含めてたくさんの人。でも、時間のせいかみなさん下山すると一気に静かになりました。

2018102810

あまり派手はないですが、オレンジ色もまずまず。

2018102812

先へ進みます。下っていくと山谷方面の道を分岐。

2018102813

左に折れて先へ進み、犬目への道を右に分岐。しかし、ここは左の道を進みます。

2018102814

倒木だらけの登山道を進みます。でも、テープなどが付けられていて進路 が分かりやすくなっていました。しばらく頑張ると犬目丸。

2018102815

どうも次の週に登山競技があるようでそこそこ整備してくれたみたいです。萩ノ丸は直下を通り過ぎて下っていくと金比羅社。久しぶりに双体道祖神がありました。

2018102817

道路に出て、普通なら四方津駅へ向かいますが、あえて右へ進んで犬目の集落へ。

2018102818

ゴルフ場の中の道、とい感じの道路を歩いて太田バス停へ出て、右へ行くと太田峠道の入口。

2018102820

しかし、相変わらず変な所を歩いてしまい、難儀してようやく出た所はヤブだらけの道、最近はほとんど使われていないようです。ヤブから出てほっとすると手製の道標がありました。

2018102821

最後まで気の抜けなかった山行になりました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤野鷹取山へ

井戸バス停に着いたのはまだ時間も早く、藤野鷹取山に登ることにしました。

2018041420

道端に雑草のように咲くノジスミレ。

2018041421

沢井入口から少し進めば、鷹取山の登山口。

2018041422

さすがにこのあたりのヤマザクラは終わっていました。この日は天気が悪く、風が強かったです。

2018041423

途中から降りようかと思いましたが、もう藤野駅から歩いたのは随分前の事だし、久しぶりに藤野駅まで歩くことにしました。小渕山は樹林の中。

2018041425

久しぶりに歩きましたが、逆コースは意外に登らされますね。岩戸山付近まで来るとわずかに天気が持ち直した感じ。

2018041426

色の濃いイカリソウが咲いていましたが、デジタルだと色が出ませんね。

2018041427

藤野神社に立ち寄り。石段を下って道路を歩き、藤野駅に出ました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

生籐山の春

果たしていつ追いつけるのか、分からなくなってきましたが、
4/14は生藤山へ。

2018041401

佐野川バス停が歩き出し。

2018041402

岩神社に立ち寄り。なかなか大きな木もある神社でした。

2018041403

しばらく里道を辿ります。向こうに見えるのは鷹取山ですね。

2018041404

途中、道がよく分からず、地元の方に教えてもらい、くらご峠に着きました。
芭蕉の句碑がありますが、芭蕉が実際に来たのかどうかは不明なようです。

2018041405

古い山道に入りますが、歩かれておらず、藪っぽいところも多かったです。上っていくとだいぶ歩きやすくなります。

2018041406

もう新緑の季節になっていて、天気はあまり良くなかったけど、芽吹きの森はきれいでした。

2018041407

ちょいと富士塚に立ち寄り。単なる盛り上がりという感じでした。

2018041408

庚申塔を過ぎて登山道に出れば、エイザンスミレがきれいでした。

2018041409

やはりとても静かではないヒトリシズカがたくさん。

2018041410

ボタンザクラ(八重桜)もよく咲いていました。

2018041411

鎌沢の軍刀利神社。

2018041412

甘草水のあたりの桜は旬を過ぎていました。三国山あたりはやはりヤマザクラ。天気が今一つだったのが残念でした。

2018041413

しばらく歩けば軍刀利神社元社。

2018041414

男坂を下りました。かなりきつい下りでやはり登りの方が安全だと思います。

2018041415

軍刀利神社奥の院の大カツラ。新緑の季節もいいですね。

2018041416

あたりにはマルバスミレ。

2018041417

道路を歩いていたら、花壇にイカリソウが。植栽なのかな。

2018041418

井戸バス停に出ました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

榎窪山から高尾梅園

かたくりの里の後はいつものように軽い歩きへ。

2018032521

小松城跡への道を歩きます。歩く人も多くなり、随分道が広がりましたね。昔は藪がかった所もあったのに、変われば変わるものです。

2018032523

この日はもう暑いくらいで、ヤマザクラも咲き始めていて、やはり今年はお花が早いですね。

2018032522

足元にはナガバノスミレサイシンがちらほらと咲いておりました。

2018032524

金比羅宮に行こうと思ったら、前に団体さんがいたので止めて、左に進んで広場で昼食。
道路をしばらく歩き、文学碑は通らず、そのまま榎窪山に向かいました。のんびり辿っていけば、榎窪山。

2018032525

少し下れば三沢峠。ここからごく普通に下り、梅の木平に降りました。途中にカタクリの表示があったけど、住宅のようでよく分からず、諦めて高尾山口に出ました。

2018032534

高尾山口駅の近くでも桜が咲いていました。

2018032535

まだ歩き足りなかったので、そのまま道路を歩いて高尾梅林へ。まだ梅が旬は過ぎていたもののそれなりに咲き残っていました。

2018032536

蛇滝口の手前あたりで終了。道路を歩いていると小仏関所跡あたりはサンシュユがきれいでした。高尾駅まで歩きました。

ということでその他のお花。

2018032526

久しぶりのキバナノアマナ。

2018032528

ミヤマカタバミはごくわずかでした。

2018032530

アズマイチゲ。

2018032532

ヤマエンゴサク。

楽しい花の山歩きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見台

12/9は高尾へ。

 

2017120901

 

他の山に行くつもりでしたが、起きられず、軽く歩くことにして高尾駅へ。
目の前で陣馬高原行きのバスが行ってしまい、仕方なく同じ方面の次のバスを川原宿大橋で下車して歩き出します。

 

2017120902

 

陣馬街道を松竹で曲がり、少し行けば松竹稲荷神社。このあたり、だいぶ伐採がされて山肌が露出している所が多くなっていますが、稲荷神社のあたりだけは残されているようですね。

 

2017120903

 

城山に向かいますが、霜が降りていてかなり寒かったです。
右の斜面も伐採されていますね。

 

2017120904

 

清龍寺滝に立ち寄ろうかと思いましたが、沢に出ると水が涸れていて、この時期はだめなようです。涸れた滝を見ても面白くないので、止めて先へ進みました。

 

2017120905

 

清龍不動を見て、踏み跡を登り、駒冷しに出ました。

 

2017120906

 

天守閣の跡はやはり小さな場所。

 

2017120907

 

 

 

しばらく登っていけば、富士見台。

 

2017120908

 

ここから滅多に富士を見たことがありませんが、やはりこの日も見えませんでした。

 

2017120909

 

ノープランなので、先へ行こうかどうしようか迷いましたが、下ることにしました。
先へ下って登り返すと熊笹山の表示。
以前はこんな表示無かった気が。

 

2017120910

 

荒井などに下る道を分岐しますが、先へ進んで久しぶりに駒木野へ下ることに。

 

2017120911

 

 

 

途中からはちらりと紅葉が見られました。

 

2017120912

 

しばらく歩くとお地蔵さんのあるピーク。なんでサングラスしているの?

 

2017120913

 

 

 

八王子市のリスの絵はかわいいですね。

 

2017120914

 

駒木野へ出て、わずかに右へ行くと小仏関所跡。

 

2017120915

 

 

 

駒木野庭園へ入ってみました。ここは駒木野病院になる前に前身の医院と住居として使われていたそうですが、八王子市に寄贈したそうです。

 

2017120916

 

立派な盆栽がいくつも置かれていました。
高尾駅に出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陣馬から高尾へ

10/30は久しぶりに平日山行。

2017103001

お休みをもらったのに台風。諦めてどこも予約しなかったら、予想外に早く抜けてくれることになりましたが、今更だし、3週間ぶりの山歩きなので、軽く歩こうと陣馬へ。
でも、台風一過の好天です。

2017103002

さすがに台風のせいか、この日は和田峠から先が通行止めになっていました。

2017103003

ひたすら登っていくと紅葉した木が。やはり青空とマッチしますね。

2017103004

陣馬山から眺める生藤山もすごくはっきり。

2017103005

富士山はと言えば、残念、雲が邪魔。

2017103006

陣馬山から海は見たこと無かった気が。

2017103007

人も少ないので、自分のペースで歩いて行き、景信山。山頂の標柱が新しくできていました。

2017103008

裏手の富士山が見える所に行くと、おお、雲が取れてすっきり富士でした。
でもこの日は雪が無いのが残念。

2017103009

小仏峠の標柱がなくなって、置物だけになると寂しいですね。

2017103010

城山山頂には赤く紅葉したモミジがありました。

2017103011

オレンジもなかなか。

2017103012

途中で降りるつもりでしたが、結局、高尾山まで歩いてしまいました。やはり高尾山からもしっかり富士が見られました。

2017103013

ここまで来たからには稲荷山コースを下山。途中の展望台から八王子方面の最後の眺めを楽しんで、下ります。

2017103014

高尾山口駅もさすがに空いていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧