« 多摩の丘陵歩き | トップページ | 鳥坂峠から釈迦ヶ岳、黒岳 »

南多摩の温泉

橋本駅で下車し、神奈中バス多摩車庫行きに乗ります。1時間に1~2本と本数が少ないので、だいぶ待たされました。多摩境駅を過ぎてしばらくした、小山上沼公園バス停で下車します。バス停からもさらに数分歩くと、ようやく天然温泉いこいの湯がありました。

Img_0577

入浴料は土日900円です。後払い制になっています。

お風呂は内湯と露天風呂に別れています。しかし、内湯は白湯のみです。有名な温泉地でもなければそんなに多くのお湯があるはずもありません。あえて源泉掛け流しにこだわり、露天風呂のみ温泉とした所がこの施設の素晴らしい所だと思います。

露天風呂は出て左手に上の段と下の段に別れたお風呂、右手に檜作りの浴槽の露天風呂と寝湯があります。寝湯は4人ほどなのでいつも一杯。なかなか入れません。

上の段のお風呂はかなりのお湯が注がれています。お湯はナトリウム-塩化物泉とのことです。そんなに濃いお湯ではありませんが、なんと言ってもうれしいのは塩素臭がほとんどないことです。普通、この手の施設では、やたらと塩素臭がすることが多いのですが、それがないのはやはりいいお湯です。若干泡を含んでいるようで、しばらく入っていると体に気泡が付きます。ちょっと熱いので、体の冷えている最初と上がり湯としての最後がいいでしょう。

下の段と檜露天風呂は若干ぬるめ。長湯が気持ちいいですが、やはり天然温泉のせいか、かなり温まりますので、入ったり出たり忙しいです。

風呂上がりに牛乳を買うのですが、自動販売機は入場の時に渡されたバーコードの付いたチケットをかざすようになっています。しかし、認識度が悪く、かなり左右に振らないと認識してくれません。これは今ひとつですね。

帰りはバスの時間が合わず、結局多摩境駅まで20分ほど歩くことになってしまいました。駐車場は広く、車で来る人が多いのですが、このあたり大型店舗が多く、かなり渋滞しますのでご注意を。

« 多摩の丘陵歩き | トップページ | 鳥坂峠から釈迦ヶ岳、黒岳 »

温泉(関東)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南多摩の温泉:

« 多摩の丘陵歩き | トップページ | 鳥坂峠から釈迦ヶ岳、黒岳 »

フォト

山の本

  • 山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人

    山田 哲哉: 奥多摩 山、谷、峠、そして人
    すでに出版されてから随分経ちますが、書店で見かけたので購入してみました。自分も初めての山歩きは奥多摩でした。なんとなく、そんな頃を思い出しながら読むことができました。奥多摩好きの方ならぜひ一度は読んでみることをお勧めします。

  • 小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝

    小島烏水, 田部重治, 河東碧梧桐: キャンプ日和: アウトドアと文藝
    最近はキャンプが人気なようですが、この本はそうした一夜に関する話を集めたアンソロジーです。田部氏の一文は自分は読んだことがなかった興味深い文章、西丸震哉氏の岩塔ヶ原は何度も読んだことのある印象的な文章、辻まこと氏などの文章もあり、楽しい本です。

  • 坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山

    坂本 直行: ヤマケイ文庫 原野から見た山
    このところのヤマケイ文庫はホントにすごい。もう今ではなかなか手に入れることも難しい名著をたくさん出してくれています。 この本は1973年の茗渓堂版を元本とし、朋文堂版から一部の口絵や挿画を挿入したもののようです。巻頭の十数枚の坂本氏の絵、そしてたくさんの絵の挿入された本文、やはり画文集は良いものだと思わせてくれました。

無料ブログはココログ