« 都会の真ん中の温泉 | トップページ | 雨上がりのショートコース »

霧降高原さわやかハイク

今日は本当に五月晴れでしたね。霧降高原は人も多かったですが、湿度も低くて気持ちの良いハイキングをしてきました。

Img_1146 

快速に乗り遅れて特急に乗る羽目になりましたが、なんとか東武日光へ。ハイカーが多いですね。霧降高原行きのバスでは団体さんが順番に関係なく、座席を確保しているのに頭来ました。まったくいい年して、自分達のことしか考えないのは呆れます。まあ、霧降高原まではそんなに長い乗車時間ではないので立っていてもたいしたことはないですが。リフトを乗り継いで小丸山へ。気持ちいい眺めです。

Img_1144_1

タチツボスミレかな。

Img_1149

丸山への登りにかかるとアカヤシオがまだ残って咲いていました。

Img_1153

丸山では、なんとまだ山桜がわずかですが咲いているではありませんか。ちょっと驚きました。

Img_1154

右の奥は那須連峰でしょうか。気持ちいいけど、下りはきついです。

Img_1155

八平ヶ原は気持ちの良い場所です。

Img_1168

ミツバツツジも咲いていましたが、今ひとつ。大山への登りはちょっとだけ苦しいですが、振り返るとこんな素晴らしい景色が広がっていました。頂上は広いですが、人の多い山頂でした。

Img_1188

ツツジ平を経て、霧降の滝観瀑台へ。上の方は木が邪魔して見えませんね。

Img_1192

霧降の滝入口バス停に向かうとツツジ、ツツジ、ツツジ。たくさんのヤマツツジが咲き乱れておりました。

« 都会の真ん中の温泉 | トップページ | 雨上がりのショートコース »

登山(御坂・天子)」カテゴリの記事

コメント

私もこの日は日光行ってたんですよ。
中禅寺湖から湯ノ湖のあたりをスミレを探してうろうろしていました。
素晴らしい快晴でしたね。芽吹きもとってもきれいで、季節の移り変わりの素晴らしさを実感してきました。
帰りは日光発15:59分でしたが、もしかして乗り合わせていたりして(笑

イワカガミさん、こんにちは。

おっと、ニアミスしてたんですね。


奥の方にも行きたいなとは思ったのですが、さすがに太郎山まで行く勇気がありませんでした。(笑)


スミレ探したのですが、タチツボスミレしか見あたりませんでした。探し方が悪いのかな。


残念、帰りは15:01の電車でしたので、少し早かったみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧降高原さわやかハイク:

« 都会の真ん中の温泉 | トップページ | 雨上がりのショートコース »

フォト

山の本

  • 冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集

    冠 松次郎: ヤマケイ文庫クラシックス 新編 山渓記 紀行集
    元の本は冠松次郎氏の山行記録が五冊に分かれ、八十八編も収録されているようですが、この本はそのうちの主要な二十二編を収録しているようです。それでも600ページ以上あり、読むのにもかなり骨が折れました。たっぷりと冠氏の世界に浸れる本だと思います。

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

無料ブログはココログ

カウンタ