トップページ | 東京から近い源泉100%の温泉 »

丹沢から山中湖へ

Img_1074_2
(きれいな茶畑)

5月5日(金)は丹沢から山中湖へ歩いてきました。不老山はメジャーですが、歩いてみたかった樹下の二人、ちょっとマイナーな湯舟山など、なかなか楽しい道でした。 登り始めは茶畑。グリーンがきれいです。もうすぐ新茶の季節ですねぇ。

Img_1079_3
(たくさんのスミレ)

不老山への登りは植林が多い上に、結構きつい登りが続きます。眺めもなくてあまり楽しめませんが、気が付くと、スミレがたくさん咲いてます。たぶんタチツボスミレなんでしょうけど、スミレはよく分かりません。

Img_1083_1
(樹下のふたりの看板と白クラノ頭)

不老山を過ぎて世附峠手前あたりから楽しい道標が励ましてくれます。読んでいるだけで楽しくなる道標は岩田さんという方が作られたようです。整備してくれない自治体に業を煮やして自分で整備するというのはなかなかできることではありません。

Img_1087_4
(白クラノ頭付近の新緑)

湯舟山に向かうと新緑がきれいです。天気が悪くなってガスの中なのが残念でした。湯舟山頂もガスの流れる寒い山頂でした。

Img_1094_3
(明神峠手前の切り開きから)

明神峠の手前からは道が見えるのと、富士スピードウェイのドリフト音が少しうるさい感じです。しばらくこの道に沿って歩き、やがて林道を越えます。

Img_1096_1
(三国山頂)

三国山へは長い登りで足が痛くなります。三国山頂も寒い山頂でしたので、さっさと下り、鉄砲木の頭に向かうと、日が差してきました。どうやら、この尾根のあたりだけ雲が通り抜けている所だったようです。鉄砲木の頭はいい天気でした。

Img_1106_1

山中湖へ下る途中の車道では桜がまだきれいでした。でも、さすがに今年の桜も見納めですね。

トップページ | 東京から近い源泉100%の温泉 »

登山(丹沢)」カテゴリの記事

コメント

わ!いつのまにか、こっそりと(笑)ブログはじめていらしたんですね。

リブルさんのHP、書き込みできなかったので、できるようになればなぁ、なんて思っていたのですよ。

樹下の二人は、晴れていればとても眺めがよく、ずっとここにいたいな、と思うほどでした。今度は冬にでも訪れてみてください。

ブログ開設おめでとうございます。

今後ともよろしくお願い致します。

ゴン太さん、こんにちは。

早速のご訪問、ありがとうございます。


このページを始めるきっかけになったのは、ゴン太さんのページに見慣れたのがきっかけです。(^^)


温泉情報もHPに載せたいのですが、山の情報を載せるだけで手一杯。(笑)

ということで始めたいと前から考えていましたが、なかなか手が出せませんでした。始めてみると、意外に簡単ですね。このブログの方はニュースをメインにして、じっくり読むときにはHPの方で、という感じにしたいと思っています。


樹下の二人は天気が悪くて残念でした。まあ、また冬場にでも行ってみたいと思います。


こちらこそ、今後とも、よろしくお願いします。

このスミレはタチツボスミレですね。
お花を撮るときはマクロモードにします。
初めはボケ画像が多くても、すぐに慣れますって。
この辺りは6月にサンショウバラが咲くらしいので一度見たいと思ってます。
最近はすみれを探しながら軽い山歩きができるようになりました。
すみれのブログ始めたんですよ。URL入れておきます。

イワカガミさん、こんにちは。
やはりタチツボスミレでしたか。サンショウバラの季節はもう少しですね。また行ってみたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢から山中湖へ:

トップページ | 東京から近い源泉100%の温泉 »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ