« ゆーとろん水神の湯 | トップページ | 景信山と城山 »

静かな釜無山と賑やかな入笠山

ちょっと遠出して、以前から行ってみたかった釜無山と入笠山を歩いてきました。

Img_1249

バスは今週と来週の土日だけ。10時と遅い時間です。大阿原湿原で下車します。久しぶりのまずまずの天気。

Img_1250

林道を40分ほど歩き、登山口から釜無山を目指します。やっぱり青空はいいですね。人が少なく静かなのがまたいい感じです。

Img_1254

静かな山頂です。少し虫が多いので長居は無用。

Img_1260

たんぽぽがきれい。

Img_1267

大阿原湿原を散策。湿原というよりは草原に移行しつつある状態みたいですね。

Img_1271

入笠山は人が多かったですが、その合間を見て、写真を撮りました。ちょっと雲が邪魔。

Img_1272

歩いてきた釜無山はもう遠いですね。

Img_1276

入笠湿原ではキンポウゲでしょうか、小さい黄色の花がたくさん咲いていました。写真のクリンソウもたくさん咲いていました。あっ、スズラン見るの忘れました。(T_T)

帰りはゴンドラであっという間に下山。温泉に入って帰りました。

« ゆーとろん水神の湯 | トップページ | 景信山と城山 »

登山(南アルプス)」カテゴリの記事

コメント

あらあら、入笠山でスズラン見るのを忘れちゃうなんて、なにしに行ったんでしょうね(笑)
学生時代に、青柳駅から登って富士見駅まで歩きました。
今じゃ、こんな歩き方する人はいないでしょうね。
わたしはスミレの頃か、雪のあるころにマナスル山荘泊まりで、ウン十年ぶりに再登してみたいです。もち、ゴンドラで!

イワカガミさん、こんにちは。
なんであんなに人なのかと思ったら、スズラン見たさなんですね。(^^;
普通にゴンドラに向かって歩いていって、後で地図を見たら、もう一つの道の方にスズラン群生地って書いてありました。
青柳駅へ歩いてもいいかなと最初は考えてましたけど、やっぱり面倒になってしまいました。冬もよさそうですね。ゴンドラは冬は時間が早いみたいなので、やっぱり泊まりで計画ですね。

ところで霧ヶ峰、いいですね。私も何度も歩いてますが、初夏から秋にかけては、いつ行っても花がたくさん咲いてますね。美ヶ原から霧ヶ峰まで、かなり歩いたけど、まだまだマイナーコースがあるんです。また行きたくなりました。

霧ヶ峰の山行記、読ませていただきました。
だいたいのコースは歩かれたみたいですね。
私は山彦谷の稜線を歩きました。静かで良かったです。
ribbleさんは7月が多いようですが、やっぱりいちばん花が充実しているのかな。
今回はレンゲツツジもやっと咲き始めでした。
真っ赤なレンゲツツジや黄色のニッコウキスゲがあの高原を染めたら素晴らしいでしょうね。
あ、アヤメもヤナギランも秋の枯れ草も。

確かに言われてみると7月頃が多いですね。単に暑い所から逃れたい、というのが本音です。やっぱり涼しいですからね。それに雨が降っても、あのあたりならそんなに嫌ではありませんし。
入笠山もレンゲツツジはまだでした。来週末くらいからがいいのかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静かな釜無山と賑やかな入笠山:

« ゆーとろん水神の湯 | トップページ | 景信山と城山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ