温泉(東北)

会津高原温泉 夢の湯

三倉山の帰りはまだ時間も早かったし、汗も流したいということで、久しぶりに会津高原尾瀬口駅で途中下車して、夢の湯へ。

2016061142

泊まったこともありますし、尾瀬の帰りなどに日帰り入浴もしていますが、最近はご無沙汰だったので、記憶を頼りに行ってみました。
会津高原尾瀬口駅からわずか数分の距離。

今もしっかり日帰り入浴も可能で、500円という低料金。
山の帰りにも嬉しいですね。

内湯はちょっと熱めですが、柔らかいお湯でした。
単純温泉ですが、入浴後はしっとり感があります。
確か露天風呂もあったはずなんですけど、場所が離れているので、今回は入らず。

暑い日でしたけど、気持よく帰ることができました。
いいお湯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯浜温泉、湯ノ倉温泉、温湯温泉

湯浜温泉は一度は泊まってみたかったランプの宿。日曜日の宿泊ということもあって、誰も泊まっておらず、私一人貸切でした。今でこそ、対岸に舗装された道路がありますが、通る車など数知れたもの。山の中の静かな宿です。

Img_2945

内湯は単純温泉ですが、誰も入っていなかったので、お湯が熱く、かき混ぜると大量に白と茶色の湯の花が舞い上がります。お湯にはほとんど硫化水素などの香りはしなかったので、ごく微量なのでしょう。柔らかいお湯はいいものでした。

Img_2942

夜に点けてくれた部屋のランプはほんのりと明るく、雰囲気があります。

Img_2943

内湯のみだと思っていましたが、宿から歩いて3分ほどでしょうか。森の中に露天風呂があります。対岸の道路もちょうど林などで見えない位置で、山の中の秘湯を満喫できるお風呂です。もちろん、私一人の貸切。こんな贅沢をしていいのか、なんて思いました。お湯は単純硫黄泉。宿の内湯と違ってほんのり硫黄の香りがありました。

次の日は湯浜温泉から歩いて温湯温泉に出ますが、下り道について、ほとんど人が歩かないのでヤブに覆われているため途中まで車道を歩いた方が良い、と宿のご主人にアドバイスされます。まあ、多少分かりにくいところはあっても大丈夫だろうとは思ったものの、せっかくのアドバイスですから、その通りに車道を下ります。

白糸の滝に寄ってから湯ノ倉温泉へ。

Img_2949

ここも一軒宿でランプの宿です。泊まってみたいですが、日程がそれを許しません。日帰り入浴を頼みます。入浴料は500円。中に入って下へ降りていくと、脱衣場があり、そのすぐ下に内湯がありました。小さなコンクリート製のお風呂ですが、東北には、よくあるお風呂です。ここも単純温泉で熱めのお湯がピリピリと焼けた肌に痛かったです。そして、少し渓流沿いに裸で歩くと写真の露天風呂があります。大きい露天風呂で目隠しはもちろん何もない。渓流の横なので風が涼しく、お風呂に入るには最高でした。ちょっとお湯が熱めなのは、夜には気温が下がってぬるくなってしまうからでしょう。しばらく浸かっていたら、すぐに熱くなってしまいました。

道を下って温湯温泉へ。林道を歩いていると、途中に壊れた橋があります。

Dsc_0649

これじゃ渡れないね。

林道は結構長く、ようやく温湯温泉に着きます。

Dsc_0654

最後の締めは佐藤旅館。残念な事に露天風呂は清掃のため入れないと注意書きがあります。内湯は混浴の風呂と女性専用のお風呂があります。入浴料は500円。誰も入っていませんでした。弱食塩泉のお湯はちょうどいいお湯で温まります。古い建物ですが、秘湯の雰囲気を維持するために建て替えはしない方針のようです。ここも泊まってみたいですね。

本当に素晴らしい温泉を巡ることができました。バス利用では訪れるのが不可能に近いような遠い場所ですが、それだけに記憶に残る温泉となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

須川温泉

栗駒山から下山して泊まったのは須川温泉。2軒の宿がありますが、そのうちの須川高原温泉に泊まりました。

Img_2935

これは湯の川。使われていない源泉がそのまま流されていて、ベンチが置いてあり、足湯になってます。好きな所で入ることができます。

Img_2939

源泉湧出地。かなりの量が湧出しているようです。

露天風呂はとても大きいもの。だいぶぬるめでしたが、長く入っていると体の芯から温まり、後から後から汗が出てきます。さすがです。酸性泉でPh2ぐらいなので、強酸性ですが思ったよりもまろやかな湯。硫黄もそれほど強くはなく、ゆっくり入れて気持ちいいお湯でした。

内湯も木造の作りで硫黄分が木に染みこんでます。こちらは露天風呂と違い、かなりの熱めのお湯。そんなに長くは入れないと思いましたが、少し体が慣れると長く入れます。これはやっぱり湯治に向くお湯ですね。ちょっともったいない気もするけど、何日も泊まって湯治をしたい気分になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

檜枝岐温泉

尾瀬の帰りはやっぱり温泉。いつもながら大好きな温泉は福島側の檜枝岐温泉。単純温泉ですが、比較的静かな山村ののんびりした雰囲気が大好きです。

Dsc_0428

公衆浴場や日帰り入浴できる施設は多いですが、その中でも一番好きなのは燧の湯。前は2つに別れていましたが、数年前に新しい施設になり、一つになっています。ここは単純泉というよりは単純硫黄泉らしく、内湯のお湯の出口のあたりに浸かるとほんのり硫化水素の香りがします。お湯自体もとても柔らかく、いいお湯です。

Dsc_0429

バスは2時間に一本くらいしかないので、ゆっくり入れます。時間が余ったら、ぜひ檜枝岐の蕎麦をどうぞ。この時期の山菜天ぷら蕎麦は本当に最高ですよ。はっとうと呼ばれる蕎麦で作ったお餅みたいなものも美味しいです。でも、蕎麦とセットだとお腹いっぱいになって食べ過ぎちゃうのが心配ですね。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田の温泉2

次の日はバスで後生掛温泉を目指しました。以前は一日一本くらいしか走ってなかったけど、玉川温泉の人気が高いせいか、本数が増えて4本になってました。でもやっぱり遠い。

Img_1528

6年ぶりくらいで来た後生掛温泉。以前とあんまり変わりないですね。お風呂は結構大きいです。もちろん硫黄泉です。大きな内湯と泡風呂、泥湯、箱蒸し湯、サウナ、露天風呂と盛りだくさん。中でも泥湯はお勧め。でも、以前入った時よりもだいぶ薄くなっていたのはちょっと残念。この泥は持ち出し禁止ですが、きっと持ち出す人がいるんでしょうね。露天風呂は小さいです。でも山の風が涼しく気持ち良かったな。

Img_1532

バス時間までかなりあったので、自然研究路を歩きます。このあたりは温泉がたくさん湧いている場所で、写真のような穴が開いているところがたくさんあります。マッドポット(怒っている穴?)と呼ばれているようです。ボコボコと音がしていて、まるでゲップをしているような音でもあります。

Img_1536

バスで少し戻って、やっぱり外せないのが玉川温泉。ここの温泉はPH1というものすごい強酸性のお湯です。その強いお湯が難病に効く、ということで、かなりの混雑です。電気製品なんかは数ヶ月でだめになったりするらしいですし、温泉に包丁を入れると一晩で溶けてしまうらしいです。源泉100%はぬるめで長湯できそうですが、普通の人にとっては逆に体に悪そうな感じ。体がピリピリして、かゆい所が出てきました。

雷雨になってしまい、あまり散歩ができなかったのですが、なんとか露天風呂までは行けました。さすがに豪雨の後で入っている人はいなかったようです。この後も雨になりました。

次の日は帰宅する日。宿の人に水沢温泉まで送ってもらいました。

Img_1539

ここも硫黄泉です。秋田駒ヶ岳から引いているらしいですね。お風呂はほぼ内湯と言える浴槽が2つ、露天風呂が2つとかなり広いです。(男性だけでこの数でした)少し熱めでしたが、ゆっくり入って最後のお湯を満喫しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田の温泉1

先日、秋田の温泉巡りに行きました。

まずは乳頭温泉の黒湯温泉。休暇村前でバスを下車し、歩道をしばらく歩いて着きました。ここは乳頭温泉の中で珍しく冬季休業の宿。雪が深いからだそうです。入浴料は500円でした。受付で払います。

ここは白濁の硫黄泉。真っ白とは言えませんが、十分に硫黄の香りも強いお湯。この時期はやはり少し熱いせいか、水が入れられていました。お風呂は2箇所あります。たぶん宿泊者は専用のお風呂が別にありそうな雰囲気です。それでも、日帰り入浴できるお風呂、特にこの建物の右に進んだ所にあるお風呂は小さいですが、周りの山の雰囲気といい、浴場としては心癒される風景となっています。

Img_1519

下の写真は外にある温泉湧出場所です。このお湯は流すだけで使っていない雰囲気。湧出量があるのでいらないんでしょうね。この先にもう一つのお風呂がありました。

Img_1517

次は少し下った所にある孫六温泉。ここは以前に自炊で泊まったことがあります。ここも建物は古く、かなり昔にタイムスリップしたような雰囲気がとても良い所です。乳頭山などへのベースにもなります。露天風呂は単純泉だと思います。ちょっとコケが生えてたりして、滑りやすいので注意。

Img_1520

石の湯はラジウムを含有しているらしいです。確かに少し変わったお湯の香りがするんです。嫌いじゃない、というよりも、好きな香りですね。

Img_1521

次は蟹場温泉。昔はカニが取れたみたいですよ。今はどうなのかな?

ここも硫黄泉ですが、そんなに硫黄は濃くありません。露天風呂は建物を出て、しばらく歩いた所にあります。大きな露天風呂ですが、熱いのなんの。以前、秋に来たときも確かに熱かったなぁ。水も入れてましたが、全然効いてなかったです。内湯も熱いです。

Img_1523

さすがにこのあたりでグロッキーに。頭を冷やすべく、田沢湖へ。

Img_1526

やっぱり青空だときれいですね。この日は田沢湖スキー場のすぐ近くにある、ヒュッテビルケという宿に泊まりました。心温まる宿で、食事も美味しく良い宿でした。温泉もあって、聞くところによると黒湯温泉を引いているらしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

酒田市街地の温泉

鳥海山の帰りはやっぱり温泉。駅から一番近い温泉を探すと、本町温泉スパ・ガーデンがありました。駅からバスで約10分の山形銀行前で下車。少し歩けば着きました。

Img_1495

入浴料は500円と安価。山帰り向きですね。内湯と露天風呂、サウナなどがあります。お湯は単純温泉ですし、塩素臭もあって、普通の銭湯に近い感じです。それでも、汗を流すには十分。列車の時間までゆっくりしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)