« 霧降高原さわやかハイク | トップページ | 霧の天城山 »

雨上がりのショートコース

本日は朝は雨でしたので、出掛ける気になりませんでしたが、10時頃に雨も止んだので、出掛けました。惣岳山のショートコースを歩いて来ました。

Img_1195

「静かなる尾根歩き」に出ていた、川井駅からの馬仏山沼沢尾根を歩くことにしました。意外と簡単に取り付きますが、やはり登り始めは結構きついです。涼しい一日かと思いきや、蒸し暑くて、湿気も最高。登りにくい一日でした。歩きやすい尾根ですが、鉄塔の手前と過ぎたあたりは結構きつい登りで辛いです。その先は普通の尾根っぽくなります。

Img_1196

惣岳山に続く尾根に出ますが、あんまりピークという感じではありませんでした。左に進み、小さなピークを過ぎて登ると馬仏山でした。ガスっていて、まったく展望はなく、誰かの付けたお手製の山名盤があるだけの寂しいピークでした。

Img_1197

登山道に出て、惣岳山へ戻るように歩きます。途中にヤマツツジが一本だけ咲いていましたが、それ以外はほとんど花を見ませんでした。

Img_1198

久しぶりに歩く惣岳山への道。結構きついですが、だいぶ整備されていました。山頂にはもちろん誰もおらず静かな山頂でした。神塚尾根を下りかけましたが、急降下が滑るのとガスが濃いし、2回ほど登ったことがあるので、さっと退却。一般登山道を御岳駅へ下りました。

Img_1199

いつも混んでいる御岳駅ですが、今日は人が比較的少なかったです。

« 霧降高原さわやかハイク | トップページ | 霧の天城山 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がりのショートコース:

« 霧降高原さわやかハイク | トップページ | 霧の天城山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ