« 霧の天城山 | トップページ | ゆーとろん水神の湯 »

富士山が見たかったハイキング

朝起きるとやはり曇り。今日もだめか。バスでだるま山高原レストハウスで下車して歩き出します。

Img_1233

比較的静かなコースには、ヤマツツジが結構咲いていました。まるでスキーコースのような芝の上の歩きはなかなかいい感じです。

Img_1239

金冠山ではかなりの風。戸田の港がよく見えましたが、残念ながら富士山はまったく見えませんでした。

Img_1240

やっばりツツジ。

Img_1242

達磨山へ向かいますが、山頂は霧に隠されています。スカイラインを通る車やバイクの音がうるさいです。

Img_1245

達磨山は風が冷たく、ほとんど眺めもなく、寂しい山頂でした。車道の横を歩くことも多く、ハイキング道としては今ひとつ。こんな所を歩くのは、私ぐらいなのでしょうか。とにかく風が冷たく寒かった上に、帽子を飛ばされそうになりました。

Img_1248

最後の方になってようやく天気が良くなってきました。土肥駐車場からも海が見えます。茶店ありとガイドにありましたが、今は単なる休憩用ベンチしかありませんでした。船原峠から車道を下っていきます。船原トンネルからの道と合流するとかなりの車が通っていて閉口しました。なんとか大曲茶屋へ。バスに乗って、途中の湯の国会館で下車。アルカリ性でぬるっとする気持ちのいいお風呂に浸かって、冷えた体を温めて帰りました。

« 霧の天城山 | トップページ | ゆーとろん水神の湯 »

登山(静岡・伊豆)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。達磨山と金冠山、天城山の記録を拝見しました。私も以前金冠山に行ったのですが、天気が悪くて富士山は駄目でした。レストハウスからも素晴らしい富士山が見えるんですよね。万博で富士山が紹介された写真は、ここのレストハウスから撮影されたようです。
天城山の時は、晴天にも恵まれバッチリでしたよ。

happyさん、初めまして。

だるま山高原レストハウスは伊豆の中でも富士山の展望としては最高の場所らしいですね。写真も紹介されたのですか。横山大観がここから描いた富士山が以前、万博に展示されたらしいです。本当に富士山の展望が見えなくて残念でした。

天城山は3月頃に行かれたのですね。ぜひ、縦走を一度はどうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士山が見たかったハイキング:

« 霧の天城山 | トップページ | ゆーとろん水神の湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ