箒杉を見に行く

畔ヶ丸の帰りはバスまでまだ時間があったので、箒杉を見に行きました。
実は今まで近くで見た事はなかったのです。

2021101025

トンネルを通っていくと見えてきたのはすごい大きさ。

2021101026

近くに行くとやはりすごい巨木。

2021101027

すぐ横には神社がありました。

登ってお参りして、横を見ると近くに案内板。
それによるとこの大杉は樹齢2000年だとか。でもまだまだ頑張っている感じですね。

2021101028

茶屋でのんびりしたのち、下って箒杉バス停でバス待ち。箒杉と山を眺めながらのんびりと待ちました。

 

鬼石沢左岸尾根

10/10は西丹沢へ。

2021101001

久しぶりの大滝橋歩き出し。でも、天気がかなり悪い感じ。

2021101002

しばらく林道を歩いたのち、登山道を辿りますが踏み跡が分かりにくい所があり、台風や大雨、コロナの影響などで登山道が分かりにくくなっていました。途中で沢に降りて、まずは大滝を見に行きますが、手前に倒木もあるので近くまで行く気になれませんでした。

2021101003

登山道に戻って進むと下に見えます。大差なかったな。。。(^^;

2021101004

道が分かりにくいので、黄色の道標が目立つので有り難いです。特にこんな天気の日はね。

2021101005

さらに歩いていくと霧雨が。一軒家避難小屋の手前はこんな感じ。橋は斜めっていて使えませんが、なんとかなります。

2021101006

鬼石沢左岸尾根に取り付きますが、本降りの雨になってしまいました。止む無く雨具を着込んで登ります。のっけは急登。

2021101007

しばらく登って先へ進むと鹿柵が出てきました。

2021101008

ブナも出てきて、なかなか良い尾根です。こんな霧の中なのでちょっと不安がありましたが、なんとか辿っていける感じ。

2021101009

こんな苔の生えた尾根の部分もありました。やはり丹沢らしい雰囲気。

2021101010

ピークを通過したのですが、写真を撮り忘れた模様。さらに先へ下って登っていくとどうもこのあたりが権現山からの尾根と思われます。なんとなく歩いたことのある雰囲気だったし。

2021101011

左へ尾根を進んでいきます。少し雨は弱くなった模様。この木を見たら、一発で正しい尾根と分かりました。

2021101012

そうそう、このあたりもとても雰囲気のよい所。季節が違うとまたいい感じですね。

2021101013

ブナを見ながら登ります。

2021101014

進路が分かりにくいけれど、もう山頂はそんなに遠くはなさそう。

2021101015

いきなりベンチの前に出ました。

2021101016

ということでひとっこひとりいない山頂。

2021101017

数分できれいに生まれ変わった畔ヶ丸避難小屋に着いて休憩。みなさん考えることは同じようで数人が休んでいました。白木がまだきれいな小屋でした。これで水場があれば積極的に泊まりたくなるんですけどね。

2021101018

下りも大滝橋に下山します。反対の西丹沢ビジターセンターへの道は夏の大雨で渡渉が必要らしいですからね。こんな天気じゃ渡渉はしたくないです。でもこちらも少し山抜けしている所が。なんとか右上を通行可能ですが、またそのうちにえぐれてしまうのでは。。。

2021101020

霧の中のブナも幻想的。

2021101021

久しぶりの大滝峠上。雨が止んだようで、雨具をしまいました。

2021101022

どんどん下っていき、一軒屋避難小屋に戻りました。

2021101023

行きも通ったけど、こんな所でもまかり間違えれば転落するんですよ。

2021101024

大滝橋に戻りました。

 

«戸倉城山と金毘羅山

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ