下権現堂山へ

5/21はちょっと天気が悪かったものの新潟の山へ。

2022052101

小出駅からタクシーで戸隠渓流公園まで乗りました。

2022052102

まずは石段を登って戸隠神社にお参り。

2022052103

境内にはシャクナゲが咲いていました。

2022052104

雨がポツポツ降りの中、登山口から登り始めます。やっぱり新潟の山は蒸し暑いなぁ。

2022052105

ツクバネウツギは好きなお花。どうもこの花の形が可愛いですよね。

2022052106

しばらく登ると業の秤。田んぼなどが眺められます。

2022052107

尾根をのんびり登っていきます。ヤマツツジがよく咲いていました。

2022052108

オオイワカガミが!

2022052109

ピンクの濃いのはやはり日本海側。ムラサキヤシオツツジですよね。

2022052110

だいぶ登った所で振り返ります。まだぱらぱら降る雨とどんより天気が残念な所。

2022052111

先へ進むと樹林帯になりますが、タムシバだらけ。

2022052112

少しブナの林も通ります。やっぱり少しひんやり。

2022052113

だいぶきつい登りを登らされたのち、左に行くと弥三郎清水。残念ながら涸れてました。

2022052114

岩場の登りはきついです。途中からは越後三山と右は八海山らしいです。越後三山はしっかり中ノ岳も見えてますね。あの山もきつかったなぁ...。

2022052115

ひたすら登ってようやく神湯という所への分岐。

2022052116

ということで下権現堂山に到着。一組だけ登山者が休んでいました。

2022052117

向こうに見えるのは守門岳らしいです。

ということでその他のお花。

2022052118

トキワイカリソウはやはり清楚なお花。

2022052119

ナガハシスミレは距が長すぎ。

続く。

 

南沢湧水群へ

5/14は湧水を見にお散歩。

2022051401

ひばりヶ丘駅が歩き出し。

2022051402

だいぶ歩いて落合川と黒目川の合流地点あたり。雨は上がったけど蒸し暑いこと。

2022051403

落合川に沿って歩き、老松橋を曲がります。

2022051404

竹林公園に湧水が。ここも南沢湧水群の一つとか。

2022051405

小さいけど清い流れ。

2022051406

もちろん竹林公園を歩きます。

2022051407

タケノコがにょきにょき。取っちゃだめよ。

2022051408

しばらく歩いて由緒ありそうな氷川神社でお参り。

2022051409

近くには川が流れ、森がありますが、このあたりも小さな湧水が結構あり、市で保全しているようです。

2022051410

小さな川沿いをしばらく進むときれいな流れに降りることができます。その先は浄水場や私有地などで実際に湧いている所は見られないような雰囲気でした。

2022051411

歩いていくと笠松坂という名称の坂のあたりに古い庚申塔。元禄7年(1694)のものらしいです。

ひばりヶ丘団地からバスに乗るつもりでしたが、なんとなく適当に歩いてしまい、谷戸町のあたりからバスで田無駅に出て帰りました。

 

«底沢から景信山

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ