« 鳥坂峠から釈迦ヶ岳、黒岳 | トップページ | 笹子雁ヶ腹摺山北尾根からお坊山 »

吾妻の温泉

先週11日(土)~12日(日)は友人と群馬の温泉に行ってきました。

Img_0578

まずは言わずと知れた美人の湯、小野上温泉センターに行きました。渋川市になったけど、変更していないらしく村営のままで書かれているのが、なんとなく寂しい感じがします。

Img_0579

温泉の前にある低木が真っ赤っか。なんでこんな色になるんでしょうか?

Img_0580

今まで、何度となくここに来てましたけど、外に飲泉所があったのは知らなかったです。新鮮なせいか、露天風呂のお湯と違って少し硫化水素の香りがあります。

入浴料は2時間400円と安価。ナトリウム-塩化物泉のお湯はいつもアルカリ度が高く、肌が柔らかくすべすべになるお湯です。

この日の泊まりは沢渡温泉の秘湯を守る会にも入っている「まるほん旅館」で宿泊しました。湯小屋のあるお風呂は何度入っても気持ちのいいお風呂。最近は混んでいることが多いのが残念です。またしても露天風呂は混んでいて入れませんでした。

日曜日は四万温泉の四万清流の湯へ。

Img_0582

入浴料は500円とここも安価。中に飲泉所もあり、少し塩分の入ったお湯という感じ。ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉のお湯はお風呂に入ると、ぴりぴりした感じが若干あります。寒いなぁと思いつつ、露天風呂に入ります。もうそろそろ紅葉終盤ですが、悪くない感じでした。

お湯に浸かっていると誰かがカモシカ、という声を上げました。後で脱衣場から外を見ると、確かにカモシカがのんびりと川近くの茂みで休んでいました。すぐ上には道があるのに...。こんな人里へ出てくるとは、やっぱり食べ物があんまりないのかなぁ。

Img_0584

帰りに外へ出ると、なんと雪!この冬初めての雪にあいました。寒い訳だ。

Img_0585

最後のお湯は、無料の共同浴場である河原の湯。友人達はギブアップしたので、一人で入浴。小さいお風呂は4人ほどが入れるぐらいです。それでも、お湯はじゃんじゃん出ていますので、十分に温まれます。ただ、人の出入りが多いのと、3時までしか入浴できないようです。

帰りに手を見たら、気持ち悪いくらい真っ白。美白の湯だったようです。

« 鳥坂峠から釈迦ヶ岳、黒岳 | トップページ | 笹子雁ヶ腹摺山北尾根からお坊山 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

初めましてmineraと申します。
私も沢渡温泉大好きで、
先日はスタンプ10個たまって無料クーポンでの宿泊でした。
あの湯小屋は相当の歴史のようです。
それにしても、数年前、まるほん旅館廃業となる所を、現在のご主人が養子縁組となり、危機を脱し本当に良かったと思います。
あの温泉に入れなくなるなんて悲しいです。
露天風呂は3回も入ってしまいました。
その日は寒かったので誰も入っていませんでした~。
山の記録も楽しく読んでおります。

mineraさん、いらっしゃいませ。
まるほん旅館の湯小屋形式はもう群馬県でもほとんど見られない珍しい浴場ですよね。浴場の素晴らしさといい、何度入ってもいいものです。本当に無くならなくて良かったと思います。
露天風呂、どうも私と相性が合わないのか、もう何度も行っているのに、未入浴のままです。

もし、よろしかったら、リンクさせてください。(こちらはリンク入れてないので、HPの方ですが。)

リブルさんこんにちは
本当にまるほん旅館はいい風情です。
多分生涯通うこととなりそうです。

リンク張って頂くなんと光栄でございます!
宜しくお願い致します。

Mineraさん、こんにちは。返答が遅くなりました。

そうですね。一度泊まると、割引の葉書も頂くし、やっぱり行きたくなりますね。平日が静かでいいけど、なかなか難しいですね。

P.S.HPにリンクを設定しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻の温泉:

« 鳥坂峠から釈迦ヶ岳、黒岳 | トップページ | 笹子雁ヶ腹摺山北尾根からお坊山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ