温泉(中部)

湯俣温泉

宿泊の手続きをすると時間が早かったですが、問題なく受付をしてくれました。

まだ内湯は清掃後でお湯が溜まっていないということで、野天風呂を案内してくれました。

2017072941
(写真は朝に撮ったもの)

だいぶ藻が繁殖していましたが、まさに野天風呂、野湯でした。
人もいないので、素っ裸で入ります。下は砂地で少し足が痛いので、
宿のサンダルでそのまま入浴するといい感じでした。
ちょっと熱めで少し肌がピリピリしましたが、硫黄泉を楽しめました。

2017072942
(これも朝の写真)

ちなみに反対側はこんな感じ。
大自然をたっぷり満喫できました。

せつかくなので、噴湯丘に行ってみることに。
(注意:危険を伴います。安易に向かって事故など起こさぬように。)

2017072949

川にかかる吊り橋を渡ると道標があり、噴湯丘は右へ16分だそうな。
この時は気づかなかったけど、北鎌尾根を示す道標が付いていたのですね。

2017072943

さきほど降りてくるときに見えた電源関係の小屋の横を過ぎると噴気が上がっているのが見えますが、沢を通らないと行けないのかな。

2017072944

北鎌尾根に続く沢の所には古い道標のプレートが。伊藤新道って書かれているけど、何年前のプレートなんでしょうね。(もちろん現在廃道。整備予定ありと自分の持つ登山地図に書かれているけど、果たして整備されることなんてあるんでしょうかね。)

2017072945

しかし、水俣川にかかる橋は最近の水害で半分斜めってます。ワイヤーも一部切れていて、これを渡るのは自己責任。何かあっても知りません。ちなみに下の川はかなりの水量があり、渡渉は非常に難しいです。その上、北アルプスの水は特に冷たいですからね。

2017072946

なんとかワイヤーを掴んで渡ると先に祠があり、登って一礼します。
下って河原を少し進みましたが、どうしても足を水に濡らさなくては行けない所があります。

宿で噴湯丘に行くと言って登山靴を履こうとしたら、サンダルで行った方がいいとサンダルを出してくれましたが、こういうことだったのですね。ズボンの裾を膝上まで上げて水の中を少し歩きました。

2017072947

おおだいぶ近づきました。でも、目の前の湯俣川はとても渡渉できる水量ではありません。

2017072948

レンズを望遠側にして、なんとかこんな感じで見えましたが、肉眼ではちょっときつかったです。地図には露天風呂も書かれているので、近くに行ってみたかったです。

往路を戻るとパラパラと雨に降られましたが、たいしたことはなく、しばらくで止んでしまいました。

宿に戻ったあと、少し休憩してから内湯にも入りました。
コンクリート打ちっぱなしの素朴な内湯で、源泉が熱いせいか、少し水を足していました。
そのせいか少し柔らかい感じのお湯に思えました。
夜、暗くなってからも入浴しましたが、脱衣場にランプがありますが、お風呂の中にはなく、薄暗いぼんやりした中で入るお風呂は、山の秘湯の雰囲気がたっぷりありました。

早朝にも目覚めるために入りましたが、さすがに朝は湯音が下がるのか、水は足されていませんでした。結構熱めでしたが、朝の少し冷たい空気の中ではちょうどいい感じでした。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十谷温泉 温泉民宿 山の湯

大柳川渓谷の帰りはやはり入浴したいと温泉民宿「山の湯」へ。

2017072319

入浴料を書いておくのを忘れてしまいましたが、700円くらいだったでしょうか。
写真の所を降りた所で支払いますが、お風呂は道を少し先に行った所を左に入った所にあります。
混んでいると日帰り入浴できないこともあるようですが、この日はあまり天気が良くない予報だったせいか、自分以外は一組だけだったようです。

日帰りは露天風呂のみで、「眺めの湯」と名前が付けられています。
小さな脱衣場で脱ぎ、扉を開けるととても開放的なお風呂。さすが山上、目の前は山と谷が一望できる素晴らしいお風呂。これは本当に開放感がたっぷりです。撮っていないので、写真がお見せ出来ないのが残念。
興味のある方は宿のホームページに写真があるので、ご覧ください。

お湯は緑礬泉という珍しい泉質のお湯。
入るとちょっとお湯にまとわりつかれるような不思議な印象ですが、後で上がるとしっとり感がたっぷりとありました。

バス時間の事もあって、あまりゆっくり入ることはできませんでしたが、それでもしっかり浸かれました。
ちょっと泊まってのんびりしたいなぁ、という気分にさせる、とても良いお風呂でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊東温泉七湯巡り

せっかくなので、七福神と一緒に七湯巡りもしてみました。
ただし、入湯したのは一部だけです。

2017010921

まずは南伊東駅の近くにある鎌田福禄寿の湯で、福禄寿に会います。

2017010922

次は岡布袋の湯。こちらは入湯してみました。250円だったかな。
ちょうど開店したばかりの時間でしたので、地元の方で混雑していました。
やはり地元の方に親しまれているのがいいですね。
単純温泉だと思いますが、一番湯に近い状態でしたので、お湯もとてもきれいで、柔らかいいいお湯でした。
長湯すると回れなくなるので、軽めに切り上げましたが、体がポカポカとしてなかなか冷めませんでした。

2017010923

毘沙門天芝の湯は毘沙門天。

2017010924

恵比寿あらいの湯は恵比寿神。この日は休業だったようでした。

2017010926

和田寿老人の湯は寿老人。人がどんどん入っていくのが見えました。

2017010927

松原大黒天の湯は大黒天。

2017010928

湯川弁天の湯は弁天様。こちらも入湯しました。
やはり250円だったと思います。
お風呂が広めで、時間が中途半端な4時過ぎということで人も少なめ、のんびりと入れました。同じ単純温泉でも、岡布袋の湯とはわずかに泉質が違う感じがしましたが、やはりしっとりとする感じは天然温泉ならではです。いいお湯でした。

また、そのうちに機会があれば、今回入れなかったお湯にも入湯したいですね。(^^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

芭蕉月待ちの湯

二十六夜山の帰りは芭蕉月待ちの湯へ。

2016101516

入浴料、市外者は710円でした。
アルカリ単純温泉で入って見ると、それほどすごいお湯には思えませんが、柔らかいお湯。
大浴場はぬる湯、少し熱めのお湯、源泉湯になっています。

まずはぬる湯と熱めのお湯へ。露天風呂はスズメバチが歩いていて、ちょっと怖い感じ。
でも、地元のおじさんがタオルで叩いてどけてました。(^^;
露天風呂もこの日はそんなに熱くはありませんでした。
少し循環臭があるものの、そんなに強くはなく、悪い感じはありませんでした。

源泉湯は湯温はそれほど高くはありません。
それだけに長湯ができます。
のんびり浸かっていたら、体に気泡が少し付きました。
入浴する人が多いせいか、お湯はちょっと汚れ気味だったものの、それでもいいお湯なのは間違いない所です。

バスまで二時間ほどあり、のんびり入浴できました。
随分久しぶりの再訪でしたが、ほとんどが地元の人のようで、比較的静かに入浴できました。

ちなみに4時前の循環バスに乗りましたが、都留文科大学駅または都留市駅で、
この時期はホリデー快速に接続しているようです。
ただし、少しバスが遅れるので、都留市駅だと自分は間に合ったものの、いつも間に合うかは微妙です。
どうしても乗りたい人は都留文科大学駅から乗った方が安全だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道志の湯

菜畑山の帰り、まだ時間があったので道志の湯へ。

2016040941

入浴料は600円。横浜市民かどうか聞かれました。横浜市民だと優遇があるようですよ。
成分表を見忘れましたが、ホームページによると硫酸塩泉らしいです。
柔らかいお湯でしたが、少しお湯の汚れが気になりました。
ライダーなど道志みちの走り屋さんが多いからかなぁ、なんて思っていましたが、
ホームページによると4/8現在で源泉の給水停止について、というのが乗っていました。
ちょうど悪い時に当たってしまったようですね。

お風呂は内湯と露天風呂があります。
内湯はぬる湯の小さな浴槽と普通の温度の浴槽がありました。
ぬる湯は長湯ができそうでよい感じです。

露店風呂はこの4月にリニューアルしたということでした。
以前を知らないので、なんとも言えませんが、まずまずの大きさでした。

バス待ちもあってのんびり入浴し、しばらく休憩所で休みます。
静かな雰囲気で落ち着きました。

帰ろうとすると露店風呂のリニューアル記念ということでクジを引くことになり、
引いてみたらなんと当たり!

2016040943

梅酒一本を無料で頂けました。地元のお酒かなと思ったら、笹一酒造の梅酒でした。
道志村産のひまわりの種を原料にしているようです。
行きよりも帰りのザックの方が重くなりました。

2016040942

帰りのバスはすぐ先にあるバス停から乗ります。果たして来てくれるのかとドキドキものでしたが、しっかりとバスは来てくれました。もちろん乗客は自分一人。山伏峠を越えるまで誰も乗ってきませんでした。
旭ヶ丘で御殿場行きに乗り換えましたが、外国人客が多いですね。
御殿場線、小田急線と乗り継いで帰りましたが、やっぱり遠く、長いバス旅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館

もちろん目の前に降りたら、入浴しなくてはなりません。

2015110321

お昼頃だったので、問題なく入浴できました。
土曜日は12時頃から、それ以外の日は11時~15時くらいみたいです。
入浴料は1時間700円と思ったほど高くはありませんでした。
温泉法に該当するお湯ではないようです。

それでも、お湯はアルカリ度のあるお湯で、とても柔らかいお湯。
時間が時間だけに、誰もおらず、上がる頃になってようやく人が来ましたが、
ほとんど独占状態で、浸かれました。

内湯と小さめの露天風呂があり、内湯はぬるめ、露天風呂はわずかに熱めでした。
内湯のぬるいお湯が長く入っていると体の心から温まります。
上に換気口があり、冷気が降りてくるのもまたいい所。
露天風呂も悪くありませんが、目の前の紅葉を見ながらのんびり入れる内湯の檜風呂がお気に入りとなりました。
お風呂を出るとお掃除ロボットが数台稼働中でした。

バスを待つ間、紅葉を眺めていましたが、しっかり温まったせいか、なかなか湯冷めしませんでした。良いお風呂でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下諏訪温泉 菅野温泉2015

霞沢岳の帰りは下諏訪温泉で途中下車。

2015091929

以前にも何度も入浴していますので、久しぶりの再訪。→以前のレポ。
通り側の通路入口ののれんがとてもきれいになっていました。

大抵は熱くて長湯できないのですが、今回は珍しく少しぬるめ。
そのせいか比較的じっくり入れました。
その代わり、お風呂を出たら大汗。やはりとても温まるいいお湯ですね。(^^)
料金は忘れましたけど、200円台と山の帰りにも嬉しい低料金。ネットで検索すると230円となっていました。ほんのわずかに上がったようですね。
もちろん銭湯ですので、石鹸類は持参ですよ。

やはりいつもながらしっかりと温泉臭のある、いいお湯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南アルプス赤石温泉 白樺荘

不安を抱えたまま、椹島から送迎バスで臨時駐車場へ。
そこにいた方に聞くとしずてつバスの情報はありませんでした。

白樺荘からコミュニティバスがあり、11時過ぎと15時前頃にバスがありますが、11時過ぎのバスは井川駅までしか行かないとのこと。今は大井川鉄道は土砂崩れの影響で、接岨峡温泉駅で折り返し運行のため、井川駅まで来ていません。なので15時過ぎのバスで横沢へ出るしかありません。それでも二人くらいならなんとか乗せてくれるだろうということで帰れそうな雰囲気。

2015081535

なるようになるさと赤石小屋から来た人と話をしながら二人でのんびり歩き、白樺荘へ。時計を見忘れましたが、歩いたのは40~50分くらいでしょうか。

入浴料は510円と安価。日帰り入浴は10時からのようですが、少し早めに着いたけど、入れてくれました。

お湯は単純硫黄泉とのことで、わずかに硫化水素臭がありました。
ぬるぬるするお湯はぬるめでとっても気持ちがよく、時間もたっぷりあるので、のんびりと入浴。
露天風呂は小さめで、ちょっと虫が多かったけど、湯の花が舞い、いいお湯でした。
椅子もあり、座ってどこの山か、眺めを楽しみながらのんびりした時間を過ごせました。

自分の携帯電話はここではアンテナがなく使えません。しかし、ここには公衆電話があります。クリーム色(肌色)の10円を入れて掛ける公衆電話がとっても懐かしい感じ。200円分10円玉に両替してもらって、しずてつの案内所に電話を掛けると、行きのバスも出ていますし問題ないとのこと。市内料金なのかどうか、さすが有線公衆電話、数十円くらいしかかかりませんでした。ホッとして、食堂で生ビールを一杯。ダムまで歩いて登り返すつもりでしたが、少し歩くと観光協会のバスが来て、乗せてくれました。

2015081536

バスまで3時間近くの待ち、暇なのでしばらくダム堰堤などを歩いて散策。
待望のバスは問題なくやってきました。
せっかくなので、静岡駅で二人で軽く乾杯して別れ、無事帰宅できました。

P.S.ちなみに静岡駅からのバスは発車の一時間前に通行止が解除されたとのことでした。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中房温泉 有明荘

有明山の帰りはやはり温泉入浴。登山口の有明荘で入浴します。

2015080121

入浴料は620円と比較的気軽に入浴できる料金。
ちょうど軽ハイキングの帰りか、団体さんが入浴するところで、浴場は大混雑、かと思ったら、意外にそうでもなく、すぐにほとんどの人が出て行ってしまったので、貸し切りに近い状態でした。

お風呂は内湯と露天風呂があります。
まずは内湯に入るとお湯はちょっと熱め。泉質はアルカリ単純泉ということでしたが、硫化水素臭のあるお湯はぬめりが感じられてとても良いお湯。しばらく浸かります。

外へ出ると、露天風呂がありますが、これがなかなか広い!
ゆったりと入れますが、この日は気温が高いせいからかどうか、かなりお湯が熱めで長湯ができません。外に出て休んでいるとアブが近寄ってきたり、アリがよくお風呂の周りを歩いている上に日差しが強いので、あまりのんびりと休めませんでした。

なので今回は内湯がお気に入り。浴槽は檜を使っているのでしょうか、ぬくもりのあるお風呂に何度も出たり入ったりしてのんびりと入りました。

とてもいいお湯でした。また何かの折に再訪したいですね。


番外編:
帰りにバスがなんといくら待っても来ない事態に。どうやらバスが故障してしまい、代わりのバスを用意しているらしいですが、下から2時間近くかかるようです。何人かはタクシーで駅へ向かいましたが、数人残っていると、なんと一人で大きな車を運転していた方が乗せてくれることに。穂高駅まで送って頂けました。

こんなblogは見ていないと思いますが、乗せて頂いた方、どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六日町温泉 湯らりあ

巻機山の帰りは六日町で温泉へ。

2015071120

以前は六日町には、六日町中央温泉という、よい温泉がありましたが、随分前に廃業したようです。→2009年のレポ

ということで、最近できた六日町温泉湯らりあへ。
ここは駅からも歩いていける温泉。

清水からのバスならば、駅角バス停で下車して、しばらく歩きます。
施設の付近は2015年7月現在、工事中のため、今は一旦逆側の歩道に渡り、かなり遠い信号を渡って戻らなくてはいけない感じになっていました。

入浴料は400円と安価。公衆浴場ということで、石鹸やシャンプーなどは置いていません。
こじんまりとした施設でした。
お湯は単純温泉で、掛け流しということですが、かなりの熱め。
43度を越えるくらいはあったのではないでしょうか。
お風呂から出るととてもさっぱりしました。

長湯をするという感じではなく、さっと一浴するのによい施設で、山の帰りにはぴったり。
よい温泉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧