生涯青春の湯 つるつる温泉

日の出山の帰りは温泉へ。

2022091712

入浴料は860円です。さすがに山から下りて午前中にここに来たのは初めてかも。

大抵、ここに来ると洋風のお風呂の方に当たるのですが、この日は珍しく和風のお風呂に当たりました。
アルカリ単純泉で、ものすごいぬるつきのある時もありますが、この日は若干ぬるつきがあったものの、それほどではなかったようです。やはり温泉は生き物だなと思います。

お湯は熱めな事が多いですが、内湯は比較的ぬるめでのんびりできました。露天風呂は少し熱かったので、内湯メインに入りました。
さすがに少し気温が下がり、山の冷気が少し感じられました。

客車バスで帰りました。

 

御岳山と日の出山

9/17は奥多摩へ。

相変わらず天気の悪い連休、とても遠出する気になれず、こんな時は近場でトレーニング。
気合も抜けているのでカメラを忘れて久しぶりのスマホ画像。

2022091701

ケーブル下バス停から表参道を登ります。この日は車の通行が多かったな。

2022091702

参道に出るとシュウカイドウが咲いていました。

2022091703_20220923185501


御嶽神社でお参り。ホリデー快速を捕まえられたので予想外の早い歩き出し、まだ早い時間のせいか人も少な目。

2022091704

天気があまり良くないけど、日の出山に向かいます。神代欅もいつも通り。

2022091705

道にはヤマジノホトトギスが咲いていました。

2022091706

日の出山に近づくとツリガネニンジンも。

2022091707

ここも人が少な目。空いていたベンチでのんびりしました。

2022091709

下り道にはやはりヤマジノホトトギスがたくさんあって、こんなに多かったのかと吃驚。

2022091708

カシワバハグマかな。ときおり見かけました。

2022091710

道路に降りるとカエルの置物。

2022091711

ネズミがバイオリンを弾いている置物は初めてみた気がします。

 

«越後湯沢温泉 江神温泉浴場 2022

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ