« 秋田の温泉1 | トップページ | 那須の温泉 »

秋田の温泉2

次の日はバスで後生掛温泉を目指しました。以前は一日一本くらいしか走ってなかったけど、玉川温泉の人気が高いせいか、本数が増えて4本になってました。でもやっぱり遠い。

Img_1528

6年ぶりくらいで来た後生掛温泉。以前とあんまり変わりないですね。お風呂は結構大きいです。もちろん硫黄泉です。大きな内湯と泡風呂、泥湯、箱蒸し湯、サウナ、露天風呂と盛りだくさん。中でも泥湯はお勧め。でも、以前入った時よりもだいぶ薄くなっていたのはちょっと残念。この泥は持ち出し禁止ですが、きっと持ち出す人がいるんでしょうね。露天風呂は小さいです。でも山の風が涼しく気持ち良かったな。

Img_1532

バス時間までかなりあったので、自然研究路を歩きます。このあたりは温泉がたくさん湧いている場所で、写真のような穴が開いているところがたくさんあります。マッドポット(怒っている穴?)と呼ばれているようです。ボコボコと音がしていて、まるでゲップをしているような音でもあります。

Img_1536

バスで少し戻って、やっぱり外せないのが玉川温泉。ここの温泉はPH1というものすごい強酸性のお湯です。その強いお湯が難病に効く、ということで、かなりの混雑です。電気製品なんかは数ヶ月でだめになったりするらしいですし、温泉に包丁を入れると一晩で溶けてしまうらしいです。源泉100%はぬるめで長湯できそうですが、普通の人にとっては逆に体に悪そうな感じ。体がピリピリして、かゆい所が出てきました。

雷雨になってしまい、あまり散歩ができなかったのですが、なんとか露天風呂までは行けました。さすがに豪雨の後で入っている人はいなかったようです。この後も雨になりました。

次の日は帰宅する日。宿の人に水沢温泉まで送ってもらいました。

Img_1539

ここも硫黄泉です。秋田駒ヶ岳から引いているらしいですね。お風呂はほぼ内湯と言える浴槽が2つ、露天風呂が2つとかなり広いです。(男性だけでこの数でした)少し熱めでしたが、ゆっくり入って最後のお湯を満喫しました。

« 秋田の温泉1 | トップページ | 那須の温泉 »

温泉(東北)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋田の温泉2:

« 秋田の温泉1 | トップページ | 那須の温泉 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ