« 景信山と城山 | トップページ | つるつるの湯 »

久しぶりの日ノ出山北尾根

本日は蒸し暑いですね。それでも軽い山を歩こうと日ノ出山北尾根に行きました。

光仙橋から取り付き、登っていきます。入ってすぐに青梅市のここから入山しないで下さいの表示があります。最近有名になったので、歩く人が増えたのでしょうね。以前は細い踏み跡だけでしたが、歩く人が増えたのか、かなり踏まれています。間伐がされていたので、林業作業者がかなり入っているのでしょうね。とても分かりやすくなっていました。

Img_1303

暑くて汗がぽたぽたずっと流れ続けます。やはりこの時期の入山はかなりのリスクですね。だいぶ登った頃、ギンリョウソウがたくさん咲いている斜面に出ます。いくつか咲いているのを見たことはありますが、こんなにたくさん咲いているのを見たのは初めてです。これでもかと咲いていたのは、やはり梅雨がしっかり降っているからでしょうか。

Img_1304

山頂に着くと、やはり今日は人が少なめです。ガスが流れていて、ちょっと高山みたいな雰囲気でした。こんな雰囲気の日ノ出山も嫌いではありません。しかし、下り始めるとしっかり雨に降られました。下りはもちろん金比羅尾根を通る気など無く、つるつる温泉に下山しました。

Img_1306

さすがにこんな蒸し暑い日に都内の温泉に行こうという人は少ないらしく、空いてました。水風呂と交互に入って汗を流して気持ちよくなりました。

« 景信山と城山 | トップページ | つるつるの湯 »

登山(奥多摩)」カテゴリの記事

コメント

ここへ来てグッと暑くなりましたね。
個人的に暑いのは苦手なんですけど、歩くたびに汗が滴り落ちるのはなぜかそんなに嫌いではありません。

ボクも今週は御前山でしたが、多摩川南岸の山だからもう少ししたらお花が増えるのかも知れませんね。以前、盛夏に御岳駅から表参道を歩いたとき、駅から滝本の間でヤマユリが香って、暑かったけどなかなかの雰囲気でありました。(^^)

komadoさん、いらっしゃいませ!
レスが遅れてすいません。

真夏の低山に登るときはちょっと辛いですが、それでも登ってしまうと意外に涼しい風が吹いてきたりしますし、汗だくだと寒いぐらいになるときもありますよね。


御前山も最近行ってませんが、富士山の眺めはやっぱりいいですね。また冬にでも行こうかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの日ノ出山北尾根:

« 景信山と城山 | トップページ | つるつるの湯 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ