« 吾妻の温泉 | トップページ | 練馬の温泉 »

笹子雁ヶ腹摺山北尾根からお坊山

昨日18日(土)は笹子雁ヶ腹摺山とお坊山に行きました。

Sasagogangakitaone1_1

山登りを始めてから随分経ちますが、甲斐大和駅で下車するのは初めてです。無人でしたがきれいな駅でした。(普段は人がいるらしいです。)

かなり冷え込んでいて、中厚のフリースを着ていてちょうどいいぐらい。道の駅まで歩き、裏手の林道をしばらく歩いて、巡視路から取り付きます。一般登山道ではありませんが、巡視路としてかなり整備された道です。プラスチックの階段があり、登り初めはかなりの急登です。

Sasagogangakitaone2

鉄塔まで登ると広大な眺めが広がります。よく見ると雪を抱いた南アルプスの山々を見ることができました。

Sasagogangaharasuri

登っていくと、そんなに苦もなく笹子雁ヶ腹摺山の山頂に着きました。誰もおらず、眺めだけが広がっていました。残念ながら富士山は雲が邪魔していて、きれいには見えませんでした。

Sasagogangaharasuri2

お坊山へは急降下。米沢山やお坊山はなかなか遠いです。

Obousan1

落ち葉を踏みつつ、細い道を歩いていきます。左に見える景色がなかなかでした。

Obousan2

山頂に着きます。ここからも雪を抱いた山々を見ることができました。少し休んでいると、今日初めての登山者がやってきました。美女と野獣(失礼)じゃなかった、なんと、ゴン太さんとれれちゃんでした。れれちゃんとは初めてお会いしました。特に連絡を取った訳でもないのに、同じこの山で会うなんて。相当な偶然です。せっかくなので、少し先のベンチで休憩することにしました。

Obousan3

ゆっくりランチ。でもあまりにも寒いので体が震えていました。クッカーを持ってくれば良かったです。

Obousan4

お坊山の東南尾根は最近のエアリアでは点線コースになっているみたいですね。そちらへ下るというゴン太さん、れれちゃんと別れて、一人、大鹿峠へ下ります。日が差さないこのあたり、結構寒いので、手袋を出して少しペースを上げて下ります。

Magarisawatoge 

大鹿山は以前にも行ったので、今回は山頂はパスして、そのまま曲り沢峠へ。テントか避難小屋泊らしいグループが大谷が丸方面に登っていきました。しばらくゆるやかな道を歩くと滝子山が見えて、きれいなカラマツ林に出ます。もうこれも終わりかけ。落ちたカラマツで柔らかい道をしばらく歩き、道標から下り始めます。

Magarisawakoyo_1

冬枯れの世界からだんだん紅葉の世界に戻ってきます。やはり今年は赤がきれいなのがいいですね。

Magarisawakoyo2

滝子山からの道の合流地点では、カエデが真っ赤。しばし見とれてしまいました。

Michiakashizizo

道証地蔵に出て、後は林道歩き。かったるいので、どんどん下ります。稲村神社で休憩。少し歩くと、かずさんから連絡が入り、しばらく待ってかずさんと合流。笹一酒造の新酒祭りでたくさんお酒を飲んでしまいました。のちほどゴン太さん、れれちゃんもやってきて、楽しい一日となりました。

« 吾妻の温泉 | トップページ | 練馬の温泉 »

登山(大菩薩)」カテゴリの記事

コメント

美女と野獣の…野獣の方でーす( ̄m ̄)ぷっ

昨日はお世話になりましたぁ~偶然にもお遭いできて、メインの?新酒まつりもご一緒出来て、ホントにホントに楽しい1日をありがとうございましたぁ*^^*

トップだけは今朝見たんだぁ^^
曲沢峠の紅葉、真っ赤だねぇ。真っ赤な紅葉か~~おっかしいなぁ。あっち(笑)には無かったような^^;
南アは、朝の方が綺麗に見えたのね~朝は天気良かったもんね。

あらぁ、あたしそんなにきれいだったかしら(大笑)。 

昨日は、お坊山で逢ってしまったのが運のツキ(笑)だったと、そう思って堪忍してやってください。

折角の静かな山歩きをうるさい二人組に邪魔されちゃって...ちょっと可愛そうな気もしましたが、、、でもでも笹一のお酒は美味しかったでしょう?

帰りの電車もそのあとも(笑)遅くまでつきあわせちゃって、すみませんでした。これに懲りずにまたどこかのお山でお会いできればな、なんて思っています。

また来年も笹一でお会いしたいですね。

ゴン太ちゃ~ん綺麗よぉ~♪これを機に髪をロングにしたら~?(爆)

そうだよねぇ~運のつき(笑)リブルさんから見たら、悪魔に見えたかも(爆)

五黄(ごおう)の寅の話、間違って教えちゃったの~^^;
大正3年・昭和25年・昭和61年らしいです。
ごめんね~

れれちゃん、ゴン太さん、こんにちは。
土曜日は本当にありがとうございました。

お坊山まで誰にも会わなくて、土曜日なのにちょっと寂しいなぁ、と思っていたところだったので、まさかゴン太さんとれれちゃんに会うとは夢にも思わなかったです。久しぶりにとっても楽しい一日になって良かったです。おかげで飲み過ぎましたけど。(+_+)

>美女と野獣の…野獣の方でーす( ̄m ̄)ぷっ
>あらぁ、あたしそんなにきれいだったかしら(大笑)。 

な、な、なんか違うぞ...。(^^;;;

やっぱり展望は朝ですね。曲沢峠から下った所の紅葉、思ったよりもきれいな木が多かったです。

笹一のお酒、やっぱり美味しいですね。あそこで飲んだお酒も美味しかったけど、買っていった「男の中の男の酒」(どこで切れるんだろう(笑))吟醸大辛口も美味しかったですよ。

1年後とは言わず、ぜひ、またご一緒しましょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笹子雁ヶ腹摺山北尾根からお坊山:

« 吾妻の温泉 | トップページ | 練馬の温泉 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

カウンタ

無料ブログはココログ