« 奥多摩の静かな尾根と新緑 | トップページ | 霧降高原さわやかハイク »

都会の真ん中の温泉

本日は予報では雨だったのですが、いい天気になりましたね。暑かったせいか、夕方の雨はすごかったですけど。とりあえず、不安定な天気ですので、山は止めておいて散歩に出掛けたついでに温泉に入ってきました。

Img_0563

恵比寿駅から六本木へ歩いたのですが、その途中で今まで入ったことがなかった麻布十番温泉に行きました。入浴料は1,260円でした。温泉は3Fにあります。1Fには銭湯がありますが15時からです。どちらかというと銭湯に近いような小さな内湯があるだけです。泉質は重曹泉との記述がありましたが、成分表は見あたりませんでした。こげ茶色の温泉で、お腹のあたりまで手を下げると見えなくなります。熱いかと思ったら、そうでもなくてちょうどいい温度です。でも、浴場内が少し熱いのであまり長湯はできませんでした。

休憩所は少しレトロな感じがあります。温泉はかなり温まるようで、なかなか汗がひかず、持って行った扇子が役に立ちました。上がってしばらくはそうでもなかったのですが、家に帰る頃には肌がすべすべになりました。やはりいいお湯ですね。

« 奥多摩の静かな尾根と新緑 | トップページ | 霧降高原さわやかハイク »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

カミタク
http://www.kamitaku.com/
と申します。拙HP「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内の「麻布十番温泉入湯記」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/TOKYOON1.HTM
からリンクを貼りましたので報告申し上げます。

カミタクさん、初めまして。

リンク頂き、ありがとうございます。九州の方なのですね。東京は遠いと思いますが、またいらっしゃって下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都会の真ん中の温泉:

« 奥多摩の静かな尾根と新緑 | トップページ | 霧降高原さわやかハイク »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ