登山(房総・筑波)

奥久慈岩稜コースその2

その1からの続きです。

2017031114

昼食を終えて先へ進むといきなり鎖場の登りでちょっときつかったですが、すぐ先が鷹取岩。
やはり入道岩は奇岩ですね。

2017031113

ちらりと男体山が見えます。手前のあたりが昼食を取った小岩峰です。

2017031115

ダンコウバイがちらほらと咲いておりました。

2017031117

アップダウンのある尾根を歩いていくと釜沢越でした。

2017031118

釜沢越から右へ下りましたが、台風などの被害か倒木なども多くあって下りにくい所が多いです。なんとか林道に下れました。

2017031119

列車の時間にはまだ早いし、まだ体力が余っていたので、帰りの列車を一本遅らせてもいいかと篭岩に向かいます。しばらく歩いて佐中の民家の所から不動滝に向かいます。

2017031120

しばらく進めば鳥居のある不動滝。この時は雨が少なかったので水量もわずかでした。

2017031121

先へ行くと幽邃な感じの峡谷の中を進むようになり、やがて鎖場で登ります。その先はとても長い鎖場。ひたすら上に向かって登らされる道です。やはり登り専用という感じでしょうか。ようやく登りついた所は篭岩でした。

2017031122

あたりには石仏がいくつも置かれています。梯子を登ろうかと思いましたが、あまりにも揺れるし、一人では事故を起こすとシャレにならないので止めました。

2017031124

展望台からはよい眺め、遠くには那須連峰らしき山も見ることができました。

2017031125

ハイキングコースを下り、上山の集落に出ます。

2017031126

集落から再び登山道に入り、下っていくと林道に出ました。

2017031127

しばらく歩けばつつじヶ丘の入口。時計を見ると、もしかしたら4時前の列車に間に合うかもしれない、と思いましたし、この時期はツツジが咲いている訳でもないので、先を急ぐことにしました。

2017031128

途中、大きな廃寺などを見て、歩いていきますが、ひたすら長い道路歩き。間に合うかどうか分からず、駅に着く直前はちょっと走りました。なんとか2分前に駅に着き、列車に間に合いました。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥久慈岩稜コース

11日は奥久慈へ。

2017031101

久しぶりに3時起きで隣駅の始発に乗り、西金駅を8時40分前頃に歩きはじめます。
珍しく登山者がもう一人。お話すると袋田の滝へ縦走するそうです。
以前に歩いた道、なかなかきついんですよね。

2017031102

久しぶりに大円地への道を歩いていくと、以前にも写真を撮った風景。
変わりないですね。

2017031103

今回は健脚コースを選択。最初は涸れ谷の中を進み、尾根に上がって先へ進みます。
ここまではなかなかの登りですが、あまり鎖場はありません。

2017031104

ちょいときつい鎖場になり、前の若いグループに追いついてしまいます。
慣れていないと少し厳しいですね。尾根のような所に出ると左に小岩峰があり、眺めが楽しめました。

2017031105

上部になると次から次へと鎖場の連続。それほど危険な鎖場ではありませんが、体力的にきついことは確か。ようやくの事で登りきると、眼下に集落が見えるすごい眺め。

2017031106

男体山頂はやはり素晴らしい眺め。男体神社奥宮の周りは一周する踏み跡があり、入ろうかと思いましたが、あまりにも危険。崖に引き擦りこまれそうな気がしたので、止めて正解でした。

2017031107

のんびり気分なものの、結構きつい下りもあり、下っていくと大円地越に着きます。

2017031129

奥久慈岩稜コースに入り、鷹取岩を目指します。やっぱり岩稜コース。でも、稜線を行くことは少なく、比較的登山道は穏やかな所が多いです。でも、たまに鎖場などもありますよ。

2017031108

誰にも会わないかと思ったら、一人やってきたので吃驚。小草越からは古分屋敷への道がありますが、通行止でした。

2017031109

登り返して岩稜を進みます。右側は切れ落ちていますので、あまり近づかない感じで歩きます。

2017031110

小さな岩峰からは下の集落が手に取るように眺められます。

2017031111

結構アップダウンがあるので、疲れます。フジイ越からも古分屋敷への道がありますが、通行注意になっています。

2017031112

奇岩を見て、右の小さな岩峰に立ち寄ります。鷹取岩はもうわずか先ですが、眺めもいいのでそこで昼食にしました。すぐ先が入道岩のようです。

長いので、その2に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船塚山

2/26は房総へ。

2017022601

久しぶりの久留里線。小さな下郡駅で下車します。

2017022602

このあたりは自噴井戸が豊富。汲みに来ていた人達も多かったです。しばらく歩くと鳥居が。

2017022603

山に取り付いて長い石段を登ると飯高神社。地元の方が掃除にきておりました。

2017022604

しばらく道路を登ると右手に参道のような所が。小さな石碑がたくさん並んでいました。ここは昔は出羽三山講があったそうです。

2017022605

山頂の神社付近からの眺め。肉眼で富士山も見えましたけど、ぼんやりともう春の気配で写真には写りませんでした。

2017022606

左へ少し行くと大きな広場のような所が。標柱には船塚山公園と書かれていました。昔は農耕馬の競馬場だったそうな。

2017022607

端の方にあるかと思って一回りしてしまいました。ようやく二等三角点を見つけました。

2017022608

しばらく歩いていくと浅間山手前の石祠。切り開きがあり、富士山がよく見えました。写真にもなんとか写ってますね。中央を気合で見て下さい。(笑)

2017022609

山頂の石祠。横の細工が竜や馬なのか、なかなかのものでした。

2017022610

最後は急な石段で道路に出ました。

2017022611

しばらく歩いて壬申山に向かいます。庚申堂を見ます。

2017022612

左手の樹林は伐採されていました。登りついた所は飯綱神社ということでした。

2017022613

二十三夜塔を見て、その先まで行きましたが、ただの藪山。しばらく笹薮を漕いで先へ行きましたが何もなく、戻りました。中央左のお堂が二十三夜堂でした。そこが壬申山らしいです。

2017022615

配水所裏手を通って道に出て、小学校の横を下り、車の多い道路に出ました。
しばらく歩けば白山神社があり、そこには前方後円墳がありました。これは奥側のこんもりした所。

2017022616

駅に向かい、道路を歩いていくと交差点には久しぶりの六地蔵が立っていました。

2017022617

まだお昼に俵田駅に着いてしまい、次の列車まで一時間待ち。天気も良く、近くの公園のベンチに座って、のんびり過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝篋山へ

2/12は茨城へ。

2017021201

初めてつくばエクスプレスに乗って、つくば駅からつくバスに乗り、小田東部で下車します。
ちなみに、土日限定の1日乗車券を車内で買うと、500円で乗り放題です。
と言っても、ここまで片道300円と安いので、往復だと100円安くなるだけですけどね。

2017021202

しばらく歩いて小田休憩所に立ち寄ります。
登山コースの簡単な地図が置かれているので、もらっておくといいでしょう。

2017021203

今回は極楽寺コースを選択しました。すぐに地蔵菩薩立像があります。

2017021204

いくつも滝がありますが、ごく小さな滝が多いです。登山道はよく整備されていて、この日もボランティアの方が整備しておりました。

2017021205

純平歩道に出ると富士山がきれいに見える所がありました。

2017021206

登っていくと富士山岩。確かに富士山みたいな形ですね。

2017021207

山頂手前で右に入ると宝篋城跡。静かな場所でした。

2017021208

バイオトイレの先を登ると宝篋印塔のある山頂に到着。

2017021209

とても眺めの良い山です。筑波山が近いです。もちろん富士山もばっちり。

2017021210

個人的には八ヶ岳が見えたのが吃驚。白い山が見えたので、どこの山かと思っていたのですが、わずか下に眺望の山名が書かれた石があり、それを見て八ヶ岳と知ったのでした。

2017021211

ちなみに三角点は端が欠けてしまって何等か分かりません。後で調べると三等三角点らしいです。今は柵の内側にあるのですが、昔に傷つけられてしまったのですね。

2017021212

山口コース1を下ります。途中、少し雪がありました。

2017021213

下っていくと水場がありました。

2017021214

だいぶ長かったですけど、里道に出てしばらく歩いていけば、大池・平沢官衙入口のバス停でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜神峡へ

1/7は茨城の竜神峡へ。

2017010701

常陸太田駅から馬次入口行きのバスに乗りますが、土日の午前中は10:02発のみです。
これを竜神ダム入口で下車しました。

2017010702

下から竜神大吊橋を眺めます。

2017010703

竜神峡の道をしばらく歩いていくと竜神ふるさと村への道が分岐します。
冬季は休業のようです。

2017010704

亀ヶ淵は神秘的な感じですね。

2017010705

亀ヶ淵340m峰に登りました。かなりの急登で笹薮もあり、なかなかきつかったです。
山頂からは武生山がよく見えました。

2017010706

反対に見えるのが明山でしょうか。近いけど、渓谷を隔てているので、行くのは簡単ではありません。

2017010707

再び登山道に戻って先へ進み、沢を渡ってから再び登っていきます。だいぶ登ると道標がありました。

2017010708

武生神社の鳥居近くに出ました。

2017010709

武生神社でお参り。

2017010710

ご神木があるようなので、裏手に行ってみると、すごい太郎杉。
推定樹齢800年の自然杉だそうです。

2017010711

道路に戻り、宝剣洞展望台で一休み。明山とさきほど登った亀ヶ淵340m峰がよく見えました。

2017010712

道路を下っていきます。大きな道路は工事中、左に曲がらされたので、武生林道かどうか半信半疑でしたが、問題なく降りられました。

2017010713

武生山入口バス停でのんびりバスを待ちます。
帰りも土日は14:56の一本だけです。
ちゃんと来てくれるか心配でしたが、しっかり来てくれました。

2017010714

やはりバスが少ないせいか、夕方の常陸太田駅に着いてなんとなくホッとしたのは事実でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨川富士

12/24は久しぶりに房総へ。

2016122401

安房鴨川駅からバス便もあるけど、使いにくく、歩いても30分程度ということだったので、歩いて鴨川富士を目指します。

2016122402

登山口付近はもう水仙が咲いていました。

2016122403

取り付きが民家だし、その先も登山道というよりは、踏み跡という感じでした。
尾根を辿って浅間社跡を過ぎ、西峰に着くと海越しの富士を見ることができました。

2016122404

大きな木と祠があります。

2016122406

さらに歩いて鴨川富士の山頂。スダジイの巨木はホントにでかい!実際の山頂は左上の暗い樹林の中でした。

2016122407

北へ下りますが、やはり踏み跡。赤テープが頻繁にあり、ロープも張られていたりしましたが、その先も一般的には不安になる道だと思います。最後もテープを見ながら下って立岩観音に下れました。岩壁にへばりつくような神社ですね。

2016122408

降りてからしばらく歩いて行くと女神山(右)と男金山(左)が見えます。それにしてもなぜ男神山もしくは女金山じゃないのか、山名に興味がありますね。

2016122409

女神山は個人の敷地らしく登れないようです。裏参道から登って男金山の山頂。男金神社があります。ほとんど眺めはなく、樹林の山頂でした。

2016122410

表参道を下って振り返ると男金山がよく見えました。

2016122411

安房鴨川駅に向かいますが、鏡忍寺というお寺に立ち寄ります。茅葺きの山門があり、この日は奥の木がまだ紅葉していて、いい雰囲気になっていました。

2016122412

立派なお寺で、日蓮の小松原法難の地として知られているようです。
降神槇という巨木があります。看板によると樹齢千年以上だそうな。

2016122413

旗掛松の跡地を見た後、安房鴨川駅に戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水仙と鎌倉古道

16日は房総へ。

2016011601

保田駅から青バスに乗りますが、超満員。さすがに水仙の時期だからでしょうか。バスの自動扉が壊れて閉まらない事件もありましたが、途中で運転手さんがガタガタとやったら直ったりして吃驚。市井原で下ろしてもらいました。

2016011602

しばらくは水仙畑を見ながら歩いていきます。今年はちょっと咲くのが早かった感じがありました。

2016011604

花つきが少なめな感じもしました。

2016011605

道を登っていき、草に埋もれかけた石仏などを見れば、その先は山道になります。
しかし、あまり人が歩かないようで、かなり木などからの堆積物の溜まった道になっていました。

2016011606

再び道路に出て、しばらく緩やかに登りながら進むと保田見峠。鎌倉古道へ入ります。

2016011607

このあたりはまずまずの雰囲気の道ですが、先へ行くとやはりマイナーな道であまり歩かれていない道です。

2016011608

三浦三良山に登ってみます。平坦地のあるただの場所。こんもりした所が向こうに見えたので行ってみましたが、土塁のようで、その向こうはただの藪斜面でした。

2016011609

古道に戻って先へ進むと大日如来の分岐。踏み跡を辿ると大日如来の像と石碑が置かれていました。その先に古い道標の石柱があるはずなのですが、見落としたようです。

2016011610

途中で単独の人に会いました。先へずっと歩いていけば、梨沢大塚山。石祠などがいくつも置かれていました。

2016011611

梨沢へ向かいますが、途中はやはり古道の雰囲気。

2016011612

最後は畑に出ました。

2016011613

歩いて上総湊に向かいます。途中には昔は分教場だった公民館がありました。

2016011614

さすがに上総湊へは遠かった。上総湊は菜の花が咲き、もう春みたいな暖かさでした。

なお、鎌倉古道はあまり歩かれていないようなので、地図、磁石が必要です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高宕山へ 2

1からのつづきです。

2015011814

崖横の細い道を進み、折れ曲がってはしごを登ると高宕山頂。
富士山もよく見え、素晴らしい眺めの山頂でした。

2015011815

分岐に戻って先へ進むと高宕観音。だいぶ年季の入った建物でした。

2015011816

少し下ると金剛力士像がありますが、親しみのあるちょっと面白い像です。

2015011817

途中に西国観音3分の表示を見て、そちらに入りましたが、かなり歩きにくい道でした。
なんとか進むと岩場に観音が置かれていました。享保らしき文字が土台に見えましたから、1730年台頃のものでしょうか。

2015011818

先へ進んで歩いていくと、猿の餌やり小屋跡に着きました。残念ながら先の石射太郎山頂は柵があり、通行止のようです。

2015011819

植えられたもののような雰囲気ですが、水仙がよく咲いていました。

2015011820

意外にあっという間に林道に下りついてしまいます。たくさん車が置かれていました。
林道を歩いていくと、明るい山村の雰囲気がいい感じでした。

2015011821

植畑上郷のバス停に着くと、なんと13時15分のバスに間に合ってしまいました!ラッキー!(^^)v

2015011822

中島バス停で乗り換えて木更津駅へ。(君津駅行のバスもあります。)
おかげで思ったよりも早く家に帰れました。

この日のレポはこちら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高宕山へ 1

18日(日)は再び房総へ。

2015011801

初めて上総湊駅から戸面原ダム行のバスに乗りますが、バス乗り場がよく分からず、乗り遅れそうになりましたが、なんとか乗ることができて関豊で下車します。バス停名は「関豊駅」と変わっていたようでした。

2015011802

しばらく歩くと道端にはやはり水仙が咲いていました。

2015011803

集落の先から登山道に入ります。

2015011804

こちらの道は一般登山道ですが、あまり歩く人もおらず、荒れているという情報がありました。それを裏付けるように入口には観光協会の名前の入った注意書きがたくさん貼られていました。

2015011805

下部は確かに荒れていて歩きにくい道が続きました。やはり山慣れた人の方がいいでしょう。宇藤木への分岐はひっそりとしています。

2015011806

途中、やはり少し進路が分かりにくいところがあります。苔の付いた岩が出ている上を歩いたりするのは房総らしいです。

2015011807

左上に登るのかと思っていったら道がなくてびっくり。あわてて戻り、よく観察すると、右下の石段を登って、すぐに右に折り返して登るのが正解でした。

2015011808

暗い樹林の中を登るとお茶立場。なぜかやかんが。谷はだいぶ倒木で荒れています。

2015011809

少し登ると三郡山への分岐に着きます。この先道が良くなるかと思ったら、そんなことはなく、巻き道を進んだら、ぱったりと道がなくなっていて戻って稜線を進んだりしました。

2015011810

高宕山に近くなってきました。

2015011811

奥畑からのふれあいの道と合わさるとこれはとても良い道に変わります。

2015011812

高宕山は一度右を巻いてしまい、通り過ぎてから戻るように登るようです。

2015011813

岩場や擬似はしごなどを登ると素晴らしい眺め。でも、まだ山頂は少し先です。

長くなったので2に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横尾番所跡へ

12日(月:祝)は久しぶりに千葉へ。

2015011201

久留里線に乗り、随分久しぶりの上総亀山駅で下車します。とってもいいお天気。

2015011202

坂畑集落から山に向うと昭和初期の道標。

2015011203

林道という感じの道を歩いていきます。途中、ちょっと分かりにくい分岐もあったりしました。
なんとか取り付きに着きました。

2015011204

尾根を切ってしばらく下ると横尾番所跡。風の吹きぬける寒い竹林の中でした。写真は比較的明るく写っていますが、実際はもっと暗かったです。

2015011205

古い六地蔵が当時しのばせます。

2015011206

その先は孤独感の増す寂しい道が続きます。道は続いていますが、場所によってはかなり細いところもありました。

2015011207

林道に出るとなんとなくホッとしました。

2015011208

少し進むと北向地蔵尊の霊水とかかれた場所に着きます。実際に水が溜まっていました。岩から水がわずかに流れ出ているようで、ポタリポタリと落ちていました。

2015011209

少し先に北向地蔵があります。

2015011210

天保二年の石仏。右側は壊れてしまったのでしょうか。

2015011211

途中で林道から外れて旧道に入りますが、ひどく荒れた道。ほとんど沢みたいな雰囲気でした。その先も荒れていましたが、テープに助けられ、ようやく畑の横に降りたときはホッとしました。

2015011212

しばらく集落を歩き、久留里城入口から山道に入ります。

2015011213

途中には道標があったり、探鳥路の案内板がありましたが、どう見ても今は歩く人はほとんどいなさそうでした。

2015011214

急に観光客の歩く天守閣に出るとギャップがありました。

2015011215

天守閣からはまずまずの眺めでした。

2015011216

資料館にも立ち寄りました。裏手には上総堀りの櫓が展示されていました。

2015011219_2

久留里駅に向うと途中には自噴井戸を二つほど見ました。飲んでみるとなかなか柔らかいお水でした。

2015011218

久留里駅は意外に小さな駅。一時間待ちでした。

この日のレポはこちら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)