« 笹子雁ヶ腹摺山北尾根からお坊山 | トップページ | 梅ヶ瀬渓谷と大福山 »

練馬の温泉

本日23日(木:祝日)は雨の予報でしたが、雨が降りそうもないので練馬へ散歩に出掛けました。

神社や古い石碑、祠などを見た後、ようやく極楽湯和光店に到着。笹目通り沿いにあります。

Img_0587

入浴料は土曜日900円です。靴入れとお風呂のロッカーは100円コイン式です。(後で戻ります。)

かなり混雑しています。場所的に車で来やすいのでしょうね。お湯はナトリウム-塩化物泉です。濃いめの茶褐色のお湯はなかなか温まりますが、残念なのはかなり塩素臭が強いこと。人が多いので仕方ないのでしょうが、あまりにも強い匂いは帰りにも体に付いていました。成分表を見ると湧出量は400Lあるのに、160Lしか使っていません。その割にはがんがん循環しているようですが、残りのお湯はどこに行くのかな。せっかく成分が10gもある濃いお湯なのに、もったいない感じです。

しっかり温まった帰りはバスに乗り、石神井公園駅に出ました。

« 笹子雁ヶ腹摺山北尾根からお坊山 | トップページ | 梅ヶ瀬渓谷と大福山 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 練馬の温泉:

« 笹子雁ヶ腹摺山北尾根からお坊山 | トップページ | 梅ヶ瀬渓谷と大福山 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ