登山(房総・筑波)

雪入山、浅間山

4/14は茨城へ。

2019041401

土浦駅から柿岡車庫行きのバスに乗り、上佐谷バス停で下車します。

2019041402

あたりには桜がよく咲いていました。

2019041403

林道を先に進むとヤマザクラもしっかり咲いていました。

2019041404

雪入ふれあいの里公園のあたりはわずかに旬過ぎでしたが、それでもまだしっかりと桜が咲いていました。

2019041405

ヤマザクラと桜の饗宴。

2019041406

先へ進むと山道がありました。

2019041407 

中央青年の家に向かいますが、途中で雪入山に向かう直登コースの案内に変わっていたので、適当に林道に降りました。

2019041408

林道をしばらく進むと右にいやしの里への近道があったので、そちらの山道に入りました。

2019041409

しばらく山道を進むと林道のような道に出て、右へ進むといやしの里という施設がありました。

2019041410

少し先へ行くとヤマザクラの大木を見て、そこから登山道。右は眺望コースなので、左の道を登りました。

2019041411

急な道でパラボラ山にたどり着き、先へ進むと剣ヶ峰。良い眺めでした。
天気が今ひとつになってきたのが残念。

2019041412

このあたりが最高点と思われます。雪入山の山頂付近ですが、特に山名板などはないので通過地点という感じでした。

2019041413

パラグライダー場跡を過ぎて下ると青木葉峠。

2019041414

先へ登り、分岐から左へ急な道を登ると浅間山の山頂。

2019041415

山頂付近からはヤマザクラの向こうに雪入山。

2019041416

やはりヤマザクラ越しに筑波山も見ることができました。

2019041417 

ニオイタチツボスミレをよく見かけました。やっぱり香りが良かったです。

2019041418

先へ進んでいくと緩やかな道。三ツ石森公園などへの道を分岐します。

2019041419

さらに歩いていくと左に弘法石と書かれた案内板があり、そこから左に入るとわずかで弘法石がありました。

2019041420

さらにだいぶ歩いて権現山。このあたりも桜が満開でした。

2019041421

御野立所の石碑。昭和四年、陸軍の演習の際に昭和天皇のご統監された所と案内板にありました。

2019041422

やはり民家などが眺められる場所で桜がよく咲いていました。

2019041423

少し迷いましたが、上志筑北というバス停に出ることができました。土浦駅に出て帰りました。

 

| | コメント (2)

長福山へ

男体山から先へ進みます。

2019031909

先へ下り、さらに歩いていくと上小川駅への分岐。

2019031910

その前にわずか先の小さなギャップに登るとこれから歩く長福山が見えました。

2019031911

何度も折り返しながら下っていくと大きな鳥居の近くに降り立ち、左奥に進むとそこには男体神社。

2019031912

いつものごとく藪道に取り付きます。途中には枝藪、笹薮あり。

2019031913

尾根をだいぶ登って小さなピークで南に向かうようになります。

2019031914

こんな所にという場所に誰かの付けた長福山のプレート。この日は風が下から吹き上がってとても寒かったです。

2019031915

踏み跡を進み、テープの付いた所から急下降でお寺に降り立ちます。
長福観音というお寺だそうですが、小さな六地蔵がなんともいい感じでした。

2019031916

右に進んで山の中腹道をしばらく歩きます。途中、少し下の集落を眺められる所がありました。

2019031917

だいぶ歩いて上小川駅。
駅前の商店でホワイトプリンと書かれた看板を見かけたので、入ってみると雑貨屋さんのようですがプリンが売られていました。
普通のプリンの代わりに牛乳が使われているそうです。
ブルーベリーが入ったものを買ったのですが、普通のプリンの濃さとは違って、これはこれで美味しいものでした。

 

| | コメント (0)

久しぶりに奥久慈男体山へ

3/24は久しぶりに奥久慈男体山へ。

2019031901

いつものように3時起きで西金駅へ。天気がよいせいか、他にも数人下車しました。

2019031902

道路を随分歩いて大円地へ向かう途中、菜の花がよく咲いていました。春だなぁ。

2019031903

大円地では梅がよく咲いていました。

2019031904

今回は健脚コースを見送って、一般コースを大円地越しに向かいます。途中にはユリワサビ。

2019031905

ヤマエンゴサクでしょうか。わずかに咲いていました。

2019031906

久しぶりの大円地越。鷹取岩へ歩いたのはついこないだに思ったけど、もう2年経ちました。

2019031907

切れ落ちた横の道を登っていけば、男体山頂。祠の後ろまで行ってみたら、やっぱり怖かった。。。

2019031908

春にしてはよく見えた方でしょうか。

続きます。

 

| | コメント (0)

羽黒山、棟峰

佐白山は午前中の早い時間に終わったので、三駅ほど列車に乗って羽黒駅へ。

2019031821

羽黒駅からしばらく歩いて国道を越え、さらに歩いていくと先には右の羽黒山と左の棟峰見えてきます。

2019031822

ようやく山裾まで達すると鳥居があり、羽黒山の登り口。

2019031823

しばらくきつい登りを頑張り、山頂に着くと木祠がありました。

2019031824

ヤブの中の怪しい踏み跡を探しながら進んで棟峰。
おそらくこれが四等三角点ではないかと思うのですが、正しいかどうか微妙。
藪山なんで、別に山頂を踏んでも踏まなくても一角に達したことは間違いないので、別にいいんですけどね。

2019031825

手前の鞍部から古い踏み跡を辿ってなんとか降りることができました。
ホッとして歩いていると草のようなグリーンがきれいでしたが、これは野菜なのかな?

2019031826

羽黒駅まで歩いて戻りました。

2019031827 

時間が早かったので、久しぶりの百観音温泉。平日なので空いていてのんびり浸かれました。

 

| | コメント (2)

富士山、佐白山へ

3/18は笠間へ。

2019031801

笠間駅で下車すると高校生がたくさん。ちょうど通学時間だったのでしょうね。

2019031802

しばらく道路を歩いて笠間稲荷神社。さすがに平日の朝ということで人はほとんどおらず、静かにお参りできました。

2019031803

笠間日動美術館の横あたりから左に入り、佐白山観世音寺を通り、先へ進んで富士山に取り付きます。
ツツジの時期は人がたくさんなんでしょうが、もちろん誰もおらず、静かです。

2019031804

360度の大展望、天気も最高で、気持ちの良い山頂でした。

2019031805

第ニゲートへ降りて先へ進むと千人溜まり駐車場。その先へ進むと大手門跡がありました。

2019031806

しばらく登って広場にたどり着くとノジスミレが咲いていました。

2019031807

高台に登ると八幡台櫓跡。ここにあった建造物は近くのお寺に移動されたようです。

2019031808

天守閣跡に向かいます。大きな石段を登っていくと天守閣らしい所に出ますが、石積みは当時のもののようです。

2019031809

さらに大きな石段を登ると佐志能神社。古めかしい神社ですね。

2019031810

少し下った所から左へ進むと石倉。あたりには大きな岩がゴロゴロ。
少し眺めがありましたが、さきほどの富士山の眺めと比べてはいけませんね。

2019031811

下っていくと佐白山麓公園。時鐘が復元されていました。

2019031812

笠間日動美術館へ出て、戻ろうとしたら、行きに気づかずに通り過ぎた大石邸跡。
大石内蔵助良雄の曽祖父、祖父が住んでいた屋敷跡だそうな。大石内蔵助像も公園からこちらに移動されたようです。

笠間駅に戻りましたが、まだ午前中でした。

| | コメント (0)

鹿野山へ

3/9は千葉の鹿野山へ。

2019030901

佐貫町からのバスを終点の神野寺で下車して歩き出します。

2019030902

大町桂月も泊まったという大塚屋旅館などを見て、戻るように歩いていくとまずは古い道標。 如意輪観音だそうです。

2019030903

しばらく歩けば、案内板の立つ入り口。

2019030904

古道を行くと鹿野山の碑があります。

2019030906

鳥居岬付近は何が岬かよく分からず、十州台へ。しかし、今はヤブ山になっていて、ヤブの中に入り込んでようやく三角点がありました。

2019030907

あたりを探しますが、道が分からず、うろつき回り、結局、谷に降りてしまいました。沢を下りかけましたが、登り返して山道に出てホッとしました。

2019030908

果たして正しい道かどうかよく分からず、半信半疑で進むときれいな谷地に出ました。

2019030909

橋を渡ります。

2019030910

舗装の道を登っていくと途中にはお地蔵さんが。これで地蔵坂であることが分かり、予定通りの道でした。

2019030911

途中には六地蔵かと思ったら、右側は地蔵がありませんでした。置かれている裏面がくずれているようですが、そちらにあったのかな。

2019030912

山神社を見ます。

2019030913

途中には植栽っぽいけどミツマタ。

2019030914

鹿野山へ戻る田倉みちに入ります。わずかに右手が眺められる所がありました。

2019030916

神野寺に戻ってきたのでお参り。なかなか大きな神社で裏には奥の院もありました。

2019030915

近くには早咲きの桜がよく咲いていました。

2019030917

大イチョウのようです。秋の黃葉したときに来てみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

津森山と人骨山

1/14は房総へ。

2019011401

保田駅からバスに乗り、終点の大崩バス停で下車。

2019011403

このあたりはをくずれ水仙郷と呼ばれ、水仙の産地。すごい量が咲いていました。

2019011405

しばらく歩いて峠を越えると人も少なくなり、やがて津森山の入口。

2019011406

途中、間違えて民家への道を辿ってしまったりしましたが、歩いていくと最後の一軒家の軒先を進み、ようやく津森山への道がありました。

2019011407

登れば津森山の山頂。石碑がいくつもありました。

2019011408

眺めも楽しいものでした。
少し奥に行けば富士山の見える場所があったようです。後で知りました。(T_T)

2019011409

人骨山へ向かいます。途中、切通を抜けます。

2019011410

畑だったあたりを過ぎます。

2019011411

細い道を辿って登っていくと藪っぽい小さな人骨山の山頂に着きました。

2019011412

下りはちょっと踏み跡チック。特に水田跡のあたりはあまり雰囲気も良くなく、早く抜けたい気になりました。登り返した所は名残峠と呼ばれる場所のようです。これはエノキの大木だそうな。

2019011413

ちょっと寄り道。奥山への旧道というのに入って見ました。向こうに見えるのが嵯峨山でしょうか。まだ歩いたことがないので、そのうちには行きたいな。

2019011415

佐久間ダムはなかなか広い感じ。散策している人が多いです。

2019011414

あたりにはやはり水仙が多かったです。

2019011416

登り返して大崩バス停に戻ると臨時便に間に合いました。
せっかくなので保田駅に出て、久しぶりにばんやに立ち寄り。美味しい刺し身で一杯。

2019011417

保田駅に歩いて出ると普通列車が少し前に行った後。普通列車は一時間半以上後なので、約ワンコイン投じて特急券を買い、君津まで乗って、そこからのんびり帰りました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三條大塚山

12/15は房総へ。

2018121501

久しぶりに五井から小湊鉄道。やはりローカル色が濃いですね。

2018121502

がたごとと一時間程度揺られて上総中野駅で下車して歩き出し。

2018121503

タクシーがいれば乗りたかったけど、まったくおらず、歩いて山に向かいます。
田代滝入口には看板がありました。

2018121504

その道に入ってしばらく進むと田代滝。
看板によると白い大蛇が現れたとかの伝説があるそうです。

2018121505

途中にはバス停があるんですけど時刻が書いていません。おそらくバスはなくなってしまっているのでしょうが、撤去されていないのは地元の方専用の乗り合いか何かあるんでしょうね。

2018121506

古い公民館があった場所のようですが、敷地だけが残り、乳清水の石碑がわずかに残されていました。

2018121507

峠と思われる場所。左に折れて進みます。

2018121508

古くは集落の人が使った道だったようですが、倒木だらけでひどい道でした。随分進んで大塚山の手前に出ると簡易舗装の道になっていました。

2018121509

誰もいない三條大塚山に到着。広い眺めの山頂は風があって寒かったものの、悪くない山頂でした。

2018121510

下っていくと水仙が咲いていました。

2018121511

道路に出て往路を駅近くまで戻りました。さらに右に折れて大多喜方面に向かい、左に入れば光善寺。

2018121512

急な道を登って着いた所が七面山。

2018121513

さきほどの三條大塚山に比べるとそれほどではありませんが、やはり房総の低山は里山の雰囲気がいいですね。

2018121514

いすみ鉄道は随分乗ってないなぁと思いつつ、再び小湊鉄道で五井に戻りました。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明山、篭岩山へ

何度も奥久慈の山に通うと歩いてみたくなる、明山と篭岩山。 体調に不安があったものの、今を外すとまた遠くなるなぁと4/1は出かけてみました。

2018040101

初めて竜神大吊橋を渡ります。山に入るには渡らなくてもいいのですけど、朝早いバスはここ止まりしかないので、渡るしかありません。通行料は310円でした。

2018040102

相当な高さにある橋。途中にはこんなトラップが! 下が丸見えです。
強化ガラスなんでしょうけど、高所恐怖症気味の自分は脇を通りました。(^^;

2018040103

橋を渡り、先を下っていきます。ゲートを過ぎると橋には戻れないという注意書きがありました。

2018040104

以前に武生山に行ったときに歩いた道を辿ります。さすがに朝早く、歩いている人は見掛けませんでした。久しぶりの亀ヶ淵。

2018040105

沢沿いの道を辿っていきますが、一人下ってきた方がいて吃驚。道を聞くとテープを付けてきたと話をされていましたが、地元の方なのでしょうね。 谷の中の道は少し分かりにくい所もあったものの、お陰で迷うこともなく、三葉峠に着くことができました。

2018040106

しばらく急峻な道を辿り、明山への直登ルートに入ります。トラロープがついていてお世話になりました。

2018040107

必死こいて登り付いた所が明山の山頂。ぐるりの展望があります。

2018040108

あれは武生山ですかね。下にあるのは340m峰かな。遠くの山はまったく分からないけれど、明るく展望の良い山頂でした。

2018040109

今回の目標は篭岩山。アップダウンのある尾根を進んでいきます。途中には道標もあるけれど、やはり東京のすぐ近くの山とは比較にならない山道。

2018040110

一枚岩に立ち寄ります。眺めの良いピークで昼食。人の気配がなく、一人ポツンといる孤独感がありました。

2018040111

篭岩への分岐を過ぎると核心部。やはり踏み跡はそれまでより薄くなった感じ、それでもこのあたりはそれほどきついアップダウンではなく、ようやく手前の岩場に着きます。 なんと登ってきた人がいて吃驚。この稜線で会ったのはこの人だけでした。

2018040112

キレットの下りになり、ひどい急下降。最初は鎖が付いているものの、少し下ると横に付いていて、鎖をもし離すと一巻の終わり。その先のトラロープの直下降はまさに危険の一言。やはりこんな所を歩くのは自分のように酔狂な人だけでしょう。ひさしぶりに興奮して足がガクガクしてしまいました。

2018040113

もうひとつキレットがあり、 その下りも注意が必要、鞍部からの登りもルートが難しいです。やさしいけど大きな岩場を登って、その先へ行けばようやく篭岩山の山頂。遠くには男体山が見えていました。おそらく手前の山は去年歩いた岩稜コースでしょうね。

2018040114

下る道も分かりにくい道。なんとか下ると谷に下り、そこから谷の中を進みます。果たしてあっているのか分からず、だいぶ歩いて古い釜沢越の表示を見つけた時は狂喜。

2018040115

久しぶりの釜沢越。峠はあまり変わっていませんでしたが、その先は若干歩きやすくなっていました。

2018040116

以前下った道をのんびり下り、道路に降り立ちました。

2018040117

のんびり道路を下ります。途中にまだお住まいか分かりませんが民家があり、菜の花、桜が咲いていて、桃源郷という感じでした。

2018040118

だいぶ歩いてもう何度も来た西金駅。駅前の桜が大きかったです。

2018040119

駅のたたずまいは変わりありませんでした。

ということでこの日見掛けたお花。

2018040122

同定が難しいけれど、ムカゴネコノメなのかな。

2018040121

数は少なかったけど、イワウチワも見ることができました。

頑張った一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真岡の里山

3/3は栃木へ。

2018030301

小山から水戸線の下館に行き、随分久しぶりに真岡鉄道に乗換えて、寺内駅で下車します。

2018030302

山は遥か遠いです。ようやく五行川を渡ります。

2018030303

北関東自動車道の下を通り、さらに随分歩いてようやくの事で専修寺。
大きなお寺でした。

2018030304

さらに歩いてようやく山が近くなりました。

2018030305

取り付きがよく分からず、変な所から登りました。なんとか小尾根を辿るとよい踏み跡が通っていました。

2018030306

地元の方が付けたものか古い看板が付いています。仏生寺というところへ降りられるようです。

2018030307

明るい山頂の浅間山。このあたりには浅間山が2つあるので、阿部岡浅間山とも呼ばれているようです。

2018030308

阿部岡へ下りましたが、ひどい藪道。笹薮の道に閉口して左へ降りたら、これもまたひどい下りになってしまいました。へんな所から道に出たので、地元の方に不審な顔をされてしまいました。(^^;
延々と歩いてようやく磯山。三角点付近は眺めはあまりないけれど、一等三角点の山でした。

2018030309

帰りは桜町陣屋跡に立ち寄ります。二宮尊徳(金次郎)がここを拠点として報徳の教えを広めたそうな。

2018030310

帰りもひたすら遠かった。ようやくの事で寺内駅に戻り、のんびり列車を待ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)