« 富士山が見たかったハイキング | トップページ | 静かな釜無山と賑やかな入笠山 »

ゆーとろん水神の湯

17日(土)は、長野の入笠山に行ったのですが、その帰りに温泉に立ち寄りました。

Img_1282

入浴料は700円です。中央本線富士見駅からだとタクシーだと10分程度らしいです。ちなみに帰りに駅まで歩いたら、私の足で約40分ほどありました。

お風呂は一階と二階に別れていて、行った時は二階が男性でした。内湯が一つ、露天風呂が4つほどあります。内湯に入ると、わずかに濁っています。人が多いせいかと思ったのですが、ほんのわずかに硫黄臭があります。単純硫黄泉らしいです。ちょっと肌がすべすべとまではいきませんが、しこしこする感じがあります。お湯の出口に近づくと茶色と白色の湯の花がありました。

露天風呂ですが、左に普通の露天風呂、入ってみると、こちらの方が内湯よりも硫黄の香りがありました。わずかに熱めという感じ。その先に洞窟風呂となっていて、冷泉と書かれていましたが、ぬるめのお湯でした。中ではミストが出ています。滝湯になっている一番奥のお風呂は超冷泉と書かれているので、どんなに冷たいのかと思いましたが、水そのままではなく、水に近いぬるま湯でした。最後に樽風呂に入ります。こちらは熱め。深さが少しあり、木の椅子があるので、それを使って座ると肩から上が出るくらいで、これもいい感じでした。

休憩所で牛乳の自動販売機があり、見ると八ヶ岳牛乳になっています。そんなに濃厚ではありませんが、なかなか美味しい牛乳でした。

« 富士山が見たかったハイキング | トップページ | 静かな釜無山と賑やかな入笠山 »

温泉(中部)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆーとろん水神の湯:

« 富士山が見たかったハイキング | トップページ | 静かな釜無山と賑やかな入笠山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ