« 雨上がりのショートコース | トップページ | 富士山が見たかったハイキング »

霧の天城山

今週は伊豆の山歩きということで、天城山とを歩いて来ました。土曜日はあまり天気が良くなく、天城高原に着くと、ものすごい霧でした。

Img_1200

入口から霧の雨が迎えてくれます。雨具を付けて歩きますが、暑くなって、上はTシャツで歩きます。

Img_1201

万二郎岳へはゆるやかな登りが続きますが、山頂が近くなるとかなりの登りで結構息が上がりました。もちろん霧の中です。途中にはミツバツツジの花がほとんど落ちていました。この雨で落ちたみたいです。

Img_1213

万三郎岳へ歩いていくと、さらに霧がひどく、横殴りの風にかなり寒いです。途中で雨具をまた着込み、それでも寒いぐらいです。まだシャクナゲがいくつか残っていました。

Img_1215_1 

山頂に着くと、やはり雨は降っていません。しかし、霧と風でかなり寒い山頂でまったく眺めもありません。結構多くの人が休んでいました。

Img_1216_1

山頂から縦走路に入ると、おっときれいにミツバツツジが咲いているではありませんか。やはりいいですね。

Img_1219

しかし、また霧の中。幽玄な感じがしますが、縦走路は人が少なく、ちょっと寂しい感じです。それでも、下っていくと、かなり登ってきた人に会いました。

Img_1223

下っていき、戸塚峠を過ぎると急に晴れてきます。八丁池が近くなるとブナの多い気持ちのいい道が続きます。

Img_1225

八丁池は気持ちのいい場所。草むらに座って濡れた雨具などを乾かしました。上り御幸歩道はまだ通行止め。下り御幸歩道を下ります。しばらくはブナの道が続きますが、やがてまた霧に包まれてしまいました。

Img_1228

下の方はいくつも道が分岐しています。所々に看板があり、登山道が図示されているので、迷うようなことはなく林道に出ました。水生地下バス停の方が近いですが、せっかくなので、少し登って旧道を歩き、天城トンネルに行きました。霧の中のトンネルは少し暗い感じでした。下って天城峠バス停へ。この日は修善寺温泉に泊まりました。

« 雨上がりのショートコース | トップページ | 富士山が見たかったハイキング »

登山(静岡・伊豆)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧の天城山:

« 雨上がりのショートコース | トップページ | 富士山が見たかったハイキング »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ