« 久しぶりの日ノ出山北尾根 | トップページ | 越前岳 »

つるつるの湯

日の出つるつる温泉に立ち寄ってきました。入浴料は800円と少し高め。随分高くなったな、という気がしますが、前からこの値段だったかな?

Img_1305

お湯はアルカリ単純泉です。でも、いつもですが、ここはとってもぬるぬる感のある温泉です。何度入っても気持ちいいこの感じは滅多にないです。いつもものすごく混んでますけど、さすがに蒸し暑い今日は人が比較的少なくて気持ちよく入れました。武蔵五日市駅からのバスは汽車を模したバスなんですけど、今ひとつ乗りにくいんですよね。(^^;

« 久しぶりの日ノ出山北尾根 | トップページ | 越前岳 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

お山なしの温泉だけですか(笑)
秋田では水沢温泉郷の民宿に2泊しましたが、
ここでは乳頭温泉郷から引いた硫黄泉の白く濁ったお湯でした。
山から下りてすぐ温泉というのはいいですねえ、
ゆったりしみじみ浸かりました。
疲れもすぅーっと抜けていくようで。
温泉から上がれば冷たいビールに山の幸たっぷりの夕食が待ってるんだから
主婦には極楽としかいいようがありませんでした~
ああ、また行きたい・・・。

イワカガミさん、こんにちは。
温泉と山で発言を分けているので、分かりにくかったかもしれませんが、マイナーな尾根を登って、日ノ出山に行きました。

水沢温泉泊でしたか。乳頭温泉には2度ほど行っているのですが、あのあたりはやはり硫黄泉ですね。体やシャツなどに染み付きませんでしたか?洗濯しても落ちなかったりして。私は大好きなんですけど、嫌いな人も結構いるみたいですね。

いいなぁ、私も行きたいなぁ。とちょっと羨ましくなりました。(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つるつるの湯:

« 久しぶりの日ノ出山北尾根 | トップページ | 越前岳 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ