ウォーキング

ハケの道

前後していますが、7/29は久しぶりにハケの道へ。

2018072901

めちゃくちゃな酷暑の夏。市街地を歩くのは辛いものがありますが、出かけました。
久しぶりの滄浪泉園。9月末まで無料開放ということで無料で入ることができました。

2018072902

雨の後のせいか池がかなり濁っていました。 蚊に刺されまくりでした。(T_T)

2018072903

しっかり湧水は水が流れていました。

2018072904

貫井神社で一休み。以前は池に亀をやたらと見かけましたが、今回は見かけませんでした。

2018072905

これまた久しぶりの殿ヶ谷戸庭園。入園料を払い、入ります。
さすがに天気も悪く、人は少ない感じ。

2018072906

あまり水流が写っていませんが、それなりに水が流れています。

2018072907

茶店風の休憩所でしばらくお休み。樹林が多いせいか、少し涼しく、本を読みながらしばらくのんびりしてしまいました。

2018072908

お鷹の道をしばらく歩き、湧水へ。しっかり出ていました。

2018072909

さらに歩き国分寺楼門。

2018072910

久しぶりの国分寺跡。案内板などができたり、整地されていたり、随分変わっていました。

2018072911

しばらく進んだ所にも案内板。

2018072912

武蔵国分尼寺跡はそんなに変わっていないようでした。

2018072913

鎌倉古道は今も残されています。

2018072914

西国分寺駅まで歩きました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しょうぶ沼公園から花畑記念公園

6/24は天気が今ひとつだったので、散歩へ。

2018062401

綾瀬駅が歩き出し。

2018062402

しばらく歩き東京武道館の先へ行くとせせらぎ水路があり、水辺の散歩道。

2018062403

北綾瀬駅近くまで歩き、しょうぶ沼公園に入りました。
もう花菖蒲には遅いと思っていましたが、少し咲き残っていました。

2018062404

今年は見ていなかったので、見られて良かったです。

2018062405

またしばらく歩き、東渕江庭園に入ります。

2018062406

なかなかいい庭園で、ひと周りしました。

2018062407

道路をしばらく歩き、神明六木遊歩道に入ります。細い道ですが、結構樹木があり、日陰が多くて蒸し暑いこの日でも歩けました。

2018062408

古綾瀬川遊歩道を歩き、さらに先へ。

2018062409

綾瀬川を離れて大鷲神社でお参り。なかなか立派な神社でした。

2018062410

花畑大橋まで歩き、浅間神社にお参り。
久しぶりに富士講の富士塚がありました。

2018062411

花畑記念庭園もなかなかいい庭園でした。

2018062412

近くの団地入口から竹ノ塚駅へバスで出ました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塔のへつり

せっかくのフリー切符なので、小野岳の帰りは、
まだ行ったことの無かった塔のへつりに立ち寄ってみました。

2018061821

駅からちょっと歩けば、観光客の多い塔のへつりに着きます。
観光客向けのお店なども多く、観光バスで来る人達も多かったようでした。

2018061822

降りていくと吊橋が見え、その先にある岩壁が見えてきました。

2018061823

自然にできたとは思えない感じ。橋を渡り、少しだけ右へ行けます。

2018061824

右手の方まで続いていますが、途中で通行止めのため、写真の岩場までは行けません。
昔は行けたのでしょうね。

2018061825

塔のへつり駅に戻ります。
なぜか屋根付きの門があるのが駅入口らしからぬ感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手賀の散歩

2/11は手賀沼近くへ散歩に。

2018021101

柏駅からのバスを手賀農協前で下車します。

2018021102

広い農地が広がっていました。

2018021103

しばらく歩くと下柳戸地区の一つ井戸。

2018021104

しばらく進むと道の脇にたくさんの石碑。

2018021105

県道から曲がってしばらく進むと兵主八幡神社。

2018021106

さらにしばらく歩いて再び県道に戻ると百庚申。かなりの数の庚申塔が並んでいました。

2018021107

まただいぶ歩いていくと布瀬バス停。

2018021108

手前を右に降りてしまい、ぐるっとひと回りしてしまって半島形に飛び出していた香取鳥見神社。

2018021109

さらに歩いていくと小さな建物の新手賀教会堂。聖画が掛けられているらしいですが、非公開のようです。

2018021110

しばらく歩くと旧手賀教会堂。外観からではとても教会には見えません。見学者がたまにいるのか、管理されている方がお一人いらっしゃって、中も見られますよとお声掛け頂いたので、しっかり見させてもらいました。

2018021111

興福院。このあたりは手賀城跡の二の丸あたりだとか。六地蔵もありましたが、ちょっと壊れている部分も多かったようでした。

2018021112

少し先に手賀城跡の表示。

2018021113

先には石祠があり、そこへ行ってみるとちょうど断崖の上になっていて、向こうの平地を見渡すことができ、確かに城を築くには良い場所だったのでしょう。

2018021114

先へ進むとなぜか大きな木が一本。向こうには手賀沼がちらりと見えました。

2018021115

北ノ作古墳群に立ち寄りました。

2018021116

最後は手賀の丘公園。古墳がいくつかあるようなのですが、公園になっているせいかあまり分からず。しかし、天気悪いせいか、寒かったせいかどうか、どうも薄暗い公園であまり良い公園とは思えませんでした。

2018021117

本数が少ないので、帰りのバスは寒い中、一時間近く待たされてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋川駅から小宮駅 その2

続きです。

2018012111

少し先へ行けば、円通寺。

2018012112

大きなシダレザクラがあります。桜が咲いたらきれいなのでしょうね。

2018012113

高月のクワは以前にも見ていますが、見に行きました。
余計な木が増えてよく分からなくなりつつありますね。

2018012114

高月城跡のあたりまで戻り、 かたらいの道に入りました。広大な風景が東京とは思えませんね。なぜか木が数本残されています。あたりは古戦場だったようですが、何かの遺跡なのでしょうか。

2018012116

石仏の置かれた辻を曲がり、滝山城跡へ。こちらも以前に来ていますが、久しぶりの再訪。こちらは金比羅社。

2018012117

本丸跡。右奥に古井戸があり、鉄製の蓋が付けられていますが、覗くとかなり深いものでした。

2018012119

中の丸跡。建物の裏手に行くと、多摩川などの眺めがありました。

2018012120

二の丸跡へ向かうと堀がよく残されています。

2018012121

なかなかの大きさの木もあって、城跡らしいです。

2018012122

少し藪の中に分け入り、昭島市最高点という170.7mの三角点にも立ち寄りました。

2018012123

宇津木台というバス停まで歩き、しばらくバスに乗ってバイパス大谷というバス停で下車しました。どちらへ行けばいいのかよく分からなくなりましたが、なんとか道を見つけて歩き、都立小宮公園へ。そろそろ夕方になってしまいました。

2018012124

菜の花畑に菜の花がよく咲いていました。

2018012125

自然がよく残された公園。時間があればもっとゆっくりしたかったです。

2018012126

日が傾き、そろそろ寒くなってきましたが、頑張って小宮駅を目指します。

2018012127

ようやく着いた駅での電車待ちはかなり寒かったです。
たっぷり歩きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋川駅から小宮駅

1/21は加住丘陵へ。

2018012101

秋川駅を歩き出し、まずは福徳寺。

2018012102

山門の横には五輪地蔵尊と中尊(地蔵菩薩)。地蔵菩薩は元禄14年(1701)、他は安永七年(1778)だそうです。

2018012104

しばらく秋川神明社。横にはご神木の杉がありました。

2018012105

秋川を渡り、しばらく歩くと雨武主神社。

2018012106

すごい石段。登るのは結構きつかったです。

2018012107

でも、社殿は予想外にこじんまりしたものでした。

2018012108

秋川沿いに歩いていきます。

2018012109

久しぶりの高月城跡。

2018012110

以前にはなかった説明板が置かれていました。

長いので、続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練馬 田柄川緑道あたりのお散歩

1/3は練馬へ神社などを巡るお散歩に。

2018010301

東武練馬駅が歩き出し。

2018010302

わずかに歩くと北町観音堂。区内最大の石仏という北町聖観音座像(天和二年1682)などが置かれています。

2018010303

しばらく商店街を歩き、浅間神社にお参り。ここには富士塚があり、今も登ることができます。登ってみたら、標高37.76mと書かれた石が埋められていました。

2018010304

さらに歩くと環八通りに出ますが、今はこのあたりは車は地下トンネルを通過するので、思ったよりも静かです。 場所を移された道標があります。大山への道しるべでもあり、また高野台三丁目の長命寺への道しるべでもあったそうです。

2018010305

先へいくと弁天宮がありますが、三叉路の真ん中に置かれていて、場所を移動しないのはかなりの理由がありそうですね。

2018010306

場所が分からず、右往左往して探した徳川綱吉御殿跡之碑。
このあたりは御殿と呼ばれ、綱吉が鷹場として、鷹狩御殿を建てたことに由来するようです。

2018010307

田柄川緑道を歩きます。場所によってはまだ地下に水道があるらしく、異常気象時などに水量を示す表示版が途中にありました。

2018010308

だいぶ歩いて氷川神社。こちらにも小さな富士塚がありました。こちらは手前までという感じ。

2018010309

さらに進み、愛宕神社でお参り。そんなには大きくはない神社だけど、境内は広く、こういう神社好きですね。

2018010310

少し先に天祖神社。

2018010311

 

平和台の駅を通り越し、本寿院。

2018010312 

頭部が馬型の僧形馬頭観音があります。

2018010313

稲荷神社を探しましたが、見つからず、風も強くなってきて寒くなってきたので、諦めて金乗院。なかなか大きなお寺です。

2018010314

田柄川緑道をさらに歩いて円明院。

2018010315

諏訪神社へお参り。

2018010316

日没が近くなってきたので慌てて先へ進み、最後の氷川神社でお参り。3日の夕方にもかかわらず、お参りする人で列ができていたのには吃驚。出店なんかもあって、結構、地元の方に人気のある神社のようです。
列に並んでしばらく待ち、最後のお参りをして、氷川台駅から帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささぶねの道

とうとう月刊誌「新ハイキング」が終了してしまいました。
この雑誌には随分お世話になったなぁ。
山もそうだけど、知っているようで知らない街歩きに行けるのが楽しみの一つでした。
今回もそんな記事の一つを見て出掛けました。

2017120301

横浜市営地下鉄をセンター南駅で下車。

2017120302

まずは茅ヶ崎城跡公園。

2017120303

ちょっと前にここは来ているので、今回はちょっと立ち寄っただけで先へ進みます。

2017120304

正覚寺というお寺の門の先には紅葉した木があって、一服の絵という感じ。

2017120305

茅ヶ崎自然生態園に入ります。土日のみ開園とか。カメラマンが何人か巨大な望遠レンズを三脚に立てていて、どうやら鳥の撮影のようですね。珍しい鳥でもいるのかな。

2017120306

ぐるっと一周してみました。この日は紅葉がまずまず。土日のみのせいか、あまり歩く人はいなさそうなのが、逆にいい感じでした。

2017120307

大原みねみち公園に入ります。このあたりに住む人は自然公園が多くて羨ましいな。

2017120308

ささぶねの道を進むと紅葉中。

2017120309

公園にしては、なかなかの紅葉を楽しめました。

2017120310

どんどん歩き、都筑中央公園にも立ち寄りました。本日トップの紅葉の木に出会えました。
再度、センター南駅に戻りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

衣張山へ

11/5は鎌倉へ。

2017110501

久しぶりの鎌倉駅が歩き出し。

2017110502

日蓮辻説法跡。20年間布教活動をしたそうな。
でも、説法跡は鎌倉にはいくつかあるらしいので、必ずここにいた訳ではなさそうです。

2017110503

高時腹切やぐらに立ち寄り。ひっそりとした場所で、五輪塔が置かれていました。
しばらく歩き、四辻を曲がって衣張山を目指します。

2017110504

山に入り、しばらく登っていくと衣張山。やはり海の眺めが良い山です。
昔、ここに来たことがあるんだけど、すっかり忘れています。
しばらくあたりをうろうろ。不審者と思われたかな。

2017110505

そうしたら三角点は次のピークでした。藪に消えそうな道脇にありました。

2017110506

霞んでいたものの、富士山も見えました。

2017110507

子ども自然ふれあいの森を過ぎ、お猿畠の大切岸。石切場の跡のようです。鎌倉を追われた日蓮がこのあたりで三匹の白猿に助けられたということから名が付いたそうな。

2017110508

名越切通しの一角のようです。

2017110509

先へいくとまんだら堂やぐら群。この日は本日公開中でした。ちなみに12月11日までは公開中なので、見たい方は早めにどうぞ。山が掘られ、たくさんの五輪塔などが並んでいます。
入ってみたら、ボランティアの方が説明をして下さいました。それによるとここは以前は個人の所有でこのような場所であることは分からなかったそうで、農地だったりお花がたくさん植えられていたそうな。

2017110510

まさに名越切通しの名らしく、岩をわずかに切り崩した狭い所を通過する感じになっていました。

少し戻った分岐を下り、緑が丘入口バス停に出ると、バスが来ていて飛び乗りました。
たまたま鎌倉駅に出店があり、天然酵母を使ったパンが売られていたので、買い込んで帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金沢自然公園付近

7/2は金沢文庫へ。

2017070201

京急金沢文庫駅が歩き出し。

2017070202

線路沿いに進んでから住宅地をしばらく進むと、六国峠入口の表示のある所から山道に入ります。

2017070203

少し歩くと能見堂緑地の表示。

2017070204

さらにしばらく進み、右上に入ると能見堂跡地。このあたりは眺望が良く、金沢八景と呼ばれたそうな。能見堂は明治の初め頃に火事にあい、住職もいなくなり、寂れて石碑が残るだけになっています。

2017070205

少し先を右に降りると不動池がありました。

2017070206

道に出て、すぐ左に入ると石段で登って、谷津関ヶ谷不動尊。
近くには水が流れていて、暑い日でしたが、少し涼しげ。

2017070207

登っていくと、能見堂から来た道と合流します。

2017070208

のらりくらりと山道を進みます。それにしてもやはり暑かった。
ようやく能見台二丁目への分岐を左へ進み、しばらく歩いていくと道路沿いの道に出て、さらに先へ行けば、金沢自然公園近くに出ます。

2017070209

公園に入って動物園手前にはベンチが並んでいるので、暑いけどそこで昼食。

2017070210

わずかに戻ってしだの谷に入ります。

2017070211

やまゆりが一つだけ咲いていたけど、あっち向きでした。

2017070212

急な階段を登ります。斜めに少し緩やかにする階段道を造成中でした。
先へ行くと高速道路の造成中、急な階段道はホントにきつかった。

2017070213

ようやくの事で登りきって進むと清戸の広場でした。

2017070214

先へ進み、大丸山からの道と合流、A7の道標を左に入ります。

2017070215

下ると梅沢山休憩所の表示、でも、あまり休もうと思わない場所。

2017070216

見晴台は見えるのは民家ばかりなので面白みがなく、さらに歩いて馬の背休憩所。

2017070217

なんと富士が見えて吃驚。霞んでいましたが、それでも予想外で良かったです。

2017070218

みどりが丘のバス停からは本数が少ないですが、ちょうど港南台行きのバスが来たところ、グッドタイミングでしたので乗り込んで港南台駅に出ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧