« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

風雨の針ノ木から船窪

雨の予報でしたが、15日(土)から17日(月)で、針ノ木から船窪へ歩いてきました。

15日は扇沢から登り始めます。以前、夏に歩いた時には水も流れていなかった沢は雨で増水して、かなりの水が流れています。木を使って渡りました。雪渓はかなりの雪。下の方から雪渓を登ることができます。途中で稲光があってビビリます。上の方は急傾斜。ピッケルが欲しいぐらいです。滑るとシャレになりません。なんとか登り切って、テントを張りますが、猛烈な風と雨で諦めて撤収し、小屋に素泊まりにしてもらいました。

次の日も雨。蓮華岳へ向かう軽装の団体さんを抜いて、蓮華岳へ。風雨の山頂はとても休めるような状況ではありません。北葛岳へ向かう道に入ると、さらにものすごい風雨。ばしばしと吹き付ける雨と風で遭難するかと思うぐらいでした。

鎖場を過ぎて、乗り越すと、今度は辛い登りが続きます。なんとか登っていくと、北葛岳。道標があるので山頂と分かりますが、ここも風雨。休憩などする気にもならず、そのまま下りへ。ここもひどい風雨でした。さらに下っていくと、七倉乗越。ここはものすごく下ります。雨が少し小降りになりましたが、風がひどく吹き抜ける場所は吹き飛ばされないかと心配でした。登り返しがこれまたかなりきつい。登っても登ってもさらに高い所が出てきます。突然ガスが少し切れ、後ろを振り返ると、まだこれしか登っていないの、と唖然となります。

ようやく登り切ると、七倉岳。小屋まで10分という表示を見て安堵します。緩やかに下って、分岐点を過ぎ、少し登り返すと、船窪小屋に着きます。船窪小屋に入ると、暖かいお茶を頂き、感激。コーヒーも頼んで、食事にしました。

Img_1327

下り始めると、ようやく少し眺めがありました。少し余裕が出て、写真を撮ります。

Img_1328

もう少し下ると道脇にアカモノがたくさん咲いてました。

この道は本当にきつい下り。鼻付八丁のあたりはハシゴの連続。やがて雨が強くなり、ひたすら下ります。本当に長い下りで、ようやく沢そばの林道に着いた時にはホッとしました。この日は七倉山荘に泊まり、温泉にも入って、楽しい一夜を過ごしました。

朝、泊まった人と一緒にタクシーで信濃大町駅へ。中央西線は大雨で止まっていましたが、中央東線は普通に動いていて、各駅停車でノンビリと帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

越前岳

昨日、8日(土)は愛鷹連峰の越前岳を歩いてきました。御殿場駅から十里木高原行きのバスに乗り、愛鷹登山口で下車します。林道をしばらく歩いて、山神社の愛鷹山荘への道を見送り、割石峠へ向かいます。

Img_1307_1

途中の大杉は本当に大きかったです。

Img_1310

白い花。たくさん咲いてましたが、何の花でしょうか。

Img_1315

V字型に切れ落ちる割石峠は結構すごいところです。

Img_1323

越前岳の頂上からは富士山が、と言いたい所ですが、雲で何も見えませんでした。

Img_1325

愛鷹山荘の水場はなかなか美味しい水でした。下ると苔むした石がある場所に出ます。写真だとうまく写りませんでしたが、目で見た苔はグリーンでとても美しく、自然の美という感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つるつるの湯

日の出つるつる温泉に立ち寄ってきました。入浴料は800円と少し高め。随分高くなったな、という気がしますが、前からこの値段だったかな?

Img_1305

お湯はアルカリ単純泉です。でも、いつもですが、ここはとってもぬるぬる感のある温泉です。何度入っても気持ちいいこの感じは滅多にないです。いつもものすごく混んでますけど、さすがに蒸し暑い今日は人が比較的少なくて気持ちよく入れました。武蔵五日市駅からのバスは汽車を模したバスなんですけど、今ひとつ乗りにくいんですよね。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりの日ノ出山北尾根

本日は蒸し暑いですね。それでも軽い山を歩こうと日ノ出山北尾根に行きました。

光仙橋から取り付き、登っていきます。入ってすぐに青梅市のここから入山しないで下さいの表示があります。最近有名になったので、歩く人が増えたのでしょうね。以前は細い踏み跡だけでしたが、歩く人が増えたのか、かなり踏まれています。間伐がされていたので、林業作業者がかなり入っているのでしょうね。とても分かりやすくなっていました。

Img_1303

暑くて汗がぽたぽたずっと流れ続けます。やはりこの時期の入山はかなりのリスクですね。だいぶ登った頃、ギンリョウソウがたくさん咲いている斜面に出ます。いくつか咲いているのを見たことはありますが、こんなにたくさん咲いているのを見たのは初めてです。これでもかと咲いていたのは、やはり梅雨がしっかり降っているからでしょうか。

Img_1304

山頂に着くと、やはり今日は人が少なめです。ガスが流れていて、ちょっと高山みたいな雰囲気でした。こんな雰囲気の日ノ出山も嫌いではありません。しかし、下り始めるとしっかり雨に降られました。下りはもちろん金比羅尾根を通る気など無く、つるつる温泉に下山しました。

Img_1306

さすがにこんな蒸し暑い日に都内の温泉に行こうという人は少ないらしく、空いてました。水風呂と交互に入って汗を流して気持ちよくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »