登山(東北)

背戸峨廊

9月5日(土)は福島の背戸峨廊へ。
背戸峨廊は大震災により、ずっとトッカケの滝の先からは入山できませんでしたが、今年8月に整備され歩けるようになりましたので行ってみました。

ご注意:

2015年9月10日から11日の大雨の影響により、
2015/9/18現在、トッカケの滝から先は再び通行止になっています。

リンクはすぐに切れてしまうかもしれません。いわき市のホームページなどで、必ず状況を確認してからお出かけください。
いわき市の「背戸峨廊への入山について」(更新日2015/9/18)

2015090501

延々と列車を乗り継いでいわき駅経由で、磐越東線江田駅下車。ここまで家から5時間以上かかり、まさに山旅。

2015090502

駅からしばらく歩くと背戸峨廊の入り口。石碑があります。

2015090503

登山道を進むと下って沢横を歩くようになります。道はしっかりありますが、やはり歩きにくい所もあり、登山靴必須でしょう。

2015090504

まずはトッカケの滝。なかなかの滝です。普通の観光客はこのあたりまで。

2015090505

直登コースを選択し、滝横の梯子を登ります。なかなかスリルがあります。

2015090506

登り切るとねじれた滝がありました。

2015090507

先へ進むと鎖の付いた岩場のへつりなども結構あります。
片鞍滝だと思いますが、大きな倒木が邪魔しておりました。

2015090508

竜門の滝の下側でしょうか。左手スラブ状の岩場を登ります。鎖もあるので心配はありませんでした。

2015090509

竜門の滝。こちらも倒木が邪魔しておりました。

2015090510

案内板があり「胸突き千丈水返し」という岩場を見て、先へ進むとこのあたりが竜の寝床。

2015090517

心字の滝。

2015090511

鹿の子滝。

2015090512

見返り滝は岩場に隠れ気味なのであまり見えませんが、水量があり、上から落ちる様を見るのもなかなか。

2015090513

ラストの滝が三連の滝。水量があって左岸には渡れなかったので、奥が見えませんでしたが、奥に二つほど滝があるそうです。

2015090514

ひどい急坂を登ると早周りコースとゆっくりコースが分岐します。谷の中を歩いただけで十分満足したので、早回りコースを選択しました。

2015090515

ちょっと登っただけなのに、意外に涼しい風が吹き、山深い感じがあって、やはり福島の山でした。

2015090516

下っていくと駐車場近くで行きの登山道に合わさり、江田駅に戻りました。
のんびりと列車を一時間ほど待ち、郡山経由で帰宅しました。

福島の山はやっぱり遠かった。でも楽しい歩きでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

栗駒山その2

次の日もまた栗駒山に登り返します。

Dsc_0585

少し登ると黄色のお花がたくさん咲いていました。ハナニガナのようです。

Dsc_0591

今度はうまく撮れたタテヤマリンドウ。

Dsc_0594

天気が良くて須川コースは、気持ちいい登り。写真だと小さいですけど、遠くに見える山は焼石岳でしょう。

Dsc_0596

やっぱりイワカガミ。

Dsc_0599

だいぶ霞んでいますが、山々を見ます。右は湯浜温泉方面への道。

Dsc_0603

雪渓などを見ながら山頂へ向かいます。山頂はかなりの人。展望もぼんやりと霞んだ眺めであまり面白くないので、休みますが、かなりの暑さ。それでもあんまり早く下ると温泉に早く着きすぎてしまうので、手持ちぶさたになってしまいます。

Dsc_0613

やっぱりスミレを見掛けました。

Dsc_0621

湯浜温泉への道は静かな歩き。日曜日ということもあり、こちらへ下るとかなり不便になるので、まず人は来ないでしょう。このあたりは雪田もあってプロムナードでした。

Dsc_0632

ヒナザクラがやっぱりたくさん咲いていました。

Dsc_0635

樹林の中に入ると湿気の多い道になります。泥道やぬかるみの多い道で閉口します。ギンリョウソウがたくさん咲いていました。

この日は湯浜温泉に泊まりました。

次の日は温泉巡りを楽しみ、温湯温泉へ。途中、白糸の滝に立ち寄ります。

Dsc_0648

水量は少ないものの、なかなか見応えのある滝でした。林道からの一番の近道は、橋が壊れていて通れないため、誰もいませんでした。

Dsc_0652

最後は仙台藩寒湯番所跡を外から見学しました。

しかし、ここからの帰りが長かった。温湯から花山小学校へは、平日のみ一日三本の市民バスがあります。しかし、バス停は存在しません。一本は早朝なのでほとんど使えない。二本目は昼2:50で、これに乗ろうと佐藤旅館の所で待っていたら、通り過ぎようとしていたので、危うく乗り逃すところでしたが、あわてて手を振ってなんとか乗れました。ちなみにこのバスは栗原市のHPになんとか乗っていました。

Img_2950

その先の花山小学校からのバス時間は事前に調べましたが、インターネットにはどこにもありません。果たして連絡があるのかどうかかなり不安でしたが、着いてみたら、なんとかこれまた平日だけの乗り継ぎが可能です。しばらく待って乗ったのは15:30発のバス。授業を終えた小学生と乗車しました。

Img_2951

終点の築館(つきだてと読みます)営業所で下車しますが、これまた乗り継ぎが考慮されてません。駅へどうやってでようかとミヤコーバス営業所の中にいた女性の方に聞いてみましたが、別会社(写真のグリーン観光バス)の路線なら、なんとか駅に出られるということでした。親切に教えてくれた方に感謝。1時間以上待って、ようやく乗った17:35の最終バスは地元の人が一人だけ乗っている状況。この路線も存続は危ういなぁ。ということで、ようやく、出発駅のくりこま高原駅に戻ることができたのは18時少し前。家に帰り着いたのは23時頃になってました。

やっぱり東北の山はいいですね。花も温泉も記憶に残る山旅になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗駒山その1

先週は栗駒山と秘湯を堪能してきました。

東北新幹線でくりこま高原駅へ。いわかがみ平行きのバスは10人程度の乗車。駐車場横から歩き始めますが、東栗駒コースを取りました。

Dsc_0431

やっぱりタムシバ。

Dsc_0433

イワカガミが出てきました。

Dsc_0434

歩きにくい道を登っていくとサラサドウダンの木にたくさん花が咲いていました。

Dsc_0437

マイヅルソウなのかな。

Dsc_0440

ツマトリソウは写真を撮るのが難しいですね。白トビ寸前。しかし、この名前は妻を娶るのか、妻を(奪い)獲るのか、どっちなんでしょうね。個人的には前者であって欲しいですけど。登山道脇にたくさん咲いていました。

Dsc_0444

沢沿いは雪渓が埋めているところもあります。天気が今ひとつ。

Dsc_0451

東栗駒山のあたりは暴風状態。そんな中でキジムシロでしょうか。よく咲いていました。

>7/1追記 キジムシロではなく、ミヤマキンバイでした。栗駒山ではこのあたりのみなぜか咲くそうです。

Dsc_0454

ゴゼンタチバナですかね。

Dsc_0455

イワイチョウでしょうか。ところどころに咲いていました。ミツガシワに少し近い感じがするなと思っていたら、後で図鑑で見るとミツガシワ科なんですね。

Dsc_0467

山頂に向かうと大量にイワカガミが!!!

Dsc_0472

とにかく、そこいらじゅうに咲いています。本当にイワカガミの多い山ですね。

Dsc_0474

タテヤマリンドウもありました。今度は晴天じゃないから色も出てます。

Dsc_0492

ショウジョウバカモありますね。

Dsc_0494

そしてヒナザクラ。小さいので風に揺れて撮影が難しいのなんの。

Dsc_0497

思ったよりも早く着いた山頂。ガスガスの中で何も見えない山頂でした。でも人は多し。

Dsc_0503

下りは産沼コースを選択します。残雪で遭難も発生といった注意書きがあってビビりますが、思ったよりも歩きやすいコースでした。ミツバオウレンかな?

Dsc_0506

わわわっ、明らかに咲きすぎでしょ、これは。

Dsc_0520

ハクサンチドリも咲いてます。

Dsc_0529

咲く寸前のコバイケイソウ。まるでソフトクリームみたい。素直にきれいだと思います。もう夏ですね。

Dsc_0535

下っていくとズダヤクシュがたくさん咲いていました。小さいお花ですけど、たくさん咲くといいものですね。

Dsc_0540

サンカヨウ。尾瀬でみたものとだいぶ違うなぁ。

Dsc_0546

思わず、あっと声を出してしまいました。須川コースとの合流直前に小さな草原があり、そこにはたくさんのワタスゲが咲いていました。

Dsc_0554

しばらく風に揺れるワタスゲの眺めを楽しみました。

Dsc_0558

須川温泉に近づいてきたので、そろそろ花は終わり?なんて思って歩いていると、まだまだイワカガミとともに小さなアカモノが咲いていました。去年の雨の中の北アルプス以来だなぁ。

Dsc_0564

名残ヶ原に出ると、ワタスゲ、イワカガミ、タテヤマリンドウが乱れ咲いていました。

Dsc_0581

おお、ウラジロヨウラクもありました。

Dsc_0584

キクのようなそうでないような。

>7/1追記 シロバナニガナのようです。やはりキク科でした。

この日は須川温泉に泊まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月山

三日目は月山へ。鶴岡駅7:02発のバスで月山八合目へ向かいます。途中、羽黒山頂で一度休憩があります。乗り換えるのかと思ったら、そうではなくて、同じバスが向かうだけでした。二時間かけて月山八合目に到着。ようやく登り始めます。

Img_1497

だらだらとした登りが続きます。池塘があったりして大きな湿原のようですね。

Img_1499

少し傾斜が増していきますが、相変わらず長い登り。景色が広すぎ、あまり変わらないと結構蒸し暑いのでうんざりしてきます。ようやく一の岳付近まで来ると、雪渓がでてきます。

Img_1501

ようやく仏生池小屋。小屋の前にはたくさんの石仏がありました。池の向こうにも見えますね。

Img_1503

ハクサンフウロやキリンソウなどがたくさん咲いていました。

Img_1505

長い長い登りが続きます。山というより、大きな丘を登っている気分。行者返しで脇にそれたら、小さな石仏と人形が供えてありました。やはり信仰の山です。ピークらしき所に出るので、山頂かと思うと、まだまだ先。やっぱり長いです。ようやく長い登りをこなして、山頂の神社横に出ました。

Img_1506

山頂の神社でお払いをしてもらいます。休む場所がなく、少し下っていき、小屋を通り過ぎて、神泉池のあたりで休憩にします。振り返ると、神社のあたりがやっぱり山頂なのでしょうね。

Img_1507

食事をしてから、下山にかかります。すごい下りで牛首へ。リフトからの観光客が多いですが、湯殿山へ向かう道に入ると人が少なくなります。

Img_1510

雪渓の横を通ると、大きな鳥がぐるぐると雪渓の上を旋回していました。獲物はいなさそうですし、涼んでいたのかな?

Img_1511

湯殿山へ向かう道は結構長いです。目の前に形のよい山が見えたら、それが湯殿山でした。

Img_1516

避難小屋からはハシゴの連続。結構スリルもあるし、その後は石の多い下り。足に来ますね。湯殿山神社に着いた時はホッとしました。バスも走っていますが、道路を歩いていきます。最後に出たのは巨大な鳥居。そのすぐ下にバス停がありました。このあと、湯殿山温泉まで歩くつもりでしたが、友人がもう足が痛い、ということでここで2時間30分バスを待ち、鶴岡へ向かいました。鶴岡からは特急、新幹線を乗り継ぎ、なんとかこの日のうちに帰京できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥海山2

爆睡した後の二日目。天気は上々のようです。朝食を食べてから新山の山頂に向けて出発。小屋のすぐ下から登り始めますが、完璧な岩稜です。ぐいぐい登っていくと、ようやく終わりかと思ったら、岩の間を急降下。あれあれ、こんなに下るのと思ったら、今度はまた大きな岩を急登。なかなか息つく暇がありません。

Img_1432

ようやく山頂に出ると、岩塊が回りを取り囲んでいます。天気が良すぎて少しモヤっているので、残念ながら遠くは見えず、岩の間から遠くに広がる景色をわずかに見ただけでした。

Img_1433

鳥海山の山名盤がたくさん。ちょっとありすぎです。帰りも同じ道を下ります。後で、小屋の横を通ったら、反対側に別な山頂へ向かうルートがあったようです。水場もあって、冷たい水が樋を流れていました。上に雪渓が見えたので、そこから流れているのでしょう。

Img_1434

一旦、雪渓に下って登り返し、外輪山に上がります。するとイワギキョウがこれでもか、と咲いてました。

Img_1439

外輪山から見る百宅口方面は広大な裾野が広がっていました。しかも人工物は全く見えず、やっぱり日本も広いなという感じでした。

Img_1440

日光を浴びるイワギキョウ。

Img_1443

新山を回り込むような道は気持ちいい眺めが続きます。新山はやっぱりごつごつしてますね。

Img_1444_1

あまりにも広い景色にただ唖然とするばかり。

Img_1450

昨日歩いた千蛇谷と左は外輪山。

Img_1459

降りていくと、やっぱりハクサンシャジンですね。文殊岳へ向かいます。

Img_1461

文殊岳から見る、御浜小屋方面。写真では霞んでますが、肉眼でははっきりと海岸線が見えました。

Img_1462

河原宿方面の景色もなかなかです。最初は湯ノ台温泉に泊まろうと計画したのですが、満室で断られました。行きたかったなぁ。

Img_1464

広い、広い景色。でも、この広さは写真ではとても表現できませんね。

Img_1467

七五三掛に向かうと、おっ鳥だ!しかも二羽。あわてて撮りましたが、悪くないショットになりました。

Img_1473 

やっぱりヨツバシオガマかな?

Img_1475

ニッコウキスゲが最高です。

Img_1478_2

まるでアルプスにでもいるような錯覚を受けます。お花畑が大きくてきれいです。山ほどハクサンシャジンなどが咲いてました。

Img_1485_1

鳥海湖を目指します。すると、キスゲがたくさん咲いている斜面に出ました。思わず立ち止まって眺めてしまいます。

Img_1487_1

鳥海湖のほとりから。もう雪渓はあと少しで溶けてしまいそうです。

Img_1491

御浜小屋に登り返す道は点線コースです。道があってないようなもの。水が流れている所が多く、さらにきつい登り返しで、結構疲れました。小屋の裏手からの眺めもこれまた広い景色が広がっています。小屋の人が岩の所に休んで本を読んでました。うーん、いいですね。

鉾立に同じルートを通るのも面白くないので、大平に向かいました。こちらも長い道でそんなに特筆するような場所はありませんが、人がほとんどおらず、静かな道でした。登山口から大平山荘に下り、食事をしてバスを待ちました。

この日は酒田から鶴岡に行って泊まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥海山1

11日~14日で鳥海山と月山に行ってきました。

11日(金)の夜行バスで酒田に向かいます。しかし、東北道はものすごい渋滞。後でニュースを見たら、90年代の記録を抜いて、歴代4位のワースト記録だったようです。那須高原SAに着いたのは朝4時過ぎ。この時点で相当な遅れが出ることは予想できましたが、鶴岡でさえ9時を過ぎる始末。ものすごい雷がなって心配しましたが、酒田に着いた時は普通の雨になっていました。朝7時着予定が着いたのは10時30分でした。一番バスに乗る予定が二番バスになってしまいます。朝の新幹線で来ても、たいして変わらなかったようです。

鉾立でバスを下車すると、まだ雨がぱらついていました。

Img_1396

展望台から見る景色。山頂にはガスがかかっていましたが、見ているとだんだん切れて姿を現しました。

Img_1400

石畳のような道を登っていきます。ゆるやかな登りが多いですが、長い登りで結構疲れます。途中にはお花畑。ヨツバシオガマでしょうか?

Img_1403_1 

御浜小屋まで登ると、日本海の眺めが広がります。なかなか雄大な景色。とても写真ではすべてを表現することは難しいです。

Img_1407_1

御浜小屋のすぐ先からは鳥海湖がよく見えます。写真では見たことがありましたが、やはり自分の目で見ると違いますね。実物の方がやっぱりいいです。

Img_1410

かなりの花が咲いていましたが、その中でも圧巻だったのは、やっぱりハクサンシャジン。とにかく、これでもかというぐらい咲いて、咲いて、咲いてました。後には雪渓がまだ残っていました。

Img_1420

御田ヶ原まで来ると、目の前に鳥海山が大きく立ちふさがります。この後、少し下って、登り返しになります。

Img_1425

途中には御花畑。とくにキスゲはよく咲いていました。色が鮮やかなのも、目にとまるからでしょうね。

Img_1427

七五三掛(しめかけと読みます。)を過ぎて、分岐から千蛇谷コースを選択します。一度、大きく下り、雪渓を横断してから登っていくルートです。分かりやすいですが、上にいくに従って、結構きつい登りになります。

Img_1430

この日は頂上参籠所で泊まります。質素な食事ですが、まあ仕方ないですね。下を見ると、夕日に照らされた外輪山がなかなかきれいで、写真には写りませんでしたが、日本海も眺めることができました。なにか島が見えましたが、飛島という島だったようでした。

2へ続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)